ゆきちゃん通信++日記++

自閉症の娘、由紀子の毎日を
母親(tomi)の目を通してお伝えします。

おぼれてませんから!

2009年02月28日 | 過去の日記
今週はあっという間に時間が過ぎてしまいました。
 
気がつくと、またプールの日です。 

 
お天気もよくて、プール日和です。
 
由紀子もご機嫌で準備をして、出発!! 
 

先週の日記で書いたように、
今日も大きな魚は水の中で自由に泳ぎまわっていました。 
 
今日は前回よりもぷかぷか浮くことを楽しんでいるようです。

 
全身の力を抜いて両手両足を広げて浮いている姿は、
まるで気を失って浮いているように見えます。 
 

隣のコースでウォーキングをしていたおばさんが、
由紀子の横を通るときに 
心配そうな顔でじっと見ていました。(笑) 
 

きっとおぼれていると思ったのかもしれません!
(*^日^*)゛ワッハッハ 
 

「大丈夫ですよ!浮いているだけです。」 
 
そんな回りの心配なんかなんのその、
マイペースの由紀子さんは 

その後は、「おじいさんの古時計」を歌いながら
ウォーキングをしていました。 
プールは声が反響するので気持ちがよかったのでしょう、
フルコーラスでした。(笑) 
 
 
笑顔が満開のプールですが、
水着になった由紀子の両方の太ももには
大きな青あざができています。
 
自分で叩いてできた青あざです。 
 

卒業式の練習がストレスなのか、
時々力いっぱい太ももを叩いています。 
 
頭や耳を叩くよりは太ももの方が
身体への影響は少ないのでいいのですが、
 
こうやって水着になってみると、
そのアザが痛々しくて・・・。 

 
明日はいよいよ卒業式の本番です。 

みなさんにご迷惑をおかけしないように、 
本番中にパニックにならないことを祈るような気持ちです。

=END= 

 
コメント

コーラスの発表

2009年02月24日 | ゆきちゃんの日記
由紀子が入部している音楽サークルが、
学校の事務室でミニコンサートを開くことになりました。 
 
3年生が卒業する前に、
お世話になった事務室の皆さんにお礼をするためだそうです。 
 

先日の3年生を送る会で歌った歌を歌うらしいのですが・・・ 
聴いてみたい!!
o(゚-゚*)o ワクワク 

 
どうせお迎えに行くんだし、
事務室は玄関の横だし・・・
 
待つ間に、事務室から漏れてくる音楽だけでも聴こうと思って 
早めにお迎えに行きました。 
 

学校に着いたら、
ちょうど事務室に並んでいるところでした。 
 
そして、玄関には私と同じ思いのお母さんがもう一人いて・・・(笑) 
 

2人で事務室の受付のところのガラス戸を少し開けて
聴く用意をしていたら、 

先生方に見つかってしまい、
中に入れていただけることになりました。 
 
 
歌は今まで練習してきた歌のメドレーで、
それぞれの歌のサビを歌います。
 
「さくら」とか「三日月」とか・・・
高校生が好きそうな曲ばかり5.6曲だったでしょうか?
 
 
みんな一生懸命歌っている中で、 
ゆきこさん!ほとんど歌っていませんでした。(汗) 
 
唯一歌ったのは「はなみずき」だけ。
 
由紀子が大好きな曲です。 
火曜サスペンス劇場のテーマになった曲ですものね。 
 
他の歌のときは身体を揺らしているだけでしたが、 
笑顔で楽しそうでした。 
 

由紀子は2学期の終わりから入部したので、 
その前に練習していた曲は歌わなかったのかもしれません。 

 
由紀子はプライドが高いので、
他の人がすらすら歌えるのに 
自分は歌えないと言うのは許せないのでしょう。(笑)
 
それなら、いっそ歌わない!! 
 
