ゆきちゃん通信++日記++

自閉症の娘、由紀子の毎日を
母親(tomi)の目を通してお伝えします。

カラオケ

2003年03月02日 | 過去の日記
今日はねーねー・まーまーとお母さんと3人で
カラオケに行きました。

昨日まであんなに楽しみにしていたのに、
いざ行こうとすると

「カラオケ行かないの!カラオケ嫌いなの!」

おいおい!予約までしているのにそれはないだろう!


本当は行きたいのです・・・


でも、好きなことをするまでの
ドキドキが耐えられないから行きたがらないのです!

最近この傾向がかなり強くなってきました。


それにしてもかわいそうなこだわりです。

好きなことがやりづらいのですから・・・。

この場合は強硬手段しかありません。

嫌がる由紀子を3人で無理やり車にのせてしゅっぱ~つ!(笑)

お店の前に着いた頃には由紀子の拒否は最高潮に達しました。

半べそをかきながら

「いかな~~~い!」

姉2人を先にお店に入れて、

お店の前で由紀子を抱きしめて
私の必死の説得が続きます。(汗)


道を歩く人は何事かとみんな振り向いてゆきます。

ちょっと恥ずかしいけれど
私が逃げる訳にはいきません。

この姿を見られた人には、
そこまでしてカラオケに行かなくてもいいではないか・・・と、
言われそうですが、

由紀子にはこのドキドキが一時的で
ちょっと我慢をすれば楽しい事が待っている事を
知って欲しいと思っているのです。

そして、その経験を今の内に積ませなければ、
どんどんひどくなってしまいそうな気がします。


格闘する事10分、

やっと由紀子をお店の中に入れることができました。

お部屋に入って好きな曲が流れると、
案の定もういつもの由紀子です。

マイクを握るのには少し時間がかかりましたが、
2時間一人で歌いまくり!(笑)



帰る頃には

「楽しかった!o(*^▽^*)o~♪」

と上機嫌でした。

付き添いの3人は
ひたすら由紀子が知っている曲を探す事に専念。

あ~~~疲れた!


=END=
コメント