ゆきちゃん通信++日記++

自閉症の娘、由紀子の毎日を
母親(tomi)の目を通してお伝えします。

検診の結果

2012年07月03日 | 硝子体手術
疲れてうたた寝をしている間に
日付が変わってしまいました。
(;^_^A アセアセ

昨日、大学病院での
退院後一ヶ月の検診に行ってきました。

左眼の網膜は
由紀子の大きなクシャミにもめげずに
しっかりと張り付いていてくれました。(笑)

ただ、まだ膜の下に
水が残っているので
シリコンオイル入りの生活は続行です。

まッ、もともと3ヶ月は
シリコンを入れておく予定なので
想定内の結果です。

結果は、まずまずだったのですが・・・


今日の検査中の由紀子さん・・・

もう、大変!!(;´Д`A ```参ったね


たくさん検査をしなければいけないのに
最初からイライラムード全開!

コンピュータでの視力測定と
眼圧の検査までは
なんとかできましたが

アナログでの視力検査になったとたんに

ブー!!(。・`ε´・。)ノ彡☆バンバン!!

どんなに大きなマークを見せても

見えない!!ε=(=`・´=)フンッ

・・・・そんだけ、自由に歩けるんだから、見えるだろうが?!・・・・

わかんない!(≧ヘ≦ )プイッ!!

・・・眼を開けろ!!開けなきゃ見えないだろうが?!・・・・

終わろうか?!ヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!!

・・・勝手におわるな!!(x_x) ☆\( ̄ ̄*)バシッ・・・・

・・・の中は、私の心のつぶやきです!(笑)

実際は、優しくなだめて・・・、
必死になだめまっくったのですが

どんなになだめても、食べ物で釣っても
全くダメでした。


大きな体で大泣きをして
足をバンバン叩く19歳!

待合室と、検査室にいた
患者さんたちはびっくりです。



結局、ドクターが
視力検査はパスしていいと
言ってくれて

瞳孔を開く目薬をさして
次の検査へ・・・

次の検査のほうが
ジッとしていなければならなかったり

指示された場所を
見つめ続けなければならなかったり

視力検査とは比べ物にならないくらい
大変な検査だったのに・・・

これは、なんなくクリアしました。(笑)

この後、二つの検査も
楽勝でクリア!!


検査が無事に終わって
暗室から出てきたら・・・

回りの患者さんたちまで
「よかった!よかった!」
という顔で迎えてくれました。(笑)

お騒がせしました!m(_ _)m


由紀子は、視力検査で
「見える?」
と、聞かれるのが
嫌だったみたいです。

ドクターに光が見えるかと
聞かれた時も
足を叩いて反発していましたから・・・(汗)


でも、むずかしい検査が
上手に受けられたので
術後の様子もきちんと
確認してもらえてよかったです。


検査の結果、
運動が解禁になりました。

頭を打つ可能性のある運動と
念のために、球技は禁止です。

でも、プールでのウォーキングや
日常的な運動は大丈夫ということです。


よかった!!

昨日、宣言をしたように
これからは、活動的な生活への
変換を試みます。

それは、また明日書きます。

そろそろ寝ないと
また、眼精疲労で
眼が痛くなりそうです。

=END=
コメント

抜糸

2012年06月21日 | 硝子体手術
退院後、2週間目の検診にいって来ました。

心配していたくしゃみは
大丈夫でした。

ドクターに

「すごく大きなクシャミをするんです~~!」(´・ω・lll)

と、言ったら・・・。

「クシャミぐらいは大丈夫よ!!」

と、軽く言われてしまいました。

また心配しすぎてしまったようです。(笑)

でも、クシャミを何度もした後は
目が充血して・・・

本当に怖かった!!


その充血ですが・・・
クシャミをしないときも
白目の3分の1ぐらいが
真っ赤です。

しかも、由紀子は時々
痛そうにしかめることがあります。

それを、ドクターに言ったら


白目を縫った糸に反応して
炎症が起きているから・・・

抜糸してみる? d(・ω・´。)


大学病院では
溶ける糸を使ったので
抜糸はしないといわれたのですが

やはり、溶けるには1.2ヶ月は
かかるらしいです。

それまで、痛い思いをするよりは
できるならば抜糸をしたほうが
いいだろうということでした。

ただ、問題は・・・
由紀子がその手技を
受けられるかどうかです。

ダメもとでやって見ることにしました。

眼球に麻酔の目薬をさして
ベットに横になって・・・・

ジッとしていれば、
すぐに終わるからね?!
終わったらアイスを買いに行こうね?!

