ゆいツールブログ:NPO法人ゆいツール開発工房(ラボ)

人と人、人と自然、人と環境などを「結う(ゆう)」ということに関して、団体の活動やスタッフの思いなどを紹介していきます!

生きものクイズ第14弾!水鳥シリーズ①

2021年03月04日 | ⇒生き物クイズ

生き物クイズです!今回は、水鳥!

今まで作った生き物クイズ:ゾウさんイノシシにわとりかたつむりおさるさんうしさんセミハチさんカマキリクマさん海の生きもの①、クモさん、ヘビさん

生き物クイズは、東京都内の学童保育で、小学校低学年から中学年くらいの子たちに、生き物や生き物が暮らしている環境に興味を持ってもらいたいと思い作っています。

「みんなは、川とか湖とかに行ったことはありますか?そこでどんな生きものを見ましたか?」

「カモ!」「アメンボ!」

ということで、第一問。「アオサギはどれ?」

Yui-Tool membuat quiz mengenai burung air untuk anak-anak SD kelas 1-4 di Tokyo.

「赤はツルだよ!」「黄色はアヒルでしょ!」

消去法で子供たちは青を挙げている子が多かったです。正解。

でも、「見たことない-」と言っている子供たち。いや、いるよ。君たちの身近に。(都内の3面護岸の味気ない川にさえいます)

そして、黄色は「ハクチョウ」なんだけど・・・。赤は、正確には「タンチョウ」です。

タンチョウは、北海道で雪の中舞う姿が有名です。ハクチョウは、第3問にまた登場します。

アオサギは、私の実家の静岡県で、田んぼの端にぬぼーと立っている姿が印象的です。

子供の頃は見かけたことはなかったので、「なに!あの大きな鳥は?」と最初はびっくりしました。

アオサギは、サギの仲間の中で特に大きく、全長1m近くあります。背中や羽が濃い灰色で、後ろ姿が特徴的です。

後頭部に黒く伸びる「冠羽(かんう)」もかっこいい!(イラストでは描ききれず)

第2問目。「この鳥はなに?」

カモであることはわかったらしい子供たち。でも、さっぱり名前がわかりません。

答えは、「マガモ」。

でも、実はマガモは年中この色をしているわけではありません。おまけに、色が派手なのはなんとオス。

子供たちに「派手なのはどっち?」と聞くと、案の定「メス!」という答えが返ってきます。

でも、「オス」と言った子もいました。わかっているね、きみ。

カモ類は、自然の中にいると見分けるのがけっこう難しい鳥です。

かく言う私も、カモ類は全部「カモの仲間だね(見分けつかず)」、と言ってしまいます。

3問目!「日本でハクチョウが見られるのはいつ?」

答えはバラバラ。でも、黄色を挙げている子が若干多かったか。

正解は冬。

「ハクチョウは渡り鳥だから・・・」と言ってくれた子がいました。

そうなのです。渡り鳥は、年中日本にいるわけではなくて、季節で移動しています。

寒いところから来る鳥もいれば、暖かいところから飛んでくる鳥もいます。

ハクチョウは、日本の北の寒い地域から冬に日本に渡ってきます。

ちなみに春頃日本にやってきて繁殖するツバメは、もっと暖かい東南アジアの方から飛んできます。そして秋になる前には、日本を離れます。

水鳥は人間の身近にいて風景の一部となっていますが、意識して目を向けると新しい発見が意外にたくさんある生きものかもしれません。

(山)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

NPO法人ゆいツール開発工房(ラボ)
Eメール:yuitool☆gmail.com

(☆→@に変えてメールをお送りください)

ホームページはこちら

https://yui-tool.jimdofree.com/

Facebookはこちら
★★★★★★★★★★★★★★★★★★

若者たちが村の子供たちとクリーンアップ活動!? in Lombok

2021年03月01日 | ★2020年度(ロンボク)

2月の終わり、ロンボクの若者グループ(Tim Dulkadi)が、1年ぶりに活動しました。(1年前は、オパンの家でエコガーデンを作ってました)

参加したのは、オパン(写真下右端)、マデ(写真下左端)、ルス(写真下左から2番目)。そして、Lombok Ocean Careのメンバー4人。(写真下中央がリーダーのサキナさん)

Tim Dulkadi & Lombok Ocean Care membuat kegiatan Clean Up di desa Lantan, Lombok tengah.

