あいあいネットワークofHRSのブログ

人間関係づくり・人間力育成の授業

2019年8月22日 奈良市立若草中学校 校内研修会

2019-08-21 19:20:28 | 研修会

 

コンテンツてんこ盛り・・

 奈良市立若草中学校での校内研修会。

おそるべし若草中学校、ナビによればすぐ近くまで到達しているのに、まったく校舎や校門を発見することができない。

校区にある奈良女子大へは何回も来ているので、完全になめてました。

車でうろうろすること10数分、ほんとに困ったので、栗山先生に電話をして、携帯でナビってもらいました。

そしてやっと到達した若草中学校。

東大寺のすぐ近くなのですが、かつての砦の跡地に建てられたそうで、敵が攻めにくくするように、建物がわからないような造りだったそう。

そりゃ発見も困難ですわ。

気の知れた栗山さんの学校なので、コンテンツてんこ盛りの三時間で臨みました。

くり坊(栗山さんの演者名)うまいこといきましたね。

「公教育には未来がない」というようなことを述べる研究者の方々もいるのですが、人間関係プログラムを体験してみたら、まんざらそうでもないでしょ? 

「主体的で対話的」というものはほんとに意味のあることです。

ぜひ実践してみてください。

 

 

***

 

 いじめ・不登校を防止する人間関係プログラム  
 深美隆司 価格:¥ 2,000(+税)
 学事出版
子どもと先生がともに育つ人間力向上の授業
深美隆司 価格:¥ 1,800(+税)
図書文化社

Facebook「深美隆司20日

あいあいネットワーク of HRS 

ホームページURL:http://aiainet-hrs.jp

コメント (6)

2019年8月20日 大阪府四條畷市立四條畷西中学校 校内研修会

2019-08-18 04:02:24 | 研修会

 

先生方、大興奮!!

大阪府四條畷市立四條畷西中学校、校内研修会でした。

朝からの三時間研修です。

「スモールクエスチョン(ストレスマネジメント)」「時代の変化」「主体的マップ」「認知、行動、評価のスパイラルと対話的意味」「スーパー新聞ジグソー」のラインナップでした。

「スーパー新聞ジグソー」は、新聞を細かなピースに破って、それをもとにもどすのですが、すべてのグループのピースを前に集め、そこからグループのピースを探し出します。

相当困難な課題なのですが、仲間の力があれば完成するのですね。

先生たち、走る走る。

この光景、久しぶりに見ました。

合図の笛を鳴らしますと、一目散に前に駆け込んできて、様々な声を発しながら探してます。

「ちがう、あらへん(無い)」そして発見したときの、本人とグループの皆さんの歓声! 

大量に取り間違えるグループも出現、しかしながら、みなさんを焦らしながらも、完成前は充分に時間を確保してあげると、なんと、すべてのグループが完成です。

子どもたちにやってあげたいと感じて下さいましたか?

そして、間の休憩の時ですけど、「依存的」「主体的」の意見交換をしている姿が何人か・・良い光景でしたよ

 

***

 

 いじめ・不登校を防止する人間関係プログラム  
 深美隆司 価格:¥ 2,000(+税)
 学事出版
子どもと先生がともに育つ人間力向上の授業
深美隆司 価格:¥ 1,800(+税)
図書文化社

Facebook「深美隆司20日

あいあいネットワーク of HRS 

ホームページURL:http://aiainet-hrs.jp

コメント (7)

2019年8月19日 奈良県橿原市立大成中学校ブロック人権教育研究会

2019-08-18 04:00:42 | 研修会

すごい集中力・・

奈良県橿原市立大成中学校区ブロック人研教育研修でした。

大成中学校、今井小学校、真菅小学校、真菅幼稚園、第二こども園の皆さん50余名のご参加でした。

90分のショート研修でしたが、なんと・・ほぼ最初から最後まで、皆さん方全員と目があってました。

こちらからストロークを投げかける必要性まったくなしです。

すごいことですね。

コンテンツは「時代の変化」「主体的マップ」+「主体的・対話的とは・・」だったのですが、90分全力展開でした。

コメントを入れてもらう時間がゼロでしたので、フィードバックは期待できないのですが、ぜひとも気づきをいただきたいものです。

ごくろうさまでした。

***

 

 いじめ・不登校を防止する人間関係プログラム  
 深美隆司 価格:¥ 2,000(+税)
 学事出版
子どもと先生がともに育つ人間力向上の授業
深美隆司 価格:¥ 1,800(+税)
図書文化社

