自分自身が答えは持っている! 応援日記 

三方よし(売り手よし ・ 買い手よし ・ 世間よし)の精神で!
日々「何のために」を考えて行きたいと思います

ワクワク建設マネジメント

2018-12-11 14:59:18 | CCPM
来週は、ひさしぶりに建設会社さんで、ありがたいことに、CCMPに関するお話をさせて頂くことになりました。
早速、以前の資料に手を加えてみました。タイトルは、「生産性向上のための現場マネジメント手法」
サブタイトルは、~現在の仕事の「思い込み」がある部分に、少し変化を~

現在の部分最適となっている現場を全体最適にするために、個人の対応から組織対応への変化を目指します。
だから、「人」に焦点を当て、人が「やる気」になる組織づくのマネジメントをするための道具としてCCPMを活用します。
楽しくワクワクと現場に取り組める理想の姿はどんなイメージ?

そのためには、人間関係が今以上に良くなることが一番大切です。人間関係が良くなれば、コミュニケーションが良くなります。
その結果、仕事場の雰囲気が良くなる⇒みんなの気持ちが一つになる⇒お互い助け合えるようになる⇒
目標達成への意識が強くなる⇒仕事が楽しくなる。これに向けての取り組みです

みんなで一緒に仕事を進めていることが実感できる進め方とは?
そのためには、まず、「何のために」「誰のために」の目的共有は絶対必要です。
この「目的」が「ワクワク」しないと楽しい仕事にはなりません。
モノをつくることが仕事だと考えていると、間違った考えになる可能性があります

楽しくするために、社員のモチベーションをどのように上げて行くのか?
①自分の仕事に対して「誇り」「満足感」、②同僚・上司・会社への「信頼感」、
③仲間との「チームワーク」これが実現できる現場も進め方とは?

最初の「目的共有」で誇り・満足感を得ることだと思います。
そして、原点の「現場」を一緒に見て、ともかく、現場を共有することを一番大事だと思います。
ここから、お互いの議論がドンドンと深まって、工事の段取りが進み、プロセス工程が作成され、
「良い工事ができる」と全員が思えるようになっていく・・・

その工程が、みんなに「見える化」され、課題に発生した時は議論し、順調に進んでいれば認め合い等がなされて、
お互いに信頼関係がきづかれ、最後は同じチームとして走り出す。その中に、発注者も巻き込めれば最高ですね

こんなイメージのお話をしたいと思っています。
CCPMはあくまで道具のひとつです。ワクワク楽しく仕事するために、「ワクワク」建設マネジメント。
納得して頂いて、ワクワクと走り出すことをイメージして最後の仕上げを楽しむぜよ

sssssssssssssssssssssssssssssss↓↓
四国ブログランキング登録中!
確認クリックで応援をお願いします。
人気ブログランキングへ
Ssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村
コメント

自己管理

2018-12-10 18:06:36 | その他
今日は健康診断でした。過去1年は、夕飯にお酒を殆ど飲んでいた1年でした。また、外で食事をする機会も多かった。
その前の1年は、少し、血液検査の数値等が悪かったので、少し晩酌を控えていた1年でした

その結果、1年前は危険値を示す※が少ない傾向でした。
それが今年は体重2kg増、メタボ、その他の検査結果の数値も見事に少し上昇ぎしてました。
全ての数値が、危険値に近づいてきました。

普段の努力を数値は裏切らないことを実感です。自分が好き勝手に不摂生したことが、自分に振り返ってきています。
今を楽しく過ごすのか。将来永くちょっとした楽しさを過ごすのか・・・・

自分の身体を持って、努力する。自由に過ごす。どちらが効果を発揮するか体感しました

普段の仕事もで、当たり前を当たり前に実施する。プロセスを組み立てて実行する。
仕組みを組み立てる等で仕事をすれば、結果はついてきます。
しかし、行き当たりばったりで実行すると、どこかでつまずきます。

