星・宙・標石・之波太(しばた)

星、宇宙、標石、之波太(しばた:柴田)をこよなく愛するサイト。

狐雨からゲリラ豪雨まで

2017-06-30 23:54:11 | その他
朝日新聞6月28日のことばの広場 校閲センターから にわか雨
狐雨からゲリラ豪雨まで


ことばの広場の欄には常々興味を持って読んでいます。
今回、いろいろな「雨」が登場しています。

「雨」といえば、高橋順子・文、佐藤秀明・写真、発行所・小学館、「雨の名前」です。
「雨の名前」が422語掲載されています。



朝日新聞の記事に登場する「雨」を「雨の名前」の本から
「にわか雨」:
俄雨・にわかあめ」急に降りだし、それほど待たずに止む雨。「急雨」「通り雨」「驟雨」もほぼ同意。
急雨・きゅうう」にわか雨のこと。類語に「早雨」。
通り雨・とおりあめ」ひとしきり降って、間もなく腫れ上がる雨。にわか雨のこと。「夕立」「驟雨」は夏のにわか雨。
神立・かんだち」神の示現の意で、雷、雷鳴を示す言葉だったが、雷はは雨をともなうことが多く、夕立、雷雨のことをもいうようになった。地方によっては「かだち」「かんだちあめ」「おかんだち」などという。
白雨・はくう」・夕立。にわか雨。雹(ひょう)のこともいう。「ゆうだち」「しらさめ」
とも呼ぶ。太い雨脚や地を叩くしぶきに、薄れた雲間から日が差して白く見えるような雨。
狐雨・きつねあめ」日が照っているのに、降り落ちる小雨。「狐」は人を騙し、からかうという言い伝えからきた言葉だろう。「狐の嫁入り」「天気雨」「日照り雨」「日照雨・そばえ」「天泣・てんきゅう」などがある。
狐の嫁入り」晴れているのに、バラバラと気まぐれに降る雨のこと。狐にとっては、こういう天候がよいお日柄なのだろうか。嬉しくもあり悲しくもあり、という嫁御寮の心得を、狐の行列に仮託した夢幻の景。
天泣・てんきゅう」晴れわたった空から降る雨。遠くに流れていった雲からの雨が蒸発しながら降る現象というが、見えないくらいの薄い雲から降るとも考えられているそうだ。それはさておき、「天が泣く」とは一体いかなる人の命名か。
夕立」「ゆだち」とも。夏の夕方などに急に烈しく降ってくる雨のことで、ここで降っていても隣町では降っていないというような雨。昔から夕立は「馬の背を分ける」とか、「牛の背の片側には降らないなどと、局地的な降りを面白くいう。「よだち」「白雨・しらさめ」「白雨」ともいう。

コメント

TBCラジオに生出演のCD

2017-06-29 23:16:43 | 之波太:柴田
一昨日(6月27日)、TBCラジオに生出演しました。
「ロジャー大葉のラジオな気分」のラジオカー取材「街角ステーション」に
出ました。
ラジオカー担当は、林朝子アナウンサーでした。
放送後、CDに焼いたものを後日送るとのことでした。
本日CDが届きました。

封筒・表

封筒・裏

送り状

CDケースのラベル
CDを聞きました。
木星・土星の説明で見え方をプリントしたものを用いました。
ラジオなので画像が見えないので見え方を口頭で説明した方がよかった。
柴田町星を見る会の活動は30年以上。
等のダメ出しが仲間からありました。
今度、気をつけようといっても今度があるかどうか?
コメント

柴田町協同教育推進委員会2017

2017-06-28 22:46:31 | 之波太:柴田
5月下旬柴田町教育委員会のしばたっ子応援団の担当者から柴田町協同教育推進委員会の
委員になってほしいといわれ了承しました。
断り方が分からない管理人。多くの役職を抱え込むことになる。
昨日、今年度の第1回の委員会が開催されました。

柴田町教育委員会から委員の委嘱状です。任期は1年。

委員会の次第
委員は30数名、
内訳は、町内の校長会の担当校長1名、各小・中学校の教諭(各校1名)、社会教育施設等職員
(職員各1名以上)、学校支援ボランティア(しばたっ子応援団)、教育委員会各担当課職員。
管理人は、学校支援ボランティア(しばたっ子応援団)から選出の委員
柴田町星を見る会会長の立場です。
委員会は、平成18年度発足し、年2回開催されています。

