イギリス/ストックポート日報 《England/ Daily Stockport》

ストックポートから日替わりでお送りする、イギリス生活のあれこれ。ストックポートってどこ?まずは本文をお読みください。

イギリスでは珍しく酷暑の日もあった今年の夏もすっかり終わった9月の半ば、突然冷たい「アイス」の話題!

2019年09月16日 09時00分00秒 | イギリスのおやつとデザート
すっかり季節は秋です。
今日の話題はアイスキャンディー。



それもスイカの味のスイカの形のアイスキャンディ!
ただでさえうすら寒い初秋に全くふさわしくない話題です。



「アイスキャンデー」は大正時代から使われている和製英語だそうです。今では「アイスキャンディ」が一般的な表記らしいですね。

英語ではアイス・ロリー ice lolly といいます。
日本語が思いつかなかったので、ice lolly でウィッキピーデア検索をして「アイスキャンディ」という言葉にたどり着きました。

そういえば、日本で「アイス」と呼んでいた記憶があります。
子どもの頃も大人になってからも「アイスキャンディー」なんて言ったおぼえはないようなあったような。

読者の皆様(あるいはお子さん)はなんと呼ばれていますか。

スーパー、セインズベリーの冷凍食品売り場で4本入って2ポンド20ペンス(296円)。


箱は破って捨てちゃったので、写真を製造元の、フルーツ味のグミで知られる製菓会社、ロウントリー Rawntry's のウェッブサイトから借りました。

スイカの味とスイカのグラフィックのお菓子は日本では珍しいのではないかと思うのですがどうでしょうか。

イギリスでも5年ほど前まではけっこう珍しかったのです。


スイカ味のお菓子やドリンク、ヨーロッパ大陸ではかなり昔からおなじみだったようです。

白い皮(の内側)、赤い果肉に黒いタネがぽつぽつ...の強烈なかわいらしさがウケてデザイン的な要素で夏の風物詩として定着してきています。

エキゾチックな南国の果実!
スーパーでもスペイン産、イスラエル産のスイカが簡単に手に入るようになりました。

アイス・ロリーに話を戻します。
個別包装の袋には製品の写真がありません。


袋の写真のこのスイカの切り方、変じゃありませんか。
薄く水平に切ってありますよ。

そういえば、私はイギリス人がどうやってスイカを切って食べるか見たことがない気がします。

夫はスイカが嫌いです。
よそで出された覚えがありません。

フルーツサラダにはスプーンでくりぬいたしずく型、あるいはアイスクリームをすくうサーバーでくりぬいたボール型のスイカが入っています。
スイカ味のお菓子の袋には、円形の赤に黒いタネが放射状に配置された鮮やかな横断面のイメージが使われることが多いような..


息子がよそで食べておいしかったというのでひと箱買って、私もお相伴しました。



本当に甘い、スイカの味!
口当たりは、ちょっとねっとりしたシャーベット状?
乳成分は入っていないので、ビーガン vegan(完全菜食主義)の食生活にも適応します。

タネはチョコレートでできています。形にもう一工夫欲しかった!!

「アイスキャンディーの英語はアイス・ポップ ice pop じゃないの?」と思われた英語通の方もいるでしょう。
実は、ウィッキペーディアに書かれているのを見るまでアイス・ポップという言葉を私は知りませんでした。アメリカ英語ですね。

たしかポップはアメリカ英語で清涼飲料のことだったのでは?納得です。
コメント

久々に登場、息子のファンキー・ソックスのコレクション、新しい一足を昨日ゲット!

2019年09月15日 09時00分00秒 | シブい!日本語表記、日本関係なら何でもクール!
息子が昨日ガールフレンドからもらったソックス。


息子のファンキー・ソックスのコレクションが超大なものになりつつあります。

以前にいくつかお見せしましたよね。

イギリスで大人気のファンキーなソックスのデザインには2通りあります。
日本風(?)イラストの特大ワンポイントにダジャレ系とファンキーモチーフの規則的な繰り返し系。
これは後者ですね。

どう見ても女の子もの!

