イギリス/ストックポート日報 《England/ Daily Stockport》

イギリス北西部の歴史ある街、ストックポート Stockportから(ほぼ)日替わりでお送りする、イギリス生活のあれこれ。

日本好きの西洋人の心をつかむ・カップヌードルの日本的意匠、日本を代表するヌードルメーカー日清の製品はハンガリー製

2021年03月01日 08時00分00秒 | シブい!日本語表記、日本関係なら何でもクール!
息子とスーパーマーケットに行った時に買った、日清のカップヌードル Nissin Cupnoodles 、欧州流通版です。


質問です;「No.1 in Japan 」とそれぞれ書かれていますが、日本にありますか。
Teriyaki Chicken 、 Pork Tonkotu、 Sukiyaki Beef 味です。

テリヤキもトンコツも、今やイギリスのみならず欧米全般でジャパニーズ・ソールフード通なら知らない人はいないほど浸透している外来語です。
戦後すぐに贅沢な日本食の代表としてスーシー、テッパンヤーキーとともに世界中に名前が知られたスキヤキは言うに及ばず。

とにかく海外でよく知られた日本風の味付けのオンパレードですがカップヌードルとの相性はどうなのでしょうか。

おそらく、日本人のアートディレクターが日本人のイラストレーターに描かせたと思われる(推測です、調べていません)、日本人が考える外人ウケねらいの意匠が....


.....なかなか素晴らしい。





東京タワー、富士山、お相撲さん、ヌードルに見立ててお箸でつままれた北斎の有名な大波のイメージ....と欧米人ウケしそうな題材が満載です。
野菜はともかく、海水浴するブタ、小舟に乗ったウシ、波乗りするにニワトリとヒヨコ、など材料になる動物が食品のパッケージにユーモラスなキャラクターとして描かれているのは完全に日本的なセンスです。

他のヨーロッパ諸国ではどうなのかよくわかりませんがイギリスでは牛肉のイメージに生きたウシが描かれるのはほとんど考えられないことなのです。
ブタの絵柄も完全に日本的です。

ああ、またまた息子に3種類のうち2種類まで食べられてしまいました。

息子が食べたテリヤキ・チキンの写真を撮らせてもらいました。


私がよく作る照り焼きは大好物なのですが、テリヤキの味がしたか聞いても、したようなしなかったような要領を得ない答えです。
コクのあるしょうゆ味であったことを誘導尋問で聞き出しました。

息子とスーパーマーケットに行ったのはもう2週間も前ですが、3種類すべて食べきったのが一昨日なのです。
「日持ちのしないものをすべて食べきってから、ポット・ヌードル pot noodles (インスタントカップ麺の一般名詞です)に手を付けるように」と厳命してあったものですから。

私が食べたスキヤキ・ビーフ味です。


容器の内側がキタナイですね。

3分待った状態です。


懐かしい!!!日清の「カップヌードル」独自の麺の香りがしました。
麺の味も歯ごたえも日清の「カップヌードル」そのものでした。

ただ、スープの味付けはと言えば、語彙の少ない息子と同じで「コクのあるしょうゆ味」だったとしか答えられません。
テリヤキスープとスキヤキスープの味の違いをぜひ食べ比べてみたかったのですが....。

小指の爪ぐらいの大きさのビーフらしい肉片がコロコロ、けっこうたくさん入っていました。

トンコツスープを味わったことのない息子に「ポーク・トンコツ」がトンコツの味だったか聞くのも無駄だと思ったので聞きませんでした。
「おいしかった」と言っていました。



カップに印刷された細かい字をていねいに読んでいくと、ハンガリーで製造されたことが突き止められました。

日清のインスタントヌードル、カップヌードル式のSoba について、2年前にストックポート日報に書いたことがあります。
今でも息子の好物ですし、私もお相伴で食べることがあります。

ジャーン!


「日清のソース焼きそば」のようなフライパンで調理する「本格派」イメージのそれでもやっぱり乾麺にインスタントのソース(粉ではなく、液体です)つきが発売されていました。
1ポンド(148円)は高いです。

本格派を強調したWok Style という筆文字のようなコピーが踊ります。
心にしみる美しい日の丸を意識したロゴが日本好きな西洋人に訴えるいいデザインですが、あいかわらず「ソバはないだろう」と言いたくなるような命名のいいかげんさが気になります。

ウォックというのは中華鍋です。
「ソバ」は日本語ですし、焼きそばは日本のソールフードなんですけどね、もちろんフライパンで調理しました。

「日清のソース焼きそば」と全く同じ味で満足です。
「CLASSIC クラシック」味だそうですから。
他にヤキトリ、チリー(トウガラシ)、テリヤキ味があります。

Soba は「祖婆(造語)」と発音すると英語っぽく響きますよ。

袋にはヨーロッパの5言語で作り方、材料一覧が印刷されています。
米粒に書かれた経文並みの細かい活字で肉眼で読むことはできません。(老眼鏡が必要です)


以前のカップヌードル記事のリンクです。☟

エキゾチック!ローマ字表記!日本好きが発音してみてドキドキのあこがれの日本語の入った食品....カップラーメンが充実!

この記事に出てくるNissin Cup Noodles の「チキン・エダマメ」と「ビーフ・ヤサイ」は現在発売されていません。
「シー・フード」はまだあるようですが、私たちが行った時には売り切れだったようです。

チキン・エダマメ、どんな味だったんだろう、食べてみればよかった。
「買って食べてみるつもり」なんて書きましたが実際に買って食べのに2年もかかってしまいました!

日本に対する憧れがひしひしと伝わる、イギリスのメーカーのカップヌードルについて書いた記事です☟
日本風のカップラーメン, 笑えないサムライ・ジョークと試食体験
コメント (10)

イギリスのスーパーマーケットで見つけたカニカマの改良版、キャッチコピーと見た目負け!カニのマネではないらしい.....?