「目的」を決めて、それに向かってプロセスを組み立て、当たり前を当たり前に実行する。
来年は仕事だけでなく、私生活でも実施しないとヤバイ

身体がダメになると、好きなことが出来なくなります。普段のちょっとした喜びのために、未来をダメにする。
わかっちゃいるけどやめられない。自己管理ができないものは、仕事も管理できないとも言われます。
来年は、まずは自己管理からスタートするぜよ

sssssssssssssssssssssssssssssss↓↓
四国ブログランキング登録中!
確認クリックで応援をお願いします。
人気ブログランキングへ
Ssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村
コメント

2018-12-09 08:57:03 | 経営

昨日は、某コンサルタントの忘年会にお呼ばれで行ってきました。
社員さんは若くて前向きなかたが多くいました。

協力会社さんも多数来られていました。その人達も若い。
前を向いて進もうとしている会社の経営者が多かったと思います

その中で、コンサル・調査で4年程度の経験で起業して測量会社を始めた。
この業界も能力があればこれだけの短時間で起業できるのか?
自分の若い時と比べるとその当時の自分はできないと感じていました

出来ると思えばできる。出来ないと思えばできない。こんなお話を少しさせて頂きましたが、
できるために何をするのか? こんな感じでドンドン前向きなお話を聞くことができました。

自分では前を向いていると思いますが、すぐに、自分の過去を振り返り、できないと壁を造ってしまっています。
明日、何が起こるかわからないのにできない壁をつくる

この社長さんは仕事もなくなることを考えていない。だた、今の仕事を黙々と熟す。
目の目、今を一生懸命進んでいる感じでした。夢はあるでしょうか今を大切に生きている。

こんな元気な経営者と話しをすると元気が出ます。色々な事を考えて複雑にするより、
ストレートに前だけみて、目の前を切り開いていく・・・・こんな時もあった気がします

壁は上向けば高さも解りますが、前だけ見ていれば、高さも解りませんね。
過去から、未来から壁を造らず、今を大切に進むぜ

sssssssssssssssssssssssssssssss↓↓
四国ブログランキング登録中!
確認クリックで応援をお願いします。
人気ブログランキングへ
Ssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村

コメント

現場主義

2018-12-07 18:30:56 | 三方良し
三方良しの公共事業推進研究会の会議が昨日、高知でありました。
ひさしぶりに合う仲間との会議、懇親会は楽しくワクワクするものがありました

距離は離れていても、同じ目的に進む仲間はいることが解っているだけで少し元気になります。
また、各社の取り組み、考え方を学ぶことができました

電話、メールでやりとりをすると違って直接向かい合って話す効果は大きいと思います。
顔を見て、目を見て、動きを見て直接お話をする。やぱりこれです

最近の連絡の順番は内容にもよりますが、メール<電話< 会議(面談) < 現場の順で流れているように思います。
時間的なものもありますが、どこかで問題が発生すると、全体の時間より、最初から現場に足を運んで議論をした方が解決は早い

困りごとが大きいと現場が先にくると思います。
自分は困っていないと思いメールからスタートしても、最後は現場までいくこともあります。

また物事を説明(思考)する場合も、最初は言葉<図面(画像)<現場(3D)になっているように思います。
ここでも、最後は現場です

どちらにしても、現場第一主義で、出向いて、そこでお互いの顔を見合わせて話しをする。
原点ですが、なかなかできていない場合もあります

建設現場は、現場は早く終わらせて良いものをつくることです。
ここに重点を置くために、現場にいこうぜ!

昨日、弊社も製品でトラブル発生、急遽、飛行機に乗って、社員に県外まで行ってもらいました。
そこで、お客様に、直接お話をさせて頂き、対応策等をご説明させて頂きました

結果、なんとか、次に進むことができました。
困る前でも、直接会ってお話をする大切ぜよ

sssssssssssssssssssssssssssssss↓↓
四国ブログランキング登録中!
確認クリックで応援をお願いします。
人気ブログランキングへ
Ssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村

コメント

基本

2018-12-06 10:45:47 | その他
11月はバタバタでした。師走に入ったと思えば、あっつ言う間に1週間が過ぎ去りました。
業務は実施していないのに、時間が早すぎる感じです。歳をとるに従って早くなると言いますがその通りです

今年は、プロジェクトが早く終わったおかげで、年賀状の印刷、お歳暮の注文も終わり、暮れに向けての準備は着々と進んでいます。

年賀状は、印刷は終わって宛名も記載まで進みましたが、御挨拶の言葉はまだです。
いつでもできると思って机の前に積まれていますが、この気の緩みが最後はバタバタになるのかな?