Facebook「深美隆司20日

あいあいネットワーク of HRS 

ホームページURL:http://aiainet-hrs.jp

コメント (1)

2019年8月9日 長野県教育委員会 学校人権教育ファシリテータ―研修会

2019-08-07 08:51:09 | 研修会

一日研修、効果絶大・・

18時に塩尻を出て、大阪に着いたのは日付が変わる前。

身体はくたくたなのですが、今日の塩尻での一日研修は充実してました。

やはり、集中してやる・・というのはいいですね。

「なんでもキャッチ」「時代の変化」「主体的マップ」「100マス計算-ストレスの流れ」「南国の島」「スーパー新聞ジグソー」が本日のラインナップです。

とくに「なんでもキャッチ」は41名というビッグなグループサイズでしたので、わたくしのチャレンジです。

それが、なんと一時間で三種のボールがまわり、ふりかえり&シェアリングまでできました。

それぞれの名前も覚えていただいて、良いウォーミングアップになりましたね。

その後は一気呵成です。レベルを少しずつ上げていきながら、ファシリテーション&ワークショップの肝を少しずつ投入していきます。

今わたくしがもっている最高のものを出せたと思います。

それもこれも、参加者の皆さんのおかげでした。

ありがとうございます。

もし、来年もオファーをいただくなら、もう少しレベルを上げますね。

また、来て下さい。

 

***

 

 いじめ・不登校を防止する人間関係プログラム  
 深美隆司 価格:¥ 2,000(+税)
 学事出版
子どもと先生がともに育つ人間力向上の授業
深美隆司 価格:¥ 1,800(+税)
図書文化社

Facebook「深美隆司20日

あいあいネットワーク of HRS 

ホームページURL:http://aiainet-hrs.jp

コメント (17)

2019年5月8日 大阪府羽曳野市立高鷲中学校 校内研修会

2019-05-07 16:24:23 | 研修会

 

10年間住んでいた羽曳野市高鷲で・・

大阪府羽曳野市立高鷲中学校で研修でした。

高鷲といえば、30歳台の頃10年間住んでいたまちです。

懐かしい路地のような道をわざわざ通って若い頃を思い出してました。

一昨年くらいから羽曳野からの依頼が度々来てたのですが、今回は、岸和田の学校出身の府教委生徒指導グループ、芳野先生と高鷲中、清水先生とのつながりからオファーをいただきました。

少し、異色のルートです。

高鷲中と松原七中とは市を超えてですが隣接校になります。

何かのご縁ですね。

「何か新しいツールを取り入れたい」というご要望でしたので、予防開発的なさまざまなグループアプローチやガイダンスプログラムが出てきた背景などからご説明をいたしました。

ワークショップでやってますので、知識的にはたいしたことはやってませんが、ファシリテーションの雰囲気をつかんでいただけていればありがたいです。

 

***

 

 いじめ・不登校を防止する人間関係プログラム  
 深美隆司 価格:¥ 2,000(+税)
 学事出版
子どもと先生がともに育つ人間力向上の授業
深美隆司 価格:¥ 1,800(+税)
図書文化社

Facebook「深美隆司20日

あいあいネットワーク of HRS 

ホームページURL:http://aiainet-hrs.jp

コメント (1)

2018年12月11日 大阪府羽曳野市立白鳥小学校 校内研修会

2018-12-09 17:42:50 | 研修会

 

「本気です」という言葉に感動!


大阪府羽曳野市立白鳥小学校の校内研修会でした。

デモンストレーションのスモールクエスチョンから、ただならぬ盛り上がり。

2択の質問ですが、どちらのマウスにストレスがかかったのでしょうか? という問題です。

深まり方がすごかったですね。

模擬授業は「スーパー新聞ジグソー」。

グループのなかで協働することで、ひとりひとりの個性が見えてきたり、感謝の気持ちが生まれたそうです。

終了後、担当の先生と懇談。プログラムを「本気で取り組みたい」というお話でした。

和歌山の海南から毎日、特急「くろしお」で2時間かけて羽曳野へ通勤しておられるとのこと。

思わず、本気で支援させていただきます、という言葉がわたしからも出てきました。

こういうの、めったにないことです。

感動!!

