星・宙・標石・之波太(しばた)

星、宇宙、標石、之波太(しばた:柴田)をこよなく愛するサイト。

角田駅前星空観察会2006

2020-06-01 22:46:13 | 
 毎月第1月曜日は、阿武隈急行角田駅前広場にて星空観察会です。
告知は、広報かくだにて行っていますが、本日が発行日のため周知期間がありません。
6月号では7月6日の告知を行っていて、今日の告知はありません。
天気予報では曇りから雨降りでした。そのため望遠鏡を持参しませんでした。
会場に着いたら、Sさんが望遠鏡をセットしていました。

雲の合間から時々月が顔を覗かせます。
Sさんの15cm屈折で月を見ていただきます。

駅前広場には黄道12星座のパネルが設置されています。
手前は「しし座」です。星座名が無いので初めての人は、分らないと思います。
星座絵は蓄光タイプなので懐中電灯等で十分照らした後、暗闇に浮かび上がります。
昨年1月から「天体望遠鏡で星雲・星団を見てみよう!!」キャンペーンを始めました。
角田駅前広場から見やすい星雲・星団20個にチャレンジしてもらうもので、残り
2個(M51、M55)に迫った人が数人います。
今夜は月が雲間から時々見える程度のため、星雲・星団は見えませんでした。
7月、8月、9月がチャンスでしょう。これを逃すと1年待たなければなりません。
見た天体:月
お客さん:12人
スタッフ:3人
コメント

宮城県産パプリカが国際宇宙ステーションへ

2020-05-31 23:28:27 | 宇宙
宇宙航空研究開発機構(JAXA)から5月26日プレスリリースがあった。

「こうのとり」9号機に搭載した生鮮食品について
 5月21日に打ち上げ、26日に国際宇宙ステーション(ISS)に結合した「こうのとり」
9号機によって、以下の生鮮食品をISSに搭乗する宇宙飛行士へ届けましたので、
お知らせいたします。




生産地、 品目
宮城県、『パプリカ』、   「こうのとり」7、8号機に続き3回目の搭載

群馬県、『キウイフルーツ』、今回初搭載
愛媛県、『河内晩柑』、   「こうのとり」5号機に続き2回目の搭載
愛媛県、『清見』、     「こうのとり」5号機に続き2回目の搭載
愛媛県、『レモン』、    「こうのとり」6号機に続き2回目の搭載
佐賀県、『温州みかん』、  「こうのとり」6、7、8号機に続き4回目の搭載

参考:生鮮食品の「こうのとり」への搭載経緯等について
1.「こうのとり」への生鮮食品搭載の目的
 ISS計画では、補給船を保有する国が分担してISSに長期滞在する宇宙飛行士に生鮮
食品(果物及び野菜。以下同じ)を届けています。JAXAでは、国産生鮮食品を調達し、
「こうのとり」でISSに輸送、宇宙飛行士に提供することにより、宇宙飛行士が抱え
る長期宇宙滞在による様々なストレスを緩和し、パフォーマンスの向上に繋げたいと
考えています。
 また、併せて、“食”という身近なテーマを通じてISS/宇宙飛行士の活動を多くの人
に身近な存在として認識いただくとともに、「こうのとり」ならではの国産生鮮食品
の輸送を生鮮食品の産地の皆さまとともにアピールすることにより、ISSプログラム
における日本のプレゼンスが向上することを期待しています。
2.選定方法
 都道府県農林水産省担当者連絡協議会を通じて全国の都道府県に、生鮮食品(野菜、
果物に限る)に関する情報提供(特産、収穫の時期等)を依頼し情報提供を受けました。
 提供された情報を元に、調達可能時期と打上げ時期が合うこと、調理性、保存性、
衛生性、安全性、食品残さ、搭載量の制約等の技術的要件※から候補品を複数選定の
うえ、味(官能評価)を評価し、選定委員会にて選定を行いました。
※搭載する生鮮食品の技術的要件
調理性:生食が可能なこと
保存性:HTV搭載時の種子島宇宙センター及びHTV与圧部の温度環境を模擬した環境に
    おいて、4週間以上の保存が可能なこと
衛生性:除菌後、一般生菌数が10,000CFU/g以下であること
安全性:種子を食べる食品でないこと、喫食の際著しい果汁の飛散が無いこと、アレ
    ルギー等の表示対象食品でないこと
食品残渣:喫食後の食品残渣が極力少ないこと
搭載量の制約:規定のスペースに搭載可能であること
調達時期:保存試験の実施を考慮し、2月~5月を通して調達が可能な食品であること

