ゆきちゃん通信++日記++

自閉症の娘、由紀子の毎日を
母親(tomi)の目を通してお伝えします。

夏休み最終日

2005年08月31日 | ゆきちゃんの日記
昨日の夜の不眠のおかげで、
由紀子も母もすっかり睡眠不足です。 

ゆきパパを職場に送り出して、
ちょっとだけ…と横になった母ですが、

次に目が覚めたのは10時半でした。
Σ( ̄ロ ̄) マ、マジ? 
 

その間、由紀子もず~っと眠っていたわけで・・・

夏休み最終日は早起きをして態勢を整えさせる計画が
すっかり崩れてしまいました。(反省) 
 

今日は昨日と打って変わって
気持ちがブルーなゆきちゃんです。 

頭の中は学校のことでいっぱいのようです。 

本当に憂鬱そうです。

この日記のバックを
黄色か青にしなければならないようなムードです。(笑) 

時々軽く頭を叩いていました。 

本当に軽く、トントン・・・って感じで! 

いつもこれくらいの強さで叩いてくれれば、
止めなくてもいいのに・・・なんて思った母です。 
 

夜に明日の準備をしながら、 

「明日は給食はありません。」 

「明日はお着替えもしません。」 

「明日はお母さんとずっと一緒です。」 

と繰り返し話をしたら、
少し安心をしたようです。 

他にも気になることがいっぱいあると思うのですが、
とりあえずは2学期初日に学校に行けること、
それが最大の目標です。 

=END=
コメント

ヘルパーさんとのお留守番

2005年08月30日 | ゆきちゃんの日記
前にも書きましたが、
感覚が過敏になって外出を嫌がるようになった由紀子との生活で
不自由をしている私を支援するために
音楽療法のH崎先生がヘルパーとして
いろいろな形で係わってくださることになりました。 


今日はその初日、お留守番の練習をしました。 
 

ヘルパーステーションからの連絡で
今日はH崎先生のほかに
スタッフの方が2名一緒に来られることになりました。 
 

由紀子にそのことを告げると、
なんとなくうれしそうな顔をしました。 

突然たくさんの人が家に来ることを
嫌がるかもしれないと思っていた私はちょっと意外でした。 

でも、考えてみればこの夏休み中、
由紀子は家族以外の人に会うことは
ほとんどありませんでした。 

もともと人が嫌いなわけではありませんから、
人恋しくなっても不思議ではありませんよね。 


そして、いよいよ時間になって
我が家に3人のお客様が見えました。 

由紀子はパソコンをやめて居間のテーブルについて
接客の準備です。(笑) 

やはり楽しみにしていたようです。
(*^∇^*) 
 

それと入れ替わりに、私とねーねーは出かけました。 

由紀子には前もって説明をしておいたので、
何の支障も無くH崎先生たちに引き継ぐことができました。 
 

今日は13時から1時間だけのお留守番です。 

H崎先生とは音楽療法の時には
いつも私抜きでレッスンでしたから、
全く不安はありませんでした。 
 

1時間後、戻ってみると私が出かけたときのまま、
テーブルを囲んで4人が座っていました。 

テーブルにはチラシで折られた鶴とお花がありました。 


どんな時間だったのでしょう?(笑) 
 

ともかく練習は大成功でした。 

「これからも時々H崎先生とお留守番をしてくれる?」
と由紀子に聞いたら
笑顔で「うん!」と答えてくれました。 

本当によかったです。 

これで、私にも少しは自由な時間ができそうです。 
 

その日の夜は家族で外食をしました。 

ずっと外出を嫌がっていた由紀子ですが、
「ちゃんぽんを食べに行こうか?」
の誘いに普通に
「行く!」と答えてくれたのです。 

昼間の刺激がよかったのでしょうか? 


写真は食べ終わったときの写真です。 


久しぶりの外食に母は食べ終わるまで、
写真のことを忘れていました。(笑) 

ちゃんぽんとチャーハンを
お腹いっぱい食べて大満足の由紀子です。 
 

ただ・・・急にいろんな事があったからかもしれませんが、
この日の夜は不眠症状が出て
夜中に眠れなくて泣き出してしまいました。 

もうすぐ始まる学校のことも気になっているのでしょう・・・。 

そばで「だいじょうぶよ!」と
声を掛けることしかできない母です。 


=END=

 
コメント

(><;)うっ!