足の大きな息子がはくと編地がのびきってつま先が薄くなっています。

で、握りスシ。

ネタはマグロのようですね。
...ちがう!エビだ。しっぽがあります。

どっちだ!?
コメント

ハデな図柄の巨大カエルの町おこしイベント!思いのほか好評なため?終了まで一か月を残し新規飛び入り参加、2体発見。

2019年09月14日 09時00分00秒 | ストックポートとその周辺



昨日の続きです。昨日の記事のリンクを貼りました。↓↓↓↓
まだあった!撮り残したカエルの写真。市民に真に愛されるアートイベント,夏休みが終わってもおばさまたちに大人気

昨日紹介した 作品番号5;Prince Regent はずっとその位置にあったようなのに私が見落としていました。でも....

一番上の写真の Foster the Frog の存在に気がついたのは、8月の終わり、そう、ショッピング・アーケード、マージ―・ウェイで海辺の「ファンフェア」の疑似体験フェアをやっていた時です。

あれ...?いつも通るこんなに目立つ場所にこんなカエル・アートがあったかなぁ。



このストリート・アート・イベント STOCKPORT'S GIANT LEAP が開催される前からストックポート中に配布されているオフィシャル「トレイル・マップ」に記載がありません!


最初に見た時は気がつかなかった、土台の表示に「ボーナス・フロッグ BONUS FROG」と書かれている!


おまけのカエル!どうやらこの町おこしイベントの予想外(?)の大人気に、突然飛び入りスポンサーがついたのか終了一か月前に駆け込み設置があったようなのです。



ジグソーパズル柄のこのカエル、スポンサーは意外に地味な、施設に保護された子供たちの里親 foster family をみつける市の福祉課のフォスター・サービス・チームです。

欠けたパズルのピースをはめるように、恵まれない子供たちが幸せに育つ環境を整えていく、という意味なのでしょうか、ストックポートに限らずフォスター・サービスを表現する視覚イメージにはよくジグソーパズルが使われているようです。


深い谷底と高い丘の上にタウンセンターが広がるストックポートには上から下を見下ろすスポットがけっこうあるのです。


あれ、陸橋から今まで見たことのないカエルが見える!

下りてそばまで行ってみてみました。


作品番号;(!)Fanatical Freddie

明らかにあとから参加した地図に記載のないカエル・アートです。

「0」と「ボーナス(おまけ)」の扱いの違いは?

ストックポート駅には(知る人ぞ知る)有名な「プラットフォーム・0番線」があります。
ロンドン方面に向かって左から1,2,3...とプラットフォームに番号が振ってあるのですが、一番左に10年ほど前に新設されたプラットフォームを1番にすると、既設のプラットフォームの番号がひとつひとつ繰り上がるのがものすごく不都合なのでとられた措置らしいのは納得です。

でも、このアート・トレイルの場合、19作品でスタートしたものの飛び入りが増えちゃった、ということで 「作品番号20;、21;....」と足していくことに何の不都合があるのでしょうか。

新しく参加!ってことを強調したかったのでしょうね。



何にでも夢中になる(fanatical)フレディの何よりのお気に入りは出身地ストックポート!あまり夢中なのでストックポートのシンボルである有名な建物を身に着けています...とのこと。

コンセプトがやたらにダサいわりには表現が美しいですね。
ストックポート・ヴァイアダクト、ピラミッド・ビル、ザ・プラザ、ハット・ワークス(の煙突)などストックポートを代表する建築物が線描きの連続文様でおしゃれに表現されています。


でもこの色合い、カメレオン!?

昨日読んだ市の広報によると、この「新作」(でも0ってなによ?!)と「ボーナス」が2体新たに仲間入りしたということです。
フォスターの他にもう一つあるそうです。

私はまだそのもう一つを見ていません。
場所を明記しないところがあざとい。

そんなにわかりにくい場所にはないはずですが、地図に記載されているすべてのカエル・アートを見て回ってトレイル敢行したつもりの人達に新たに探す手間と楽しみを与えてやり、ストックポートの街なかをもうひと巡りさせようという魂胆が見え見えです。



コメント (2)

まだあった!撮り残したカエルの写真。市民に真に愛されるアートイベント,夏休みが終わってもおばさまたちに大人気

2019年09月12日 09時00分00秒 | ストックポートとその周辺
先月、8月10日のストックポート日報の記事にいいかげんなことを書きました! 


