ゆきちゃん通信++日記++

自閉症の娘、由紀子の毎日を
母親(tomi)の目を通してお伝えします。

おくんちに行く!

2005年09月30日 | 過去の日記
最近の由紀子の頑張りには目を見張るものがあります。 

学校生活が落ち着いてきたせいか、
あんなにピリピリしていた感覚が少し緩んできているみたいで、
意欲的にいろんなことに参加できるようになって来ました。 


今日も隣の中学校との交流授業で、
龍踊りの披露に参加することができました。 
 

そのことだけでもスゴイ!と思っていたのに、
今日はびっくりするようなことを言い出しました。 
 

「おくんちにいく!」

と言うのです。 
エッ(゜Д゜≡゜Д゜)マジ? 
 

10月7・8・9日は長崎のくんちです。
 
学校では中学部の校外活動に
このくんち見学が計画されています。 

先日までの由紀子の状態ではこの活動は絶対無理と思って、
この日はお休みをさせていただくことにしていました。 
 
だって、調子がよかった頃でも
おくんちには行かないといい続けていたんだから、
絶対に無理だと思うではないですか! 

それが・・・

自分からおくんちに行きたいなんて! 


今日の交流会でみんなと一緒に龍踊りができたことが
自信になっているのでしょうか? 
 

満面の笑みで

「行く!行きたい!」

という由紀子。 

その気持ちは大切にしてやりたいと思います。 
 

それで急遽、
由紀子がおくんちに行ったときのフォローを
考えなければならなくなりました。 

由紀子は一度もおくんちに行った事がありません。 

たぶんあの人ごみや、
騒音のことなど想像していないと思います。 

現場についてから、
後悔することもあるかもしれない・・・。 

先生との相談の結果、
もしもの場合を考えて私も長崎に行くことになりました。 

由紀子が耐えられなくなったときには私がすぐに引き取れるように・・・。 
 

それはいいのですが・・・
家に戻って考えれば考えるほど、
それだけでは解決できない問題がいっぱいです。 
 

パニックになった後、
どうやって大村まで帰ってくるか? 

母は運転はしますが、
長崎の街の中を走れません。(笑) 

しかも、おくんちのあの混雑の中を走るのは絶対に無理です。 

路線バスはダメ! 
JRもダメ! 

みんなと同じ貸切バスで戻るとして・・・
みんなが見学をしている間どこで待つの? 

パニックになった後、
あのうるさい場所で時間をつぶすのは至難の業です。 

どこかに避難したとしても、
バスに乗るために元の場所に戻るのはきっと嫌がるでしょう・・・。 


p(;_;?)q  どうしよう・・・。 
 

悩んでいるところへ、

大村でお世話になっている
訪問療育のNさんが療育に来てくださいました。

今回のことを話して一緒に考えていただいたのですが、
なかなかいい方法が見つかりません。

(ノ_-;)どうしよう・・・ 
 

そこへ、今度は支援コーディネータをされている
F井さんが療育の様子を見にいらっしゃいました。 
 

そして、頭を抱えている私に一言! 

「そうか・・・じゃあ、僕も行きましょう!」 


(◎_◎)エ? 


移動介助という支援を使って、
もしものときの車での移動を手伝ってくださることになりました。 


ヾ(>▽<)ゞ ウレシイ♪ 
 

由紀子の中で芽生え始めた外への気持ちを、
これで育ててやれます。 

学校の先生方も何とか由紀子が参加できるように
配慮してくださることになっています。 

何か行事があるたびに、
学校側にはいろいろな配慮をしてもらっています。 

手のかかる生徒で、本当に申し訳ないです。 

でも、いつも先生方は気にしなくていい!と言って、
笑顔で対応してくれるんです。 

一時期は長崎を恋しがる由紀子の姿に、
引越しをしてきたことを後悔した時期もありました。 


でも、今はこの学校を選んで
本当によかったと心から思っています。
 

=END=
コメント

おめでとう!!

2005年09月29日 | 過去の日記
由紀子にはほとんど関係がないのですが、
ゆきパパの為に! 
 
阪神タイガース、リーグ優勝! 
おめでとう!! 
 
ゆきパパは熱烈なトラファンです。 

過去に数回優勝を経験していますが
毎回

生きている間にまた優勝するとは思わなかった!

と、言って感激しています。(笑) 
 

前々回のときは紅白の餅をついて皆さんに配りました。 

前回はお饅頭! 

今回も準備は進んでいますが、
日本シリーズ後に配るのだそうで・・・。 

目指すは日本一と、言うことのようです。 
 

由紀子までが六甲おろしを歌えるほどの我が家です。(笑) 
 
ところが、このことが思わぬことに・・・ 


阪神が優勝を決めて
テレビの中では六甲おろしの大合唱でした。 

由紀子も口ずさんでいたので、
ゆきパパも一緒に歌おうとしたときです。 


「お父さん!歌わないでください!!」
(¬ε¬)ぶぅ 
 
時々あるのですよね~~! 

