職案人

求職・歴史・仏教などについて掲載するつもりだが、自分の思いつきが多いブログだよ。適当に付き合って下さい。

Javaプログラムからのデータベースの利用

2015年12月25日 | NetBeans IDE 8.0.2
Javaプログラムからのデータベースの利用


【開発環境】
OS:Win7
IDE:NetBeans IDE 8.0.2
Connector/J:mysql-connector-java-5.0.8-bin.jar
mysqlのデータベース「cardb」や、テーブル「car_table」は前もって用意して置くこと

【操作手順】
1.新規プロジェクトの作成
「新規プロジェクト」アイコンをクリック


2.Javaアプリケーションの選択
カテゴリ:Java
プロジェクト:Javaアプリケーション
を選択して、「次へ」をクリックする


3.プロジェクト名を決める
プロジェクト名:JDBCS
と設定したら。「終了」を押す


4.プロパティを設定


5.jarファイル を選択
カテゴリから「ライブラリー」をクリックし、次に「実行」タブをクリックして「JAR/フォルダを追加」ボタンを押す


6.mysql-connector-java-5.0.8-bin.jarにパスを通す
インストしたConnector/Jを選択したら、「開く」をクリック


7.プロジェクト・プロパティ画面を閉じる
画面に「mysql-connector-java-5.0.8-bin.jar」が表示されたら「OK」をクリック


8.ソースにコードを書く


9.実行
実行ボタンをクリックする
コメント

mysqlを操作するJavaアプリを作るには

2015年12月22日 | Eclipse4.4
mysql操作プログラムの作成


【動作環境】
OS:Win7
IDE:Eclipse4.4(ルナ)
Connector/J:mysql-connector-java-5.0.8-bin.jar
javaでMysqlを操作する為のDBViewerプラグイン
DBViewerは使用しない

【mysql側】

Java側から参照されるデータベースを準備しなければならない。今回はpHpMyAdminを使って作成した。
.データベース名:cardb
.デーブル名:car_table
.カラムとデータは下記を参照



【プログラム作成】

1.プロジェクト「MySQLConnect」を作る
「ファイル」をクリックし、「新規」-「Javaプロジェクト」を選択する


2.ダイアログ-「新規Javaプロジェクト」
プロジェクト名:「MySQLConnect」と書き、「次へ」をクリックする


3.ライブラリーの設定
Javaビルドの画面より、「ライブラリー」のタブをクリックし、「外部Jar追加」を選択する



4.Jarの選定
先ほどインストした「mysql-connector-java-5.0.8-bin.jar」を選択して、「開く」をクリックする


5.jarの表示
ライブラリーに「mysql-connector-java-5.0.8-bin.jar」が表示されたら、「完了」をクリックする。


6.クラスの作成
作成されたプロジェクト「MySQLConnect」-「src」を右クリックし、「新規」-「クラス」を選択する。

7.新規Javaクラスの設定

パッケージ:a
クラス名:MyQuery
に設定して、「完了」する

パッケージエクスプローラに「MyQuery.java」が表示される。

8.コードを書く


10.表示
コンソール画面に下記のように表示されたら「OK」
コメント

JavaFXアプリを作って見た

2015年12月20日 | Eclipse4.4
JavaFXアプリを作るには


【動作環境】
OS:Win7
IDE:Eclipse4.4(ルナ)
ツール:JavaFX Scene Builder2.0

参照サイト→びばーくdev
毎日がサンデープログラマー

【JavaFXアプリの作成】
1.Scene Builderを立ち上げる
「JavafxTest.fxml」を右クリックし、Open with SceneBuilderメニューをクリックする


2.ペインの設定
ドキュメントの左下にあるAnchorPaneをクリックします


3.レイアウト表示


4.サイズの設定
右側にあるLayoutをクリックする
Pref Width:400
PrefHeight:300
に設定する


5.グリッドを貼る
GridPaneをドラッグ&ドロップ(D&D)でAnchorPaneの真ん中に持ってくる


6.サイズ合わせをする
AnchorPaneを右クリックして「Fit to Parent」をクリックする


7.パーツを貼る
位置(0, 0)にTextFieldを貼る
位置(0, 1)にLabelを貼る
位置(0, 2)にButtonを貼る
位置(1, 0)にTextAreaを貼る
位置(1, 1)にLabelを貼る
位置(1, 2)にButtonを貼る