2005年08月29日 | ゆきちゃんの日記
今日の夕飯に五島うどんをしました。 

我が家ではそうめんの代わりに五島うどんを氷水に入れ、
麺つゆで食べます。 

最近、食べ物にこだわって食べられる品数が減っている由紀子も
このうどんは好きでよく食べてくれます。 
 
ただ、今日はねーねーだけは
うどんの気分ではないと言って食べませんでした。 
(どんな気分やねん?!) 

なのに、みんなが「ごちそうさま!」をした後に、
由紀子の麺つゆを使って残りを食べ始めました。
(食べたかったら最初から食べればいいものを!) 
 

それを見た由紀子が「
まだ、食べる!!」と言って食卓に戻ってきました。 

「はい!はい!( -"-)」と、
ねーねーは麺つゆを由紀子に返して・・・。 
 

再びうどんを食べ始めた由紀子。 
(*⌒~⌒*)もぐもぐ 

ところが 

(><;)うっ! ・・・・

o(><*)o o(*><)o・・・

ま・まずい!! 
 

なんと、その麺つゆにはわさびが入っていたのです。 


ねーねーが自分が食べるときに入れたらしく、
そのことを忘れて由紀子に返してしまったのです。(笑) 
 

泣きそうな顔で、
口の中のうどんをもてあましている由紀子。 

かわいそうだと思いながら、
おかしくて笑いこけてしまいました。 
 

それから、寝るまでずっと

「わさびはまずかったんだよ!」

を繰り返して、
ねーねーに抗議をする由紀子に

(。><。)ゴメンナサイと、
謝り続けなければならないねーねーでした。(笑) 
 

そのせいで、寝るときに少しパニックを起こした由紀子です。 
 

いえ!本当はそのせいではありません。 

パニックの原因は夏休みの終わりが近づいていることです。 
 

由紀子は自閉症そのものは重度ですが、
いろいろなことに関しての認知はある程度できる子です。 

9月1日から学校が始まることはよくわかっています。 

毎日、日めくりのカレンダーをめくるのが
由紀子の仕事なのですが、

一枚めくるたびに学校が近づいてくる・・・

そのことに動揺しているのがよく解ります。 

正直言って、母も動揺しています。 

うまく生活の切り替えができるかどうか? 


刺激から遮断された家の中から、
一気に学校の中へ戻すことが
どれほど由紀子の負担になるか・・・。

不安要素はいっぱいなのです。 
 

でも、母はそんな気持ちをぐっと抑えて、
できるだけ当たり前のように
学校の話をするようにしています。 


「さぁ!もうすぐ学校だね!
パッパカッパッパッパ!!って
H野先生が待っているよ~!」
(〃⌒ー⌒) 
 