「これですべてのカエル・アート作品の写真を掲載し終わりました」と書きましたが、実は、まだあったのです!

街なかに表面にペイントを施した巨大なカエルのフィギュアを分散して設置した「ストックポートの町おこし、ストリート・アートイベント」のATOCKPORT'S GIANT LEAP が まだ終わっていなかったことにびっくりされた方もいるかもしれません。


「いいかげんなことを書いた記事」のリンクです☟
これで最後!全部の写真を掲載して筆者は(自己)満足、ストックポートのアート・イベント、市民に愛され成功らしい!

記事中にこのカエル・アートのイベントについて書いたさらに以前の記事のリンクが貼ってあります。


上の写真のカエルです。
作品番号5;Prince Regent

ストックポートでおそらく一番知られたランドマーク、ストックポート・ヴァイアダクト Stockport Viaduct を背景に写真を撮りました。


ストックポート・ヴァイアダクトは19世紀の初めに当時の土木建築技術の粋を結集して建設された鉄道橋です。
公称「世界で2番目に大きなレンガの建築物」ということになっています。

世界一、二の基準があいまいかもしれません。

ストックポート・ヴァイアダクトは使用したレンガの数で傑出しているらしいのです。
ビルなどと違って中までぎっしり詰まっていますから。

カエルに話を戻します!

おとぎ話の「カエルの王子さま prince 」ですね。

あいかわらずの苦しいシャレはプリンス・リージェント。和訳は「摂政皇太子」、だそうです。
イギリスでは特に18世紀の終わりから19世紀の初めまで精神病の父王に代わって摂政政治をとったジョージ4世のことを指します。
アートや文芸が栄えたイギリスのその時期の様式をさす「リージェンシー・スタイル」とともにプリンス・リージェントという言葉はよく耳にします。

が、そんな文化的なことはあまり関係なさそうです!

一番上の写真の背景にちょっと写っているオフィスビルが Regent House という名前の、このカエルアートのスポンサーなだけです。

夏休みが終わって町が少し静けさを取り戻した今、なんだかやたらに「カエル・ハンティング」をしている2人連れの年配の女性を見かけるようになりました。


一人でまわっていたらなんだか寂しいような気がします。

なかよしの女性がカエルめぐりを口実に街で落ち合って連れ立って歩きまわっているのはとても楽しそうです。
二人で代りばんこにお互いの写真を撮りあったり、あるいは二人いっしょにセルフィーを撮っている大人の女性たち、ほほえましいです。

(以前にも写真を撮った)マーケット・プレイスのThis Little Froggy Went to Market>....


....を見つけてとてもうれしそうなおばさんたち。

誰もかれも作品の土台にひとつづつ書き込まれているアルファベットを一つ一つ書き取って、すべて組み合わせると一つのフレーズになるという文字パズル(アナグラム)に挑戦しているようなのです。

夏休み中には子供たちが夢中になってすべてのアルファベット集めてやる、と意気込んでいました。

...実はシニカルなうちの夫が、カエルを一つも見ることなしに、リーフレットを眺めていてそのフレーズをぴったり言い当てました。

いえ、もちろんまだ解答は発表されていないのですが、すでにマス目を埋めている文字(ヒント)を使って、考え付いたマス目の数にぴったりおさまるそのフレーズは脱力するほどありきたりで...間違いなく正解なはずです!!

私は、黄金のミニチュアカエルフィギュアが当たる懸賞にその回答を書いて応募しました!

一体何人が商品をもらえるのか書かれていなかったのが興味をそそります。

ものすごい数の応募がありそうです。

このイベントは9月28日まで続きます。
コメント

華麗なる加齢の証明か?抜歯後頻度を増す精悍な高齢ネコ、ホレイシオの舌だし間抜け顔

2019年09月09日 09時00分00秒 | うちのネコ、よそのネコ
うちのネコ、ホレイシオ16歳、先週、獣医さんに抜歯してもらいました。


その話を記事にしたら、心配りのメッセージをいくつももらいました。
ご心配をおかけしました。抜歯後、食欲を取り戻し元気を回復しました。



歯抜けのあごでゼリー状の煮汁で固めたやわらかいキャットフードをかみしめしっかり食べています。

歯垢がたまったぐらぐらの歯がここまでネコの健康を害していたなんて思いもよりませんでした。
もちろん、人間も同じなはずです。気をつけなければなりません。(人間は歯を磨く習慣があるのでここまでひどくはならないでしょう)