2020年10月19日 10時00分00秒 | シブい!日本語表記、日本関係なら何でもクール!
スーパーマーケットで「改良版・日本式 Improved Japanese Style (!)」カニカマ(カニ棒)を見つけました。


その名もスリミ・ロイヤル SURIMI ROYALE !
Premium (特級)、 Authentic Recipe (昔ながらの伝統製法)というそそるコピーとお寿司を独自にアレンジしたらしい調理例写真!

「カネカのほぼカニ」という疑似カニ加工食品のマネだと思います。
ほぼカニは食べたことはありませんが、ずいぶん前に日本にいる友達が写真を送ってくれました(非常に興味深い製品です)。

10年ぐらい前から日本風カニカマはイギリス中のスーパーマーケットでも売られています。
セロファンの筒に1本ずつ詰められた普通の日本風カニカマはシーフード・スティック seafood sticks と呼ばれています。


(☝スーパーマーケット、アスダのショッピングサイトから勝手に写真を借りました)

そう、カニのふりはしていないのです!
スリミ・ロイヤルも、通常のシーフード・スティックもどちらにも「カニ風」とも「カニではありません」とも全く書かれていません!

実際、カニの味は全くしません。

スリミ・ロイヤルのスリーブ(筒状のパッケージ)には NO FUSS FISH (手間いらずのサカナ)と偉そうにサカナであることを強調したキャッチ・コピーがプリントされています。

もともと、めったに口にできない高級なカニ肉に似せて開発された日本のカニカマや(カニ風味までしっかりつけてあるらしい)「ほぼカニ」とはコンセプトがどうも違うらしい......
それにしては、このスリミ・ロイヤル、色も形も「ほぼカニ」のように殻を割ってそっと出した高級カニ肉に苦心して似せてあるのが.....無駄というかナゾです。

ちゃんとカニのように中が白くて縦に裂けます。


それなのに味も食感もイギリスで売られている普通のシーフード・スティック(カニカマ)と全く同じでした。(詐欺!)
値段は倍近くしました!

コメント (6)

シブい、クラい!アナクロニズムな設定でそれでも構成力抜群の古い日本の推理小説を英訳版をイギリスで読む

2020年07月01日 08時00分00秒 | シブい!日本語表記、日本関係なら何でもクール!
2週間ほど前の夫の誕生日プレゼントに私がアマゾンで購入した、横溝正史 作「犬神家の一族」英訳本。


英語題;「Inugami Curse 犬神の呪い」(怖いっ)

カバーデザインが秀逸です。
石坂浩二主演の映画を封切りで見に行った後、原作も読みました。45年ぐらい前(!)のことです。

子供だった私が初めて読んだ推理小説のはずです。

夫は寝る前にベッドで少しずつ楽しみながら読んでいます。

私が寝る前に少しずつ読んでいる本は....


松本清張の「砂の器」の英訳。英語題が「 Inspector Imanishi Investigate イマニシ警部が捜査する
観念的で含みのある原題「砂の器」がどうやってこんな直接的な英語題になっちゃうのか!?
Iが三つ並んでゴロが良い、英語圏でウケそうな英語題ですが。

夫が30年以上前に買ったこの古い本を最近もう一度読みかえしたあと、処分することにしたのです。
夫が読み終えた後、処分される前に前に私も読むことにしました。
松本清張は日本にいた時若かった私には「オジサンの読むもの」という先入観があって読んだことがありませんでした。

夫は推理小説を二度も読んで楽しいのか?
....はい、日本に特に興味もつながりもなかった当時と違って日本に何度か行った今 読み返すと違う発見や楽しみがあったようです。

ローマ字でつづられた日本の地名や人名にはあいかわらず四苦八苦だったようですが。

私にも日本語の人名やききなれたはずの東京に実在する地名もローマ字でつづられるとやたら長くなり非常にやっかいです!
日本語の固有名詞は漢字を見て認識しないとなかなか覚えられませんね。

テレビ放映された「砂の器」映画版を日本で見たはずですが、話は全くおぼえていません。

インターネットも携帯電話もない時代の、日本中にちらばる情報源を頼りに夜行列車に乗って現地までわざわざ行って話を聞いてくる地道な捜査の経過を追うのが楽しいです。

私が生まれる前の日本のレトロな描写もまた楽しめます。(帰宅後 着物で晩酌、銭湯、ちゃぶ台、趣味が盆栽、居間に布団を敷いて寝る、アパートの共同炊事場、バーのホステスへの偏見...等)
夫には昔の話、懐かしい...という実感が伝わらなかったらしいのが残念です。

今でも日本人がこんな生活をしていると思いながら読む英米人も少なからずいることでしょう。


そう、この「 Inspector Imanishi Investigate イマニシ警部が捜査する」を読み終わった夫が、もっと日本の小説が読みたい、と言ったので、ぐうぜんフェイスブックの私のタイムラインに入ってきた「Inugami Curse 犬神の呪い」の英米有識者多数による絶賛紹介文!(アマゾンの広告)を見て衝動買い。

今年の新訳、新出版のようです。
「クリスティに対抗できる日本のヨコミゾ Japanese answer to Cristy」というのがキャッチコピーです。

グーグルして、ずいぶん前に訳された別の出版社の旧訳版「Inugami Clan (ズバリ忠実な訳、犬神一族)」も売られていることを知りました。
菊紋が中央に配された、日本文化論か何かの本みたいな表紙が全く読む気を起こさせない愚直デザインで購買訴求力ゼロ。


繰り返し映像化もされ日本では今、知らない人はいないであろう湖面から突き出した脚!のインパクトは、英米人にとってはとてつもなく新鮮な力強さのはずです。
夫は表紙を見て背筋がぞくぞくしたと言っています。

同じ出版社から英訳の出ているもう一作、「本陣殺人事件 The Murder in the Honjin 」は、白いバックグラウンドに日本刀が刺さっている同じアーティストによるシルクスクリーンタッチのイラストです。
こっちは日本的オブジェクトを何が何でも使わずにはいられない欧米向き日本モノ マーケティングの圧力に屈したか!?という安易さで....
「脚」のインパクトには遠く及びません。まぁ、「本陣」が舞台なんだから日本刀でもいいか?

私もイヌガミの英訳版を読んでみてから、ホンジンの購入を検討します。

現代日本の小説の英訳本は今、ちょっとしたブームです。
クリスマス前にはストックポートの書店で「コンビニ人間」「旅ネコリポート」「世界から猫が消えたなら」(今、原題を確認しました)の最近の話題作がプレゼント用おススメ本のごく一部として、平積み台に高く積み上げられていました。

なぜか、最近の話題作ではない「キッチン」までありました。

その書店には「日本文学」のコーナーはありませんが、「海外翻訳本」コーナーに「Murakami(村上春樹)」の棚があります。




コメント

なぜかオシャレに映るらしい、日本語表記と東京がらみの店頭コピー...商品コンセプトと関係なさそう

2020年06月28日 06時34分35秒 | シブい!日本語表記、日本関係なら何でもクール!
なぜか出すのを忘れていた、3月5日(!)に撮った写真です。


ストックポートのタウンセンター、ショッピングエリアの「目立つ」場所にロックダウンの3週間ほど前にオープンしたファッション衣料店。

目立つって.....


STAND OUT というコンセプトをまずひねりだし、「カッコイイ日本語をディスプレイに使って若者たちのおしゃれ心をくすぐろうぜ!」という二流コンセプトがおそらくたった一人のワンマンな企画担当者の頭に浮かんだのでしょう。
私の全く勝手な想像ですが。

で、グーグル翻訳したら出てきた「目立つ」という字をそのまま、日本語を全く知らないデザイナーがレタリングに起こしたらこういう文字になった、という経緯はほぼ間違いないでしょう。

グーグル翻訳でstand out の日本語訳を調べたら本当に「目立つ」と一言出てきました。
間違ってはいませんが stand out をここで「目立つ」と訳すのはどうでしょうか。

「目立つ」ってなんだかあまり好ましくないというか必ずしもいい意味では使われませんよね。
少なくともファッションのコンセプトとしてはふさわしくないような....

stand out は、抜きんでている、頭角を現す、抜群というような100%いい意味で採用された言葉だと思います

これがいわゆる、lost in translation (外国語の意味がちゃんと伝わらない) って現象ですね。

「目立つ」といっしょにLOST IN TOKYO 東京に心を奪われると大書されています。

東京ってそんなにおしゃれなイメージかなぁと...
今まで、ストックポート日報のこのカテゴリー記事をよんでくださった方は不思議に思うかもしれません。

東京のファッションやライフスタイルがおしゃれだとか、お手本だとかいうわけでは決してないのです。

イギリス人のある種の人々にとって「東京」というイメージは日本語表記と同様、今っぽさの体現、身に着けることによっておしゃれのライセンスを修得するような感覚なのじゃないかと思うのですが.....


この店は日本のブランドを扱っているわけではないし、紹介しているのも奇抜だとか個性的だとか、決して目立つファッションではありません。

どちらかと言うと、スカした労働者階級の若い男女が好みそうなテーストです。(すっごーい偏見ですね)
ブランドロゴが目立つところに配置されたスポーツ衣料が中心のコーディネイトを紹介しています。

西洋人がイメージするいかにもな東洋人顔の、しかも日本ではファッションモデルとしては通用しないような短躯なモデルのイメージ写真が効果的に使われています。


オープンしてすぐにロックダウン開始、気の毒です。
先週、3カ月ぶりにロックダウン緩和で再オープンしたこの店を通りかかりましたが、あまり人は入っていませんでした。
久しぶりに店が開いた、と言うだけの理由で浮かれ出てきた人がふらっと入って衝動買いするにはお値段がちょっと高めです。

ディスプレイはこの写真を撮った3月初めと同じでした。

ショッピングセンターそのものは、けっこうな人出でにぎわっていたのですが。
その時の街の様子を書いた記事のリンクです☟

ロックダウン緩和の第二段階開始の月曜日、家にこもりきりのビクビク息子を引き連れて、タウンセンターで久々のショッピング体験



コメント (4)

暑苦しい!どこに着ていく?おしゃれなのか?(たぶんそう)日本情緒を強調しないジャパニズムグラフィック!

2020年06月25日 09時00分00秒 | シブい!日本語表記、日本関係なら何でもクール!
息子がオンラインショッピングサイトでぎょっとするようなグラフィックなフディーズ(フード付きトレイナー)を買いました。



ラーメン、ヌードルスープ、チキン!!



ツルツルしたポリエステルのものすごく着心地が悪そうな布でできています。
ラーメン ramen と言えば現在,カツゥ/ カトゥkatu と並ぶ、日本料理の代表格です。
イギリスで、食べたことがある、知っている日本料理といえば、ラーメンかカツゥが筆頭、次席に上がるであろう、ということです。

10~15年前までは確かスーシー、スキヤーキ、テッパンヤーキー、テンプーラのみが知られていたものでしたが。
それでも、スーシー(寿司)はともかく上記の高級日本料理を実際口にしたことのあるイギリス人はごく少数だったのでは?


カツゥというのは日本風のとろみのついたカレーソースのことです。
イギリスでは日本風のカレーはほぼ100%チキンカツとともに供される「カツカレー」であるところから定着した名前だと思われます。

さて、息子の暑苦しいフディーです。

下の部分の写真プリントは繰り返しパターンです。(前面のカンガルーポケットの部分にちゃんと柄合わせがされているのには感心しました)
肝心のラーメンの「麺」が写っている部分がほとんど使われていません。
裾にちょっぴりピンボケ気味に見えています。

見頃で目立つのは半熟卵。
ほかにネギ、白ゴマがいっぱい散っています。そして白っぽくて脂身ばかりのように見えるチャーシュー、というよりロースト・ポーク。
袖いっぱいにわかめと色が悪いトウモロコシ。



もやし、きくらげ、ナルト、メンマといった日本風のトッピングが全く写っていないのが惜しい!
どれもイギリスでは手に入りにくい具材です。

色合いも柄も、着心地も暑苦しい。

日本風グラフィックのカジュアルウェアはイギリスで大人気です。

よかったらこのカテゴリーの他の記事も拾って読んでみてくださいな。

どうでもいいことですが、息子がはいているショーツ(半ズボン)は水着です。
フディの下に着ているのはTOKYO 2020 と書かれた「東京オリンピック公認マーチャンダイズ」ティーシャツです。


コメント (5)

久しぶりの日本語表記、買わずにちゃっかり店内で撮影

2020年01月26日 09時00分00秒 | シブい!日本語表記、日本関係なら何でもクール!
久しぶりに、日本語がグラフィックのポイントになっている製品をまとめてご紹介します。

1ポンド均一店、パウンドランド Poundland で見つけた「可愛い海洋」


日本っぽいイッカク(narwhal)のキャラクターがチョンとのったかわいいアクセサリー入れ。

イッカクのキャラクターは「 Narwaii ナワイイ」というらしいですね。(箱参照)

nawaii & friends というシリーズになっている体裁ですが、ぜったいにこのイッカクのみだと思います。
中国マーケット向きの中国ブランドの中国製である可能性が高いです....いえ、直感ですが。

よくすいていたパウンドランドのストックポート店、店内の写真も撮りました。


解読不明の日本語ティーシャツ。


一流メーカー品や、デザイナー・ブランドの製品をシーズン中に割引価格で販売するTK Max で見つけました。
書かれている英語も(文法的には)間違ってはいない(と思う)のですが、ナンセンスです。

これも直観ですが、日本をはじめアジア圏で出回っている意味のない、多くは間違った欧文がプリントされたティーシャツを揶揄している、というよりむしろ欧文プリントがカッコイイと思っている日本人の感覚がオシャレ!と決めつけたコンセプトだと思うのです。

ブランド名の確認を怠りました。
なぜか、スポーツ衣料の売り場に置いてありました。

最後に...
「女の子がゆく」


クリスマス前に、おしゃれな雑貨を売るマンチェスターの個性的な店で見つけたおしゃれな靴下です。


足先に書かれた品の悪いクオート(格言/標語)Bitches Get Stuff Done はこの頃時々目にします。
飾り文字やタイプライター風のフォントで書かれたスティッカーや額装用プリントを見たことがあります。

アメリカのトークショーでヒラリー・クリントンに対しての女性コメディアンの発言がもと...というのを突き止めました。
ついでにティーシャツやらマグカップやら、いろいろな製品が売られていたのを発見してびっくり!

Bitch は性格の悪い女、身持ちの悪い女をこき下ろすとてもキタナイ言葉なのですが、Get Things(Stuff ) Done(仕事などやるべきことをやっちゃえ)というおなじみの一文とセットにすると、どうやら会社や学校などでも標語として使えるみたいです。

女性蔑視の言葉が入ったこの標語をフェミニストっぽい女性たちがジョークとして使っているらしいのです。

もちろん、女性どうし、くだけた雰囲気であることが必至でしょうけど....口に出して言うのもまずいかもしれませんが、マグカップや写真たてに入ったカードなどに書かれているのを職場でみたら楽しいかもしれません。

「女の子がゆく」という日本語の一文がどうも結びつかないのですが...

以上の3点は購入せずに店頭でちゃっかり撮影しました。

店やレストランで写真を撮るなんてイギリスでは以前は許されなかったことですが、今ではどうやらどこでも大歓迎のようです。

おまけです。
BITCHE と書かれた靴下をフェミニストでもない私が買ってはく勇気はないのですが、一緒に店にいた夫に同じブランドの「迷惑ネコ」柄の靴下を買ってもらいました。


ゲロを吐いているネコが気に入ったので。

私が夫に買ったのは、「殺人カニ」柄。






コメント

クリスマスモチーフであふれかえる12月後半、安売り店で見かけたシンプルな禅の精神を体現するファッション衣料。いや、しない

2019年12月20日 23時23分28秒 | シブい!日本語表記、日本関係なら何でもクール!
町で働く人々(店員、銀行員、役所や病院の窓口受付、清掃員その他大勢)がいっせいにクリスマス・ジャンパー(クリスマスモチーフが編みこまれたセーター)ほか、サンタやエルフやトナカイに扮する小物などを身に着け始める狂乱の「クリスマス週」前の週末です。

金曜日、おなじみの安売り衣料デパート、プライマーク Primark で見かけたクリスマスと全く無関係のシンプルなフディー hoodie(フード付きのトレイナー)。


書体も大きさもプリント位置もシンプルで良い。

(一部の)西洋人が気も狂わんばかりに憧れるZEN (禅)の精神に通じるものがあるかもしれません(いや、ない)

今しかない

バカバカしい日本語表記が大手を振ってまかり通るイギリスアパレル界の大人気モチーフ、日本語使いの中ではなかなか気の利いたスローガンだと思いませんか。
併記してある英訳も良い。

(NOW OR NEVER)

例によって10ポンドは安いです!
フディ―が好きでたくさん持っている下の息子にクリスマスプレゼントのにぎやかしに買ってやってもよいかもしれません。

他のプライマークの日本語ティーシャツについて夏に書いた記事のリンクです↓↓

ラーメンは日本を代表するアイコンか?!激安衣料店に見るシブい!日本語表記、ローマ字でもグッとくるTOKYO!
コメント

リスボンのカップヌードルと天皇陛下即位の礼のつながり、壮大なこじつけ

2019年10月28日 09時00分00秒 | シブい!日本語表記、日本関係なら何でもクール!
シブい!日本語表記カテゴリー、番外編です。



バンザイ・ヌードル、リスボンの、滞在したホテルの斜め前の遅くまであいている食品店で見つけました。買わずに写真を撮っただけ。

さて、話題が古くて恐縮です。天皇陛下の即位の礼
(しかも写真もずいぶん前に行ったリスボン旅行のもの...)

