ゆきちゃん通信++日記++

自閉症の娘、由紀子の毎日を
母親(tomi)の目を通してお伝えします。

みんなと一緒に走ります。

2004年04月30日 | ゆきちゃんの日記
学校では運動会の練習が始まっています。 

今日はリレーの練習だったそうですが、
由紀子は走るのが嫌だと運動場に出る事を拒否して
パニックを起こしてしまったそうです。 

今日はあいにく特殊学級の担任の先生がいらっしゃらなかったので、
3組のみんなと運動場に出なければ由紀子は一人になってしまいます。
 
きっと、みなさん困ったと思うのですが、
助け舟を出してくれたのが学年主任の先生でした。 

先生のクラスは体育館での授業だったので、
「体育館のピアノで歌っていいよ!」と言って、
由紀子を連れて行ってくださいました。 

体育館でしばらくピアノで歌を歌った後、
1組のみんながやっていた倒立の練習を
自分もすると言って授業に参加したようです。 

少しはいけない事をしたと反省をしたのでしょうか? 

なら、いいんだけど・・・。
ε-(_- ヾ)ハァ 

この時間は何とかなりましたが、
これからの事を考えると由紀子のこの反抗は困ります。 

学年主任の先生とは
『次の体育はみんなと一緒に走ります。』
と約束はしたようですが、
連休が終るまで覚えていられるでしょうか? 

 
基本的に由紀子は走る事が嫌いです。 

以前の学校でも持久走の練習をしていた頃に、
走るのが嫌だから学校に行かないと言い出した事があります。
 
あの頃は、毎日が戦いでした。 

また、あの状況が始まるかも・・・
何とかしなっくっちゃ!! 

そこで、まずは先生と約束をしたことを忘れないように
紙に書かせる事にしました。 


由紀子は視覚的な情報の方がよく入るので
紙に書いたものを見せて約束を守らせる事にしました。
 
でも、これだけでは解決はしないでしょう・・・。
 
由紀子に走る楽しみを持
たせてやらなければいけないような気がします。
 
今まで、つらい事を乗り越える時には
いつも大好きな先生の応援と誉め言葉がありました。
 
誉められるとどこまでも頑張れる由紀子なので、
今回もどなたかにその役目を引き受けていただけたら・・・。
 
ただ、大好きだったK村先生はもういません。 

あたらしい担任の先生方とは、
今やっと関係ができつつある所です。 

どうした物でしょうか? 

また新しい悩みに頭が痛い母なのです


=END=
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

初プール

2004年04月29日 | ゆきちゃんの日記
今日は自閉症協会の総会でした。 

10:30~15:30まであるので、
由紀子は協会の保育に出す事にしました。 

スタッフがマンツーマンで相手をしてくれるので安心です。 

しかも、今日はプールが予定されています。 

水が大好きな由紀子はその事だけで、
保育に行く事も2つ返事でOKしてくれました。 
 
今日の担当のスタッフさんは大学生のお姉さん。
 
かわいい方でした。 

自閉症児の相手をするのは初めてのようで、
かなり緊張されていましたが、
何事もなく一日が終りました。 

午前中はボールプールにすっぽり浸かって過ごし、
午後からはプールで楽しそうに遊んでいたようです。 

 
母は、今年は協会の広報のお仕事を手伝う事になりました。
 
パソコンの入力とか好きな仕事ですからなんとかなるでしょう。
f(^-^; ポリポリ 

 
そろそろ新しい1年が始動し始めました。 

母もがんばらなくっちゃ!!


=END=
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

家庭訪問

2004年04月27日 | ゆきちゃんの日記
今日は家庭訪問でした。 

家庭訪問と言えば・・・ケーキです。(笑)

なんでやねん! 

