イギリス/ストックポート日報 《England/ Daily Stockport》

イギリス北西部の歴史ある街、ストックポートから(ほぼ)日替わりでお送りする、イギリス生活のあれこれ。

かすかな希望の記憶が悲しみを新たにするホレイシオを送った日に見つけたイヌの顔

2020年09月20日 08時00分00秒 | さがせば何処にでも顔はある
うちのネコ、ホレイシオが逝ってから2日になります。

この家に越してからすぐに迎えた仔ネコだったホレイシオが今、もういないという現実を受け入れつつあるところです。



ホレイシオの診察前に入った獣医科の診療所のお手洗いで撮った写真です。

不安な時にお手洗いに行きたくなることがあります。
そこで見つけたのが上の写真の、液体せっけんのディスペンサーか何かを固定するブラケットを取り外した時に残った部品.....でしょうか?



イヌの顔に見えます!

私は思わぬところに「顔」を見つけるとうれしくてワクワクするのです。
不安な現実を一瞬忘れて写真を撮りました。

獣医さんのスタッフ用トイレの壁にイヌの顔!
便器の上の壁には、スタッフの誰かのおばあちゃんの手作りかもしれない、ジャーマン・シェパードの顔部分の写実的な刺繍の額装がかかっていました。

もしかしたら、ホレイシオはだいじょうぶかもしれない!
マヌケなイヌの顔がそう思わせてくれたのです。
いえ、むしろ無理やり、すがるようにそう念じました。

その後すぐ診察室に戻ってホレイシオの診察に立ち会った顛末は昨日のストックポート日報に書いたとおりです。
ホレイシオはちっとも大丈夫ではありませんでした。

見つけてあんなにうれしかったトイレの壁のイヌの顔....
スマートフォンのアルバムにおさまったこの写真は私を悲しくさせるばかりです。

私たちにとって重要な1日を記憶にとどめ、ホレイシオのことを懐かしく楽しく思い出せる日が早く来ることを願って さがせば何処にでも顔がある カテゴリーで公開することにします。

昨日の ストックポート日報 を読んでコメント欄で、また個人的に、あたたかい心のこもった言葉をかけてくださった方々にはここで改めてお礼を申し上げます。



コメント (1)

食べる前に目があった!ディナー皿の上でウィンクしているチーズ・パイ

2020年09月08日 08時00分00秒 | さがせば何処にでも顔はある
冷凍のチーズパイをオーブンで温めた手抜き料理です。


夕飯は夫が準備してくれました。

口のはしを二ッとあげてしかも白い歯をのぞかせたチーズパイの生意気なウィンク顔。

すべて、メインコースになる暖かい、パイ、ペイストリー、プディングを昔ながらの製法で製造販売しているHOLLANDS 社のチーズパイです。
ホランズ社の人気ラインアップはフィッシュ&チップス店でも食べられます。

チーズ&オニオン・パイにも顔があります。
表情はそれぞれ千差万別。

中身はトロンと熱いチーズのみ。


あまり汁気がなくちょっぴり味気ない昔ながらのベジタリアン食です。
(ベジタリアン用に開発された食品ではないところをベジタリアンの夫は気に入っています)


コメント (2)

コロナウィルスの話をやめてお届けする緑の笑顔

2020年04月04日 09時00分00秒 | さがせば何処にでも顔はある
新型コロナウィルスによる伝染病、covid-19 から何とかして話をそらします。

歯抜けの笑顔をお届けします。


よっぽど大事な用事がない限り、家にいましょう。
それがどんなに大切かいくら言っても言い足りません。
コメント (2)

フライパンの上にも顔がある

2020年01月23日 09時00分00秒 | さがせば何処にでも顔はある
フライパンに現れた宇宙人の顔


友達のうちの庭を自由に駆け回っているメンドリが産んだ卵です。
コメント

暑かった9月のリスボンにもかくれた顔はある

2019年10月13日 09時00分00秒 | さがせば何処にでも顔はある
秋の深まる肌寒いイギリスの話題から突然暑かった9月のリスボンに話題を引きもどします。

3輪タクシー


今さら....自動車やバイクなど乗り物には必ず前に2個あるライトを目に見立てて顔をイメージするのは実にたやすいのですが....
おちゃめな笑顔がかわいかったので写真を撮りました。
上半分が小さな口の口角をキッとあげて笑顔を作る強がり顔に見えたのですが、撮った写真をよく見ていると黒い舌(タイヤ)をだらんと伸ばす口吻の突き出た動物のようにも見えてきました。

サン・ジョルジュ城の塔にも顔がある。


リスボンはまだあついらしいですね。

コメント (2)

ラムネに見るトボケ顔、踊るハニワと夏の暑さ

2019年07月26日 09時00分00秒 | さがせば何処にでも顔はある
マンチェスター、ピカディリー・ガーデンズにある博多ラーメン・レストランでラムネを注文して飲みました。


涼し気なラムネのビンにハニワの顔!!


昨日はものすごく暑かったです。

オックスフォードではイギリスの記録に残る史上最高、37度を記録しました。


ストックポートでも日中33度前後!
吹く風も生ぬるく、家の中でじっとしていても汗が流れました。

午後、高級デパート、ジョン・ルイスに行きました(買ったばかりのミシンの調子が悪かったので見てもらいに)。
ああああああああ~、店内は冷房が効いていて極楽でした。
イギリスでも 冷房がある場所は 今では珍しくはありませんが、それでも どこでも というわけではありません。

子供の頃の日本の夏を思い出しました。

冷房がたいてい どこの家にでもあるのが普通になったのは日本でも最近、ここ2、30年ぐらいのことではないでしょうか。

「夏は暑いのが当たり前」だったはずです。

私が10代の頃は 冷房の効いた電車の車両は3本に1本ぐらい、急ぎでなければ、冷房車が来るまで待って乗ったりしたものでした。

冷房の効いたデパートや喫茶店に涼みに入ったこともよくありました。

入ったとたん、汗がスーッと引く感触!
… 長いことイギリスに住んでいると忘れてしまいがちな夏の内外 温度差体感!

暑い日が年間、たったの一週間程度のイギリスでは 冷房は贅沢品です。
一般家庭には普及していません。

たまに暑い時に冷房の効いた場所に足を踏み入れると どこにでも冷房があったわけではなかった子供の頃の日本の暑い夏を思い出した...というわけなのです。

それでも地球温暖化の影響で気温が上昇気味だとかで、扇風機がじわじわと売れています。
我が家でも購入を検討中です。いえ、それほど高価なものではないのですが使う期間が短いので収納がやっかいです。
(...というより、昨日の暑さを乗り切ったあとは今さら買うのも意味ないようです)

冬の寒さがおだやかなイギリスでは 大雪がたまに降るたびに 電車が止まったり道路が閉鎖になったり大パニックなのですが、昨日の夏の暑さでも電車が止まって大変な混乱におちいったのでした。

気候の急変に弱いイギリス!

イギリスは夏は涼しく冬は(長いけど)寒さがおだやかな、過ごしやすい気候に長年甘やかされすぎたようです。


乗った電車が止まったり、乗るつもりの電車が運休になった人たちは別でしょうが(お気の毒です)、多くのイギリス人は猛烈に暑いのを喜んでいたようです。

わざわざ肌をさらし、カンカン照りの日なたを歩く、直射日光の照りつける屋外に寝そべる....価値観の違いは埋めようがありません。



さて、ラムネのびんの話です。


日本独自のものだと思っている人も多いのではないでしょうか。

ビー玉で密封する炭酸水のボトルは1872年、ロンドンの炭酸水商人、ハイラム・コッド Hiram Codd によってイギリスで発明されたのです。

英語でコッド・ネック・ボトル Codd-neck bottle といいます。

以後、世界中で大量に生産されたそうですが 少しずつ人気がすたれていきました。
イギリスでは1970年代まで製造が続いたそうです。
生産が続いているのは日本とインドのみ。
子供たちがビー玉欲しさにビンを片っ端から割ってしまったので、完全な形で残っているのは少ないそうです。

色や形に最も多彩なバリエーションがあるのはやはり発明国イギリスだそうです。

去年 がらくた屋で売られていたのを3ポンドで買って、窓辺のガラスびんコレクションに加えた一番スタンダードな色、形の Daniel Clifton Stockport のコッド・ネック・ボトル、(上の写真)、eベイで15ポンドの値打ちがついていました!



