ささかのブログ

いろんな理由からgooブログに引っ越しました。

ヘイトクライム

2017-01-29 20:50:34 | 日記
ヘイトクライム(英: hate crime、憎悪犯罪)とは、人種、民族、宗教、性的指向などに係る特定の属性を有する個人や集団に対する偏見や憎悪が元で引き起こされる暴行等の犯罪行為を指す。

(出典:Wikipedia)

フォースのダークサイド、フォースの暗黒面(Dark side of the Force)は、フォースの側面のひとつ。ダークサイドの使用者は、恐れや怒り、憎しみ、攻撃性といった暗い感情から力を引き出した。

(出典:Wookieepedia)

おや?なんか似てないかい?

世の中に当たり前に存在している、第一次感情としての「愛」を、あまりに当然のようにありすぎて、忘れてしまう。
ちなみに、

フォースのライトサイド、フォースの光明面(Light side of the Force)は、フォースの側面のひとつ。ライトサイドの信奉者として知られたジェダイは、フォースのダークサイドの信奉者であるシスと敵対関係にあった。

(出典:Wookieepedia)

同じ出典より、

「善と悪を、どう区別すればいいのですか?」
「すぐに分かるようになる。冷静で穏やかになり、心を開くのだ」
ルーク・スカイウォーカーとヨーダ

(出典:Wookieepedia)

ダークサイドもライトサイドも、選ぶのは自分自身。
コメント

スカートのトラウマ

2017-01-27 21:32:45 | 日記
私は執拗なまでに、スカートが好きではない。

高校から受かった大学に行くために、一人で常磐線に乗っていた。

そんなに混んでなかったので、席に座ってウトウトしていた。

そこで足を挟まれた。

なんだと思って少し目を開けると、ピンクのミニスカートと太ももが目に入った。

わけがわからん!?

おそらく女性だよ。
でも顔を見る勇気はない。

なんだ?なにがしたいんだ?どうすればいいんだ?

頭の中はパニック。

次第に車内が混んできて、足の圧力が消えた。


痴女っているのかな?

これは確かに女性が痴漢にあったら、何も言えないわ。


草食系であろうと思う気は全くないけど、この経験のおかげで、無理やりとか、同意のない異性関係は全く持たなくなってしまった。

そういえば、ぐでんぐでんに酔っ払って、私の車にリバースした挙句、
「掃除手伝うから泊めて!」
「断固断る!」
というやり取りもあったなぁ。

無理です。酔っぱらいは泊めたくありません。性別問わず。

酔っぱらい以上に、やたら露出の高いスカートにはげんなりします。

おっさんの履いてるパンツをいきなり見たらげんなりするでしょ?

おんなじで、立って二人乗りしてた前の自転車の女子高生が、車に乗ってる私の目の前で飛び降りても、デパートの屋上でデパガが段差に躓いてズッコケても、げんなりするわけですよ。

だって私のタンスには、妹の下着が混じっていて、深い失望とともにあるべき場所に戻す作業があったのだから。


つまり、男性の皆が皆、あだち充の漫画と同じような性癖はないのだよ?
逆もまたあるということも想定すべきだと。


そんな私なので、性的被害を少しでも減らすためには、ジーパンぐらい履いてもいいと思う。

マイノリティだということはわかっていますよ。

こういうところが、兄属性なのかもしれないと思う今日この頃。
コメント

宿題はやらない

2017-01-25 21:29:11 | 日記
義務教育の意味がわからなかった私は、宿題をしなかった。

小学校6年のときに、後ろの席の人に話しかけて、先生に注意されて、教室の後ろに立たされても、その意味がわからないから給食も食べずに立ち続けた。

代わりにどうでもいいことは1000%全力投球。

先生がイスを引いたときに天井からクモのおもちゃが垂れてくるシステム。
(先生がわざとらしく驚いてくれた)

小学生の壁新聞にプログラミング特集とパソコンスペック比較。
(誰が読むんだ?)

六畳間に新聞敷き詰めて巨大折り鶴。
(千羽鶴は面倒だったから)

当たり前に(?)2進数16進数は暗算。

でも、掛け算九九は覚えないわ、漢字は覚えないは、まぁ今考えても面倒な小学生でしたよええ。

あとで小説読みまくって、無駄に漢字は覚えたけど、3秒考えて漢字が浮かばなかったら、メモはカナで取ります。
あとでパソコンで打ち直せばいいので。

高校ぐらいからノートは人に見せるために取ってはいないですね。
自分のイメージ記憶に残ればいいレベル。
文字じゃない何かは、連想を起こさせるためのトリガー。


結論を言えば、私は与えられた課題を解決するタイプではなく、自分で見つけた課題を率先して解決するタイプ。


そもそもサラリーマンなどには向いてない。

てなことに今更ながら気づいた。

After festival!
コメント

スキャンダル

2017-01-15 22:10:25 | 日記
広告デザインやプロデュースなどを仕事にしていたため、特徴的な長所を際立たせて全面に押し出して、弱点を目立たなくするなんてことは、結構できることを知っている。

世相に関しても同様のことが言えて、スキャンダラスな事件を表面化することによって、その裏で起きている内部的な問題を隠していたり、あえてスキャンダラスに報道することにより、責任の所在をあるところに(恣意的に)焦点をあわせているなぁ、と思うときがある。