前々回のブログでは、3月に実施しようかと言っていた環境プログラムでしたが、あれよあれよという間に調整して無事実施。

当日は、中部ロンボクのランタン村のオパンの家で、英語を勉強している子供たちが20人集まりました。

Lombok Ocean Careは、ロンボクの観光エリア・スンギギの海岸付近のクリーンアップ活動をしています。

ゆいツールも、ドゥルカディ・チームの仲間と何度も参加しています。(2020年1月に、日本の学生さんと参加したときの様子

今回、ゆいツールが現地に行けないので、リーダーのサキナさん(在住ドイツ人)にお願いして若者たちと一緒に活動してもらうことにしました。

オパンによると、今ランタン村では、住民の家からごみを回収するシステムができあがったそうです。

これは、2019年6月にランタン村の村長さんと話したときに言っていたことが、一部実現したことを意味しています。

子供たちと一緒に、ごみを集めて回ります。

今回は、村のごみを集めるバイクトラック(写真上と下の緑色の荷台付きバイク)を1台、借りることができたようです。

(荷台に『ランタン村清掃バイク』と書いてあります)

ごみを集めるバイク、へーそう。と思うかもしれませんが、これも大きな進歩です。以前はなかったのですから。

ゆいツールが2017年からランタン村に日本人学生を滞在させるようになって、村ツーリズムを盛り上げようという村行政の思惑もあって、ゆいツールがランタン村の若者向けに環境局スタッフのレクチャーを開催したこともあったし、その後若者たちを連れて住民自身が管理するごみ処理施設を見学にも行きました。村で高倉式コンポストの作り方を教えたこともありました。

昨日、インドネシア自然学校の授業の中でティウィとトゥリスナが生徒たちに言っていた通り、ゆいツールは何度も何度もランタン村で若者向けに、住民向けに、オパンたちにごみ問題について考えよう、取り組もうと働きかけてきました。

その成果のひとつが、このバイクトラックであり、オパンの家での子供たちへの環境教育活動である、と私は考えています。

さて、子供たちは活動後集まって、Lombok Ocean Careのメンバーからごみについての話を聞いたり、ごみを捨てないようにしよう、という歌を習ったりしました。

ご褒美ももらいました。(勉強道具とお菓子でしょうか)

子供の頃の体験は、とても大切です。

私自身、子供の頃に何度も何度も地域の(あるいは学校の)クリーンアップ活動に参加しました。

積極的に参加したわけではなく、おそらく強制だったのだろうと思いますが、嫌ではありませんでした。

誰が捨てたごみだろう、とか、なんで捨てたわけではない私たちが拾わなければいけないのか、など、疑問に思うこともなく、

ただ目の前にあるごみを拾って、環境をきれいにすることに喜びを感じていました。(思えば素直な子供でした)

環境をきれいにする仕事に興味を持ったときに、私がしたいのは「ごみ収集車でごみを集める仕事」だろうか?と一瞬考えたこともありました。

いや、違うな、と思いましたが、結局ロンボクでそれに近いことをしているので、本当に不思議です。

さて、来年度から新しくスタートする、マングローブ環境教育プログラム作りでも、村の環境教育活動はドゥルカディ・チームが担います。

そして、Lombok Ocean Careとも協働します。

1年間活動を自粛している間にも、ロンボクのプラスチックごみは確実に増えたはず。

コロナウイルスともプラスチックごみとも戦っていかなければいけません。(山)

(エコガーデンから田園風景を望むところで記念撮影)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

NPO法人ゆいツール開発工房(ラボ)
Eメール:yuitool☆gmail.com

(☆→@に変えてメールをお送りください)

ホームページはこちら

https://yui-tool.jimdofree.com/

Facebookはこちら
★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ジャカルタの中高生に「ごみ問題」の授業を実施!? in Indonesia

2021年02月28日 | 9. インドネシアでの活動

2月25日に、南ジャカルタにある「インドネシア自然学校(Sekolah Amam Indonesia)」からの依頼で、同校の中学生60人と高校生10人(先生方10人)に「Our Waste Our Life」と題して授業を実施しました。

Yui-Tool sudah memberikan kelas untuk sekolah alam indonesia.

インドネシア自然学校は、幼稚園から高校生までの子供たちを育成している私立の学校です。

実施に当たって、私はロンボク出身の若者、ティウィとトゥリスナ(姉妹)に助っ人を依頼しました。(ふたりは今、マレーシアの大学に留学中です。)

Dibantu oleh Tiwi&Trisna yang asal dari Lombok.

