ゆきちゃん通信++日記++

自閉症の娘、由紀子の毎日を
母親(tomi)の目を通してお伝えします。

ざわざわ森のがんこちゃん

2008年06月30日 | ゆきちゃんの日記
由紀子はよく同じ言葉を
何度も繰り返して楽しんでいる時があります。 

最近の一番のお気に入りの言葉は 

「がんこちゃんはピンクの恐竜の女の子」 

がんこちゃんはNHKの教育番組のキャラクターですが、
このキャラクターに固執しているというよりは、
単にこの言葉が好きなんですよね。 
 

意味はあまり関係なくて、
言葉の響きというかリズムを楽しんでいるような気がします。 
 

他にも 

「オー!ファミリー」(アニメの題) 
 
文化祭といえばたこ焼き・ヤキソバ・お好み焼き!(セーラームーンより) 
 
など、いろいろあります。 

ほとんど言葉になんの意味もありません!!(笑) 
 

一人で繰り返している時もあるし、
私に同じ言葉を言えというときもあります。 

長年の習慣で、
由紀子が言葉遊びをしている時に
私は無意識に同じ言葉を返しているようです。 


その習慣がわざわいすることも・・・ 
 
それは、私が昼寝をしたい時です。 

由紀子にとって私が寝ているなんて、
全然関係なし! 


自分が言葉を返してほしい時は、
私が目を覚ますまで同じ言葉を繰り返します。 

昼寝をすると必ずと言っていいほど!! 
 
「がんこちゃんはピンクの恐竜の女の子!!」
p(#^∇°)q  
 
  (_ _)zZzZ ・・・・(--;) 
 

「おかあさん!がんこちゃんはピンクの恐竜の女の子!!」
ヾノ≧∀≦)oイエイエ! 
 
  
  (_ _)。。。o O   (・へ・;;)うーむ・・・・ 
 

「おかあさん!!がんこちゃんは・・・」 
 
  ("_")(-_-)zzZ   (。-`ω´-)モ~!  
 

「おかあさ~ん!がんこちゃん!!」 
 

「はい!はい!がんこちゃんは恐竜の女の子!!」 
 


ヾ(〃>_<;〃)ノ チガウ!「
ピンクの恐竜の女の子!」 
 


ヽ(__ __|||)…そこまでこだわるか!! 
 

普通、オーム返しをするのは自閉症の人の特徴でしょう? 

なんで、私がオーム返しをしなければならない?!(笑) 
 
 
まーまーが言っていましたが、
自閉症の人がお笑いが好きなのは 

芸人さんが持ちネタとして、
毎回同じ言葉を言ってくれるからだろうって!
 
自分が期待している言葉を
きちんと返してくれる事が気持ちいいんでしょうね。 
 

由紀子もお笑いを見るとき、
好きな芸人さんが出てくると、
その持ちネタを言うまで、
ずっと同じ言葉を繰り返しています。 


「そんなの関係ねぇ~!」「そんなの関係ねぇ~!」 

おかげで、テレビの中で何を言っているか全然聞こえません。(笑) 
 

自閉症の人の感覚って本当にわかりません。

=END=
コメント

お留守番

2008年06月27日 | ゆきちゃんの日記
母(tomi)は今日は
ドレスデンフィルハーモニーのコンサートを聴きに
佐世保まで行って来ました。 
 

こうして由紀子を家族に託して
コンサートを聴きに行くのは2度目です。 

今回もまーまーにお休みを取ってもらって、
由紀子の世話をお願いしました。 

由紀子の夜用の専属ヘルパーさんです。(笑) 
 

前回は私が留守中に由紀子が大荒れして、
家の中は大変だったのですが、 

今回は何の問題もなく平和な夜だったようです。 

私が戻った時には、由紀子はもう眠っていました。 
 
お風呂もまーまーに髪を洗ってもらったらしいのですが、
由紀子が手順を指示しながらだったとか・・・(笑) 