第1部、全体会 講話
「地域と学校の協同について」と題して大河原教育事務所次長 石河秀一氏が
講演を行いました。



講師の石河氏
休憩をはさんで第2部の地区部会です。
船岡・槻木・船迫に分れての分科会(ワークショップ)です。
管理人は船岡地区です。
船岡中学校の先生が地区部会の進行です。


分科会テーマ「『チーム柴田』の協同教育」
先ず、自己紹介から始まります。
管理人の番、自己紹介後、「これからTBCラジオに生出演のため中座します。」
と言って退席しました。
放送終了後戻ると、分科会が終わっていました。各分科会の報告を聞きます。
16時過ぎ、委員会終了。
今年度第2回の委員会は、来年2月開催予定。

会議後、今年度西住小学校・槻木小学校でしばたっ子応援団活動が予定されているので、
教諭と打合せを行いました。
配布された資料

柴田町星を見る会として団体登録しています。
町のHPでも見ることができます。

社会教育・社会体育施設における教育資源調査
協力できる「人」、貸し出しできる「もの」、連携できる「こと」が各施設毎にリストアップ
されています。

平成28年度のしばたっ子応援団の実践事例集
管理人は、
8月・西住小学校で天体観察会
11月・槻木で戦時中講話
が掲載されていました。
コメント

TBCラジオ 生出演

2017-06-27 23:51:40 | 
我が家では朝起きたらラジオのスイッチを入れます。
朝食時は、子どもが小さいときテレビばかり見て何を食べているのか分からないような
ことがあったので、以降ラジオを聞きながら食事になりました。
昼食時は、テレビを見ますが、その後またラジオを聞きます。
夕食時から寝るまでテレビを見ています。
午前、午後のほとんどラジオを聞きながらの時間が多くあります。
そのラジオは「TBCラジオ」1260kHzです。

本日、12時過ぎに柴田町観光物産協会の職員からTBCラジオが午後に柴田町を取材に
来る今夜太陽の村星を見る会の取材をしたい、都合はとの内容でした。
詳しくはTBCラジオの林さんから電話連絡があるとのことでした。
午後のラジオ番組と云えばいつも聞いている「ロジャー大葉のラジオな気分」です。

林さんと云えばラジオカー担当の「林朝子さん」かな?
その後、林さん(朝子さんでした)から電話連絡があり、
15:40~15:50の「街角ステーション」に生出演していただきたい。
14時~16時までは柴田町教育員会の会議に出席すしているので、太陽の村では、
対応ができない、柴田町役場に来ていただければ、会議を途中で抜け出しで出演することは
可能と話して、出演することにしました。

13時からTBCラジオ「ロジャー大葉のラジオな気分」を聞いていました。
ラジオカーが柴田町に来ていて、13:30から「ラジオカー中継」で船岡城址公園で
しばた紫陽花まつりの取材をしていました。
14時からの会議が柴田町役場で行われます。その前に役場の仲間にラジオ出演の
話をしてから会議に臨みます。
15:30、グループ討議の時間でしたが、自己紹介時にラジオ出演のため中座すると
話て、ラジオカーの待っている役場駐車場に向かいます。
15:30から10分程、事前打合せとの予定でしたが、来たのが放送開始の4分前で
あったので、管理人の名刺を渡しほんの少し質問に答えて、本番に臨みました。
キャスターの林朝子さんの質問やスタジオにいる、ロジャー大葉さんや粟津ちひろさんの
声をイヤホンで聞きながらお話させていただきました。
10分はあっという間に本番は終了です。
後日、今回の放送をCDに焼いたものを自宅に送るとのことでした。
最後に林さんと記念写真を

管理人の名刺の肩書が多く、次回別な内容で取材したいとのことでした。

ももさんから、「ラジオ聴いてたよ~」とメールが来ました。



コメント

太陽の村星を見る会1706

2017-06-27 22:29:31 | 
毎月第4火曜日は、柴田町自然休養村太陽の村において、星を見る会の開催です。
告知は、

広報しばたお知らせ版6月15日号です。
また、開催場所である太陽の村がある、柴田町観光物産協会のHP等です。
(この観光物産協会のHPをみて、メディアの取材がありました。別掲)
さて、日中から曇天でした。回復の見込みがありません。
それでも現地に行き、待機しなければなりません。
今夜も19時15分頃から待機しました。
2家族7人のお客さんが来られました。
雲って見えないので中止です。と話しをして帰ってもらいました。

仲間、Hさんが来てくれました。
メディアの取材:TBCラジオに生出演した音声をラジコで聞かせてくれました。
TBCさんから出演した音声をCDに焼いて後日送ってくれるとのことでした。
コメント