お歳暮、年賀状も昔からの行っていたことなので普通だと思っていました。
しかし、最近はインターネット、携帯等の普及から年賀状をやめてメール等でご挨拶も増えているように思います

お歳暮に関しても、随分と前からすると減っているように思います。
お世話になった人に、本当に心をこめて行う。タダの儀式的なものにしているつもりはありません

時代の流れで、現在は、何が普通で何がおかしい・・・
これが自分自身でぶれているのか? 自問することもあります。

原点に返って考えると、必要なものは必要。当たり前のことは当たり前に実施する。
仕事、人として、何をするにも、根っこの部分を思い出して、ここをベースに行動するぜよ

sssssssssssssssssssssssssssssss↓↓
四国ブログランキング登録中!
確認クリックで応援をお願いします。
人気ブログランキングへ
Ssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村

コメント

仕組みは

2018-12-05 18:36:55 | 三方良し
今日は建設コンサルタント会社を訪問してきました。「働き方改革」といっても、具体的に何をするの・・・
「生産性向上」と言っても・・・「残業時間を減らす」・・・

基本は残業を減らして、今より効率よく仕事をこなすことをすることかな? 
そのために、具体的にどのような活動に向って進めばいいのか?

言っていることはわかりますが、具体的にどうしたら、今より効率よく仕事が終わるのか?

そのためには、現状をどのような手順で進めているのかを確認して、どこで作業が停滞しているのか? 
作業間の手待ち等はどこで発生している?、技術職員が1日8時間仕事時間内に、実作業時間は現在は何時間なのか? 

現状把握して、どこが課題なのか理解して、流れの悪い部分にメスを当てて改善するしかないと思います。
しかし、言葉ばかり先に進み、小企業は何をしていいのかわからない? 
こんな現状もあるように感じています

改善するためには、現在の基本のプロセスがわかないと、だろう改善になるようになるように思います。
しかし、基本のプロセスで仕事をしていない場合が多い?

だから課題がわかりにくい。ただ言えるのは、仕事量が多い? こんな言葉が一番多く聞こえてきます。
では、どれだけ多いのでしょうか? これも、明確な回答は難しい・・・

具体的な改善をするためには、具体的な課題がないと、どの部分を改善してようかわらない。
まずは、流れが悪い具体的な場所を特定して、そこを集中的に改善しましょう

そのために、まずは、流れが悪い部分がわかる仕組みづくりをして、流れが見える化できるようにしましょう。
その手法として、2日の行政マネ事例のWIPボードが簡単に使えそうに思えた今日の訪問でした

今の仕事の流れを簡単に見つけれる方法を探すぜよ

sssssssssssssssssssssssssssssss↓↓
四国ブログランキング登録中!
確認クリックで応援をお願いします。
人気ブログランキングへ
Ssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村
コメント

お金をかけずに知恵を

2018-12-04 17:26:34 | 三方良し
先週から毎日、出っぱなしで時間に追われた生活でした。やっと、今日の行動でひと段落です。
昼もですが、夜も毎日忘年会で、昼は月曜日、夜は土曜日気分でした

充実した日を過ごした日々でした。その間で新しい人に出会うことが多くありましたが、人と会ってお話をする。
大切なことだと再認識しました

人それぞれ、価値観が全く違う人、少し近いと思う人と色々です。
業種は違いますが、前を向いている人とお話をすると何か元気になり、明るくなってきます

逆に、理論はでじっくり過去を振り返って、ちょっと尻込みする人とお話をするとテンションが下がる自分がいました。
それぞれ、その人の個性、考え方なので良いのですが、改めて、自分はプラスのお話をする人と気が合うことを再認識しました