しかも、洗い終わったら即、
バイバイ!!(*´▽`*)ノ~~~~ 
 
いつもと同じペースで夜を過ごして、
時間がきたら自分で寝てしまったそうです。 
 

PMS期の初期で、時期も良かったのかもしれませんが、
こうして私が夜に出かける事にも
回数を重ねるごとになれて行くのだと思います。 
 

今回のコンサートのチケットは
Yukiパパが知り合いに頼んで取ってくれました。 
m(_ _)m アリガトォ~★ 
 
プログラムは 
ウェーバー:歌劇「オペロン」序曲 
ベートーベン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」(ピアノ中村紘子) 
ベートーベン:交響曲第7番 
 
 

中村紘子さんの演奏も彼女の迫力のある演奏でとても良かったです。 

ベト7は「のだめカンタービレ」で聴きなれた曲ですが、
生の演奏は素晴らしかったです。 
 
2時間の演奏があっという間に終わった感じでした。 

本当に素晴らしい演奏でした。 

それに、ドイツ人は格好いい!!(笑) 
 
しばし、現実を忘れて別世界を楽しんできました。 
 

先日は由紀子の宿泊学習中に長崎に息抜きに行って、
今回はコンサート! 

こんな私のわがままを許してくれる家族に感謝をしなければと思っています。 

本当にありがとう!! 

私、また頑張るから!!
p(*^-^*)q がんばっ♪


=END=
コメント

電化製品が壊れていく~~!

2008年06月26日 | ゆきちゃんの日記
このところ、我が家のいろいろなものが壊れていきます。 
 
まず最初に壊れたのがDVDレコーダー。 

予約していたものが全然録画されていない!
(≡д≡) ガーン 

ずっと録画して保存用にダビングしていた
スタートレックボイジャーが・・・。
( ̄- ̄=)あぁ… 

165話録画して、あと7話で終わりなのに・・・
なんで今壊れる!! 
 

次におかしくなったのが電子レンジ。 

2分加熱のものを3個連続でかけて、
チンと鳴ったのでドアを開けたら 

なんと!レンジが回り続けていて・・・
危うく自分の腕をレンジしてしまうところでした。 
コワイ!(≧◇≦;) 
 

そして、極めつけはトイレ! 

水がタンクにたまらなくなってしまって、
ず~~と流れっぱなし。 

水道代が~~~!
( ̄_ ̄|||)どよ~ん  


業者の人に見てもらったら修理不可能だそうで、
タンクの取替えか、全面的な取替えになるのだそうです。 

これは大家さんもちだから・・・おまかせ!! 


今は流すたびに水が止まるかどうかを確認する毎日です。 
 

壊れていくのは道具だけではなく、
私自身も・・・(笑) 

歯の詰め物は取れるわ、
口の周りにヘルペスができるわ、
首の筋がこわばって痛いわ・・・

もう最悪!! 
 
 

唯一の救いは由紀子が落ち着いてきている事。 

夜もぐっすりです。 

昨日ぐらいからPMS期に入ったみたいだけど、
まだまだご機嫌です。 

歌はうるさいけど、泣き声よりはましです。 
 


それに、道具たちが壊れるのも、
由紀子が落着くのを待っていてくれたと思えば、
慰めぐらいにはなります。(笑) 
 

DVDは入院させましたが、
今日連絡があってかなりの重症で4つも部品を交換するのだそうです。 

ハードディスクも換えるので、
撮り溜めていたものは全て消えるのだそうです。 

ヤマ○電気で5年保障をつけておいて正解でした。 

我が家のDVD買ってから4年目でありました。
(v^ー°) ヤッタネ

=END=
コメント

初心忘れるべからず!!