今日も学校で由紀子のケース会議が開かれました。 

学校の先生方もどうしたら由紀子が学校で安定した生活ができるか、
一生懸命考えてくださっています。 

2学期が、由紀子の中学生活の
本当のスタートだと思ってやっていこうと決心している母です。

=END=
コメント

ぶどう狩り

2005年08月27日 | ゆきちゃんの日記






由紀子の好物は果物、
中でもぶどうとみかんが大好物です。 

なので我が家の秋の恒例行事は果物狩りです。 

大村は果物の産地で、
梨・ぶどう・りんご・いちごと
果物狩りがいっぱいできる所です。 

長崎に住んでいる頃から、
大村まで毎年ぶどう狩りとなし狩りに来ていて、
大村に住むと決めた時からこの秋を楽しみにしていました。 

そして、いよいよシーズン到来です。 
 

夏休み中、家の中にいて外出を嫌がっていた由紀子ですが、
きっとこの果物狩りなら喜んでくれると思っていました。 

ところが、 

「行かない!」
((>。< )イヤッ( >。<))イヤッ 


~~~~?!そんなぁ・・・・
(××;) 
 

でも、行ってぶどうを見たらきっと喜んでくれるはずと、
また勝手に決めて無理やり車に乗せて出発しました。
(懲りない奴です。(*^-^*)> ) 
 

久しぶりの外出に緊張している由紀子。 

街中を走るときはずっと目をつぶっていました。
(少しずつ不安になってきた私。) 

でも、山の中へ入ると少し落ち着いたようでした。 
 

そして、毎年お世話になっているぶどう園へ到着。 

いつものようにかごをもらってぶどう棚へ入ろうとしたら、
由紀子が嫌がって動かなくなってしまいました。 

無理に引っ張るとパニックを起こしそうになりました。 

ガーン!
去年まで平気だったのに・・・ 


そうか・・・
果物狩りまで楽しめなくなってしまったのね・・・。 

なんだか悲しくなりました。 
 

しかも、農園の人が
「それじゃぁ!ぶどうでも食べんね!」
と声をかけてくれたのに 

「ぶどうは嫌いなんだ!!
ぶどう狩り嫌いなんだ!」
(¬ε¬)ぶぅ 


( ̄◇ ̄;(やっぱり連れてくるべきじゃなかったのかしら・・) 
 

農園の人に本当はぶどうが大好きなことを必死に説明して、
ゆきパパだけがぶどうをとりに行くことになりました。 
 

優しい農園の方はそんな由紀子に
ぶどうを出してくださいました。 

すると、急に笑顔になった由紀子。 

(@⌒~⌒@) いただきま~す 

と、ペロっと平らげてしまいました。 

農園の人もその姿に大笑い!
私もホッとしたのでした。 
 

写真ではぶどう棚の中にいるように見えますが、
これは試食のスペースに這わせてあるぶどうの木です。 

見事な巨峰がたわわに実っていました。 

本当のぶどう棚の中は袋がかぶせてあって、
ぶどうの姿は見えないんですよね!! 

 
最近の由紀子はどこに出かけるのも
大変になってしまいました。 

こんな日々がいつまで続くのでしょうか? 

2学期が不安になっている母です。

=END=
コメント

終ったぁ~!ゎーィ♪ヽ(*´∀`)ノ

2005年08月26日 | ゆきちゃんの日記
予定通り、今日で由紀子の緊張症の期間が終わりました。 

気持ちが完全に落ち着くのには
あと2・3日かかりますが
大きく荒れることはもうありません。
(*^-^*) 
 

ゆきパパの癌騒動が終わり、
由紀子の緊張症が終わってホッとした途端に
母は偏頭痛と腹痛に襲われてしまいました。 

いた~い!。・゜゜(ノД`)あ゛~ん 


何か問題が解決する度に
必ずこの痛みに悩まされる母なのでした。 

でも、痛み止めで夜には何とか復活!!
p(*゜▽゜*)q 
 

食事の後、
由紀子が鼻歌を歌っていたので、
つい私も一緒に歌ってしまいました。 

すると、パッと振り向いた由紀子に
指鉄砲で「バン!」と撃たれてしまいました(笑) 

(o_ _)o うッ!☆・----------‥…¬_(・_-*) バン!! 
 

最近、周りでわずらわしい行為をすると、
すぐに「バン!」と撃たれてしまいます。 

特に鼻歌です。 

無意識に歌っているときなど、
この一発は効きますよ。(笑) 
 

「自由に歌も歌えない!」

と文句を言いながら、
家族も撃たれるたびに、

(o_ _)oうッ!

と言って胸を押さえて
倒れるまねをしているのですから、
結構楽しんでいるのです。 
 

今日もABCの歌を歌っていたら
撃たれてしまいました。 

でも、途中でやめるのもしゃくだったので
続きも歌ってやりました。 

ABCDEFG・HIJK 


¬_(・_-*) バン!! 


うっ!うっ!うっ!♪ 
 
すると、これが由紀子のツボにはまったらしく、
私の顔を見るたびに 

「ABCは?」

 
┐( -"-)┌ ヤレヤレ   


何度も同じことを繰り返さなければならない羽目になりました。 

しばらくは撃たれ続けることになりそうです。 

=END=
コメント