8.「fx:id」を決める
位置(0, 0)TextField→textFieldSample
位置(0, 1)Label→labelSample1
位置(0, 2)Button→buttonSample1
位置(1, 0)TextArea→textAreaSample
位置(1, 1)Label→labelSample2
位置(1, 2)Button→buttonSample1


9.メソッド名を決める
ボタンのコード欄の「On Mouse Clicked」に「mouseClickedEvent1」を選ぶ、または任意の名を付ける


10.保存
メニュー「File」から「Save」を選択してScene Builderを閉じる。


11.FXMlを開く

「JavafxTest.fxml」を右クリックし、「次で開く」-「FXML Editor」を選択

エディターにコードが表示される。エラー表示は無視する

12.JavaFXTestControllerを設定する
「javafx.test」パッケージの下にある「JavaFXTestController.Java」をWクリックする。
変数の設定
・@FXML
private Label labelSample1;
@FXML
private Label labelSample2;
@FXML
private TextField textFieldSample;
@FXML
private TextArea textAreaSample;
@FXML
private Button buttonSample1;
@FXML
private Button buttonSample2;
初期化
・public class JavaFXTestController implements Initializable{
@Override
public void initialize(URL location, ResourceBundle resources) {

}
}
を書き込む

完了したら、保存をクリックする

13.実行
「実行」ボタンをクリック

コメント

JavaFXを動かしてみた

2015年12月14日 | Eclipse4.4
JavaFXを動かしてみた


【JavaFXとは】
SwingベースのGUIアプリケーションを構築するためのスクリプト環境です。「JavaFX Script」というスクリプト言語により、ごく簡単なスクリプトで高度なGUIアプリケーションを構築していくことができます。
簡単に言うと、JavaでRIA環境に対応したもの。

【動作環境】
OS:Win7
IDE:Eclipse4.4(ルナ)
ツール:JavaFX Scene Builder2.0
プラグイン:e(fx)clipse

【JavaFX Scene Builder2.0のダウンロード】
OracleのJavaFX Scene Builder 2.0 Related Downloadsより「javafx_scenebuilder-2_0-windows.msi 」をダウンロードする


【JavaFX Scene Builder2.0のインストール】
1.「javafx_scenebuilder-2_0-windows.msi 」を展開する
セットアップが開始する

.「次へ」をクリック
2.フォルダーの設定

・デフォルトのまま、「インストール」をクリック
3.継続

4.完了

5.JavaFX Scene Builder2.0の起動
「スタートメニュー」から「JavaFX Scene Builder2.0」をクリック


【Eclipseにe(fx)clipseをプラグイン】
1.e(fx)clipseをプラグインする
「ヘルプ」-「新規ソフトウェアのインストール」をクリックする

2.サイトのロケーションを選択する
作業対象の右にある「追加」ボタンをクリックする

3.リポジトリーの追加
名前:e(fx)clipse
ロケーション:http://download.eclipse.org/efxclipse/updates-released/1.0.0/site 
設定する。

4.インストール

すべてをチェックして、「次へ」をクリックする(上だけでも良い)

5.インストール詳細
「次へ」をクリックする

6.ライセンスレビュー
同意するにチェックを入れて、「完了」をクリックする

7.ソフトウエア更新
「はいい」をクリック

8.Scene Builderの設定
「ウインドウ」-「設定」を開き、「Java Fx」をクリックして「Scene Builder executable」の参照をクリックする。

