ゆきちゃん通信++日記++

自閉症の娘、由紀子の毎日を
母親(tomi)の目を通してお伝えします。

新しい車

2006年03月31日 | ゆきちゃんの日記
ゆきパパの新しい車が我が家へやってきました。 
 
でかい!!(*・ ・*) 
 

今まで我が家の車といえば軽自動車でしたから、
普通車はやはり大きく感じます。 

家族は大騒ぎをしているのですが、
由紀子はいたって冷静です。 

車に乗せても、いつもと変わらぬ表情で外を見ています。 
 

「車はどんな車でも車でしかない!!」と、
言うことなのかもしれませんね。(笑) 
 

由紀子が長崎へ診察に行く時は
H崎先生にこの車で連れて行ってもらうことにしています。 

と、言うことは
その日の学校への送りは
この車を私が運転しなければなりません。 
 

普通車を運転するのは自動車学校の教習車以来です。 

頑張って練習をしなくっちゃ!! 
 

そんな話をすると、
口では「練習をしてください!」というゆきパパですが、

その表情に「傷をつけるなよ!!」と
無言の圧力を感じます。
(ーー*)キラーン 
 

O( ^ - ^〃 )O”頑張るっ!  

できるだけ!!(笑)

=END= 
コメント

k村先生と

2006年03月29日 | ゆきちゃんの日記
K村先生は長崎に引越しをして転入した
N小学校で5年生の時の担任をしていただいていた先生です。 

残念ながら翌年には先生が転勤されて
離れ離れになってしまったのですが、
今でもずっと交流を続けていただいています。 

由紀子の最高の理解者です。 
 

以前から先生の学校に遊びに行く約束をしていたのですが、
なかなかチャンスがなくて延び延びになっていました。 

でも、やっと今日先生の学校へ遊びに行くことができました。 
 

東長崎にある小学校で
大村からは一時間近くかかります。 

知らない土地での運転が苦手な私に代わって、
H崎先生がガイドヘルプとして一緒に行ってくださいました。 

H崎先生とK村先生も知り合いなのです。
(*^-^*) 
 

K村先生は現在特殊学級の担任をしているのですが、
そこにはすばらしい感覚訓練室があります。 

養護学校にも負けないすごい設備工事がなされていました。 
 

由紀子も小学校に入るまでは
療育センターで感覚統合訓練を受けていましたが、
由紀子はその頃、
この訓練が苦手で・・・。(笑) 


地面から足が離れることが大嫌い。 

ブランコなんか絶対に乗らない! 

訓練の間中、
ボールプールに首までとっぷり浸かって、
ぜんぜん動くことができませんでした。 

それだけ、感覚が過敏だったのです。 
 

教室に入った途端、
目に入ってきた訓練の器具に
少し戸惑ったような由紀子でしたが、
大きなトランポリンに乗ってもいいと許可が出たら、
迷うことなくその上に寝転がっていました。 

由紀子にとってトランポリンは飛ぶものではなく、
寝て揺れを感じるものなのです。(笑) 
 

そして次に使わせていただいたのが、
この遊具です。 


名前を忘れちゃった。(笑) 

このブランコは天井から吊り下げられて、
自分の体の重みで布が締まって
身体を締め付けられるような感覚が得られます。 

由紀子のようなタイプの自閉症の人は
身体を締め付けられるようなこの感覚がとても好きです 

そして、自分で揺れを調整できるように
足が地面についているのも安心の要素です。 
 

由紀子がどんなに気持ちがいいかは
この顔を見てもらえばわかりますよね。 


すっかりこのブランコに
はまってしまった由紀子は
長い時間降りようとしませんでした。 
 

そして、もう一人この訓練室で
大興奮の方がいらっしゃいました。 

H崎先生です。(笑) 

初めてこのような訓練器具に出合った先生は興味津々。 

全て自分で体験しながら
「楽しい!!」
「おもしろ!!」
を連発されていました。 

H崎先生の素敵なところは、
なんでも本気で楽しめるところです。 

本当に素敵な方です。
(*^-^*) 
 