そして、そのような人は、相手に変化は求めていないように思います。
自分達で知恵を使って工夫することで前を切り開いていくように感じました

慎重派? は自分の変化より、周りの変化を気にしている? 相手に変化を求めているよういにすら感じました。
多くの人に会うと色々と勉強することがありました

2日に参加した、全体最適の行政マネジメント研究会は休日に全て手弁当で、
お役所、民間が一緒になってお金をかけずに多数の人の知恵を使っていく・・・・いい会でした

知恵を使って工夫して進む。面白ことが起こりそうです。一歩、一歩前進するぜよ

sssssssssssssssssssssssssssssss↓↓
四国ブログランキング登録中!
確認クリックで応援をお願いします。
人気ブログランキングへ
Ssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村
コメント

数値活用

2018-11-30 08:11:36 | 経営
弊社の決算も終わり、新しい数値もゴールを設定しました。これで、毎月にどうなるか月次決算を楽しみに過ごしていきます。
何事もプラスに考えて楽しむです。その他、新製品等に関して、●○賞、■□賞にも応募します

毎日の仕事、今やることを、楽しくワクワクするためには、何をどうすればいいのか?
ちょっとした喜びでも味わえるように仕事を進める。いつも、こうあったら、嬉しい。楽しい。
ワクワクする、そんなゴールを毎日設定できればいいのではないかと思っています

その中で、「何のために」○○するのゴールと違いますが、
数値は客観的に判断するのにウソをつかない判断基準です

経理であれば、売り上げ、在庫、利益、貯金残高等の色々な数値を過去5年以上並べてみると、色々と客観的な判断ができます。
利益率などは、特にどうして? なぜ?こんな数値になるの? 面白い課題がいっぱいあります

他の類似工事はこうなにの、この工事はどうして? 会社の課題等もわかり改善対策が見えてくるものです。
思い込みの部分が浮かび上がってくる場合が多くあります

また、弊社の場合は、主力製品のSF工法の売り上げ動向が気になります。
販売数、見積もり依頼数、毎日の問い合わせ数、DM数、新規顧客数等と開発当時から数値を管理しています

全ての数値管理をしていると、毎月の動向がある程度見えるようになります。
公共工事の予算、災害等による影響によるものなどもわかりますし、地区の元気な度合いなども解ってくるように思います

最近、特に注目は、お客様数です。過去5年を見ても、毎月、新規顧客がゼロの月がない?
これに気が付きました。その結果、ありがたいことに、毎年、増えています

しかし、受注高がこれに連動して増加することはありません・・・・
しかし、ある一定のお顧客数以上になると、最低受注は確保できている? ような気がします

今月も嬉しいことに、新規のお客様からのお問いあわせもありました。
この数値が●○社になれば、次のステージに向うことはないのか? ちょっとワクワクです

数値を見て思考する。数値は事実、事実を把握して、それをみて思考する。
特に上がっている数値だけを見て楽しむと、気持も前向きになれます

自分にとってプラスになることが思考できるような工夫をして仕事をする。事情を過ごす。これって、とっても大切なように思っています。
今から起こる、目の前の事は何が起こるか事実はわからないわからない。
ならば、不安なことを考えて進むより、楽しいことを考えていきましょう。

今日も自分に良い方向になるように考えて、行動開始ぜよ

sssssssssssssssssssssssssssssss↓↓
四国ブログランキング登録中!
確認クリックで応援をお願いします。
人気ブログランキングへ
Ssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村
コメント

詰まることが多いぜよ

2018-11-28 17:46:37 | 三方良し
昨日は建設会社の工程会議に参加して2現場を見てきました。ギリギリの工程になってしまったので、
どうしたら間に合うように工程短縮できるのか? 「答えは施工の班数を増やす」 ピンポン。

最初に引いた工程は、なぜか、1班で施工する工程表を多く見かけます。
しかし、施工中に工程が厳しくなると班数を増やす対応策が実施されます。なぜ、途中から増やすのか?