学校側では、高校生代表のWafaさん(上のバナーの右上に載っている女の子)がファシリテーションを務めてくれました。

(生徒に意見を促すときなど、彼女が指名してくれました)

担当の教員はアイヌン先生(Ibu guru Ainun)で、授業に向けてLINEグループで連絡を取り合ったり、2回打ち合わせをしたり、3地点で離れていたにも関わらず、4人でいいチームワークで仕事ができたな、というのが最終所感でした。

さて、授業の内容は、「世界のごみ事情クイズ」「インドネシアと日本のごみ問題の違い」「ゆいツールのロンボク島での活動紹介」「質疑応答など(本当は、ごみを減らすためにできることをディスカッションしたかったのですが、時間がなく)」でした。

クイズは6問準備をしました。

インドネシアと日本以外の国について情報を得るために、私は海外(韓国、ニュージーランド、カナダ、ベルギー)に住んでいる友達にヒヤリングをしました。

(ご協力いただいたみなさんに、この場をお借りしてお礼を申し上げます)

クイズフリップは、トゥリスナが作ってくれました。ティウイはMC(進行役)を務めてくれました。

一問目は、「インドネシアと同じように、有機ごみを埋め立てている国はどこ? A. 韓国、B.日本、C.ニュージーランド」

答えは、C。ただし、有機ごみの一部はコンポストとして再利用されています。

日本と韓国は、焼却場を所有していて、有機ごみはこちらで燃やします。(韓国では、一部の有機ごみはコンポストや家畜のエサとして再利用されています)

インドネシア人にとっては、「焼却場って何?」という疑問が浮上したので、事前に「焼却場のシステム」を紹介したYouTubeを準備しました。(横浜市作成のビデオ

そして、ビデオの一部を紹介しました。通常、ごみを燃やすと大気汚染の原因となる物質が出ますが、日本の焼却施設では煙もある程度きれいになって排出されることなども初めて知った生徒たち。

飛んで5問目のクイズはこちら。「バリ島でレジ袋が廃止されたのはいつ?(選択肢は以下の通り)」

事前に、Wafaさんに聞いた時には「知らない…」と言っていました。

答えはこちら。A.2019年1月です。

2019年4月には韓国、2020年7月にジャカルタと日本でレジ袋が廃止(または有料化)されました。

6問目、「容器包装プラスチックごみが、一人あたりの排出量がアメリカに次いで世界2番目に多いのはどの国? A.インドネシア、B.日本、C.中国」

これは、インドネシアではないか?と心配する声がありましたが、答えはB。我が国です。

クイズの次に、「インドネシアと日本のごみ問題の違い」について説明しました。

日本人は、ごみの分別はできている、でも…。

焼却場があるから、なんでも燃やしてしまう。(リサイクルにお金やエネルギーがかかるし)

一部廃棄物(テレビ、冷蔵庫、エアコン、洗濯機)の処分にお金がかかるため、不法投棄されることがある。

6問目のクイズにあったように、使い捨てプラスチックが大量に使用されている。

本当にリサイクルされるプラスチックは、わずか28%で、しかもその半分近くが海外へ輸出され、国内でリサイクルできているのは全体の18%しかない。

一方インドネシアは…。

ごみを分別する習慣がない。ごみの収集システムがある場所が限られる。今だ多くの住民が、ごみを川に捨てている。などなど。

そのあと、ゆいツールがロンボク島で行ってきた活動を簡単に紹介し、生徒たちから質問を受けました。

Q1「ごみの管理についての教育と、ごみを減らすことについての教育とどちらがより重要だと思いますか?」

Q2「住民への普及啓発で難しさを感じるのはどんなことですか?」

Q3「日本で、プラスチックごみの影響を受けている生き物は何かいますか?」

Q4「なぜ、環境教育に特化しているのですか?主な目的はなんですか?」

⇒A1(山本)「両方重要です」

⇒A2(ティウイorトゥリスナ)「私たちの村は、ロンボクの中でも非常に貧しい村のため、住民は具体的な成果(特にお金)が期待できなければ動きません。そのため、私たちは活動に誘う際に、どのような成果が得られるのか住民に示す必要があります」