 

白鳥小学校の先生方から感想をいただきました。かなり深い気づきがあったようですね。

 

○ 白鳥小学校の児童にとって、集団づくりは本当に必要な課題だと思います。今回、模擬授業で体験したワーク。実際取り組んでみることで、「こういう風に人のかかわり・協力・はげまし」等、活動の中でできるようになっていくんだろうなあというのを感じることができました。ワークは、児童たちが1回単発でして、力がつくものではありません。教師自身がワークする意義をしっかりと学び、継続して行っていくことで、初めて少しずつ力がついていくものだと深美先生もおっしゃっていました。今後も継続して取り組んでいく必要があると強く思います。

 

○ (新聞ジグソーについて)間違っても取り残されないで、全員が同じタイミングで完成させられるので、安心して参加できるゲームでした。

 

○ (新聞ジグソーについて)みんなで協力しないとできないゲームなので、自然と会話がうまれて、チームワークを作るのに適していると思いました。

 

○ (新聞ジグソーについて)文字が苦手な児童でも、絵や図としてとらえることもできたので、大きく得意不得意がでないゲームでした。

 

○ (新聞ジグソーについて)チームわけもゲームで行われたので、スムーズに決まるし、もめることも少なくなるのではないかと思いました。また、ふだん関わることが少ない子ども同士が同じチームになる可能性が高く、新たなコミュニケーションのきっかけ作りになると思いました。

 

○ はじめのマウスの実験のクイズから、おこられることとストレスの感じ方の関わりがよく理解できました。他の児童に危険がおよんだりしないかぎりは、頭ごなしにおこることは控えようと思いました。

 

○ グループでやるよさ。得意な覚え方がある。一人ではできない、みんなに役回りが回ってくる。教えあえるような声かけ、共有。誰でもできる。ボーッとする時間がない。いがいな人が活やくできるかも。きれいにきれなかった人が逆にヒーローに。あまり差がない。

 

○ みんなで活動できる楽しい研修会でした。その他、グループワークのネタがたくさん知りたいです。先生が出されている本があったり、ネタ集があったりするのでしょうか?

 


○ 次は何をするのかなとドキドキワクワクするワークショップでした。どの子も活躍の場であって、自然にコミュニケーションがとれるので良いと思いました。とても楽しかったです。ありがとうございました。

 

○ 新聞一枚でこんなに楽しいワークができるなんてすごい発見でした。①のワーク、あいこジャンケンでグループ分け。気持ちを合わすきっかけ作りではじまっている。②のワーク、一つの話題で話し合える。③のワーク、あっというまの展開。きっちり切れず、ギザギザが後のワークで生きてくる。「しまった!」と思ったことが良い展開に向くのもおもしろい。④のワーク、一つの課題に向けて心一つにして取り組めた。時間制限の中で、みんな一人をせめることなく、応援して協力できたので、スリルもあり、みんなの応援もあり、安心の中で楽しめるワークであった。⑤最後に気持ちを出し合うふりかえりをすることで、体験したことが生かされる。本日は、いろいろな学びをさせていただきました。学級の中でのコミュニケーション作りに役立てていきたいと思います。ありがとうございました。

 

○ 簡単な作業でこんなにも会話量がふえるのかとおどろきました。子どもたちのつながりをつくるためのしかけとしてとてもたのしんでできました。なかなか自分の気持ちを表に出さない子でも、ワークショップだと自然に会話が出てくると感じましたありがとうございました。

 

○ グループで話し合いながら、楽しんで取り組むことができるワークだった。一人一人役割があり、責任を持ちながら、認め合えたり、助け合いながら活動できるものだった。

 

○ さっそく特活の時間にやってみようと思います。自然とチームのことや仲間のことを気づかうことができました。体験してしっかり考えることができました。

 

○ あっという間の時間でした。ワークだけでなく、先生の話し方、チームの作り方が本当にいい雰囲気を作られており、自然とワークに取り組むことができました。「集団づくり」が本校の課題だと思っています。ともすると、通り一辺倒な「お説教」のような取り組みも出てきかねないものに対して、今回見せていただいた活動は「こんなことわかったでしょう?」とか、「これからはこうしないといけないね」なんていう先生からの説明は一切なく、ワークをした自分たちが自然と学ぶような、そんな感じでした。きっとまだまだプログラムはあるだろうと思いますし、また、理論的なことも学ばなければと思います。子どものみならず、そのためには教師の「集団づくり」が必要だと強く感じました。

 

 

***

 

 いじめ・不登校を防止する人間関係プログラム  
 深美隆司 価格:¥ 2,000(+税)
 学事出版
子どもと先生がともに育つ人間力向上の授業
深美隆司 価格:¥ 1,800(+税)
図書文化社

