ゆきちゃん通信++日記++

自閉症の娘、由紀子の毎日を
母親(tomi)の目を通してお伝えします。

遅 刻

2003年01月29日 | 過去の日記
朝起きると一面の雪景色。

坂の上の我が家はこうなると車での外出は完全にアウト!


この雪の中、
昨日から風邪気味の由紀子を学校まで歩いて送っていくのも
ちょっと不安。

仕方がないので雪が解けて車が通れるようになるまで
遅刻する事にしました。

『今日は雪なので学校へは遅れていきます。』

『お休み?』

『違う!雪が解けるまで、遅刻していくんだよ』

『????』

あ~~なんと説明したらいいのか?

むずかしい!(笑)


具体的な説明をしないと理解できないので、
行く時間を決める事にしました。

4時間目の始まる11時30分から学校へ行く事を決めて
説明したら何とか解ってくれたようです!


10時ごろから雪は解け始めて予定通り学校へ・・・。

坂道には途中で立ち往生したらしい車が
何台も放置してありました。

かなり大変な状況だったみたいです。

遅刻は正解だったようです!

(*^-^*)

学校に着くまで由紀子は時間割の確認です。

1番 M子先生とお勉強。
2番 給食
3番 お昼休み
4番 掃除
5番 書写
6番 クラブ
7番 お迎え

これを何度言わされたことか・・・(-_-#)

本当にスケジュールの変更は大変なのです


L字に見える大きな建物が
由紀子が通う小学校です。

=END=
コメント

立たされちゃった!

2003年01月17日 | 過去の日記
昨日、お迎えに行くと
交流学級の子ども達に付き添われて戻ってきました。

(;¬_¬) 何かあったな!いや~な予感がしました。

「おばちゃん!ゆきちゃんね!
今日廊下に立たされちゃったんだよ!」

・・・やっぱり!(ーー;)

話を聞くと
交流の時間に授業が始まっても本を読んでいて、
としき先生に注意をされたようです。

それでも本を片付けず、
挙句は「おかあさん~!」と
騒ぎ出してしまったというのです。

これでは、廊下に出されても仕方がありません。


とうとう反抗期の影響が
学校生活にまで出て来てしまいました。

優しいとしき先生は由紀子が落ち着いた所で
すぐに教室に入れてくださったようですが、
すっかり迷惑をおかけしてしまいました。


担任のM子先生との授業は1対1なので、
反抗した時にはそれなり対処していただく事も出来ますが、
交流の時間は40人の子ども達と一緒に授業を受けるのですから大変です。


これからはこのような場面が多くなるのかもしれません。

でも、学校での生活は私にはどうしていいのかわからないので、
M子先生ととしき先生にお任せするしかありません。

ますます難しくなってきました

=END=
コメント

だれの誕生日?

2003年01月16日 | 過去の日記
昨日はお父さんの誕生日でした。

前の日からケーキが食べられると
楽しみにしていたゆきちゃんです!

お風呂に入って、さぁ!ケーキだ!

o(*^▽^*)o~♪

ろうそくに火をともすと、
いつもの事ですが
ケーキのまん前には由紀子が陣取っていました。(笑)

お父さんが「誰の誕生日?」と聞くと

「ゆきちゃんの!・・(一。一;;)アレ? ・・おとうさんの!」

((((大爆笑))))


ちゃ~んとわかっているんだよね、
でも「ろ-そくを消すのはゆきちゃん!」

これは譲れないのよねぇ・・(*^-^*)

かわいそうに、お父さんは横から遠慮がちに吹き消していました





=END=

コメント

クッキーづくり

2003年01月15日 | 過去の日記
今日、学校では全校生徒の知能テストが行われました。

午前中はずっとテストだそうです。


普通の知能テストに適応できない由紀子たちは
楽しくクッキー作りです。

作り方はとても簡単だったのですが、
調理室が寒くて、
バターを使った生地はすぐに硬くなってしまいます。

いそげ!いそげ!でがんばって、
午前中で120個ほどのクッキーが焼きあがりました。

きれいに焼きあがったクッキーは、
がんばってテストを受けた交流学級のお友達へのプレゼントです。

お疲れ様でした!
の気持ちを込めました!
(*^-^*)

