ヤマトタケルの夢 

―三代目市川猿之助丈の創る世界との邂逅―
★歌舞伎・スーパー歌舞伎・その他の舞台★

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

市川亀治郎×三響會特別公演~伝統芸能の今~ 2

2010-07-19 16:09:32 | 歌舞伎
猿之助さん、ご来場だったのですね。(三響會ブログより)
私は二階席でしたが、開幕直前、一階席の人たちが皆後方を振り向くので
どなたか、有名芸能人の方がいらっしゃってるのかな?と思ったのですが
今にして思うと、猿之助さんが着座されるところだったのかもしれません。

広忠さんが、亀ちゃんの立て板に水!明瞭・明晰なトークのあと
「さすが、澤瀉屋のDNA」と言ってらしたのですが、
猿之助さんがいらっしゃっていることを意識してのご発言だったのかもしれません。

トークの続きを書こうかと思っていたのですが
三響會のブログに詳しく掲載されてますので、そちらをご覧下さい(笑)
更なる亀トークの真髄!?、来場してくれた子供たちのことなどなど。

「道成寺組曲」は、振付市川亀治郎、となっておりました。「立方」との表記で能仕立てです。
素踊り。ここは鐘を見込むとこだな~といったあたり、分かりやすい所作もありましたが、
能の立方を模倣した(?)、動きの抑制された舞台でした。

「屋島」
前回も説明がありましたが、この「一調」という上演形態は、なかなか機会がないそうで
謡と大鼓の一騎打ち(いや戦うわけではないですが)みたいな、とてもスリリングな舞台。
屋島の詞章の中に√思ひぞいづる~という文言が出てきて、聴いた刹那
猿之助さんの吉野山、忠信が軍物語を踊るところを想い出しました。
(吉野山では√思いひぞいづる壇ノ浦~となるのですが。私は断然義太夫地の方が好き。
後年は、猿之助さん、清元が多かったですが。)

「藤娘」
客電を落とし、真っ暗な中から、チョンパ(実際はチョンパではなかったのだけど)風に
明転とすると、大きな藤の木の元に藤色の衣装の亀ちゃん、舞台左右に緋毛氈を敷いて
長唄・三味線・囃子。それまでの、シンプルな舞台から、歌舞伎の華やかな色彩と
ある種、大らかさを感じる空間へ。ものすごく愛嬌たっぷりの藤の精で、客席沸いてました。
基金賛同へのサービスかな?

ワンクリックお願いします
↓↓ 
にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村
コメント

市川亀治郎×三響會特別公演~伝統芸能の今~ 1

2010-07-15 20:57:18 | 歌舞伎
2010年7月15日(木)浅草公会堂 16:30

【演目】

一、舞囃子『道成寺組曲』 
立方:市川亀治郎 笛:福原寛 小鼓:田中傳左衛門 大鼓:亀井広忠 太鼓:田中傳次郎

二、座談会 
市川亀治郎・亀井広忠・田中傳左衛門・田中傳次郎

三、一調『屋島』
地謡:坂口貴信 大鼓:亀井広忠

四、舞踊『藤娘』
藤の精:市川亀治郎 笛:福原寛 小鼓:望月太津之 小鼓:田中傳左衛門
大鼓:望月正浩 太鼓:田中傳次郎
唄:杵屋利光 松永忠次郎 味見純
三味線:今藤長龍郎 今藤政十郎 杵屋勝十郎

昨年は、東京一箇所で、500名の集客。
今年は全国行脚(←出演者談~)して、1万5000名くらいの集客があったとか。
本日昼の部までの募金額が800万円以上。
この公演の主旨は、小児がんの子供とその家族をサポートする、ゴールドリボン基金への支援です。

◆ゴールドリボン基金について(公演チラシ裏面より)
小児がんは医学の進歩にともなって、「不治の病」から「治る病気」になりつつあります。
しかし、小児がんの患者とその家族は、さまざまな問題を抱えているのが現状です。
(財)がんの子供を守る会は、患者とその家族が直面している困難や悩みを少しでも軽減すべく
患者とその家族が中心となり、医療関係をはじめとする多くの方々の支援のもとに活動をしています。
ゴールドリボン基金は、小児がん経験者の支援事業、小児がんのトータルサポートに関する
研究への助成、および小児がんの啓発活動に使われます。