世相だけではなく、実はこれは集団や個人の中でも起こることであり、ショッキングな出来事はその集団の価値や個人の価値観を揺るがすことになるが、内的葛藤を経た上であるところに収束する。

原因と結果にある因果関係を決定づけるのだが、それが本質的に正しいか正しくないかは実はそんなに問題ではなく、自分が一番納得しやすい因果関係が結べれば、ある意味安定する。

それでも、前提条件が違えば同じ状況でも対処法が異なるし、なるべくなら事実の因果関係が正しい方が後々破綻しにくい。

私の身近な人に、一番ショッキングな因果関係を結ぶことを常とする人がいるが、これもあり得ることだといえども、後々破綻する。

嘘でもいいから、とにかく相手の意表を突く理由をとっさに言える。

それを言われた相手は一瞬ひるむ。
因果関係がうまく結べないからだ。
そしてその理由で通してしまう。

状況対処としては確かに切り抜けやすいが、後々問題となるのはそれが嘘だということ。

芸術というものに関して言うと、意表をついたデザインは確かに価値が存在する。

目を引くからだ。

ただ、その内容が嘘であると、それはまた誇大誇張広告や、嘘偽りの流布となる。

某国家首長がエキセントリックな発言をすると、諸外国や国際企業や株価、更には為替相場が変動したりする。

過激な発言により社会がどう反応するのかを観察している可能性が高いので、早急な将来予測で行動指針を変えない方がいい。


ともあれ、なるべく事実関係を正確に関係づけるのならばよいが、とっさの嘘で対応してしまった場合、後々さらなる嘘が必要になり、自らを窮地に追いやる。

そういう意味では、私としては、心霊現象も、UFOも、似非科学も、宗教もあってしかるべきなのだろうと思う。


真実の因果関係は、時として人にとってとても残酷な場合がある。

例えば、昔の煙突式ストーブが歌うという現象があった。
何十年もそれを聞き続けた人は、それは歌うストーブだと信じて疑わなかったとする。

ある日私がひょいと顔を出し、その話を聞いて、
「あ、それは鉄製の煙突がうまくAMラジオを拾って拡声しちゃうんですよ。最近はラジオも発達してradikoというアプリでネットでラジオを聞けるんですよ。ほら、この放送番組とおんなじ内容ですよ?」

私はもしかしたら殺されるかもしれない。

「歌うストーブ」がその人にとって真実ならば、別に科学による正確な因果関係は必要ない。


ある夏のニュース番組の中で、台風直撃の際によく流れる「傘がひっくり返るOL」の映像が流れた。

ふと疑問に思った。
傘がひるがえっている。スカートもめくれている。
傘よりも先にスカートを気にしたほうが良くないか?
その前に、なぜこの風の強い中スカートを履く必要があるんだろう?

生物学的性別(ジェンダー)と社会的性別(ジェンダー)がある。
台風のときぐらい、スカートを履くという社会的性別はなくして良くないか?

そういえば女子高生はなんで皆スカートを履いているんだ?
別にパンツ(長ズボンの方)でもよくないか?
寒いだろ?階段上がるとき後ろ手しなくてよかろう?
そんなにあなたの下着を率先して見たいとも思わんのだよ?

いやそもそもだ。スコットランドでバグパイプ吹いてる男もスカート(キルト)履いてる。
日本でおっさんが普通にスカート履いてたら、多分気持ち悪い。

いや、なぜ気持ち悪い?

女性性を象徴させる社会的性別のシンボルだからだろう?

女性は女性扱いされたいからスカートを履くのか?
ダイバーシティ(多様性を認める社会)と逆行してないか?

あたしゃ男であるし、今更トランスジェンダーする気もない。
問題はだ。生物学的性と社会的性がごっちゃになっていることじゃないか?

確かに看護師は女性の方がいいと思うし、女子トイレを掃除するのも男より女のほうがいいと思う。
そのへんは適材適所。

このあたりの因果関係は触れないほうがいいのかもしれないが、ダイバーシティをうたう世の中では必須の議論だと思ったりする。


この文書がスキャンダラスかどうかはわからないが、なんか違うところをみんなでつついてる気がしてならないんですよ。
コメント

八丈島で年越し

2017-01-04 17:52:35 | 日記
本当は熊本に行くつもりだったが、年末年始はフェリーがドックに入るというので、八丈島に行くことにした。
ここ数年かなり忙しかったので、安くなるべく情報のない八丈島を選んだ。
「安くだったら自宅や実家にいればいいじゃないか」
という愚問には答えない。

そんなものは10年以上やって、ただ無為なだけだとはっきりしている。

八丈島は1980年代の北関東のイメージ。
コンビニはなく、24時間やっている売店はない。
夜10時をすぎれば、飲み屋以外ひっそりと静まり返る。

酒を飲まないので、元旦以外、日課のテレビ体操をやって過ごしていた。
元旦は日の出を見るために体操はできなかった。

原点回帰はできたと思う。

金で充実することはできない。
国籍も性別も関係ない。
真実を知るには正確な因果関係が必要。

そんな当たり前を当たり前にするだけだが、障害も多い。

大変だなぁ。やるしかないけど。
コメント