写真はホレイシオの舌だし

ベッドで本を読もうとする夫の胸にスフィンクス状態で上がり込み読書の妨害です。

抜歯してから隙だらけの舌だし顔をさらすことが多くなったようです。
あごの筋肉が緩む...?

もともと年寄りネコに多いようです、舌だし

あごに限らず口まわりの筋肉が緩むのは人間と同じかもしれません。
人間はほうれい線(っていうんでしたっけ?)が気になり、ネコは舌だし。しかもホレイシオは歯抜けです。

毛でおおわれたネコの顔の皮膚のたるみやしわは見えませんが舌だしはとどめようがありません。
コメント (3)

あまりもので夫が作ったある一定の年齢以上の人には懐かしいらしい貧乏食のポテト・ケーキ、ほくほくおいしい!

2019年09月07日 09時00分00秒 | イギリスの料理、食べ物
今日は写真がたったの一枚です。


おひるごはんに夫が作ったポテト・ケーキ poteto cakes です。

前日の夕食で余ったジャガイモをつぶして、小麦粉と混ぜて固くまとまる程度に水を混ぜ、こねて型で抜いてオーブンで焼いただけだそうです。

ジャガイモ3に対して小麦粉1を目安に、割合は適当でいいということです。

もともとはアイルランドの貧しい人の常食だったらしいのですが、今は出来合いがイギリスのどこのスーパーでもパン屋さんででも売られています。

小麦粉が配給制で手に入りにくかった戦争中と戦争直後にイギリスでも代用食として定着したそうです。
戦争中、日本のお米に相当する「主食」といっていいジャガイモはどこの家庭でも自家栽培されていたそうですから。

バターをぬってコショウをかけてアツアツを食べるとおいしいですよ。
冷蔵庫にいれて2~3日はもちそうです。トースターで温めて朝食にもなりそうです。

コメント (2)

うちの年寄りネコのホレイシオ、歯科治療のため獣医の診療所で一日過ごし、帰宅

2019年09月06日 09時00分00秒 | うちのネコ、よそのネコ
昨日、午前9時にうちのネコ、ホレイシオ(16歳)を獣医さんの診療室に連れて行きました。


獣医さんを訪れる回数は、少ない方だと思います。


ケージに入れられ、車に乗せられるのはネコにとってストレスです。

ラッシュアワーの中、約10分のドライブ、ヤーヤー悲し気な声を上げていました。

エサを食べなくなったので一週間前に見てもらったところ、歯茎が弱って(年ですから)なおかつ歯石がたまって噛めなくなっているということでした。
ひょっとしたら歯痛もあったのかもしれません。
歯茎が化膿もしていました。

抗生物質の注射で化膿した歯茎はすぐに治り、食べられるようになりました。

今回は抗生物質が効いたことを確認した後、全身麻酔をかけられ、数本抜歯!

診察室で夫に抱かれ不安そうにしているホレイシオです。


ちょっと写っているのは、費用や治療過程について説明をしてくれた獣医看護科のインターン学生です。

治療が終わりまたラッシュアワーの中10分ドライブ、、5時過ぎに麻酔から覚めてねむそうなホレイシオを迎えに行きました。

私のリクエストで赤い歯肉のついた抜いた歯 5本ももらって帰りました。
夫も息子も「見たくないっ、カバンから出すなっ」とたいへんな反応です。

ネコの歯って黄色くてざらざら曇っていてあまりきれいなものじゃなかったんですね。
人間のように歯磨きをしないからかもしれません。

さて、歯、どうしよう?