でも、由紀子にとってはそうなんですよね・・・(爆笑) 

 
先生方のコーヒーとケーキを用意している私の横で、
 
「ケーキは先生が来てからよ!
たべちゃだめだよ!!」 

と繰り返していました。 

そこへ、M田先生とⅠ西先生が来られました。
 
挨拶を済ませて横を見ると、
ちゃんと由紀子が席に着いて待っていました。 

「いよいよケーキだ!」そう顔に書いてあります。(爆笑) 

 
先生方にその事をお話をすると
「どうして、席に着いているかと思えばケーキか!(笑)」と、
大笑いです。
 
食べていいよ!と言われたら、
あっという間に平らげてさっさとパソコンへ行ってしまいました。 

用は済んだって事ね!
(^-^;Aハハハ・・・。

 
 
先生方には由紀子が家で楽しんでいる趣味を見ていただきました。
 
チラシ集めに、愛読書、パソコンの様子・・・・ 

学校での由紀子とのコミュニケーションに
役立てていただきたいと思っています。 

相変わらず、お伝えしたい事がいっぱいあって
ついつい長話をしてしまう母です。 

15分の予定で来られたのに45分以上引きとめてしまいました。
 
本当はもう少しお話をしたかったのですが、仕方がありません。
 
また学校でいろいろお話をさせて頂く事にします。 

話しても話しても・・・ま
だ話し足りないような気がしている母です。
 
まだ、気持ちが焦っているのでしょうか? 
 

=END=
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

干拓の里

2004年04月25日 | ゆきちゃんの日記
今日は諫早にある干拓の里に行ってきました。 

今日の由紀子の楽しみは自転車です。

 
ここには、自転車広場があって
補助つきの自転車や二人乗りの自転車などに乗る事ができます。
 
最初は補助つきの自転車に一人で乗っていましたが
ちょっと小さすぎたのか、すぐに降りてしまいました。 

そして、回りでみんなが乗っていた
2人用の自転車に乗りたいと言い出しました。

 

写真の通り、yukiパパにこいでもらって由紀子はお客さん! 

すごく楽しそうでした。 



この日もすごくいいお天気で
水に足をつけても冷たくはありませんでした。

本当は全身水に浸かりたかったゆきちゃんですが、
さすがに6年生です。 

ぐっとこらえて、足だけで我慢をして来ました。 

えらい!

=END=
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

きらきら

2004年04月24日 | ゆきちゃんの日記
6年生になって、
これといった問題もなく学校生活が進んでいます。 

でも、心なしか由紀子の表情にキラキラした物が
見られないような気がします。
 
主治医の先生にも落着いてはいるけれど、
やはりK村先生を失った事の喪失感は大きいのだろうと言われました。
 
「K村先生に会いたい?」と、私が聞くと、

「会いたい!」と即答します。 

再会が苦手な由紀子ですが、
まだ先生の事は過去にはなっていないようです。 

K村先生に会わせてやりたいと思っていた矢先、
K村先生から用事があって体育館へ来られるという連絡がありました。
 
30分しか時間がないと言われるので、
大急ぎで学校へ向かいました。 

いつも亀のようにしかあるかない由紀子が、
私にせかされると小走りになります。(笑)
 
その時の顔が本当にキラキラしていました。 
 
学校について体育館の前でK村先生の後姿を発見!
 
「いた!いた!」と由紀子が言いました。
 
どなたかとお話しをされていて、
まだ由紀子に気がつきません。 

「行っておいで!」と、背中を押しますが足が動きません。
 
その時、先生が振り向いて
「ゆきちゃん!」と声をかけてくれました。 

顔は満面の笑みなのですが、
まだ近づく事ができません。
 
「おいで!!」先生がその言葉を言った途端、
由紀子が飛び上がってポーズをしました。 

体中でうれしい!!と叫んでいるようでした。
 
そして、先生と手をつないで体育館へと入って行きました。
 
 
人気者の先生は
次から次にいろいろな人に声をかけられて話をされます。
 
その横で黙って寄り添っている由紀子! 

後ろから見ていた養護の先生と、
「いつもの光景ですね。」と笑ってしまいました。 

会話が苦手な由紀子ですから、言葉は要らないのです。
 
先生が側にいる。それだけで充分幸せなのです。 

 
30分はあっという間に過ぎてしまいました。 

でも、時々土曜日には体育館で先生に会える事が解りました。
 
これで、K村先生は過去の人にはならないで済みそうです。 




先生とお別れした後、
学校の前にある公園によってブランコに乗りました。 

「これでよしっと! 
よかったね!ってK村先生だよ!」 

と、先生の口癖を真似しながら
本当にいい笑顔を見せてくれました。


=END=
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする