あいあいネットワークofHRSのブログ

人間関係づくり・人間力育成の授業

2018年6月1日 関西大学 生徒・進路指導論 3回目

2018-05-30 18:38:10 | 授業

 

関西大学、生徒・進路指導論3回目(最終回)でした。

わたくし、今日はファシリテーションでは掟破りの「講義」というものを冒頭の30分で行いました。

講義は一方通行なので、ほんとうに不安だったのですが、最後に鉄板のロールプレイングがひかえていましたので、「えぇぃ!」という勢いでやってしまいました。

「自己肯定感」というお題を糸井川孝之先生からいただいていましたので、「自己肯定感を高める三要素」(①認知・行動のレベル、②スキルのレベル、③支援のレベル)を展開しました。

学生さんのふりかえり、悪くなかったようでひと安心。

さいごは学生さんのりょうたさんにお手伝いいただいて、アサーションロールプレイング。

講義とロールプレイングが収束への機能を果たしてくれたようです。

終了後、各学部にあるというフードコートで遅めのランチで糸井川先生とふりかえりの会。

カツカレー(430円)は驚くほどのボリュームでした。

 

** 

 いじめ・不登校を防止する人間関係プログラム  
 深美隆司 価格:¥ 2,000(+税)
 学事出版
子どもと先生がともに育つ人間力向上の授業
深美隆司 価格:¥ 1,800(+税)
図書文化社

Facebook「深美隆司

あいあいネットワーク of HRS 

ホームページURL:http://aiainet-hrs.jp/

コメント

2018年5月25日 関西大学 生徒・進路指導論 2回目

2018-05-24 17:27:25 | 授業

 

 

関西大学、生徒・進路指導論第2回目でした。

「主体的・対話的」に近づけるように、「主体的マップ」「否定のモデルと肯定のモデル」に入っていきました。

コンテンツが少々多めでしたので、言葉や概念をかぶせてしまう場面もありました。

反省! 反省! 

で、今回の授業でわたくしは「ひょっとしたら、この年代の方たちは、主体的という概念にある具体的なイメージングが苦手なのでは・・・」と感じました。

三回生以上の方がほとんどで、20歳を超えたといえども、まだまだ、子どもさんなのかもしれません。

時間を目一杯使ってしまったので、ふりかえりを書く時間と次の授業の教室への移動時間を充分に保障できませんでした。

ほんとにごめんなさい。

しかしながら、短いふりかえりの中にも、大変多くのわたくしの気づきがありました。

ありがたいことです。

ふりかえりからくるフィードバックからはいつでも成長の機会をいただいています。

今回も糸井川孝之先生から貴重なフォローと美味しいランチをいただいています。

ありがとうございました。

 

** 

 いじめ・不登校を防止する人間関係プログラム  
 深美隆司 価格:¥ 2,000(+税)
 学事出版
子どもと先生がともに育つ人間力向上の授業
深美隆司 価格:¥ 1,800(+税)
図書文化社

Facebook「深美隆司

あいあいネットワーク of HRS 

ホームページURL:http://aiainet-hrs.jp/

コメント

2018年5月18日 関西大学 生徒・進路指導論 第1回目

2018-05-18 05:24:26 | 授業

 

関西大学、糸井川孝之先生の授業(生徒・進路指導論)をお借りして、ワークショップしました。

今日は第一回目、「ストレスマネジメント」です。

約100人というビッグなグループサイズ、しかも階段教室、というハードな環境だったのですが、けっこううまいことできました。

現役の頃の校長先生(糸井川先生)と私という関係ですので、価値あるフォローをたくさんいただきました。

現役の頃は、年に何十校という視察を受け容れてましたから、糸井川先生と息はピッタリと合っていました。

学生さんたちも、手を挙げてどんどん発言してくれましたので、気づきを拾い上げるのに全く苦労はなし・・・。

みなさんの感想(フィードバック)も全部読ませていただきましたが、なかなか今の若い人も捨てたものではありません。

教職をめざしている方たちですので、少し、実験的なことも混ぜさせていただきました。

次回、次々回と続きますが、よろしくお願いいたします。

 

 

** 

 いじめ・不登校を防止する人間関係プログラム  
 深美隆司 価格:¥ 2,000(+税)
 学事出版
子どもと先生がともに育つ人間力向上の授業
深美隆司 価格:¥ 1,800(+税)
図書文化社

Facebook「深美隆司

あいあいネットワーク of HRS 

ホームページURL:http://aiainet-hrs.jp/

コメント