ゆきちゃん通信++日記++

自閉症の娘、由紀子の毎日を
母親(tomi)の目を通してお伝えします。

さびしい!という感情

2014年03月30日 | ゆきちゃんの日記
笑っていいとも増刊号の
最終回が終わりました。

じっと見ていた由紀子!

番組中に何度も
「最後」という言葉が出てきて
由紀子も終わりを実感したようです。


番組終了後に

「いいとも・・・終わるって!」
「いいとも・・・最後って!」

と、何度も繰り返していました。


「そうねぇ~、終わりなんだって!
さびしいねぇ~?!」



と、言葉を返したら
由紀子の表情がパッと輝いて


「いいとも終わって、さびしい~~!」

「さびしいねぇ~~!!」

("▽"*)アヒョ


と、何度も、何度も言いました。



その時、思ったのですが

由紀子は今、
心の中に満ちている感情が
なんなのか?

なんと表現していいのか
分からなかったのもしれません。


そして、私が言った
「さびしい!」という言葉に



これだ!!(^ー^)b 


と、ピンと来たのかもしれません。



私は由紀子が小さなころから
感情を意識させることを心がけていました。

今由紀子が感じているであろう感情を
言葉にして教えるようにしていたのです。


たのしい
おもしろい
かなしい
イライラする
いや
きらい
好き
等々・・・



もちろん
「さびしい!」という感情も教えました。


でも、「さびしい」と感じる場面は
たくさんあります。

ひとりぼっちになった時
大切な人とお別れをした時
等々・・・

おなじ「さびしい」でも
それを感じるシーンはいろいろです。


どの感情を教えるのも
とても難しいことです。





そういえば・・・
最近、由紀子に
感情を教えるということを
怠っていたなぁ~~

\(_ _。)ハンセイ





でも今回、由紀子は

楽しみだったことが
終わるときに感じるものが
「さびしい!」であることを
学習しました。


その満足した顔を見て
大人になっても
感情を教えてやるべきなのだと
気づかされたのでした。


=END=

コメント