そんな気がします。(笑) 

 
でも、それでも笑顔でみんなの歌が
聴けるようになったことは成長です。 
 

由紀子は音楽療法をずっと受けていますが、
その中でいつもH崎先生が、 
 
「音楽に強いこだわりを持っているゆきちゃんに、 
音楽はもっと楽しめるものだと知って欲しい。 
みんなといろんな形で楽しめるように・・・」 
 
そんなことを言われていました。 
 

以前は、音楽の時間にみんなが歌うことを許せない時期もありました。 

音楽室に入れなくて、
いつも逃げ出して・・・ 

そんな由紀子が、みんなと音楽を楽しめるようになった・・・ 
 

音楽療法の積み重ねのおかげですね。 
 
最近、由紀子がとても落ち着いているので、
いろんなところに成長を感じられるようになりました。
 
 
パニックの連続の日々の中では、
由紀子はどんどん後ろ向きに
進んでいるような気がしてしまいますが、
 
あの嵐のような日々の中ででも、
由紀子は確実に成長していたんですね。
 
 
今が一番いい季節なのかもしれませんね。 

次の嵐に備えて、由紀子と一緒に鋭気を養っておこうと思います。

=END=
コメント

プールの追記

2009年02月22日 | 過去の日記
昨日の日記に書き忘れていました。 
 
プールでの由紀子の泳ぎ方についてです。 
 
自由形で・・・(笑)

 
足をまったく動かさずに
手だけで25メートルを泳ぐのですが、 

遠くから見ていると、
水中をもぐって泳いで行き、 
呼吸をするときに頭が見えて、
時々、ポコリとお尻が見えます。 
 

そのポコリがどうやって起こるのか・・・

検証してきました。(笑) 
 
 
だって、腕の力だけで泳ぐのに、
どうしてお尻が浮いてくるのか?
 
不思議でしょう??
(゜ー゜*)ネッ!  
 
 
まず、手は平泳ぎのような動きをします。 
 
最初はちゃんと浮かんでいるのですが、
足を動かさないので身体がだんだん立って来ます。 
 
そして、プールのそこに足が着くか着かないかの位置で 
タイミングよく大きく腕を動かして呼吸をして 
また、頭から水中へもぐって体勢を整えながら進んでいきます。 
 
それでも、身体が立って足がプールのそこに触ってしまったその時!! 
 
 
突然、体中の力を抜いて、
全身で浮上してくるんです。(笑) 
 
 
水面にうつぶせの状態で浮かんで・・・

まるで気を失っているみたいに 
しばらく黙って浮いているんですよ! 
 

その時、遠くから見るとお尻がポコンと浮いて見えるわけです。 
o(〃'▽'〃)oあははっ♪  
 

その状態・・・わかるかなぁ~? 

 
一瞬、本当に気を失っているかと思いましたよ!(笑) 


 
完全に身体が浮き上がったら、
また何事も無かったように泳ぎ始めるんです。 
 
この不思議な泳ぎかた・・・
本当に大きな魚が泳いでいるみたいですよ。 
 

しかも、泳ぎながら顔は笑顔です。(笑)
 
時々、舌をだして泳いでいるときもあります。
 
全身の力を抜いて、完全にリラックスをしているようです。
 
 
コーチは「ドルフィンキックを覚えたらいいかも・・・」 
と言いますが、
頑固な由紀子は自分のスタイルをなかなか変えません。 

 
でも、競泳をするわけでもないし、
由紀子がこれで気持ちがよければ 
このままでもいいかな?と、思っている母です。
 
また、向上心の無いことを言ってる・・・(笑) 
 

由紀子は水の中にいるときは、
とても気持ちが開放されているように見えます。
 

感覚統合の理論の中に、
由紀子のようなタイプは
「重力不安」持っていると書いてありました。 

 
※重力不安とは・・・ 

重力に抗して動くことが苦手で、 
地面に近いところにいると安心。 
だから動かない。(感覚防衛反応がはたらく) 
毎日が不安だらけで、情緒が不安定でパニックになる。 


 
きっと水の中では重力から開放されて、
生まれる前の子宮の中に戻ったような気がするのかもしれませんね。 
 
プールを始めてよかったなぁ~と、しみじみ感じています。

=END=
コメント

プール

2009年02月21日 | 過去の日記
昨日は寒くて凍えてしまいそうでしたが、
今日は日が差してプール日和になりました。 
 
今日も一時間、みっちり身体を動かして! 
ダイエット!ダイエット! 