2008年06月24日 | ゆきちゃんの日記
学校の行事が一段落して由紀子が落着いてきて、
あらためて反省した事があります。 

それは・・・ 
由紀子がパニックになったときに口走る言葉です。 
 
「ゆきちゃん、嫌い!!」 
 

これは由紀子が荒れていた頃に私が言った言葉のせいなんです。 
 

何度注意しても衝動的に壁や机を叩く由紀子に
我慢の限界が来たときに 

「お母さん、そんな事をするゆきちゃんは嫌いよ!!」 

と、何度か言ってしまったんです。 
 

何日も寝ないで由紀子のパニックに付き合っているときでした。 
 
「机を叩いちゃいけないんだよ!」と言いながら、
ワザとのように私の顔を見て机を叩く由紀子に腹が立ちました。 

それでつい言ってしまったのですが、
やはり言ってはいけない言葉でした。 
 

私には由紀子が自閉症と解かった時から
守り続けていた事がありました。 

それは、できない事を嘆いたりするのではなく、
できるようになった事を見つけて誉めながら育てること。 

そして、「愛している!」とはっきり言葉にして伝えてやること。 
 

だから、由紀子は愛されているという自信に満ちていたし、
由紀子の笑顔の源はその自信だったはずです。 

なのに、私から「嫌い!」という言葉を投げつけられて、
きっとショックだったんでしょう。 

本当に反省しています。 
 
 
「ゆきちゃん、嫌い!」 

お母さんは机や頭を叩く自分が嫌いなんだ! 
お母さんが私を嫌いになった!! 
 

その言葉を聞いたときに、
由紀子がそう訴えているような気がしました。 
m(;∇;)mゴメンネ  
 
 

自閉症の人は記憶力がいいから、
きっと私が言った言葉は忘れないんでしょうねぇ~。 

どうすればいいのか・・・ 

いろいろ考えましたが、誉めて育てようと決めた頃の日記を読み返して、
初心に戻るしかないと思いました。 
 

それ以来、小さなことを見つけては誉めて、
「そんなゆきちゃんが大好き!」を繰り返しています。 


ちょっとわざとらしいけどね・・・(笑) 
 

それでも、私に「好きよ!」と言われた時の由紀子はとても嬉しそうです。 
 
 

12年前に書いた日記を読むと、
必死に由紀子の障がいを受け入れようとしている
自分の姿がそこにありました。 

そしてその頃、由紀子の事を見極めている事は的確で、
今に通じていることがいっぱいでした。 
 

その日記は保育園時代の3年間に書いたもので、
アナログの日記なのでこのHPにもアップしていません。 

いつか時間ができたらアップしようと思います。 
 


由紀子との合言葉も思い出しました。 
 
「ゆきちゃんは、お母さんの宝物よ!」 
 
ずっと言い続けてきた言葉だったのに、
この1・2年は数えるほどしか言ってませんでした。 
 

自立させる時期だからこそ、
由紀子には愛されているという自信が必要なんですよね。 

本当に初心忘れるべからずです。

=END=
コメント

お父さんが・・・

2008年06月22日 | ゆきちゃんの日記
買い物に行って戻ってきたら、yukiパパが 
「由紀子のパソコンに重大なエラーのメッセージが出たから、
再起動してやったから。」 
 
私が大嫌いなあの青いエラーメッセージですね。

こわ~い!
(◎◎;) 
 

今は由紀子が何事も無かったかのようにパソコンをいじっているので、 
今回も問題は自己解決してくれたみたいです。 

よかった!! 
 
「ゆきちゃん、パソコンを壊わしちゃったの?」 
 
「ハイ!・・・お父さんが!!」(*⌒ー⌒*) 
 
 

「え~~~? お父さんが壊したの?」 
 

「ハイ!」(。・_・。) 
 
σ( ̄◇ ̄;) ボ、ボク? 
 
 

そうか・・・犯人はお父さんだったのか!!(笑) 
 
ヾ( ̄o ̄;)ちがうってば、、、 
 

o(〃^▽^〃)oあははっ♪ 
かわいそうなyukiパパ!!(笑) 
 
 

本当は 

「お父さんがパソコンを直してくれた!」 

って言いたかったんだよね!(笑) 

=END=
コメント