夜の10時過ぎ、夫の膝にのってテレビ番組(コメディ―ドラマ)を楽しむホレイシオ。


診療所で見本にもらってきたやわらかいキャットフード一食分をぺろりと平らげました。
何をされたか本人は気がついていないはずなのですが、さすがに歯が少なくなっている!噛めない!ことに気がついてうろたえたかもしれません。

年を取ればいろいろ不調が出るのは仕方がありませんね。
人間も同じです。
治療費がバカ高くついてしまったのは覚悟の上とは言え、ショックです。

イギリスでは人間の医療費はすべて無料なのですが年を取ったペットを長いこと生かせておくのは余裕がないとできないことだと今さらながら納得です。

イギリスでは「どこで区切りをつけるか(安楽死させるか)」がペットを飼っている人たちの間でよく話題になります。

病気になって完治が無理、とわかった時点、あるいは老衰で普通の生活に困難が生じてきた時点でペット自身に余分な苦痛を与える(あるいは不自由な生活を強要するの)にしのばず安楽死を選ぶ飼い主もとても多いのです。
費用のことも考慮にあると思います。

日本では最後まで治療に専念させるのが普通だと聞いています。
私と夫はその時になったら悩むと思います。

ホレイシオ、もうちょっと長生きしてほしい。

コメント (4)

ストックポートの地元住民とお年寄りに愛されるチッピー、過去の記事からフィッシュ&チップスの写真を多数抜粋!!!

2019年09月05日 09時00分00秒 | ストックポートとその周辺
フィッシュ&チップス・レストランでフィッシュ&チップス fish &chips を食べました。


ストックポートの景観保存エリア、アンダーバンク Underbank(通りの名前)に昔からあるチッピー chippy(イギリスではフィッシュ&チップス・レストランのことをこう呼びます)、

ザ・フィッシュ・イン The Fish Inn。



とてつもなく庶民的な店内です。




持ち帰り(Take-away)もできます。

トロトロの肉やグレイビーが詰まったアツアツのパイ類と、キッチュな味のフランクフルト(モドキ)ソーセージを扱っているのも、街なかのチッピーの特徴です。


カウンターで注文してお金を払ってから席につきます。
席まで注文を取りに来て、食後に伝票を持ってきてくれ、テーブルでお金を払うレストラン式のイート・イン・チッピーも多いのですが、ここはあくまで庶民派です。

持ち帰りに力を入れていることが、席まで注文した品を持ってきてくれるウェイトレスがたった一人しかいないことからもうかがえます。

素朴な構図の壁の額絵が気に入りました。


魚の絵、さすがです!
チッピーで売られている、コッド、プレイスなどの白身の大きな魚ではなさそうですが。


私たちが注文したのは、小ぶりのサイズの、日本でいう「セットメニュー」です。
英語では special dealといいます。

小ぶりのサイズを用意しているチッピー、とても気が利いています。

まわりを見まわしてみたら納得です。
平日の昼食時、お客さんのほとんどはお年寄りでした。

お年寄りはどこでも同じ、食べ物を残すのを嫌がるんですよね。

小さめのサイズのフィッシュフライは食が細くなっているお年寄りや平均的な日本人女性の私にはぴったりです。
身体こそ大きいものの、油分を控えめに、を心がけているうちの夫にもありがたいサイズです。

小さめ(子供用ポーションと同じ)のフィッシュ・フライにチップス(短冊切りにした太くてやわらかいポテト・フライのことです)マッシィ・ピー mashy peas、それに なんと(トーストしていない)パン一枚とバター、紅茶がついて、4ポンド90ペンスはものすごくお得です。

「チップスもついてくるのにパンは余分では?」と思われた方も多いと思います。
私も同感です。パンはいらないと断りました。(お値段は変わりません)

イギリス人は脂っぽいもの、クリーミーなものといっしょに薄切りのパンを一緒に食べたがるのです。しかもバターを塗るのが全く意味ない...
うちの夫もそうです。亡くなった夫の母もそうでした。
付け合わせ...というか、むしろ日本ではお米に相当するポテトがたっぷり添えてあって、炭水化物は十分なのに...!

マッシュト・ピーというのも、イギリスのチッピー特有の付け合わせです。
軟らかくゆでて荒くつぶした、グリーンピースより少し大きめのマロウー・ピーという豆です。

席に着くとすぐに追いかけるように持ってきてくれるのが、アルミのポットに入ったティ―バッグの紅茶。



じゃーん!これが、今回のフィッシュ・イン製、フィッシュ&チップス。


小さいサイズなのがわかるでしょうか。
揚げたてなのですが、色が薄いですね。

カラッと揚がったサクサクのコロモが私の好みなのですが、これはこれでおいしかったです。

さて...