自分が歌っているときに
人が一緒に歌うことを嫌がることが・・・・。(笑) 


ゆきパパ ショ~~ク!! 
 

タイガースファンにとってこ
の時に六甲おろしが歌えないことが
どんなに大変なことか理解いただけるでしょうか?(笑) 

 

急いで自分の部屋に入ってドアを閉め、
一人小さなテレビの前で六甲おろしを歌うゆきパパなのでした。 

o(〃^▽^〃)oあははっ♪



=END=
コメント

ショック!

2005年09月26日 | 過去の日記
ねーねーは由紀子を
自分の娘のように錯覚しているところがあります。 

12歳も年齢が違うからそうなのかもしれませんが・・・。 
 

何かにつけ、

「ねーねーが一番好きやろ?」

と由紀子に言っては洗脳をしています。 

そして、ついに由紀子はその洗脳に屈して

「ねーねーが一番すき!」

というようになりました。」 
 

まぁ、そうゆう事にしておこう! 


と、余裕を決め込んだ母ですが、
やはり内心穏やかではありません。 
 

それで、今日由紀子にこっそりと聞きました。 
 
母 「本当はお母さんのことが好きでしょう?」 

由紀子「お母さん好きよ!」 


 母 「大好き?」 

由紀子「大好き!」 
 

さらに小さな声で聞きました。 
 
母 「ねーねーには内緒だけど
ねーねーよりお母さんが好きよねぇ?」 

すると・・・ 


(*゜ro゜)ヒソヒソ・・・「ねーねーが好き!」 
 

w(☆o◎)wガーン 
 

小声で言われるとなんだか真実味があります。 

私は由紀子の最愛の人の座を追われたようです。 

(T ^ T)くぅぅ~くやしい~~~!!


=END=
 
コメント

「さん」の付く人

2005年09月25日 | 過去の日記
今日はまーまーがお休みで帰宅しているので
我が家はにぎやかです。 

由紀子の調子がいいので家族もとても明るいようです。 

それはいいのですが、

この三姉妹、何かにつけて 

ギャーギャー・キャーキャー! 

ちょっとうるさすぎるかも!!
(-_-#) ピクピク 
 

夕飯の後、由紀子が新聞を読んでいました。 

覗き込むとテレビ欄です、 
 

姉たちが聞いていました。 

「ゆきちゃん何が好き?」 
 

「とくダネ!嫌いなんだ!」
・・・朝の番組です。母は見たいなぁ~! 



「スーパーモーニング!嫌いなんだ!」
・・・これも朝の番組。 


はなまるマーケット!嫌いなんだ!」
・・・これもですか! 


「ザ!情報ツウ! 好きなんだ!!」
・・・(*・ ・*) 


「みのもんたさん、好きなんだ!」

・・・(・  _  ・ ;) ヘェー 
 

由紀子はときどきテレビに出てくる人を
「さん」付けで呼びます。 


氷川きよしは「きよしさん」 

タモリは「タモリさん」 

みんな由紀子が好きな人です。
他の人は呼び捨て!(笑) 
 

でも、由紀子が「みのもんた」を好きだったとは・・・

知らなかった! 
 

ちなみに由紀子は

「瞳を閉じて」

という歌はタモリが歌っていると誤解しています。 

あの曲が流れるたびに

「タモリさんだ!」

といいます。 


これは「笑っていいとも」の影響ですが、
何度違うと教えても誤解は解けません。(笑) 

=END=
コメント

落ち着いています

2005年09月22日 | ゆきちゃんの日記
由紀子の緊張症の時期が終わりました。 
 
いつもならば1週間前は
眠れなくて学校へ行くこともできないのに、
今月は眠りに入る前に突然泣き出したりすることはありましたが、
最後まで学校へ行くことができました。 
 

最大の理由はやはりストレスが軽減された事でしょう。 

2学期に入ってから学校では
一日のスケジュールを細かく立てて、
由紀子に先の見通しが立つようにしてくれました。 

そのスケジュールのおかげで
由紀子はスムーズに学校生活が送れるようになったのです。 

先生方の努力は大変なものでした。 

感謝!感謝!感謝!です。

ありがとうございます。
m(。・_・。)m 
 


先日、由紀子に聞いてみました。 


「学校は楽しい?」 
 

一学期の終わりに同じ質問をした時、
由紀子は顔をゆがめて 

「学校は嫌い!学校行かない!」 

と答えたのです。 

あのときのショックは大きかった! 
 


今回はなんと答えてくれるか、
内心どきどきしながら聞きました。 

そしたら 

「楽しい!!\(*^ ^*)/」 

と満面の笑みで答えてくれました。 

よかった! 
 

こんな日が一日でも長く続きますように!! 


=END=
 
コメント