Facebook「深美隆司

あいあいネットワーク of HRS 

ホームページURL:http://aiainet-hrs.jp

コメント

2018年11月20日 東京都足立区教育委員会 教育相談コーディネーター研修会 2回目

2018-11-17 19:36:48 | 研修会

 

ピンチからスタート
東京都足立区教育委員会教育相談コーディネーター研修会でした。

何かおかしい、場の雰囲気が全然違っていました。

もしかして・・と思って「前回参加していなかった方」とお訊きすると5分の2の参加者が・・・

うっ! これはいけない・・

前回の内容を今日のトラップネタにしようと思っていたので、5分で済むはずのおさらいが15分かかってしまいました。

しっかりとトラップをしかけるためには、ここで手を抜くことはできません。

で、いつもの「(百ます計算を)よーい、始めません」の成功です。

しっかりと刺激をかけてあげないと、気づきが生じません。

ということでストレスマネジメントは無事終了。

二本目のグループダイナミズムの授業も100人によるじゃんけん列車を使ったグルーピングもたったの5分で完成しました。

みなさん、はじめの様子とは全く違った表情で終了させていただきました。

お疲れ様でした。

 

 

***

 

 いじめ・不登校を防止する人間関係プログラム  
 深美隆司 価格:¥ 2,000(+税)
 学事出版
子どもと先生がともに育つ人間力向上の授業
深美隆司 価格:¥ 1,800(+税)
図書文化社

Facebook「深美隆司

あいあいネットワーク of HRS 

ホームページURL:http://aiainet-hrs.jp/

コメント

2018年9月11日 東京都足立区教育委員会 教育相談コーディネーター研修会

2018-08-24 19:06:28 | 研修会

 

ホワイトボードにスマホを向ける

足立区教育委員会教育相談コーディネーター研修会、終了後、ホワイトボード&フリップにスマホを向けてくださいました。

研修会に感動してくれたのか、はたまた、校内での報告にそなえたものなのか、今らしい風景ですね。

何人もの先生方から「よかったです」という声かけをいただきました。

足立区の不登校の子どもや保護者に対する支援、今年から組織替えがあり、「支援」という方向に舵を切られたようです。

ほんとにこれだけは、積み重ねと蓄積が大事ですので、ぶれずに進んでいかれることを願っています。

面倒をみてくださった阿久津先生、ロールプレイングでヒーローになっていただいた「まささん」お疲れ様でした。

そして、起案してくださった古川先生、ありがとうございました。

これからが楽しみですね。

 

**

 

 いじめ・不登校を防止する人間関係プログラム  
 深美隆司 価格:¥ 2,000(+税)
 学事出版
子どもと先生がともに育つ人間力向上の授業
深美隆司 価格:¥ 1,800(+税)
図書文化社

Facebook「深美隆司

あいあいネットワーク of HRS 

ホームページURL:http://aiainet-hrs.jp/

コメント

2018年8月10日 奈良県大和高田市人権教育研究会 課題別研修会

2018-08-10 18:04:55 | 研修会

 

奈良県大和高田市人教課題別研修会、130名参加の大ファシリテーションでした。

2時間の尺で、ロールプレイング付きでしたので、わたくしのほうが少々かぶせてしまったことをお詫びしますね。

しかしながら、まさきさんの演技、練習のときから光ってましたね。

おかげでアサーションの理解がみなさんに深まっていきました。

なかなか対話的なワークショップが実現しまして、ペアがしらないうちにカルテットになっている方たちもいましたね。

「主体的&対話的の深い学び」に少し近づけましたでしょうか。

 

研修終了後、事務局の方から参加者の気づきをいただきました。掲載させていただきます。

○良好な人間関係づくりの裏にある成り立ちのようなものが理論的に分かった気がしました。主体的な子どもたちを育みたいと考えますが、まず、自分自身が主体的でありたいと思った。また、尊重しあえる職場でもありたいとも感じた。ロールプレイの中でのDESC法、共感することで良好な関係をつくり、お互いが伸びていけるような保護者との関わりでもありたいと思った。

○依存的、主体的について考えてみると意外と置き換えるのが難しかったが、参加者の意見を聞き、様々な捉え方があると改めて感じた。また“共感していく”ということについて、大切なことである、という考え方は知っていたし、自分でも心がけていたが、実際にロールプレイングを見たことでいかに関係が変わるのかを客観的に見ることができてよかった。