あとは、校長先生と、職員室の先生方へ・・・。

私たちはちょっと、
焼きすぎて色黒になってしまったクッキーをいただきましたが、
これが香ばしくてとてもおいしかったのです。

普段はあまりお菓子を食べない由紀子が
何個も手を出していました。

自分で作ると何倍もおいしいのよね!

o(*^▽^*)o~♪

   


=END=          
コメント

食べたな!(;`O´)o コラーッ!!

2003年01月13日 | 過去の日記
由紀子には何でも口に入れてしまうという悪い癖があります。

輪ゴムはガム代わり!

見つけると迷いなく口に入れてもぐもぐしています。


先日の事、コーラを買ったら
おまけにシャボン玉のキーホルダーがついていました。

シャボン玉が大好きな由紀子がよろこぶとおもって
3本まとめ買いをして帰ったら
予想通り、由紀子は喜んでシャボン玉遊びをはじめました。


でも、しばらくして様子を見に行くと
口の中でちゃらちゃらと音がする。

「何をいれているの?」と、
声をかけると同時にゴクンと何かを飲み込みました!


なんだ?

手にもっているシャボン玉の容器についていたチェーンがない!

 母  「これをのんだの?」

由紀子 「うん!のんだの!」


まただよ!

(ノ_-;)ハア…


食べ物以外は口に入れてはいけないと、き
びしく言い聞かせて私は台所にもどりました。

しばらくして再び由紀子のところに戻ると、
もう一つシャボン玉の容器が転がっています。

なんと、これもチェーンがない!

「ゆ~き~こ~!」

(;`O´)o コラーッ!! 

母は完全に切れました。


長々と説教をして、泣かせて、
もうぜったいに口には入れないと再度約束を・・・。

でも、これもきっとむなしい約束になるのでしょうね・・。


明日、目の前に同じチェーンがあったら
由紀子は口に入れるかもしれない。

その度に同じ事を繰り返し教えるしかないのです。

なんだかとても悲しくなりました。

チェーンはたぶん便と一緒に出てくるでしょう。

でも、はやくこの癖を無くさないと
いつ命取りになるかわかりません。


小さな子どものいる家と同じように
我が家では今でも、
小さなものとがったものは
高い所に片付けなければならない状況が続いています。

今までに由紀子が飲み込んだもの

・ ボタン・・・洋服についているボタンを
       噛み切って飲み込んでしまうのです。

・ せっけん・・・洗面所の石鹸に由紀子の歯形が残っていました。

・水風船・・・・オムツをかえる時に
        お尻の穴から半分出ているのを見て、
        私は腸が出てきたのかと思って
        ビックリしてしまいました。

・ ペンシルの芯を1ケース分・・・これは大騒ぎになりました。

病院に電話をしたら鉛中毒になるかもしれないので
検査が必要といわれ2度の血液検査!

結果は何もなかったけれど、
保険がきかないので1万円も取られました。


・ ベルマーク・・上の子ども達の学校で集めていたベルマークの切抜きが
         由紀子の便に張り付いてでてきた時には
         驚いたけど笑ってしまった。
         ちなみにマヨネーズのベルマーク!(笑)

・ テレビの線のキャップ・・・引っ越してテレビを設置する工事をしてもらった翌日、
              便と一諸にキャップが出てきました。
              工事中に部屋に落としたものを飲み込んだようです。


さすがにこれらは全部、3歳未満の頃の話です。

現在はこれほどではないけれど、
輪ゴム、クリップ、ホッチキスの針・・・

これらは今でも要注意です。


=END=
コメント