前回の(財)がんの子供を守る会の理事長のお話にもあり、今回も語られていらっしゃいましたが
昔は、子供のがんがあることさえ、知られていなかった。理事長ご自身、三男の方が
小児がんにかかるまで知らなかったとの事。
啓発活動も含まれているのは、ご自身の経験からくるのかもしれません。
子供の死亡原因は、交通事故をはじめ「事故」が一番多いけれど、その次に多いのが、
白血病等、小児がんなどの重篤な病気。
昔は、それらの病にかかると、殆ど助からなかったそうですが、現在は、7~8割の生存率だそう。
でも、子供の場合は、治癒してから以降が大変で、学校への復帰、抗がん剤使用による脱毛等
(いじめにあったりもするそうです)
進学、就職、そして結婚への困難。(子供の頃から、放射線治療を受けた方を配偶者に選ぶことは、
本人同士がよくても、やはり、周囲の反対が多いとか・・・)
出産への心配も、もしかしたらあるかもしれませんね。
どうしても、小児がん経験者は、内向的になりやすいので、経験者の中からリーダーを育成して
交流の場を作るとか、医療費のみならず、心のケアの支援もされているそうです。
座談会の亀ちゃんのトーク、
「僕たち、伝統芸能の世界に生まれたものは、乳母日傘で育ち何の苦労もなく、
一般社会と関わらなくても、芸能の世界だけでも、死ぬまで安らかに生きていける」
(ちょっと文言違うかもしれませんが)と自嘲的なことを言ったりして
―でも、ユーモアを含む言い方だったので、会場の笑いを誘ってはいましたが―
でも、こうして、ゴールドリボン基金と関わるご縁が出来て、
芸能のこと以外何も出来ない自分たちではあるけれど(それを活かして)
社会勉強をさせて頂き、多少なりとも困難と直面している方々のお役にたてることに
そして、今回ツアーの来場者に感謝しています、と、熱っぽい亀節を披露していました。

確かに、代々続く役者さんや家元のお家に生まれ、芸の修行はあっても
生活の根本に対しての金銭的な苦労はなく、学校も有名私立に通い、
所謂、「お坊ちゃん育ち」な部分はあるのかもしれませんね。
(以前の3時間SHOWで聞いた「亀哲=亀治郎の哲学」によると
新幹線はグリーン、飛行機はファーストクラス!!と言い放ってましたからね・笑)
でも、その芸の力で、多くの人を集め、このような貢献をすることも出来る。

ボランティアなんて、売名行為じゃないか?という人もいるけれど、
僕なんか、クイズ番組に1時間出た方が、よっぽど名前売れるわけですからとも(笑)

傳次郎さんも、(プログラム)売り子、製作、そして太鼓も叩く(笑)←兄君(広忠さん)に
たまに小鼓も打っているじゃない、と突っ込まれてましたが―
「田中傳次郎です。」と自己紹介されたり、伝えたい事をしっかり伝えながらも
楽しいお話ぶりで、前回もそうだったので、舞台はもとより、今回も、座談会で
どういうお話が飛び出すかな~との期待も大きかったです。
(前回は、「猿之助にノーと言える男」と突っ込まれていた傳次郎さん。)

つづく
コメント

夏の夜の夢語り

2010-07-13 01:00:03 | その他の演劇


【公演日程】8月7~8日
【開  演】14時/17時半 それぞれ2回公演
【公演場所】東京・日本青年館 大ホール

【公演内容】1部「うつろな王冠」・2部「歓喜と悔恨」
【演  出】青井陽治
【構  成】ジョン・バートン・テリー・ハンズ
【出演者】市川段治郎 舘形比呂一 市川笑也 市川猿流 中塚皓平
     三木眞一郎(7日のみ) 加藤和樹(8日のみ) 初風緑 岩崎加根子

【料  金】前売り6000円、当日6500円(全席指定:税込)
【チケット発売】7月15日一斉発売 チケットぴあ(Pコード:406-211)、ローチケ(Lコード:39346)、イープラス

ワンクリックお願いします
↓↓ 
にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村
コメント (2)

【再掲】歌舞伎のタノシミカタ

2010-07-05 21:52:21 | 歌舞伎
笑三郎さん、扉座、横内謙介さんのワークショップ。

◆詳細はこちら

ワンクリックお願いします
↓↓ 
にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村
コメント

筆子その愛~天使のピアノ~ 7月3日上映会報告

2010-07-03 21:54:32 | 市川笑也
こちらにアップしました。
秋の上映会の予定、山田監督の過去の作品のアンコール上映、次回作の情報も
併せて掲載しましたので、是非、ご覧下さい!!
コメント

ポイント募金