編集ページをひっかきまわしてみたら、ストックポート日報の連載が始まってからすでに5年半、実に10回以上もフィッシュ&チップス関連の記事を載せています。

日本の読者の方にだんぜんウケるから、という理由のためなのですが、魚は食べる中途半端なベジタリアン(正式にはペスカトリアンといいます)の夫と外食すると、必然的にフィッシュ&チップスが多くなるというのも事実なのです。

料理をサボるとなると、真っ先に思いつくのもテイカウェイ(持ち帰り)のフィッシュ&チップスなのです。

テイカウェイも含めると、一か月に一回は食べていると思われます。


.....過去の記事に載せたフィッシュ&チップスの写真、ごくごく一部を拾ってみます。

持ち帰って家で豪快に食べたフィッシュ&チップス。


☝これが普通サイズです。大きいでしょう?


パブのフィッシュ&チップス。


レモンの輪切りとタルタルソースがちょっぴり高級感を醸し出しています。
チッピーではありえない付け合わせです。

チッピーと違って、陶器のティ―ポットが出てくるのも「差別化」の一環でしょう。(中身は同じくティ―バッグでしたが)


おしゃれな付け合わせの、パブのフィッシュ&チップス。


☝これも小さめポーションだったと思います。


同じくパブの(別のパブです)夫が注文した小さめポーションのフィッシュ&チップス。


同じ時に息子が注文した普通ポーションのフィッシュ&チップス。


この時私はスカンピー(丸まったエビ)のフライを注文して食べました。


...チッピーよりぐーんとお値段高めのパブで出てくるフィッシュ&チップスは値段を正当化するためか、必ず(あまりイギリスらしくない)レモンとタルタルソースを添えて出す不文律のようなものがあるようです。

パブでもやはりマッシィ・ピーは欠かせないようですね。
彩りがきれいですし。

国道A6沿いにある、60年間内装がほぼ変わっていない、私たちの行きつけチッピーで食べたフィッシュ&チップス。



さて、フィッシュ・インに戻ります。

外に出ている、コカ・コーラが提供しているらしい看板の量うサイドにおススメ「セット」の写真が載っています。




「お好きなパイとチップス+マッシィ・ピーにお好きな缶入りドリンク」が3ポンド75ペンス、
「フランクフルト(モドキ)とチップス+マッシィー・ピー、とトマトケチャップにお好きな缶入りドリンク」が3ポンド25ペンス、はどちらも目がくらむような安さです。

パブのフィッシュ&チップスはだいたい9ポンド(小さいサイズ)、平均的には12ポンドぐらいから15ポンドもするところもあるぐらいです。


アンダーバンクをまたぐ橋の上...


...から見下ろしたフィッシュインとその近辺の景観保存地区です。


コメント (8)

勝手に創意を発揮、よその店でインスタレーションアートをつけたし、辛子のびんをつかめ!

2019年09月04日 09時00分00秒 | 理解不能!なイギリス
先週の金曜日に撮った写真です。


ストックポート日報 ではもうすっかりおなじみ、ストックポートのタウンセンターのびんぼったらしい通り、プリンセス・ストリートの投げやりチャリティーショップ、ハイウェイ・ホープ Highway Hope、再訪です。

これを見ただけでは状況を把握してもらえません!

ちょっと前の記事のリンクを貼りました。お手数ですがまた読んでください。
シュール!安売り店のただの投げやりディスプレイか、それともアート効果を演出するセンス抜群のアレンジメントか!?



床にぶちまけられたインスタント中華ソースと中華麺のレトルトパック、インスタント・カプチーノ(箱入り)のなだれ状態の山づみとフォークリフトはあいかわらずそのままです。
新しく加わったのが、マスタード一回分のびんづめ(ひとつ 10ペンス/12個で1ポンド)の山積みを、びんづめが詰まった箱で囲い込んだ またしても意表を突く投げやりミニマリスト・ディスプレイ!