ラーメン・レストラン、Shoryu の窓越しにピカディリー・ガーデンズの木の写真を撮りました。


窓際にずらっと並んだ ちょうちんが ガラスに映って、斜め向かいの外の木にオレンジがなったかのような幻燈効果を与えています。



コメント (1)

忘れたころに初登場、バルセローナにも顔

2019年07月16日 09時00分00秒 | さがせば何処にでも顔はある
突然ですが、先月行ったバルセローナの写真です。

やっぱり「顔」が目につきます。

日本では実によく目にする、自転車の子供用シート....
イギリスでは全く、見ません。

車道を車と並んで走る自転車に小さい子供と一緒にのるのはかなり怖いです。
自転車の数そのものが日本に比べると圧倒的に少ないですし。

パリでもバルセローナでもたくさんの観光客がスクーターや貸し自転車を乗り回していました。
地元の人のものだと思われる幼児用シートの取り付けられた自転車が動物園内に停められているのをたくさん見ました。

そういえば、子供と一緒にのっているのは見かけなかったような...

やはりあった、顔マンホールのふた。


どこに行っても夢中で写真に撮ってしまう「ストリート・アート」、バルセローナでも撮りました。
次回からボツボツ分散してお目に書けます。
コメント

目玉おやじ、違う。確か、ディズニー・アニメの....

2019年06月18日 09時00分00秒 | さがせば何処にでも顔はある
現在週末の午前中、掃除のパートタイムの仕事をしている老人ホームの廊下です。


突き当りごとにCCTV (close circuit tele-vision 防犯カメラ)が設置されています。
「防犯」という日本語は不適切かもしれません。
徘徊するようなお年寄りは入居していないと思いますが、安全措置が主な目的だとおもわれるので。

「監視」?も不適当ですね。それはともかく!

廊下を行き来すする人たちの動向を見下ろす文字通りの....



ゲゲゲの鬼太郎のお父さん(目玉おやじ)?違う!



どこかでみたことのある、このキャラクターは...!

モンスタージンクのマイク・ワゾウスキー。



イメージは鮮明でしたが、名前が出てこなかったので...調べました!
コメント (1)

パリふたたび その8;(番外編) パリで見つけた顔いくつかモーターバイクは昆虫系

2019年06月13日 09時00分00秒 | さがせば何処にでも顔はある
パリに行った時に撮ったたくさんの写真を見てみたら、ストックポート日報に載せるつもりで何となく忘れていた写真がいくつか出てきました。

パリでも顔ハンティング。


☝アリの顔

☟カマキリ?


ストックポート日報パリ記事でもお伝えした通り、パリの町では乗り捨てできて駐車場所に困らない、モーター付きのスクーターが重宝されているようでした。
立って足をのせる、地面をけるタイプで、モーターが装備されているらくちんスクーターを実にたくさん見かけました。

「アリ顔バイク」は日本は30年ぐらい前、主婦のお買い物用にはやった「原付バイク」タイプです。
今でも郵便屋さんなど配達の人が乗っていませんか。

パリでは駐車されているのを実によく見かけたのですが、乗り回している人をそういえば見たおぼえがありません。

イギリスでは「モーペッド」といわれていると思うのですが、いっさい見かけません。
道幅が広く、自動車が便利ですから。

「カマキリバイク」は....4輪車でした。モーターバイクと呼んでもいいのか?
浜辺や雪原でのパトロール用の4輪駆動のバイク(?)みたいですね。

うーん。カマキリの目は逆三角形の顔からはみ出てついているはずです。これ、ぜんぜん違いますね。
でも、雰囲気が...似てませんか。


コメント (2)

ベジタリアンレストランの階段下に潜む恐怖の人食いザメ...ぜんぜん怖くない

2019年06月01日 09時00分00秒 | さがせば何処にでも顔はある
ストックポート日報で何回かご紹介している、マンチェスターの大学街の中の、老舗ベジタリアン カフェ、On the 8th Dayで。

木曜日、昼食を食べに寄ったとき、サメを見つけたので写真に撮りました。


......サメを見つけた、とその場では思ったのですが....あ~ ぜんぜん違いますね。


もっとも有名なサメのイメージポスターとくらべたら、迫力にめちゃくちゃ欠けることに気が付きました。

決め手はですね。


コメント (2)

小劇場のバーにも驚きの顔がある

2019年01月28日 09時00分00秒 | さがせば何処にでも顔はある
地元小劇場のバーにあった椅子。


驚き顔を見つけました。

下の息子のガールフレンドが出演したお芝居を最終日、家族で見に行きました。


キャストもスタッフもすべてプロ、規模は小さいけど、商業演劇です。

息子のガールフレンドは公営のユース・シアター youth theatre (児童、青年劇団)のメンバーです。
オーデションを受けて「息子のガールフレンド役」を獲得しました。