K村先生と会えた幸せと、
訓練で感覚が満たされた満足感に満ちた由紀子ですが、
その次に湧き上がってきたのは空腹感でした。 

「マクドナルドが食べたい!!」
 φ(*゜▽゜*)ψ 

┐( -"-)┌ ヤレヤレ 
 

ちょうどお昼の時間になったところで、
K村先生とまたお会いする約束をしてお別れしてきました。 

次は夏休みに遊びに行きたいと思います。 
 

家に帰ってから 

「K村先生に逢ったね~!」

と、嬉しそうに話す由紀子です。

=END=
コメント

車が・・・

2006年03月28日 | ゆきちゃんの日記
由紀子の学校の送り迎えに使っている
車の車検の期限が近づいてきたので、
見積もりをお願いしたら、
軽自動車なのに14万円以上かかるといって来ました。 

あんぐり(*゜□゜*) 
 
マフラーが破れていたり、
オイル漏れがあったり、
決定打はクーラーのガスが抜けて空っぽです。 

そろそろこの車も限界なのかもしれません。 

ゆきパパと相談した結果、
廃車にすることになりました。 
 
もしかしたら新しい車が私のところにやってくる~!
イエイ~♪ (★^▽^)V 
 
そう思ったのは一瞬の夢でした。 
 

いろいろあって、
結局新しい車を買うのはゆきパパです。 

私は今までゆきパパが乗っていた
軽自動車のお下がりになりました。(泣) 
 

書き忘れていましたが、
春の人事異動でゆきパパは転勤になりました。 

今度の職場は大村から佐世保の方へ車で
45分ほど走ったところにあります。 

通勤距離が長くなって、
軽自動車では大変なので
普通車に乗り換えることになったのです。 

まっ!仕方がないか!! 
 

由紀子が車を変えることを
嫌がったらどうしようかと思ったのですが、
それほど抵抗もなくゆきパパのお下がりの車で大丈夫のようです。 

嫌がれば私も以前と同じ形の車を買ってもらえるかも・・・と、
淡い期待をした自分が悲しい!!(笑) 

2台も車を買うなんて無理だろう!!
( ・_・)ノ☆(*_ _)ばしぃ!! 

=END=
 
コメント

春休みも歩くぞ!

2006年03月27日 | ゆきちゃんの日記
風邪でダウンしていた母もやっと元気になりました。 

咳は続いていますが、
もう大丈夫です。
p(#^∇°)q  
 

春休みが始まりました。 

由紀子は相変わらず何処にも出かけず、
一日中家の中でゴロゴロしています。 

運動と言えば、コタツとパソコンの間を移動するのみ。 

このままではまた太ってしまう~!
(-″-;)・・・・・・ 

どこかに出かけようと誘っても返事は決まって

「嫌だ!」 


困ったものです。
(;-_-) =3 フゥ 
 

ところが軽い気持ちで誘った
「学校」という言葉に由紀子が反応をしました。 

「車で?」 

「車で行くよ!!行く?」 

「うん!」 

やったー!イエイ~♪ (★^▽^)V 
 

学校でいつものウォーキングをしてきました。 



 
あんなに嫌がっていた学校が、
今では家の次に安心できる場所になったということでしょうか? 

春休み中、何もすることがない日は
こうして学校でウォーキングをしようと思います。 

 
=END=
コメント

母はダウン中!(´。`;;;) ハァ

2006年03月25日 | ゆきちゃんの日記
由紀子の風邪がうつったのか、
23日から熱を出してダウンしています。 

今日やっと熱が下がりましたが、
気力がなくて・・・ 

明日から日記を再開します。 
ご報告したいことがいっぱいあります。 

もうしばらくお待ちください。
m(。_。)m オネガイ 
 
24日の終業式の日記を
さかのぼってアップしました。


=END= 
コメント