( ▽|||)\( ̄ ̄*)よしよし♪


私が気を引いている間に
まずは一本を抜き取り成功!!

ところが、その瞬間が
痛かったらしく
二本目はどうしても
拒否です!

夕飯に握り寿司を食べさせるから!!(*´Д`人)ォネガィ?

ヾ(〃>_<;〃)ノ イヤイヤ

結局、二本目は
抜糸できませんでした。

(ヘ||_ _)ヘ ガクッ



糸はそのうちに溶けるでしょうけど・・・


7月に大学病院での診察まで
様子を見ることにしました。


でも、一本は取れたから
少しは楽になるでしょう!


・・・おまけ・・・

網膜剥離の手術の為に
眼内レンズなし、
しかもシリコンオイル越しにしか
見ることのできない由紀子さん。


テレビの画面がどんな感じに見えるのか?
私には全くわかりませんが・・・

最近、ちょっと見るコツをつかんだらしく
時々、出ている人の名前を言うことがあります。

先日は、アンガールズの田中さんが
画面に出た途端に
「田中さん!」といいました。(笑)

今日のお昼に「笑っていいとも!」を
見ていたときのことです!

二世芸能人が出るコーナーがあっていて
その画面を黙って見ていた由紀子さん。

「ボビーよ?!」d( ̄  ̄)

・・・ボビー・オロゴンのことらしいです。(笑)・・・

と、言いました。

残念!!

そこに出ていたのは

Mr.マリックの娘のLUNAでした。
(≧ω≦)ぷぷぷぷぷ

似てる・・・かも?!(笑)

=END=
コメント

生理食塩水

2012年06月17日 | 硝子体手術
退院して10日が過ぎました。

由紀子さん、PMSの症状が出てきました。
(||| ̄△ ̄;)

落ち着いているな・・・と、
油断していると
突然、機嫌が悪くなって
足をガンガン叩きます。

今のターゲットは足首

青あざが痛々しい!!
次は疲労骨折かも・・・( ̄_ ̄|||)どよ~ん


さて、今日も
療養生活で必要になった
道具を紹介します。

これも苦労して探し出した物

生理食塩水です。

何に使うかというと
目ヤニがひどい時の
拭き取り用です。

この数日は目ヤニの量も
減りましたが、
退院直後は朝に
目ヤニで眼が開かないこともありました。

病院では看護師さんが
眼を洗ってくれていましたが
家ではどうしたものかと
退院前から考えていました。

ドクターに聞いたら
眼を洗っているのは
生理食塩水なのだそうです。

退院後の為に
それが欲しいと言ったら・・・

外来では出せるけれど、
退院の処方一覧にはないので
出せないということでした。

国立で診察を受けたときに
聞いてみるように言われましたが

それまで目ヤニはどうする??

退院後に薬局を探したのですが・・・
どこにもありませんでした。


仕方なく、パックに入った
清浄綿という物を買ってみたのですが
由紀子には合わないようで
拭いたところが
カピカピになってしまいます。


その後は、お湯を沸かして
それに脱脂綿を浸して
拭いていましたが
これがけっこう大変!


それを見たまーまーが
大村中を探しまわって・・・

ドラッグストアーで
これを見つけてくれました。


でも、「コンタクト用」
と書いてあります。


そこで、まーまーは
薬剤師を捕まえて
質問攻めです!!(笑)

生理食塩水ではないのか?
どこが違うのか?
眼を拭くのに使ってはいけないのか?



困った薬剤師は
あちらこちらに電話をして
最後には製造元に
問い合わせをしてくれたのだそうです。

そして、これは
間違いなく生理食塩水で
何の混じりけもないこと
眼を拭いても大丈夫なことを
確認してくれました。

感謝!!

そして、まーまーが最後の質問

だったら、なぜ
わざわざ「コンタクト用」と
書いてあるのか?

答えは・・・

その方が売れるから!!


(≧◇≦)え~!そんな・・・(笑)


実は、先日の国立医療センターの診察の時に
眼を拭く為のものが欲しいと
お願いをしたら
人工涙液マイティアを
処方してくれました。

でも、それを由紀子に点してみたら
痛いというのでやめました。

涙と一緒と言っても
何か入っているのかもしれませんね?!


