星・宙・標石・之波太(しばた)

星、宇宙、標石、之波太(しばた:柴田)をこよなく愛するサイト。

長野県上田市 武石ともしび博物館

2018-06-17 23:55:25 | 旅行
昨日に続き、長野県上田市でのおまかせ旅行記第2弾。


武石(たけし)ともしび博物館は、「人々の生活の中に生き続けてきたともしび」に
ついて体験と学習の場を提供する博物館です。

博物館の門

火おこし体験のコーナーがありました。
しばた100選を見てみよう!バスツアーの船岡編で火おこし体験を予定しています。
スタッフの方から火おこしのコツを伝授していただきました。
タイムリーでした。
灯火の明るさ

灯台、燭台、あんどん、がんとう、ランプなど昔のあかりに火をともして、明るさを体験。

火打ち石

火打ち金

火きり式発火、木と木をこすりあわせて火を作ります。
展示館、体験館、伝承館等を楽しく見て回りました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長野県上田市 妙見寺

2018-06-16 23:57:43 | 旅行
先日、長野県須坂市にある「宇宙と農業資料館」を見学してきました。
翌日、長野県上田市にある「妙見寺」を案内していただきました。
鳴竜で有名な寺院でした。(訪れるまで知らなかった)

種別:市指定有形 建造物
指定:平成1・12・20
所在地:下武石 妙見寺
所有者:妙見寺
年代:室町時代
応仁年間(1467~68)の本堂大改修の際、狩野派の秀山信尹(しゅうざんのぶただ)により上下竜2頭が
描かれ本堂外(げ)陣の大天井に組み込まれたもので、畳10畳分の大きさがある。
その竜頭の下で手を打つと、天井裏に共鳴してみごとな竜鳴(りゅうめい)を発する。
日本の東西南北4ヶ所にあった鳴竜(なきりゅう)を「日本四方鳴竜」と称し、
東は日光山、西は京都相国寺(しょうこくじ)、北は青森竜泉寺(焼失)、南は信濃当山のものを
呼んだと言われている。

鳴龍山(なきりゅうざん) 

本堂、武石山妙見寺
山号が二つある?


拝観料100円です。

本堂の天井に龍が二頭、以下の写真は本堂内写真撮影禁止のため上田市HPから
応仁年間(1467~68)の本堂大改修の際、狩野派の秀山信尹(しゅうざんのぶただ)により
上下竜2頭が描かれ本堂外(げ)陣の大天井に組み込まれたもので、畳10畳分の大きさがある。
その竜頭の下で手を打つと、天井裏に共鳴してみごとな竜鳴(りゅうめい)を発する。

本堂、天井の鳴竜の下の部分は畳が敷かれていません。

天井と本堂のつながりが解る写真
畳10畳分ほどの天井に描かれた龍頭の下で手を打つと・・、見事に龍が鳴くじゃありませんか!!
龍の鳴き声は「キルルルル~」という感じかな?
不思議なので、何度か試してみました。
さらに不思議なことに、誰かが龍の下で手を打っても、自分が龍の下にいないと聞こえないんです。
どういう構造になっているのでしょうね?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しばた紫陽花まつり2018開花式

2018-06-15 23:57:35 | 之波太:柴田
第5回を迎えた「しばた紫陽花まつり」の開花式が柴田町観光物産交流館「さくらの里」
で開催された。

「花のまち柴田」イベント開催実行委員会が主催である。
管理人は、しばた歴史観光ガイドの会会長として実行委員となっていて、副実行委員長
に選任された。

本日、開花式が挙行された。
管理人は、閉会の挨拶の担当
数10人の来賓の他、柴田町ノルディックウォーキング4団体も参加

開花式の式典終了後、紫陽花ウォークと題して、4団体のウォーク。
式典の途中から霧雨が降ってきた。
ウォークを見送る「はなみちゃん」

紫陽花の開花状況、桜坂の様子、咲き始め

船岡城址公園アジサイマップ

第5回しばた紫陽花まつりイベント
・夜間鑑賞デー:6月22日、23日
 星空鑑賞会が19~21時にあります。
 場所は、船岡城址公園山頂です。
・船岡城址公園歴史ツアー:6月23日
 10~12時、さくらの里前集合です。
 先着20名

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しばた100選活用第28回

2018-06-14 23:29:11 | 之波太:柴田
しばた100選活用チームの第28回会合が今夜ありました。
・6月26日、「船岡地区のしばた100選」を町マイクロバスで巡るツアーの
 募集を広報しばたお知らせ版6月1日号に掲載しました。
 8月6日8時30分から電話で受付を開始したところ、僅か7分間で定員20人に
 達したとの報告がありました。
 以前は10分で定員に達しました、どこまで短縮されるのでしょうか。
 事務局からの報告では船岡地区を巡るということで、船岡地区の参加者が少なく、
 新規参加者が多くいました。
 準備物の最終確認を行いました。
 解説資料の作成を管理人が行います。印刷製本を6月24日午後から行います。

・内閣府所管の公益財団法人の某協会の
 みなさんの地域づくりの”元気の素”をふるってご応募ください!
 某活動賞に応募のため応募用紙の最終確認を行い、来週早々には発送します。

・紙しばいについて、画家候補者に打診中
 試作を描いてくれるらしい

・7月発行のしばた100選ポスターの内容確認を行う

・次回以降9月までの打合せ等のスケジュール調整を行う

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宇宙と農業資料館

2018-06-13 23:47:31 | 宇宙
6月12日、長野県須坂市にある「宇宙と農業資料館」を見学してきました。
旧航空宇宙技術研究所(NAL)時代人工衛星開発プロジェクトを担当した方が
開設したものです。



資料館リーフレット

「じんだい」

「おりづる」

「ぎんれい」

望遠鏡群

図書コーナー

MABES「じんだい」~日本初・相乗り衛星の軌跡~

背表紙

目次

奥付け

「じんだい」を1986年9月上旬NAL角田支所で管理人が撮影しパネル化
「じんだい」は変光している。機体が回転しているため


コメント
この記事をはてなブックマークに追加