最初から計画を2,3班で実施する工程にしておけば、色んな場所から複数班の検討が可能になるのでは? 
しかし、施工途中からだと、複数班の期間が限られてきて、当初から複数班で実施した場合より工程短縮は厳しくなります

でも、最初は総合工程表のオオザッパな工程を見て1班で施工をすすめている?
本気工程になっていない工程表で施工しながら工程表を頭に描きながら施工している?

すると、どこかで、その通り進まないので、あれ・・・。でも、ギリギリまで頑張って進める。
爆発寸前になって、突貫工事の根性論でなんとかするような・・・

でも、こうなると、予算はどうなるのかな?
最近は、ここまで、ギリギリにならないまでも、厳しい工期が増えているように思います。
その原因は、工事に着手するまでの制約が多い? そんな思を感じています

周辺の工事、お店等、河川協議、警察協議、残土場所探し、電柱移設、地下埋設物、現在の設計では施工できない? 

何か、最後の工事はおみはげがいっぱいついている・・・これって、特記仕様にも記載されていない。
工程を早く終わらせるためには、流れを良くすることですが、最初から何かに詰まって引き出すのに、
四苦八苦している状態・・・こんなことありませんかね

全てではありませんが、何かちょっとおかしい? お荷物が段々増えてきているような・・・・

まずは、最初に流れない、流れを止める制約を見つめて、確実にそれが、いつまでに解決できないと工事は後期までには終わらない。
だから、いつまでに、解決できなければ、工期内は無理です。 この議論が大切だけど難しいけど・・・しないと前に進まない

これが、明確に言えるようになりたいですね。並行作業が可能な場合は早く始めたいですね

sssssssssssssssssssssssssssssss↓↓
四国ブログランキング登録中!
確認クリックで応援をお願いします。
人気ブログランキングへ
Ssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村
コメント

TOC活用

2018-11-27 12:42:08 | 経営
TOCは制約に焦点を当てて、その部分を改善してく手法だと思っています。
私が建設会社で取り扱っているのは、会社の制約、プロジェクト(工事)の制約もあります。
基本は会社の制約を改善すること

会社の制約とは何か? 建設業の場合、個人の能力で仕事をこなしている。
この部分の制約は大半を占めていると思っています。この部分を改善するために、どのように進めるのか? 
CCPMもそうですが、色々と複数の手段を道具に使っています。

その道具も人に焦点を当てるようにするのが目的です。人はどうすればやる気になってくれるのか?
 自分から自ら行動を始めるのか? 自分から積極的に工夫を始めるのか?

昨日は、TOCにDiSCを取り入れた案に関してのお勉強会に参加してきました。
人は色んなタイプがある。この性格?によってアプローチの手法を変えることで行動が変わってくる。
だから、人の性格判断(DiSC)を取り入れて実施してはどうか?

自分の性格判断も実施してみましたが当たりです。参加者も概ね当たっていました。
自分の性格を具体的に分かるようにしてそれを行動に生かしていく?

具体的には良くわかりませんが、今のやり方よりはずっと効果がありあそうです。
基本は、チームで仕事をする。これを前提とした手法です

会社は、チーム、組織で仕事をする仕組みが出来ていることが前提です。
これがマネジメントだと思います。まずは、このチームとしてまとまることが、第一段階のハードルだと思います

「なぜできないのか?」ではなく、「どうしたらできるのか?」まずは、ここからスタートです。
工事の進捗もですが、できない理由は多く返ってきます。その答えも殆ど同じです。面白い傾向です。
ここを、クリアーしている会社と出来ていない会社があります。「なぜか?」

この部分も、できない理由を言うのではなく、どうしたらこの時期までに実施できるのか?
この問いかけに、チームで対応できるようになれば、生産性が向上するのではないかと、最近思えて来ています

ここに、焦点を当てて、今年の数件ある工事でチャレンジするぜよ。
それには、TOCの手法は最強のツールぜよ

sssssssssssssssssssssssssssssss↓↓
四国ブログランキング登録中!
確認クリックで応援をお願いします。
人気ブログランキングへ
Ssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村
コメント