BBCの海外ニュースでみて驚きました。即位はもう4月ごろに終わっていたと思っていたものですから。

天皇皇后両陛下の立つ何とかいう台の幕が開けられたところ(夫は、パペット・シアターみたいだと大喜び)。
声明文を読み上げる陛下(最初のほんの一瞬)。
万歳三唱をリードするアベ首相と、唱和する官僚。
国賓席でとなりの国賓と談笑するチャールズ皇太子(ほんの一瞬)。
礼砲。
....のおなじ切り貼り映像(3分ぐらい)がニュースのたびに放映されました。
ブレクジットのニュースを憑りつかれたように見たがる夫がニュースチャンネルをよくつけているので何回も見てしまいました。

「天皇の長寿を祈願するフレーズ」といった解説付きで万歳三唱シーンをちゃんと3回の唱和付きで見せてくれたのが日本人の私を居心地悪くしました。

戦争体験のある方はもっと複雑な気持ちだったのではないでしょうか。

私たち戦後生まれの世代も大戦末期に追い詰められた日本兵が「天皇陛下バンザーイ」と叫んで自決するシーンを映画やドラマで見て知っていますし....



それよりも、燕尾服着用の紳士然とした中年の男が「バンザーイ」と両手を突き上げて叫ぶ場面が王朝装束の人たちがぞろぞろ居並ぶ「荘厳」で厳粛な雰囲気を思いっきりぶち壊した感が否めないのですが。

ほんとうに伝統儀式の一部なのでしょうか。

バンザーイといえば合格発表、当選確実の立候補者の事務所からの中継、宝くじで特賞が当たった人...などの場面が思い浮かぶのは平和の証(?)。
ね、俗っぽいですよね?

「天皇陛下」が頭につけば太平洋戦争の暗い記憶にさか戻り....

夫は「日本人がバンザーイするところを初めて見た」と無邪気に喜んでいました。
単なる海外の奇習と映ったようです(面倒くさいのでバンザーイにまつわる複雑な背景の説明は省きました)

即位式の映像は日本国外の人にとってはちょっとしたエンターテインメントです。

あ、多くの日本人にとってもそうですよね。

平成の即位の礼のテレビ中継を日本で見たはずなのですが「天皇陛下バンザーイ」場面があったかどうか覚えていません。

天皇制とか昭和天皇の戦争責任に関して強い主張があるわけではないのですが、自分なりの意見があります。
それでも同じ世代で、家族思いの気さくな方らしい徳仁天皇陛下には親しみを感じています。

夫が勝手に思い浮かべたイギリス伝統のパペット・シアター puppet theatre (人形芝居)



コメント (5)

久々に登場、息子のファンキー・ソックスのコレクション、新しい一足を昨日ゲット!

2019年09月15日 09時00分00秒 | シブい!日本語表記、日本関係なら何でもクール!
息子が昨日ガールフレンドからもらったソックス。


息子のファンキー・ソックスのコレクションが超大なものになりつつあります。

以前にいくつかお見せしましたよね。

イギリスで大人気のファンキーなソックスのデザインには2通りあります。
日本風(?)イラストの特大ワンポイントにダジャレ系とファンキーモチーフの規則的な繰り返し系。
これは後者ですね。

どう見ても女の子もの!

足の大きな息子がはくと編地がのびきってつま先が薄くなっています。

で、握りスシ。

ネタはマグロのようですね。
...ちがう!エビだ。しっぽがあります。

どっちだ!?
コメント (3)

懐かしい1990年代趣味のシャツに焼き付けられた巨人軍の選手の大けが故事

2019年08月31日 09時00分00秒 | シブい!日本語表記、日本関係なら何でもクール!
ボランティアでお手伝いしているチャリティーショップ、オックスファム Oxfam で寄付品の整理をしていたら出てきた紳士物のシャツ。


こ、これは!という目を見張るデザインです。
漢字や日本語表記がおしゃれ!!なグラフィックとして注目を浴びるようになったのはたしか、ここ10年ぐらいだったように思います。

でもこれはどうも(確かではないのですが)私がマンチェスターでテキスタイルデザインの勉強をしていた頃、1990年代の香りがプンプンするデザインなのです。
新聞(このシャツが好例)や地図、カリグラフィーが美しい古文書や、それこそ古典絵画やら古いカタログやらカトゥーンやら…
とにかく何でもコピーしてコラージュして全面にちりばめた図柄が1990年代に流行ったのです。

ブランドはバートン Burton。
イギリスの中堅どころの「ハイストリート・ネーム」です。そんなに高級でも安っぽくもありません。

下の息子のハイスクールの卒業ダンスパーティ用のスーツをここで買いました。

ブランド名のロゴがけっこう古かったです。

モチーフになった日本のスポーツ新聞の記事見出しから年代が特定できる読者の方がいらっしゃるかもしれません。
...私はスポーツもプロ野球も苦手です。



今でも十分通用する斬新なデザイン技法ですね。

...ただし文字の意味が分からなかったら、の話です!
残念ながら日本人の私には書いてある内容がすべて理解できてしまう!

「渡」(?、人名でしょうか、それとも人名の一部?)が「全治一か月」の「重症」を負ったらしいことが反転文字で繰り返されるなまなましい情報が気になってデザインの妙が味わいきれない。

「巨人8点」、「井上1号」、「2安打いい調子風呂はチームメ(以下不明)」、「襲った」、「(??)腹筋断裂」の反転・さかさま文字のリピートに「渡重症」と「重」の文字が特大ポイントで規則正しく重ねられています。

「傷」の下半分も最大ポイントでしつこくリピートしていますね。

「渡」という巨人軍の選手(ですよね?)が大けがをしたらしいニュースがタイムカプセルのようにイギリスの中古衣類のテキスタイルデザインとして焼き付けられています。

「渡」が復帰できたのか心配です。(いつの話でしょうか)


コメント (6)

考察!イギリスの衣料メーカーにとってトーキョーとは何か

2019年07月31日 09時00分00秒 | シブい!日本語表記、日本関係なら何でもクール!
仕事場で漢字ティーシャツ発見!