○いじめ・不登校のメカニズムを視覚的に分かりやすく教えてくださり、人は依存的・攻撃的に二分されるだけでなく、立場や状況によって混在することもあることが分かりました。依存性グループの攻撃性の図でとてもわかりやすかったです。幼少期から自己を認め、愛される経験をたくさんすることで、自己肯定感を高めていく関わりをしっかりしていけたらと思います。それが子どもの主体性につながっていく大切な根っこになると感じました。ありがとうございました。

○今日はありがとうございました。保・幼・こ(こども園)、も指針があたらしくなり、主体的で対話的な環境づくりということで、園も取り組んでいるが、なかなか難しい課題である。今日の研修で「主体的」ということを逆に考えるとより分かりやすく理解できた。また幼児期から自己を認め他者を認めるということが自己肯定感を高めることであり、その時期にしかできない大切なことであると再認識した。明日からの保育、教育に活かしていきたい。

○言葉一つ、とらえ方一つで、展開がかわってくるということを、ロールプレイを見て、実感しました。子どもと関わるだけでなく、人と関わるときに、まずは、受容と共感を大切に関わっていけたらいいと思います。ありがとうございました。

○主体的について、対義語の依存的を用いて考えると、いろいろなパターンの行動や場面が想像できて、分かりやすかったです。また、いじめの人間関係プログラムの図も分かりやすく、家庭内暴力などの学校と家での様子が違うということも納得できました。

○アサーショントレーニングという方法を学べたことで、依存から主体へ子どもたちを支援していけることが分かりました。教員同士の関係や職場においても活用できるので、ぜひ自分もやってみたいと思います。不登校はもちろんのこと、よい学校をめざしたいと思います。本日はありがとうございました。

○依存的・主体的な状態から人間関係プログラムの基本を学ぶことを知りました。少し難しい部分もありましたが、いじめ・不登校のメカニズムのスキルが高まったように思います。今日の研修を生かし、子どもたちに合ったアクティブラーニングを学び、実践していきたいと思います。今日はありがとうございました。

○今回のお話の中で「依存的」という言葉のイメージがいくつも出てきましたが、うちの学年にいた不登校の子と性質がよく似ていてとても納得しました。また、相手の言葉を繰り返すことや共感することを通じて初めて相手を思いやった主張ができるということは、とても印象的でした。やはり、相手を受け入れたり、共に考えたりすることが大切だと感じました。

○1990年代までの指導ではなく、これからは支援という姿勢をとるべき時代になっているということがよくわかりました。また、教員は主体的でなければならないというのも納得できました。ロールプレイから、アサーションでは、述べる、くり返す、共感するまでのステップがふめと、ケンカになるような拒絶は怒らないのだと分かりました。分かりやすく、楽しい講義でした。

○今日はワークショップという形での研修会でしたので、内容もよくわかり、自分自身、主体的に参加できたような気がします。ロールプレイングの〈共感〉の大切さが本当によく分かりました。会話の中で共感しながら聞くと、自分の担任する児童や我が子にも心がけていきたいと思いました。

**

 

 いじめ・不登校を防止する人間関係プログラム  
 深美隆司 価格:¥ 2,000(+税)
 学事出版
子どもと先生がともに育つ人間力向上の授業
深美隆司 価格:¥ 1,800(+税)
図書文化社

Facebook「深美隆司

あいあいネットワーク of HRS 

ホームページURL:http://aiainet-hrs.jp/

コメント (7)

2018年8月9日 長野県長野市立三本柳小学校 校内研修会

2018-08-05 17:12:25 | 研修会

 

研修後の一枚

 

他校からも参加していただきまして、長野市立三本柳小学校校内研修会でした。

写真にもあらわれていますように、2時間めいっぱい深まったという感じです。

ロープレのたくみさん、まりさん、早朝からの練習でしたのにごくろうさまでした。

校長の清水稔先生には県教委におられたときから非常にお世話になっています。

私の長野での立場をきっちりとつくっていただいたと思っています。

 

 

**

 

 いじめ・不登校を防止する人間関係プログラム  
 深美隆司 価格:¥ 2,000(+税)
 学事出版
子どもと先生がともに育つ人間力向上の授業
深美隆司 価格:¥ 1,800(+税)
図書文化社

Facebook「深美隆司

あいあいネットワーク of HRS 

ホームページURL:http://aiainet-hrs.jp/

コメント