直接ごみの問題ではありませんが、ランタン村でティウイやトゥリスナたちと最初に村ツーリズムを始めたとき、住民は「外国人(日本人)が村に滞在すること」をとても警戒しました。なぜなら、ムスリムの村で、ムスリムではない人たち(服装や行いや宗教が違う人たち)がやってきて、村の秩序が脅かされるのではないか、と恐れたからです。イスラム教徒は、アルコール飲料を飲んだり、女性が肌を大きく露出したりすることをとても嫌います。でも、実際に日本人が村に来てみたら、若者たちは喜んでイスラム教の文化に触れ、親しみ、礼儀正しく、村人たちが心配していたようなことはありませんでした。その上、収入も得られたのです。村ツーリズムから何が得られるのか、具体的にわかった住民は進んで協力してくれるようになりました。

(ティウイorトゥリスナ)「それから、活動が一過性で終わるのではなく、持続的に続いていくことがとても大切です。行政のキャンペーンは単発で終わりがちです。でも、ゆいツールの活動はそうではありませんでした。ゆいツールは何度も何度も私たちに働きかけてくれます」

⇒A3(山本)「具体的な生き物について、私はここに挙げることはできませんが、おそらく海の生き物が真っ先に影響を受けていると思います」

⇒A4(山本)「何故ならば、教育をすれば人の行動は変えられるからです。インドネシアも行政がごみ問題について取り組んでいることを私は知っています。でも、システムを整えると同時に、人々の教育をしなければシステムを上手に動かすことはできません」

最後に、私から生徒たちへメッセージ。

「日本でも、環境問題に関心を持たない人たちが未だたくさんいます。でも、すでに気づいて環境にやさしい行動をとる人たちもいます。

大切なことは、私たちひとりひとりが、常に環境を守ること。未来の世代のために、ほかの生き物のために。

インドネシアが、日本のようにごみフリーの国になることを、私は確信しています。

なぜなら、みなさんがこのインドネシア自然学校で学んでいるからです。いつか、ロンボクへ遊びに来てください」

後日、学校から私たちゲストへそれぞれ「感謝状」(写真下)が送られてきました。

アイヌン先生にとっても、ティウイ&トゥリスナにとっても、ゆいツールにとっても、非常に学びの多い授業プログラムでした。

また、ぜひ一緒に仕事をしたいと思いました。(山)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

NPO法人ゆいツール開発工房(ラボ)
Eメール:yuitool☆gmail.com

(☆→@に変えてメールをお送りください)

ホームページはこちら

https://yui-tool.jimdofree.com/

Facebookはこちら
★★★★★★★★★★★★★★★★★★

スタッフコラム★☆来年度の準備中♪♪それから最近の活動について

2021年02月18日 | 11. ≪スタッフコラム≫

◎ ◎ ◎ スタッフコラム ◎ ◎ ◎

梅が咲いています。花粉も飛んでいます。春がやってきます。

(2021年2月4日,東京の梅)

日本の新型コロナウイルスの感染者数は、2月17日現在42万1138万人(死者7236人)に達しました。

インドネシアは123万3959人(死者3万3596人)です。

(バリ島は約3万人、ロンボク島のある西ヌサトゥンガラ州は8千人を超えたところです)

ただ、世界の新規感染者数が1月から半減した、といううれしいニュースもあります。

さて年度末ですが、ゆいツールは今年度はほとんど動きがなかったので、活動のまとめ作業に追われる代わりに、次の年度の準備をしています。

予算のめどが少したったので、ウキウキと作業をしています。(残りの助成金の申請書を書いたり、現地の若者たちに相談したり)

先週、若者たちとミーティングしたときに、3月に村の子供たちに環境教育プログラムをやりたい、とオパンくん(写真下、左上)から提案がありました。

オパンくんは、現在家で小学生たちに無料で英語教室を開設していて、その子たちにプログラムをやりたい、と思ったそうです。

(2月10日のミーティングの様子)

オパンくんは、子供たちを集めてプログラムをする際に、賞品(文房具類)を用意して子供たちのやる気を起こさせたい、とのことだったので、ゆいツールからは資金を提供する代わりにいくつか条件を示しました。

例えば、子供たちは全員マスクを着用すること。(なければ提供した資金を使って購入すること)

プログラムは2つ行い、子供たちのグループを二つに分けて実施すること。(密を避けて欲しい)

など。インドネシアでも、公共の場所でのマスク着用などは義務づけられていますが、村などではあまり徹底されていないようです。

(オパンくんの家での英語教室の様子)

そうそう。オパンくんの家の庭は、朝日がのぼる田園風景を見渡せる素敵なエコガーデンです。(2020年2月の様子)