ちなみに、この人はほかに私が知るだけでほかに2枚漢字入りティーシャツを持っています。
(写真がありません。今度見かけたら、撮らせてもらいます)

東京貿易会社!
読み方と直訳を教えてあげると、トーキョーという知った言葉が含まれていることに大喜びでした。

あら、撮った写真を見るとちゃんと大文字でTOKYOって、漢字の背後に書かれてあるじゃありませんか!? 私も気づきませんでしたが。
書いてあることをぜんぜん見ずに買ったみたいですね。

知らない外国語の文字でなんて書いてあるかなんてことを気にも留めないのも当たり前か...?

衣料がすべて1ポンドのチャリティショップ、ストックポートのカンサー・リサーチ Cancer Reserch で見かけたフディーズ(フード付きトレイナー)。


カンサー・リサーチは寄付された不用品を売って、売り上げ収益を独自のがん研究に充てるチャリティ団体です。

フチを かがっていないボロボロのアップリケはそういえばちょっと前のはやりでした。

少し大きめでしたが買って家で着ようかとも思ったのですが「前面ロゴ入り衣料は死ぬまで絶対に着ない!」と決めていることもあって思いとどまりました。

トーキョー・ラウンドリー Tokyo Laundry という イギリスのカジュアル・ウェアブランドの製品です。
アメリカのカレッジウェアにインスピレーションを得たデザイン コンセプトだそうです

しかしアメリカっぽいカジュアル衣料がなぜ、「トーキョー・ラウンドリー」なのか?

トーキョーという日本の首都名は、イギリスのカジュアルウェアのメーカーや愛好者にとって、どうやら計り知れないような輝く魅力があるようなのです。

都市のイメージ、言葉の響き、それに東京という漢字も左右対称で下が両側に広がってる感じとか均整がとれて楽しそうではありませんか?

もちろん、東京という文字の意味を知っている、現実の東京を知っている私たちにはその非現実的なワクワク感は想像するしかありませんが。

でも(東京上升)って何でしょうか?
コメント (4)

マンチェスターのコミコンに息子が行った!大満足で福袋開陳!カワイイ概念の標準は日本!

2019年07月29日 09時00分00秒 | シブい!日本語表記、日本関係なら何でもクール!
17歳の息子がマンチェスターのコミッコン Manchester Comic-Con(=コミコン)に行ってきました。



買ってきたのがピンクの「福袋」。その名もずばり、「lucky bag」。ナップザックとして使えます。
何が入っているか選べない、払った金額よりも値打ちのあるものが詰めてあるはずの福袋、イギリスにもあります。

ミステリー・バッグとかスペシャル・ディール・バッグとか、もともというはずです。

中味!


息子は大満足です。
これで20ポンドはお得だそうですが...私は何が入っているかわからないものに20ポンド、は高いと思うのですが。

日本のラムネが入っていました!
先日の博多ラーメンレストランで私が注文したラムネを一口飲んで気に入り、日本の食品売り場のあるマンチェスターの、大型中国食品卸売りスーパーに行って買ってくる、と言っていました。

福袋に入っていたなんて本当にラッキーです。
しかも製造会社が KIMURA。私たち親子の苗字と同じ。

「かわいい Ultimate Tofu Bag 豆腐バッグの決定打」というのがラッキーバックセットの名前らしいです。トートバッグのもじりでしょうね。
ところで、 tofu cute トーフー・キュートって日本のキャラクターじゃないですよね。トーフーは「カンフー」のように発音します。

かわいい動物キャラクターの前に鎮座する碁盤のようなものがもしかして、豆腐?
第一、豆腐ってかわいいかしら。

これ絶対、女の子向きセットですよね?!
息子はピンクのナップザックをしょって帰ってきましたよ。

ふわふわのウサギは「豆腐」キャラクターのひとつだそうです


息子は昔からぬいぐるみが大好きなのです。

「コスプレイ(コスプレ)」で入場する人が多いらしいのですが息子は普通のカジュアルで。
といっても、ピンクとベビー・ブルーのマシュマロ色の女の子用のフディーズ(フード付きトレイナー)と和風モチーフがプリントされたティーシャツ..と、コスプレに準ずるコミコン入場にふさわしい装いです。

ふにゃふにゃのウィンクするウンコまで入っていました。
kawaii poop と書いてありますがこれも、日本のキャラクターじゃないですよね?
poop は赤ちゃん用語でウンチの意味です。

「kawaii カワイイ」も、一部の人たちはただのキュートとは違うある種のニュアンスを伝え合う用語としてすっかり定着したようです。

ソフトクリームのようなとぐろを巻いたウンコの図柄は日本から入ってきました。
emojiの顔入りウンコのイメージが定着するまで、ウンコの定番図柄ってイギリスにはなかったような気がします。

息子が別に買ってきた、お気に入りのアニメキャラクターのラミネートでシールされたA4サイズの「ポスター」。


あれ、これ「下敷き」じゃないの?....違うか...

ちなみに、イギリスには下敷きがありません。
小学校から鉛筆ではなくボールペンでノートをとる習慣があるからかもしれません。

福袋に入っていたエビ握りずしのピンバッチ、私も欲しい!

