職案人

求職・歴史・仏教などについて掲載するつもりだが、自分の思いつきが多いブログだよ。適当に付き合って下さい。

ブログ探訪II--『大乗の旅』

2009年08月31日 | ブログ

21年度7月のhpアクセス報告

今月も月末を迎えて、恒例のホームページアクセス数の報告をしたいと思います。

ちょっと、
その前に小生の感想を述べて置こう。

今月は選挙とのりピーの話題で、小生のhpは打撃を被った。アクセス数が50件/日を超えるかと思っていたら、33.4件/日に逆戻りである。

お釈迦様が言った様に、この世はすべて諸行無常なのである。これを感じているのは、小生と自民党ぐらいなもだろう。

ただし、自民党の中でも小選挙区で落選して、比例区で復活するキリストの様な者は
別だろうが。

話は変わるが、
最近、眞鍋かをりが、やけに話題になっていると思うのは小生だろうか。

眞鍋かをりと言えば、元祖ブログの女王である。彼女がブログ「ここだけの話」を書く切っ掛けとなったのは、ニフティからお誘いがあったからである。

そして、彼女はブログを書くに当たって、見る人の立場になって書く様に努めた結果。
ブログのトラックバック数が伸びて、一位に成ったそうである。現在も、その記録は抜かれていないそうである。

これが切っ掛けとなって、やたらと芸能人にブログを書かせるサイトまで、出て来たのであるが、内容はほぼ同じで、一度見ると飽きてしまう。

また、殿堂入りとはどう言うことだか?小生には分からない。写真と単語を並べた、だけのブログはやめてもらいたいと願いたい。

■hp全体
全アクセス数;20915→21950
月平均;1035件/月
一日平均;33.4件/日
時間換算;1.4件/時間
ページ毎の最高数;21件/日(7/8)

各ページの詳細
■TOPページ(インデックス)
2009年08月 127
2009年07月 201
2009年06月 173
2009年05月 230
過去二年間の合計 3697→3718
ページカウンター 5325→5513

■二番目にアクセス数が良い方便品は
2009年08月 219
2009年07月 236
2009年06月 233
2009年05月 172
過去二年間の合計は 2441→2648

■三番目に良いページdaijyou2のアクセス数
2009年08月 34
2009年07月 64
2009年06月 74
過去二年間の合計は 1012

■四番目にアクセス数が良いは daijyou6
2009年08月 29
2009年07月 40
2009年06月 54
過去二年間の合計は 1006→996 減算

アクセス件数が1000件以上が三つしかない。

コメント

舛添厚労省大臣が大利根町にやって来た。

2009年08月09日 | ブログ
八月七日(金)に、管 直人民主党代表代行に続いて、
現厚労大臣;舛添 要一先生が起こしに成られたのである。普段は長閑な田舎町の大利根が緊張したのである。

アスターホールの入り口には、成田飛行場のゲートに備え付けられた金属探知機があり、会場内では通路と、その出入り口に被覆の警察官が配置されていた。

また、四人のspが常に大臣の四隅を囲んでいて、大臣に握手を求めることも、声をかける事も、不可能であった。

大臣の講演の目的は
小島衆議員の応援と自民党の活動報告らしい?

大臣の話が始まったのは予定の講演時間13:30を遥かに過ぎた14;40であった。その前に、小島衆議員の後援会の人、県会議員、町議会議長、公明議員、町長などの退屈な話が続いた。

そして、小島衆議員の話が始まる。
内容は、大臣と自分との関係や公明党の友達の事であったと記憶している。

20分間話をしていると、spと共に大臣が舞台の上に現れた。
その時、会場は拍手喝采に包まれ、衆議員の話はすぐに終わり、マイクは舛添厚労大臣
に取って代わった。

舛添厚労大臣は
年金、少子化、失業、社保庁の話を網羅したものであった。そして、自民党の実績を
主張し、現在置かれている選挙状況が逆風である事を話し終えた。

最後に、視聴者からの質問を受けるのであるが、前から決められた元役場の職員が、二名ほど質問して、終わった。

これで、民主党・自民党の講演を見てきたが、どちらも立候補者本人より、知名度と
いかに有権者受けする事を言うかである。

しかし、会場の雰囲気や人の話を聞くに、現時点では自民党が有利である。自民党は農家を始め、色々な所に食い込んで、組織票が固いらしい。あとは、選挙当日の無党票の行方らしい







コメント

管 直人アスターホールに来る

2009年08月01日 | ニュース

今日、特別にブログを更新する。

なぜかと言うと、大物代議士の演説会があったからである。

大物代議士と言うのは、民主党代表代行の管 直人氏である。

彼が来た理由は、埼玉12区本多平直、前衆議院議員の応援演説である。
正しくは民主党のマニフェストの説明会との事であが、

その他として、行田邦子議員と島田ちゃこ議員だったと思われる。
小生の記憶が正しければ、

どの様な状況かと言うと
東京新聞の記者が司会を勤め、島田→本多→管直人→行田議員であった。

会場は300人定員の所に倍の600人が入った為に、ステージの上まで観客が上がり、管直人氏と観客の間は、やっと人がひとりが通れるほどであった。

この様な光景を小生は今まで見た事が無い。
そして、管直人氏が演説を始め、何か言う度に声援が舞い会場は熱気に包まれた。

管直人氏の演説の内容は官僚政治の批判とそれを許した自民党批判を入れ込みながら、
民主党マニフェストの説明だった。

その内容は東京新聞に掲載されると思うので、そちらを参照されたし、

とにかく、あの光景を見る限り、管直人氏の影響力には目を見張る物がある事は間違えない。

また、会場が小さい為、入れきらずに帰った人が、そうとう居たのは事実である。
それを踏まえても1000人~1500人が来たようである。

この様な事はこの小さな町では有り得ない。その前に元大臣級がこの町に来た事が無い。

この時の写真は栗橋町民のブログに掲載されている。

また、来週は蓮方議員が隣の加須(かぞう)市や羽生市に来る予定である。

以上



コメント