 
水中ウォーキングと自由形での泳ぎをがんばってきました。 

 
コーチも由紀子には、
泳ぎよりもダイエットのために
筋力をつけることを優先してくださって、 

ウォーキングも大またで歩くとか、
横に歩いて股関節を動かす運動を
たくさん取り入れてくださっています。 

 
その横歩きの時なのですが・・。
 
最初コーチが 
「カニさんのように歩くよ!」 
と言って、
指をチョキの形にして、カニさんポーズをしてみせました。 

 
その後、何度かプールを一緒に往復して、
私とコーチはいつの間にか手は普通に動かしていたのですが、
 
ふと由紀子を見ると、
律儀に指を2本立てて、
一所懸命カニになりきって歩いているじゃないですか・・・・(笑)
 
 
その姿がとてもかわいくて・・・・ 
 
つい、コーチと2人で(*・ー・*)かわいい~♪ 
 
そろそろコーチも由紀子のメロメロパンチにやられちゃうかも!(笑) 

=END=
コメント

保護者会

2009年02月20日 | 過去の日記
今日は保護者会。 

10:30分から全体会です。
 
校長先生や部主事の先生から、
高等部全体のお話を聞くのですが、
 
今日一番驚いたお話は、
今年の高等部の受験者数です。 

なんと、60名もいるんですって!! 
 

由紀子たちの学年は48名ですが、
それでも多いなぁ~と思っていたら、 
今年はそんな段ではありませんね。
 
 
由紀子たちの養護学校は、
長崎県一番のマンモス工です。 

それでなくても、高等部は毎年、
教室が足りないといっているのに、 
来年は大丈夫なのでしょうか? 

 
そんなことは、私が心配しても仕方が無いですね。(笑)

 
 
その後、学年ごとに分かれて話がありました。 
一年生は職業実習の様子をビデオで見せてもらいました。 
 
由紀子も校内実習でしたが、 
「さくらんぼ作業所」という名前がついた教室で
作業をしていました。 

みかんの皮むきが主な作業でしたが、 
由紀子は剥きやすいみかんを選び出す名人だったそうです。(笑) 
 

由紀子がさっさと剥きやすいみかんを取ってしまうので、
後には皮の固いみかんばかりが残ってしまうと、
担当の先生は笑っていましたが、 

まぁ、これも才能ということで、
お許しください!!
ニャハハ (*^▽^*) 

 
その後は、昼食をはさんで、クラス別の懇談会。 
 
話題は体重のことに・・・・ 

ゆきちゃん、一月からまた太ったのだそうです。
Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン  

 
最近、由紀子だけ小さなお茶碗にご飯をついでやると 
お父さんのと比べて、「嫌だ!」と言って泣くようになりました。(笑)
 
 
他の人と比べることができるようになったのはうれしいですが、 
ダイエットがやりづらくなりました。 
 
そんな話をしたら、クラスの父兄から 
「だったら、家族全員のお茶碗を小さくすればいい!!」 
 
~(* ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ε ̄ ̄ ̄ ̄ ̄*)なるほど~♪ 

 
それは考え付かなかった!! 
さっそく、買い換えることにします。(笑) 

 
 
こうして保護者会は終わったのですが、 
もう一つ、面白い話がありました。 
 
先日行われた、3年生の送別会のことですが・・・。
 
由紀子は無事に笑顔でステージに立つことができてホッとしたことは 
先日の日記に書きました。 
 
そのときのエピソードです。 
 
由紀子はステージに立って、
歌が始まる前に伴奏者に 
 
「間違えないでね!」(ーー*)キラーン 
 
と、言ったのだそうです。(笑) 

 
あの恐怖の文化祭の時は
伴奏が間違ったことがパニックのきっかけでした。
 
由紀子のその言葉を聞いたS藤先生は 
「ドキドキした!」
( ̄□ ̄||| ドキ! 
と言って笑ってました。 
 

舞台の上で、
あの日のことがフラッシュバックするのじゃないかと心配して
何も無くてよかったと思っていたんだけど、
 
本当は、思い出したけれど冷静だったと言うことなのね!(笑)

 
 
しかし、由紀子は時々、思いがけない言葉を言うんですよね・・・・ 

 
もしかしたら、由紀子はわからないふりをしているけれど、 
本当は何もかもわかっているんじゃないかと思うときがあるんです。 
 
だとしたら、今まで聞かれてはまずい発言が多々あったよねぇ・・・(汗)


=END=
コメント