規模がとても大きくて珍しいものをたくさん見られたというコミッコンですが、買ったものを見せてもらったほかはイベントそのものの説明はほとんど聞けませんでした。

小学生の時からのお友達とそのお姉ちゃん(オタク姉弟)と三人で行ったそうです。

お姉ちゃんは名前も正式に変更して男性として生きる選択をしたそうです。子供の頃にはよくあっていた彼女がどう変貌したのかかなり興味深かったのですが、息子に言わせると、ボーイッシュな少女からボーイッシュな女性に変貌しただけであまりインパクトはなかったらしいですが。
ウエイトレス、じゃなくってウェイターをしながらアニメーターになる勉強をしているそうです。

コメント (1)

ラーメンは日本を代表するアイコンか?!激安衣料店に見るシブい!日本語表記、ローマ字でもグッとくるTOKYO!

2019年07月27日 09時00分00秒 | シブい!日本語表記、日本関係なら何でもクール!
マンチェスターにある大型ファースト・ファッション店、プライマーク PRIMARK の男物ファッション売り場で。


息子のショーツ(半ズボン)を買いに行きました。

プライマークはアイルランドを拠点とする激安衣料メーカーです。
イギリス進出後大成功をおさめ、大変ないきおいで急成長しています。

男女ファッション衣料(スカーフ、バッグなどのアクセサリー、靴を含む)のほか子ども服やギフトウェア、インテリア雑貨、化粧品なども扱っています。

日本での認識度を知るために日本語でグーグルしてみました。
驚いたことに、数多くの旅情報ブログ(?)が「ロンドンに行ったら必ず立ち寄るべきイギリスの旬のファッションが激安価格で買える店」として紹介していました。
ロンドンのオックスフォード・ストリートに大規模な支店があるらしいです。

ストックポートにも大きな店舗があります。

さて、「京都市ラーメンレストラン」...って何でしょうか。実在する団体/飲食店ですか。ご存知の方がいたら教えてください。



電話番号らしき数字までプリントされていますが、京都の番号でしょうか、どこにかかるのだろう(めいわくになるとたいへんです。かけてみたりしないでくださいね)

8ポンド(1076円)は格安です。
とはいえ、プライマークで、ティーシャツ8ポンドは高めなのです。

色数が豊富なベーシックなデザインの無地のティーシャツは素材やスタイルによって価格が違うのですが、2ポンド50ペンスからあります。

「コラボもの」や売れてしまうとそれきり(ファースト・ファッション店ですから)のデザイン要素が高いティーシャツが集結した売り場で、どれも均一8ポンドの値段がついていました。

こちらは東京。


ネオンカラーで、黒をバックグラウンドににじむように発光しているネオンサインらしいリアルなプリントでした。

ラーメン、ラーメンってしつこいですね。
私たち一家はプライマークに入る前に博多ラーメンレストランでラーメンを食べてきたのでした。
私はラムネも飲みました。(昨日と、その前日=7月24日のストックポート日報を読んでください)

日本語表記ではありませんが、TOKYO。


「TAKE ME TO SHIBUYA 私を渋谷に連れてって」の一行が気に入りました。

他にも都市名バージョンがありました。


TORONT CANADA と VENICE Bay ORIGINAL EST 1992。
私を渋谷に連れてってに匹敵するパンチの効いたコピーがありません。

...トロントもベニスもなんだかファッション性というかエッジィなティーシャツにプリントするにはインパクトが欠けた都市名だと思いませんか。
サッカーのユニフォームのデザインなのですが、もしかして強いサッカーチームを擁する都市?...違うみたいですね。

懐かしい、NARUTO。


上の息子が子供の頃、夢中でした。
バルセローナに住む息子にこの写真を送ったら、「ぜひ欲しい!」というので、買ってやることにします。

今日の午後ストックポートに行くので、プライマークに寄ってみます。
ストックポート店にあれば買うけど、なくてもマンチェスターまでそのために出ていく気はちょっとしません。

昨日は曇り日の涼しい一日でした。気温は17度前後。
息子はプライマークで買ったおニューのショーツをはいてお友達に会いに出かけたのですが「大失敗!寒かった」そうです。

ピカディリー・ガーデンズの噴水盤の写真をもう一度。


噴水盤の向こう側に見えている一番左端の建物がプライマークです。





コメント (1)

評判の本格的な博多ラーメンレストランでさりげなく漢字表記のオヤジギャグ、なかなかセンス良し!

2019年07月24日 22時38分15秒 | シブい!日本語表記、日本関係なら何でもクール!
トイレの表示です。




ストックポート日報のこだわりテーマ、「笑える日本語表記狩り」です。
でも、これちょっとセンスがいいでしょう?

「旨(い)麺」をウイミン WOMEN と読ませるのはかなりクルしいですが、日本人が経営する本格的な博多ラーメンのレストランなのです。
イギリス人のお客にわかってもらえないのがまことに残念。

昨日撮った写真です。

夏日和の昨日、息子と夫とマンチェスターに買い物に行きました。
まずラーメンレストランによって腹ごしらえ。



手前が私が(また!)注文した Ganso Tonkotsu ラーメン、右奥が息子の Kotteri Hakata Tonkotuラーメン、 奥がベジタリアンの夫が注文した Pampkin Croquette (カボチャのコロッケ)Curry Rice です。

2年前に調理師見習だった上の息子(現在は資格を取ってバルセローナでシェフをしています)と開店してまだあまり間のないこの SHORYU (昇竜)に入って食事をした時のことをストックポート日報に載せました。記事のリンクです☟

ロンドン発祥の本格的な博多ラーメン屋、マンチェスターに開店!お値段高め、中国人に大人気

1時半ごろ店についたときは満席状態でしばらく外で待たされました。
私たち以外すべての客が中国人でした。

中国語のメニューも用意してあるそうです。

しばらくしたら、すいてきた店に入ってきたイギリス人カップル。


店内の内装の写真が撮りたかったのです。
けっきょく、私たちがいた1時間半ぐらいの間に入ってきた東洋人ではない客はこの2人とうちの夫だけでした。

....というわけで、中国人のお客さんはなんとか麺と旨麺 MEN と WOMEN の私好みのシャレをわかってあげることができるのかもしれません。
あ~、無理そうですね。

私の食べた Ganso Tonkotsu ラーメンは11ポンド90ペンス(1606円、昨晩のポンド安レートです)高いです!具がたっぷりで高級感もたっぷりなアレンジで出てきます。

さて今日は、気象台が予想した記録破りのこの夏最高気温になるはずなのです。

マンチェスター、ストックポートは33度前後になるそうです。

30度以下でしたが日が照るとギラギラ暑かった昨日のピカディリー・ガーデンズ、大人までも水盤で水浴び!