それのみでも充分アートです。

しかも それに加えて、意味もなく置かれた丸テーブルの上に投げ出された

床にぶちまけられたインスタント中華ソースと中華麺のレトルトパック、インスタントカプチーノのなだれ状態の山づみディスプレイに興を添えるために加えられた生首(男性の)下半身とともに、以前 店内警備の任についていたズボンをはいていない私服ガードマンの人体の一部だと思われます。



ゴロンとテーブルの上に投げ出されていた黒い腕をこっそりアレンジして、インスタ―レーション・アートとしての完成度をより高めたのはこの私です。

豊かな表情のが売り物のびんづめマスタードを優美にそっとつかもうとするその一瞬をとらえました。

....その翌日、土曜日にまたこの店に戻ってみたら(買い物をしました)私が勝手にアレンジした「インスタレーション・アート」はまだこの写真の状態のままでした。

コメント (2)

ヘルター・スケルター 昨日の記事の補足

2019年09月03日 09時00分00秒 | イギリスのキッチュ
昨日の記事の続きです。

ヘルター・スケルター(滑り台)から自分の子供が滑り降りてくるところを写真に撮ろうとスマートフォンを手に待ち構えているお母さんたち。


参考までに、昔からある本物のヘルター・スケルターの写真をよそのサイトから探し出して勝手に借りました。


昨日の記事にこの2つの写真をのせようとしたのですが、どういう不都合か、上の写真がはじかれてしまい(!)投稿できませんでした。
コメント

ストックポートのショッピングアーケードに出現した、夏の終わりのレトロな海辺のファンフェア、追記。。。

2019年09月02日 09時00分00秒 | イギリスのキッチュ
海辺の雰囲気を盛り上げるリアルなカモメの置物....


観光客の手からアイスクリームやフィッシュ&チップスをかすめ取り、所かまわず糞を落とすイギリスの海岸で思い切り評判の悪いカモメ!

今回は先週の、ストックポートタウンセンターのショッピング・アーケードに出現したファンフェア(モドキ)の記事(リンクです☟)の追記です。
写真は金曜日と土曜日に撮りました。


ストックポートがキッチュな海辺の遊興地に!ショッピングアーケドに出現した小規模なレトロ・ファンフェア

もう一度読んでください。

海辺のムードにそぐわない、いかにもショッピングセンターに買い物に来たという身なりの通りがかりの人々がデッキチェアでくつろいでいます。


いえ、くつろいでいるというより、この頃はみんな腰を下ろすなりスマートフォンのチェックです!

ライドで遊ぶ子供たちを待つ親かもしれません。

ここ一週間、すっかり涼しくなりました。
8月の終わりは夏の終わり。

週明けの今日から新学期(新学年度)がはじまりました。
毎年、9月の最初の週の月曜日が新学年の始まりです。

でも、イギリスのほとんどの学校では昔から児童、生徒の初登校は火曜日か水曜日に繰り下げられているのが普通です。
なぜかというと、先生方の打ち合わせや設備のメインテナンス、検査などに週の最初の1日か2日目があてられるからなのです。

そういうことは夏休みのうちに(夏休みの最後の日にでも)やっておけばいいのに!と思いますよね。

イギリスのたいていの保護者もそう思っていますよ。
だけど、夏休みは教職員に保証された完全休暇期間なので1日も削るわけにはいかないのです。

....それはともかく、一時かなりの量の雨が降ったものの天気が回復、好天の夏休み最後の週末、例のしょぼいお子様ファンフェアを通りかかったのでまた何枚か写真を撮りました。

無料の砂場(free beach と看板が出ています)の角には、イギリスの海辺のレトロな風物詩、「顔ハメボード」


イギリスでは確か photo stand-in とか言ったと思います。
それにしてもショボい絵柄ですね。

しまりのない体形のお母さんと海水パンツが落ちかかっている(?)少年。いったい誰がなり切って写真をと撮ろうと思うのでしょうか。
ハワイアンカップルのサーフボードののり方も手の位置も思いっきり不自然です。

実際の海岸には憧れの筋肉もりもりのムキムキマンやピンナップガール、ユーモラスな太ったおばちゃんなどのレトロな絵柄のフォト・スタンド・インが用意されているはずです。

