星・宙・標石・之波太(しばた)

星、宇宙、標石、之波太(しばた:柴田)をこよなく愛するサイト。

鹿島神宮

2018-11-17 23:59:02 | 旅行
伊能忠敬記念館見学の翌日11月12日鹿嶋市にある鹿島神宮を見学。
小雨の中、

マップ

鹿島神宮大鳥居
赤い服の方は観光ボランティアガイド

楼門

境内、右:本殿、左:社務所

境内看板

本殿

奥宮への道

境内案内


奥宮


中央の小さな石が要石。
地下に埋もれている大きな石があり、地震の元のナマズを押さえているという。


要石
柴田町の上川名の鹿島神社にもある。
鹿島神宮を分祀したものです。
上川名の鹿島神社にも要石があります。


御手洗
大鳥居のところに観光ボランティアガイドがいました。
少し説明を聞きました。
「三大神宮」について、ガイドの説明とネットで調べたところで食い違いが
ありました。
諸説あるということか。


コメント

長野県上田市 武石ともしび博物館

2018-06-17 23:55:25 | 旅行
昨日に続き、長野県上田市でのおまかせ旅行記第2弾。


武石(たけし)ともしび博物館は、「人々の生活の中に生き続けてきたともしび」に
ついて体験と学習の場を提供する博物館です。

博物館の門

火おこし体験のコーナーがありました。
しばた100選を見てみよう!バスツアーの船岡編で火おこし体験を予定しています。
スタッフの方から火おこしのコツを伝授していただきました。
タイムリーでした。
灯火の明るさ

灯台、燭台、あんどん、がんとう、ランプなど昔のあかりに火をともして、明るさを体験。

火打ち石

火打ち金

火きり式発火、木と木をこすりあわせて火を作ります。
展示館、体験館、伝承館等を楽しく見て回りました。
コメント

長野県上田市 妙見寺

2018-06-16 23:57:43 | 旅行
先日、長野県須坂市にある「宇宙と農業資料館」を見学してきました。
翌日、長野県上田市にある「妙見寺」を案内していただきました。
鳴竜で有名な寺院でした。(訪れるまで知らなかった)

種別:市指定有形 建造物
指定:平成1・12・20
所在地:下武石 妙見寺
所有者:妙見寺
年代:室町時代
応仁年間(1467~68)の本堂大改修の際、狩野派の秀山信尹(しゅうざんのぶただ)により上下竜2頭が
描かれ本堂外(げ)陣の大天井に組み込まれたもので、畳10畳分の大きさがある。
その竜頭の下で手を打つと、天井裏に共鳴してみごとな竜鳴(りゅうめい)を発する。
日本の東西南北4ヶ所にあった鳴竜(なきりゅう)を「日本四方鳴竜」と称し、
東は日光山、西は京都相国寺(しょうこくじ)、北は青森竜泉寺(焼失)、南は信濃当山のものを
呼んだと言われている。

鳴龍山(なきりゅうざん) 

本堂、武石山妙見寺
山号が二つある?


拝観料100円です。

本堂の天井に龍が二頭、以下の写真は本堂内写真撮影禁止のため上田市HPから
応仁年間(1467~68)の本堂大改修の際、狩野派の秀山信尹(しゅうざんのぶただ)により
上下竜2頭が描かれ本堂外(げ)陣の大天井に組み込まれたもので、畳10畳分の大きさがある。
その竜頭の下で手を打つと、天井裏に共鳴してみごとな竜鳴(りゅうめい)を発する。

本堂、天井の鳴竜の下の部分は畳が敷かれていません。

天井と本堂のつながりが解る写真
畳10畳分ほどの天井に描かれた龍頭の下で手を打つと・・、見事に龍が鳴くじゃありませんか!!
龍の鳴き声は「キルルルル~」という感じかな?
不思議なので、何度か試してみました。
さらに不思議なことに、誰かが龍の下で手を打っても、自分が龍の下にいないと聞こえないんです。
どういう構造になっているのでしょうね?
コメント

フットパス中間通谷コース

2017-11-12 23:49:23 | 旅行
全国フットパスの集い2017 in なかま においてエクスカーションとして11日(土)2コース、
12日(日)5コースが設定されていました。
11日午前、中間通谷(なかまとおりたに)コースを歩きました。

県立中間高校の生徒が作成したコースマップ

イオンなかま店内の中間通谷コースの受付

北九州市立大学の支援・指導を受けて高校生がコース設定を行ったという

案内をしてくれた中間高校の生徒

コース途中で洋菓子店からマドレーヌが提供された。

地元の歴史を伝える「ワクド岩」を案内

休憩地の中間高校でコーヒーのおもてなしを受ける、マドレーヌを食べながら
くつろぎます。

中間市のマンホール

何気ないコンクリートを吹き付けた壁、動物の顔に見えるという
高校生ならではの発想

筑豊電鉄の電車

スタート・ゴールのイオンなかま店

昼食会場で案内をしてくれた高校生の代表が挨拶

北九州市立大学の先生・学生の支援・指導を受けながら中間高校の生徒が地元の歴史を高校生
ならではの視点で、まちを再発見。
一緒に歩くことで、また新しい街の魅力に触れることが出来ました。
コメント

薬来山登山

2014-06-03 23:43:10 | 旅行
5月28日、宮城県加美郡加美町にある「加美富士」と呼ばれる、「薬来山」に登ってきました。

赤い鳥居をくぐって進みます。右は薬来ファミリーゲレンデのスキー場。

ここが登山口です。

看板に706段の階段があるとあります。

このような階段です。50段ごとに看板があります。

ゴール、階段の終わりですが、山頂にはまだ道のりがあります。

南峰ですが、山頂(北峰)までまだ170mあります。

途中、姥神像にびっくりされます。

円形の案内板に見える地名等が刻されています。
無料の双眼鏡がありますが、上下は固定されています。

山頂にある薬師神社

山頂から東の眺め、少し靄っぽい。

楽来山頂の碑には標高553.12mとあります。
左の屋根は、薬師神社です。
神社の裏に進み三角点を探しましたが見つかりませんでした。
点の記や他サイトの情報を調べませんでした。標示木があるだろうとの思いがあったからです。
GPSも持っていきませんでした。当然、北緯・東経・標高も調べていきません。
帰ってから「つかピロ様」のサイトを見たところ、標示木がないのが判明。
すぐ近くまで行っていたのに残念です。
再度、チャレンジするかは不明ですが、三角点については、制覇の範囲外です。
登り小1時間の登山です。晴れていて気持ちのよい汗を流すことができました。

---------------------------------------------------------------------------
今日の出来事
・午後、しばた100選の制作について、柴田町の生涯学習関連の施設長の会合に出席し、
 事業の説明を行い、募集にあたっての協力をお願いしました。
・尚絅学院大学の生涯学習センターから連絡があり、受講生が75~6名あり、配布資料のコピーも
 あるので早めに送っていただきたいとのこと。
---------------------------------------------------------------------------
コメント