暑いときに芝生で寝そべりたがるイギリス人のし好がいまだに理解できません。
真夏の江ノ島海岸のように日光浴の人で足の踏み場もないほどでした。

そして昨日首相に就任したこの男に関して...


(できるだけバカみたいに見える写真を厳選しようとニュースサイトを見まわしてたら、あるある!選ぶのが困難なぐらいバカみたいに見える写真がザクザク出てきました。)

いろいろ書きたいことがいっぱいです。
ブレクシット推進派の嘘つきでドナルド・トランプと仲良しで、イギリスの国辱スポーツキツネ狩り復活論者で、ロンドン知事だった時にロンドンオリンピックを大成功に導いたボリス・ジョンソン。


コメント (2)

日本風のカップラーメン, 笑えないサムライ・ジョークと試食体験

2019年06月19日 09時00分00秒 | シブい!日本語表記、日本関係なら何でもクール!
以前にご紹介した、カブト・ヌードルス Kabuto Noodles、ご記憶でしょうか。


購入しました。
Chilli Chicken Ramen 味です。(Chicken Ramen 味は息子に食べられてしまいました)

前回の記事では、ネーミングにひかれてスーパーの売り場で写真を撮っただけですが、今回はちゃんと食べました。

通常価格2ポンド(275円)は高いです。

275円ならそんなに高くないのでは?と思われましたか。ポンド安です。


スーパー、セインズベリーで半額セールの時に買いました。


なぜ、ニンジャーやサームラーイ、スーモー(=力士)ではなく、「カブト」か!?という疑問は残りますが、カブトをかぶったのっぺらぼう顔面がドンブリとして描かれているトレードマークは気が利いています。

お湯を注いで3~4分待つのは日本のカップヌードルと同じです。


バーコードをほぐしてラーメンのようにお箸でつまみ上げるグラフィックもよいですね。


ポットに書かれた食べ方と能書きです。



「サムライ戦士の厳しい規律のように高度な技能で献身的な調理がなされている」(意訳)と書かれています。もちろんジョークのつもりですが、全く面白くありません。

グラフィックとの落差の激しい圧倒的なセンスのなさにたじろぎます。

When The Character Of A Man Is Not Clear To You, Look At His Noodles.
その人物の人柄が判然としないのならば、その者のヌードルを見るべし

....というくだらない、ジョークにしても面白がるポイントが全く分からない格言(でしょうか?)が引いてあります。

「お湯を注いだのちはしばし瞑目し、あるいは空手の鍛錬などして待たれよ。

「そのまま食してもよし、ドンブリがあれば使用されたし。あるいはヘルメット(兜)をひっくり返しての使用もよし。

「サムライたちよ、かき回すことを忘れるなかれ、まことの善は下方に沈殿せり

など、もちろんジョークのつもりのどうしようもないことがうだうだ書かれています。

下の方の「ゴミはゴミ箱に」マークでは兜をかぶった人物がゴミ箱に空きポットを投入しています。
「まことのサムライ戦士はポイ捨てせざるべし



3分たって食べました。

懐かしい日本の「チキンラーメン」のようなキッチュな味を期待していたのですが、全く違いました。
中華風のダシ味でした。

おまけに「チリ味」だったものですからラー油のような香ばしい唐辛子味がしました。
麺は全く日本のカップヌードルとは違いこりこりツルツルしていました。

期待した日本のキッチュな味ではなくてがっかりですが、これはこれでイケるのではないでしょうか。


カブト・ヌードルス、ホーム・ページを見て発見した、ほかのラインアップです。

Chicken Ramen 私が食べたもののチリ抜き味でしょう

Vegitable Katsu 出ました!カツゥというのは英語で日本風のトロンとした、コクのあるカレーソースのことです。日本のカツゥからインスピレーションを得たと明記        されていますがカレースープは香草やスパイスの効いた東南アジア風のようです

Beef Pho  ベトナムの麺料理だそうです

Miso Ramen 読んで字のごとし。ただしベジタリアン対応なので、カツオのダシを抜いたお味噌汁のようなスープと思って差し支えないでしょう

Chicken Laksa ココナツベースのスープを使ったマレーシアのラクサ料理からインスピレーションを得たと書かれていてます

.....製品名は「カブト」で、日本を意識しているようですが製品のバラエティはアジア全般をカバーしているようです。

いただけない「サムライ・ジョーク」がすべての製品に印刷してあるのかどうか気になります。

個人的な意見ですが、日本の武道や精神論に傾倒して、あこがれたり実際勉強したりしている西洋人(の一部)が本当に苦手です。
サムライのように名誉や集団のために命を捨てる生き方にあこがれている、などと日本人の私に真顔で言ったりするような人たちです。

そして、それに私が感心したり賞賛したりしないことに本当にショックを受けるようです。
私は「そういう前近代的な考え方が日本人を世界から孤立させることになる」などと思ったことをきっぱりという主義です。
私以外の日本人はすべて「あなたは日本人以上に日本人らしい!」とサムライ好きの西洋人に対してのころし文句を言うものらしいのです。

「カン違いの西洋人を甘やかして喜ばせるのはいい加減やめた方がよい」と私は思うのですが。

....カブト・ヌードルスのジョークに「脱力して笑ってあげる」ことができないのはこのためもあるかもしれません。


以前の記事にも載せた、ファンキー・バーコードの好例;

ネコのひっかきバーコード(ネコおやつ)


草むらのトラ(タイガー・ナッツというトラ模様のようなヒビの入ったコーティングのピーナッツ)



  
コメント (3)