9.パスを繋ぐ

10.「OK」ボタンをクリック


【JavaFXアプリを作る】
1.プロジェクトを作る
メニューから 「ファイル」 → 「新規 」→ 「その他」をクリック

2.新規のダイアログを設定
「JavaFx」-「JavaFX Project」を選択し、「次へ」ボタンをクリック

3.新規Javaプロジェクトのダイアログの設定
プロジェクト名に「JavaFxTest」と入力し、「次へ」をクリック

4.ビルドの設定
「次へ」をクリックするだけ

5.javaFXに関する設定
Application type: Desktop
パッケージ名 :javaFx.test
言語 :FXML
Root-Type: javafx.scene.layout.AnchorPane
ファイル名: JavafxTest
Controller Name: JavafxTestController

6.「JavaFxTest」の確認
「JavaFxTest」-「scr」-「javaFx.test」-「JavafxTest.fxml」を確認

7.Scene Builderを立ち上げる
「JavafxTest.fxml」ファイルの右クリックし、「open with Scene Builder」をクリック

8.結果

こうなればOK



コメント

SWTアプリを使ってみる

2015年12月08日 | Eclipse4.4
SWTアプリを使ってみる


【環境】
OS:Win7
IDE:Eclipse4.4(ルナ)
プラグイン:SwingDesigner

【SWTアプリについて】
SWT(Standard Widget Toolkit)とは、Eclipse Foundationという一団体が作って配布しているオープンソースのプログラムで、JavaでGUIプログラミングを行うためのAPI群です。
Javaの標準ライブラリに含まれているSwingと違い、SWT Homeから自分にあったものをダウンロードしなければならない。
しかし、Swingよりも高速で、簡単である。

【SWTアプリダンロード】
1.スタンドアロン SWT アプリケーションはSWT Home からダウンロードする。

下へ

2.ダウンロードした「swt-4.4.2-win32-win32-x86.zip」を好きなフォルダーに展開する


【Eclipse4.4にswtライブラリを追加するには】
参照サイト→ネットログ

1.「lib」フォルダーを作る
プロジェクト「swing」を右クリック、「新規」-「フォルダー」をクリック

2.新規フォルダーを設定
「swing」を選択し、フォルダー名に「lib」を書き込む

3.ファイルをコピーする
「lib」フォルダーに、先ほど解凍したファイルから「swt.jar」と「src.zip」を貼り付ける

4.参照ライブラリに追加
「swt.jar」を右クリックし、「ビルド・パス」-「ビルド・パスに追加」をクリックする

5.ソースの添付
参照ライブラリにある「swt.jar」を右クリックし、プロパティーをクリックする

6.swt.jarのプロパティー設定
ワークスペース・ロケーションのパスの「参照」をクリック

7.ソース・ロケーションの設定
「swing」-「lib」の「src.zip」を選択して、「OK」をクリックする

8.swt.jarのプロパティー設定画面を閉じる
swt.jarのプロパティーに戻ったら、「OK」をクリックする


【SWTアプリケーションの作成】
1.クラスの作成
「swing」-「src」を右クリックし、「新規」-「クラス」を選択する

2.新規Javaクラスの設定
名前を「Helloswt」と書き込み、「void main」をチェックし、「完了」を押す

3.コードを書く
エディターにソースプログラムを書き、「保管」を押した後、「実行」を押す

4.画面表示


【WindowBuilderを使って SWTアプリの作成】
参照サイト→WindowBuilderを使って SWTを試す
1.クラスを作る
「swing」-「src」を右クリックし、「新規」-「その他」をクリックする

2.「新規」ウイザードを選択
「WindowBuilder」-「SWTデザイナー」をクリック

3.シエルの選択
「SWTデザイナー 」-「SWT」-「シエル」を選択し、「次へ」をクリックする

4.New SWT shellの設定
名前に「Helloswt」を書き込み、「完了」をクリックする。

5.WindowBuilderの起動
「Helloswt.Java」のエディターが現れ、下の「Design」ダブをクリック

6.コンテントペインのレイアウト変更
右の「コンテントペイン」を右クリックして「set layout」-「絶対レイアウト」を選択する

7.ラベルを貼る
中央の「コンポーネント」-「JLabel」をクリックし、コンテントペインの好きな所でクリックする
「JLabel」をクリックして、プロパティのtestに「これはswtアプリのテストです」を書き込む

8.swt画面が立ち上がる



コメント