公演は一週間、公演後行きがかり上(車で家まで送ってあげることになっていたので)私たち一家も打ち上げに参加してしまいました。


Eric Chappell作 Father's Day 。


たった4人のキャストがリビングルームを舞台に、出たり入ったり、緊密なやり取りを繰り広げるファミリーコメディです。

↓↓↓画像をクリックしてください。はい、ありがとう。

コメント (2)

ドンカスターのホテルの椅子に刻印されたナマケモノの不敵なほほえみ

2019年01月16日 09時00分00秒 | さがせば何処にでも顔はある
昨日の話題、ドンカスターの番外編です。(あ、昨日の記事に写真を追加しましたのでよかったら見てみてくださいな)

ドンカスターで一泊したホテル、ホリデーインのレストランのビニールシート張りの椅子。


長年の間、刻印されたお尻圧がナマケモノの顔にどうしても見えます。



上の写真は下の息子のフディーズ(フードのついたトレイナー)です。
背中と前面に同じ宇宙飛行士の服を着たナマケモノの顔がプリントされています。
アメリカの通信販売ウェッブサイトで見つけて買いました。

今イギリスのティーンエイジャーの間ではやっているネビュラス(星雲)モチーフです。

それはともかく、似ていますよね、ナマケモノに?


↓↓↓画像をクリックしてください。はい、ありがとう。



コメント

発見!ホッチキスをあけた時ひかえめにほほ笑むヒジャブを着用したイスラム教徒の女性

2018年10月27日 09時00分00秒 | さがせば何処にでも顔はある
これまでおそらく何百回と見ていたはずの顔!


昨日、とつぜん気が付きました。
顔ハンターの私としてはうかつでした。

ホッチキスの針を交換するためにあけた時に発見。


そういえばこの頃何年もホッチキスを使っていないような気がします。

家に帰って、うちにあったはずのホッチキスを探し出して開けてみました。


あるある。

四角い顔も楕円の顔も、ヒジャブ(頭、あご、肩、首を覆う布)をかぶったイスラム教徒の女性の顔にどうしても見えます!

そういえばもう一つ、日本製のホッチキスがうちにある。


あれ?
顔がない。

今、日本のホッチキスってみんなこんな構造なのでしょうか?
いえ、それとも日本にいた時の私が気が付かなかっただけで昔からこんなだった?

日本ではホッチキスと呼ばれているこの事務用「紙とじ器」英語ではステープラー stapler といいます。
あの「コ」の字型の針はステープル staple。ステープル to staple は「ホッチキスで紙などを綴じる」という動詞でもあります。

ホッチキスというのは、「ホッチキスを発明したアメリカ人の名前だ」と子供の頃に聞いて記憶していました。
今ちょっと確認のためにウィッキピ―ディアで調べてみたら、違いました!

明治時代に初めてアメリカから日本に輸入されたホッチキスのモデルがE.H.ホッチキス社E.H.Hotchkiss 製の「ホッチキスNo.1 Hotchkiss No.1」というモデルだったことから、なのだそうです。

「ホッチキス」なんて言葉、久しぶりに使いました。


↓↓↓画像をクリックしてください。はい、ありがとう。

コメント (2)

季節の野菜ビートルート、買ってみたら顔発見

2018年09月25日 09時00分00秒 | さがせば何処にでも顔はある
ビートルート、血の色のカブ。


ブキミな顔面を持つカブ。
民芸品の木偶のように見えなくもない素朴な表情。
久しぶりに さがせば何処にでも顔はある カテゴリーです。

え、血の色?

皮をむいた真っ赤な果肉の写真があります。2年以上前に書いた記事を読んで下さい。リンクを下に貼りました☟。

ルビーのような妖しい赤、美しいカブ、ビート・ルート

上のマヌケな写真は、私が風邪気味で料理をさぼった日に、冷凍食品のチキン・キエフとべジ・キエフの夕食を用意してくれた夫によるその時の苦心のテーブル・デコレーションです。
「写真を撮れ」というので撮りました。
コメント (2)

18世紀の厩舎の屋根裏にも顔はある

2018年08月10日 09時00分00秒 | さがせば何処にでも顔はある
グレーター・マンチェスターにある、おなじみナショナルトラスト所有の、貴族の邸宅を中心とした公園、ダナム・マーシィ Dunham Massey に行きました。


巨大な厩舎を改装したレストラン/カフェの…


梁に見つけたとぼけた顔。


久しぶりにさがせば何処にでも顔はあるです。




↓↓↓画像をクリックしてください。はい、ありがとう。
コメント