3.「こうのとり」9号機への搭載について
 搭載する生鮮食品は、5月9日に種子島宇宙センターに納品されました。受領後、
洗浄、除菌を行い、細菌数検査を経て合格を受けています。
 4週間の長期保存を達成するために、細菌やカビの発生を抑制する除菌や生鮮食品
の呼吸をコントロールさせる包材を使っています。キウイフルーツは、除菌や包材
に加え未追熟品を調達し、保管中に追熟させることで、4週間の長期保存を達成して
います。
 また、梱包を終えた生鮮食品は5月17日未明、レイトアクセスとして「こうのとり」
9号機に搭載しました。計画通り打上げされ、宇宙飛行士がおいしく食べられる状態
で届けることができました。
4.搭載された生鮮食品に関する連絡先
 各県までお問い合わせください。
① 宮城県農政部 園芸振興室 先進的園芸推進班
② 群馬県農政部 農政課
③ 愛媛県営業本部
④ 佐賀県流通・貿易課

コメント (2)

雪形200531

2020-05-31 22:42:42 | 仙南地区
 今日の宮城蔵王・水引入道の雪形です。

今日もはっきりと雪形が見えました。


白石市福岡深谷の国道4号脇から見た雪形。
すっかりと細くなっています。
5月の集計
雪形がはっきりと見えた 19日
雪形の一部しか見えない  2日
雪形が見えない      8日
欠測(雨天等)      2日

2020年(4月~5月)の集計
雪形がはっきりと見えた 36日
雪形の一部しか見えない  5日
雪形が見えない     16日
欠測(雨天等)      4日

水引入道の名前の由来は、5月頃のコガ沢付近の残雪が、頭巾をかぶった僧侶の姿に似ていること
から、この雪形を「水引入道」、別名「種まき坊主」と呼んで、白石地区の人々は農作業の目安に
してきたそうです。
残雪量は積雪量や気温に左右され、その後の用水の多寡にも反映されるため、天候や災害の予測、
豊凶占いにも用いられました。
積雪量が少なく雪形が早く消えた年は水不足が懸念され、またいつまでも消え残る年は冷害が予見
される。
水引入道では、杖がはっきり現れる年は豊作といわれています。

今年(2020年)は、
積雪量が少なく、雪形が早く消えたので、水不足が懸念されます。
入道の杖がはっきりと見えたので豊作となるでしょう。


船岡・新栄通りから見た船岡城址公園。

2010年から本格的に写真撮影を行っていて11年目となり、
今日で雪形、船岡城址公園の写真撮影は終わりです。
また来年も続けたいと思っているところです。

コメント

船岡・俵石6

2020-05-30 23:39:18 | 之波太:柴田
 俵石の使われ方の第3回目です。
今回は、曹洞宗 岩松山恵林寺です。
寛永5年(1628)、登米市東和町米谷の東陽寺11世用山全應大和尚によって
開山(初代)されています。明治5年(1872)の火災で焼失するまでは現在の
無縁塔の所に本堂があったとされています。
本堂の裏には、原田甲斐を供養したと伝えられる碑が建立されています。
明治維新後、五輪小路(現、柴田町役場付近)の品弟山普門寺福性院が廃寺となり、
同寺にあった虚空蔵菩薩が本寺に祀られています。

山門

本堂の右、柴田町名木古木に選ばれた「恵林寺の黒松」は枯れて今はない。

本堂の左に説明板が設置されています。

本堂の裏に

原田甲斐供養碑と伝わる俵石の石碑があります。
寛文事件(伊達騒動)(寛文11年(1671))の中心人物の一人である原田甲斐
宗輔の原田家はお家取り潰しとなりました。また菩提寺の東陽寺が登米市東和町米谷へ
移されました。
事件後、船岡の民衆は甲斐を不憫に思い、事件のほとぼりがさめた元禄5年(1692)、
且つ伊達家に配慮し、甲斐の名前は刻まず恵林寺の本尊「南無阿弥陀佛」の名を彫り、
甲斐の御霊安らかならんことを念じ、供養したと伝承されています。



碑の両側には船岡村の住人と思われる平乃屋、駒村屋、渡辺屋などの名前が見られます。


コメント

雪形200530

2020-05-30 22:24:39 | 仙南地区
 今日の宮城蔵王・水引入道の雪形です。

今日もはっきりと雪形が見えました。


船岡・新栄通りから見た船岡城址公園。
コメント