顔を穴に通さないよう、注意書きが書いてあります。



この対角の位置にはプリンセス・アリエール(リトル・マーメイド)のスタンドインがありました。


ディズニーがま版権のことで何か言ってこないのかって?
そもそも顔の部分が丸く抜けているのでこれは問題がないといってもいいのではないでしょうか。


いいえ、それどころの騒ぎではありません。


ティ―ポットに「ディズニー」と書いてあります。心臓に毛が生えているとしか言いようがありません。

ふてぶてしくも ディズニーの古典キャラクターに...


反対側には比較的新しい(それでも古典的人気の)カーズのライトニング・マックイーンとバズ・ライトイヤーが描かれています。


このカルーセルは上の息子が小さかった時から、20年来この場所に永久設置されています。


ね、前回ケロッグの登録マスコット、トラのトニー君が描かれたアイスクリーム・ヴァンの件で、キッチュ意匠では無許可のキャラクター使用がほとんど野放しになっているらしい」と、私が言ったのがわかっていただけたでしょうか。

トラ・ヴァンの側面に描かれたトニー君...ではないソフト・アイスクリームをもって筋肉をひけらかしてすごむ険悪なトラの存在に前回は気がつきませんでした...だれ?



前回、すべてのライドは50ペンス、と書きましたが、カン違いでした。
ほとんどが2ポンドでした。



これが同時進行の「ウィスタリア・ウォーク」のディスプレイです。




イギリスの盛夏の花ウィスタリア(藤)の造花の飾りつけがなかなか華やかなのですがさすがに9月になると季節感の欠如が気になります。

土曜日の午後4時ごろ、その日の「店じまい」をしているところに行き当たりました。




空気を抜いたヘルター・スケルター、タコスのように両側をおり上げた「ディズニー・ティーカップ」この後いたずら盗難対策をどうしたのかは見届けませんでした。
コメント

久々に登場、ストックポートで見かけた皮膚たるみ犬、かわいい!

2019年09月01日 09時00分00秒 | イギリスの犬
5年ほど前、ストックポート日報の連載が始まったばかりの時にも特集したことのある天下の珍犬種、だぶだぶ皮のシャー・ペイ Shar Pei


ああ、かわいい...

今回もまた、子犬です!
名前はキック。

かわいい...!

シャーペイ(沙皮)という中国語の犬種名で予想がつきますね、同じく渋い顔つきをしたチャウチャウと同じ、中国原産。
シャーペイというのは砂のような皮膚という意味の中国語だそうです。

成犬になったら紙やすりのような硬い短毛になるそうです。

中国古代からの犬種に西洋の闘犬、マスチフ系を掛け合わせた獰猛な闘犬として確立した犬種ですが、戦後中国の文化大革命の頃、元貴族や富裕な市民に飼われていた背景が中国共産党に毛嫌いされたため、中国本土ではほとんどすべてが殺されて絶滅したのだそうです。

ひどい話です。
香港で発見された生き残り200頭をもとにアメリカ人が繁殖に力を尽くし性格のおだやかなペット用の犬種として新しい犬種としてよみがえらせました。

日本ではまだあまり見かけないそうですが、イギリスではけっこう見ますよ。

ストックポートのタウンセンター、おなじみの景気の悪い通り、プリンセス・ストリートのチッピー(フィッシュ&チップスレストランのことをイギリスではこう呼びます)の外の席に座っていた若い女性の飼い犬です。



かわいい...!

毛布をかぶっているような柔らかい余分な皮膚が引っ張るとのびる、のびる!
たるむ、たるむ!

つきたてのお餅のようでした。



かわいい...!!!!

どうでもいいことですが、右側の男性は飼い主の女性と電話番号の交換をしていました。ナンパでしょうか。





シャー・ペイの子犬の皮のあまり具合は座っているときにより強調されます。
以前の記事のリンクを貼りました☟

座っているシャーペイ子犬の胴回りを取り巻く多数の「リング」に驚愕してください。

全身毛布をかぶっている!!イギリスで人気の珍犬種、シャー・ペイ  

コメント (4)