3月のプログラムは若者たちに任せるとして、ゆいツールは来年度の活動を準備します。

いよいよ、マングローブ林環境教育プログラム作りが始動です。

(ロンボク島東ロンボク県のマングローブ)

あ、それから。忘れていました。

今月、ジャカルタにある私立の学校「インドネシア自然学校」の高校生11人に、環境プログラム(テーマはごみ問題)を実施します。

もちろん、インターネットを通して。

サポート役は、オパンくんと同じ村のティウィとトゥリスナ(姉妹)です。

今まで何度も村に日本の学生さんを受け入れる手伝いをしてくれて、その成果をアピールして海外留学を実現しました。

(もうひとりの姉妹、タンティもポーランドに留学中です)

ティウィとトゥリスナは現在マレーシアの大学に留学中ですが、オンライン授業のおかげで3点で繋がって授業を行うことができます。

授業の様子は、またこのブログで報告します。

これからだんだん暖かくなっていきますが、今年の桜の開花予想(東京)が1ヶ月後の3月17日、と出ていました。

本当の春が、コロナに怯えず生活できる日が、早く早くやってきて欲しいです。

(山)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

NPO法人ゆいツール開発工房(ラボ)
Eメール:yuitool☆gmail.com

(☆→@に変えてメールをお送りください)

ホームページはこちら

https://yui-tool.jimdofree.com/

Facebookはこちら
★★★★★★★★★★★★★★★★★★

(2021年2月18日,東京の梅)


生き物クイズ第13弾!ヘビさんクイズ

2021年01月31日 | ⇒生き物クイズ

生き物クイズです!今回は、ヘビ!

今まで作った生き物クイズ:ゾウさんイノシシにわとりかたつむりおさるさんうしさんセミハチさんカマキリクマさん海の生きもの①、クモさん

生き物クイズは、東京都内の学童保育で、小学校低学年から中学年くらいの子たちに、生き物や生き物が暮らしている環境に興味を持ってもらいたいと思い作っています。(今回からイラストは自分で描いています)

ヘビは干支(12支)の何番目でしょう?

と聞くと、3・4年生が(若干迷いながら)答えてくれました。

子(ねずみ)・丑(うし)・寅(とら)・卯(うさぎ)・辰(たつ)・巳(へび)・・・。

そう、6番目です。

第一問目!「ヘビについてまちがっているのはどれ?」

Yui-Tool membuat quiz mengenai ular untuk anak-anak SD kelas 1-4 di Tokyo.

我ながら、よくできたクイズだと思います。

子供たちの答えはバラバラになりました。

「まぶたがないわけないよね?」「耳がないなんておかしいでしょ」「骨、あるかなぁ・・・」

答えは黄色。骨はちゃんとあります。

「えー!耳がないの?」びっくりする子供たち。

人間のように、耳で音を聞く、というのはしないヘビ。

2問目!「日本の野山にいないヘビはどれ?」

これは、絵に苦戦しました・・・。

子供たちは、周りを見ながら全員黄色を挙げました。正解です。

マムシは東京(の森)にもいるかもしれないけど、ハブは沖縄などの暖かい島などにしかいません。

上のヘビは、どれも毒蛇です。噛まれたときには急いで処置をしないと命を落とすことにもなりかねません。

野山に行くときにはマムシに、南の島(ヤブのあるところ)に行ったらハブには、十分気をつけましょう。

キングコブラは、幸い日本にはいません。インド東部からインドネシア半島、インドネシアにかけて生息しています。

3問目!「ヘビの舌はどうなってる?」

赤色の答えは「カメレオンだよー」と子供たちに突っ込まれました。

三つ股もあり得ないと思ったのか、全員が青色。正解です。

ヘビは、舌を使って周りの状況を探ります。

二股に分かれているのは、空気中の匂いの成分をより正確に把握するため。

今回はクイズに取り上げませんでしたが、全身が鱗に覆われていること、脱皮をして大きくなることなどもヘビの特徴です。

また、口を大きく開けられるので、自分の胴体よりも太い獲物を飲み込むこともできます。

都会では、なかなか普段ヘビを自然の中で見ることはできませんが、ヘビという生きものが地球上に暮らしていることを、時々意識してくれたらうれしいなあと思います。

(山)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

NPO法人ゆいツール開発工房(ラボ)
Eメール:yuitool☆gmail.com

(☆→@に変えてメールをお送りください)

ホームページはこちら

https://yui-tool.jimdofree.com/

Facebookはこちら
★★★★★★★★★★★★★★★★★★