アッ!念のために書きますが・・・

この生理食塩水は
眼に点すわけではありません。
あくまでも、
目ヤニの拭き取りに使っています。



病院では簡単に使えるものが
病院を出た途端に
手に入らないものが
こんなにあるとは・・・

その立場になってみないと
わからない苦労って
あるものです。

※これも念のために書きますが
薬局に同じような容器で
コンタクトレンズ用の「精水」というのがありますが
あれは、生理食塩水とはちがいます。
間違って使うと、痛いらしいです。
ご注意ください。

=END=
コメント

アイカップ

2012年06月16日 | 硝子体手術
今日は一日中雨!

どこにも出かけずに
一日中家の中にいるのは
本当に苦痛です。

一日が長く感じます。

今日は昼間に
パニックになったときに
一発、頭に拳骨が入りました。

術後、これで2発目?

良く我慢している方かもしれませんが
そのたびに、寿命が縮む思いがします。

今回もそれ程強くはなかったので
多分大丈夫だと思うのですが・・・

やっぱり、ドキドキです。


今日は、網膜剥離の手術をした後
苦労して手に入れた
道具(?)について
書いてみようと思います。

最初はこれ!



透明タイプの眼帯「アイカップ」といいます。

病院では手術後から
ずっとこれを使っていました。

最後は寝るときだけになりましたけど

眠っている時に
目をこすったりしないので安心です。

でも、これ・・・
なかなか手に入りません。

退院してすぐに
いろんなところに電話をして
探したのですが
長崎・大村・諫早では
見つけることが出来ませんでした。

アマゾンなどで業務用として
40個入りで約10000円で
売ってはいるのですが・・・

さすがに40個はいりません!(笑)

ネットで探しまくったら
徳島県の眼科の指定のメガネ屋さんに
一個300円で売っていました。

そちらに電話をして
送って欲しいとお願いしたら
指定の眼科で手術をした人用のもので
通販はしていないのですが
特別に!!ということで
売っていただくことができました。

しかも、諫早の系列店に
送ってくださって
送料がかからないように
配慮してくださいました。

本当に感謝です!!


そうそう・・・
このアイカップを装着する為の
テープも特別品です。

皮膚の角質を剥ぎ取らない用に
作られているテープです。

これは、普通のドラッグストアーで
手に入ります。


普通の人なら退院後は
このような道具がなくても
自制できるからいいですが

障害のある人は
痒かったり、痛かったりすれば
どうしても手が行きます。

それを止めようと思えば
誰かが寝ずに監視をしなければなりません。

私は、このアイカップのおかげで
夜も安心して眠ることができています。



昼間の外出の時には
こちら・・・


bolle 眼の保護メガネ クリアレンズタイプ

保護用のメガネです。

ホコリを防いだり
目を打ったりしないように
ネットで探して購入しました。

お風呂に入るときも
これを掛けさせて
水が目に入るの防いでいます。


このほかにも、
苦労して手に入れたものが
いろいろあります。

これから目の手術をする方の
参考になるかもしれないので
明日も続きを書きます。

=END=
コメント

順調です。

2012年06月14日 | 硝子体手術
国立医療センターに
退院一週間目の検診に行ってきました。

診て下さったのは
最初に網膜剥離を
宣告したドクター!

「宣告」って・・・
別に恨んではいませんよ!(笑)


ドクターは大学病院からの
手紙を読んで、

「右目も手術してもらえたんだ?!
よかったねぇ~~!!
僕は右目はしないつもりだった!」

そう言いました。


右目は手術をしても
見えないことは
最初から言われていました。

せめて光を感じる機能を
残すためだけの手術かと思っていましたが、
それだけではなかったみたいです。

網膜剥離をそのままにしておくと
当然失明をするわけですが・・・
その後、眼球の萎縮が起こるらしいのです。

由紀子は、
すでに失明状態でしたから
眼球の萎縮も時間の問題だったのかも知れません。

オイルを入れてもらったおかげで
今の眼球の大きさを
保っていられるのだそうです。

ネットで検索してみたら
眼球萎縮を起こして
外見の問題で
つらい思いをしている人も
たくさんいるみたいです。

由紀子の笑顔を守るためにも
右目の手術は
大切だったんだと
今日始めて知りました。

そして、左目は
今のところ、順調だそうです。

\(@^0^@)/やったぁ♪

視力も退院前よりも
少し見えやすくなっているのか
視力検査の時の
由紀子の答え方が
明るかった気がします。

きっと由紀子も
うれしかったのだと思います。

よかった!よかった!


大きな病院は
待ち時間が長くて疲れます。

帰宅して一眠りした由紀子さん!

その後は、こうして
まったりタイム!!


最近はこの場所がお気に入りです。(笑)

由紀子さん
明日は雨だそうですよ?!

=END=
コメント