星・宙・標石・之波太(しばた)

星、宇宙、標石、之波太(しばた:柴田)をこよなく愛するサイト。

四季さくらカフェ1812

2018-12-11 23:56:00 | 之波太:柴田
柴田視覚障がい者福祉協会四季さくらが隔月で開催している交流会「四季さくらカフェ」が
今日柴田町地域福祉センターでありました。
告知は広報しばたお知らせ版です。
偶数月の第3火曜日を常としていますが、今月が1週早く開催しました。
今回のテーマは、少し早いクリスマスです。
今年最後の交流会なので、1年の振り返りを行います。
続いて、前回の交流会後から本日の交流会までの情報・出来事について告知・周知を行いました。
毎回交流会において当事者から様々な情報が発信されます。
特に主婦の当事者から食事の支度について目から鱗が落ちる調理法がそもそもの発端でした。
その調理法を実際にやってみようということで、本日の昼食会となった次第です。

クリスマス会なので支援者がクリスマスツリーを作ってきました。

「ちゃちゃっとエビピラフ」を作っているところ。

デザートのババロアを切り分けているところ。

卵スープを作っているところ。

本日のメニュー、おにしめ、マーマレード(柚子入り)、ババロア、榧の実

エビピラフ、卵スープ

会食風景1

会食風景2
今年一年、当事者やその家族から寄せられた要望・改善提案を町当局の担当課を正しく
見極め団体の要望等として、粘り強くそして落としどころを見極め取り組んできました。
半歩ずつですが進んだと自負しています。
来年も今までのペースと同様な早さで進んでいくつもりです。
たまに、息抜きとしてのレクリエーションも入れながら実施していく予定です。
皆様のご支援をお願いします。

コメント

丸森町星空観察会1812

2018-12-10 23:46:01 | 
毎月第2月曜日は、丸森町役場駐車場にて星空観察会です。
11月下旬、藤尾小学校星を見る会があいにくの天気で星が見えませんでした。
その際、毎月第1月曜日は、角田駅前。第2月曜日は、丸森町役場駐車場。
星空観察会を行っているとのアナウンスを行いました。
今夜、会場に行ったところ藤尾小学校の2家族5人が既に会場に来ていました。

早速、冬の星座の1等星を順次見ていただきました。

ウィルタネン彗星が5等星で見えています。
管理人は、初めて双眼鏡で見ました。久々の彗星です。
尾のない彗星のイメージは、お客さんにとって想像たくましくしても分らないといいます。

途中から曇ってきて星が見えなくなりました。
次回(来月・来年)は、
1月7日:角田駅前。1月14日:丸森町役場駐車場。です。
本日見た天体:火星、ベテルギウス、アルデバラン、カペラ、M45、M42、hΧ、M31、等
スタッフ:3人。



コメント

しばたファンタジーイルミネーション181209

2018-12-09 23:43:02 | 之波太:柴田
しばたファンタジーイルミネーション2018が12月1日から始まっています。
土日祝日の9回、「大型双眼鏡で冬の星空を観てみよう」を船岡城址公園の山頂で
開催します。
昨夜から降った雪が少し残っていて通路が滑りやすい状況でしたが多くのお客さんが
山頂に登ってきます。
今日は月齢2、18時に月没です。
月がないので、今夜も「スバル:プレアデス星団」の観望です。

山頂の東側、船岡の夜景が見える場所に大型双眼鏡(25✕150)をセットします。

スバルの高度約50度
双眼鏡をのぞく姿勢が窮屈になってきました。
それでも「スバル」を観た方からは、「スゲー」「ウソー」との声を上げられます。
19時~20時までの間、約80人の方が見て行かれました。
スタッフ:3人。


コメント

スペースガード探偵団 in 山形

2018-12-08 23:46:57 | 
日本スペースガード協会の事業「スペースガード探偵団 in 山形」が山形県西村山郡
河北町の河北町総合交流センターサハトべに花にて開催されました。
岡山県井原市にある美星スペースガードセンターでは、地球に接近する小惑星の観測と

募集チラシ
地球を回る人工衛星や宇宙のゴミ(スペースデブリ)の監視を行っています。
センターの観測者と一緒に小惑星探しの体験や小惑星観測について勉強する
「スペースガード探偵団」を募集します。

会場の河北町総合交流センターサハトべに花

講演「小惑星探査の時代がやってきた」~はやぶさ2、オシリス・レックス、資源採掘~
講師:会津大学の寺薗さん

新小惑星発見体験

小惑星探査ソフトウェア:小惑星を探そう~探査編~を使って

親子で一生懸命探す1

親子で一生懸命探す2

右下の明るい星にサクランボのつる状のノイズ
通称「さくらんぼ東根」星

左下に参加者が新小惑星?を発見
座標を測定しMPCに報告したところ、すぐ、この新小惑星?は仮符号のついた小惑星と判明
残念ながら新発見となりませんでした。

最後に参加者の中から抽選で選ばれた5人に記念品「隕石」をプレゼント
コメント

伊達綱村展

2018-12-06 23:38:01 | 仙南地区
東北歴史博物館において10月6日~12月2日まで伊達綱村展が行われていていつでも
見られると思っていたところ、間際になった11月28日に見てきました。

伊達綱村公300年遠諱記念 特別展


仙台藩4代藩主である伊達綱村は、いわゆる伊達騒動と呼ばれる最大の危機を乗り越えて
仙台藩を発展させ、また現在も信仰・文化の拠点となっている多くの寺社を建立・造営した
ほか、学問を推奨し藩史編集事業を行うなど文教の興隆にも務めました。没後300年を
迎えるにあたり、政治・経済・文化の各方面にわたって大きな影響を与えた伊達綱村に
ゆいて、今に残る関係文化財等によってその事績を顕彰します。また、17世紀後半、衰退
していた地域が伊達綱村の政策によって復興・発展したことにより、今も綱村を顕彰して
いる地域があります。そのような現在まで受け継がれている地域とのつながりについても
取り上げていきます。




展示資料目録



肯山公三百年遠忌記念
「お殿様のまちおこし~伊達綱村公と貞享特令~」
発行:肯山講

寛文事件の当事者ということで、期待して行ったがあまり史料がなかった。
コメント