ささかのブログ

いろんな理由からgooブログに引っ越しました。

こどものじかん

2019-03-21 22:07:09 | 日記
小学生の頃は10分程度の休み時間に校庭に出て遊ぶなど、大人になるとよくできたものだなぁと思います。

私に限っては超インドアだったため、基本的に教室などにこもってましたが。

スマホなんかをいじっていると10分なんかあっという間に過ぎてしまいます。

そんな大人でも失ってしまった子供時間を経験できる瞬間を考えてみました。

・カップ麺の3分間

カップ麺にお湯を注いで待つ3分間。
長いです。

キッチンタイマーなどを仕掛けて他の作業に入れればいいのですが、カップ麺を作るぐらいなので、料理なんかしないわけです。

たった3分待つだけなのに、秒針の動き、長針の動きが遅く感じる。

そんな時にスマホをいじると、あっという間に3分過ぎて麺がのびるので、ここは懐かしい子供時間を思い出して、麺にお湯がしみていって徐々にほぐれるさまを想像してみては?

宇宙銀河の膨張を想像しても可。


・遅刻してしまう数分間

スマホナビで予定時刻に大幅に遅れる到着時刻案内。

でも道は渋滞しているし、目的地が見つからない。

相手は待っているかも?

焦っても事故を誘発するだけですので、先に遅れる連絡を入れて、一服するぐらいの余裕を見込みましょう。

焦りは事故のもとです。


・トイレを我慢する

便意は焦ります。

人も生物ですので便意には逆らえません。

人以外の動物が違うのは、時と場所を考えずに排泄することができない点です。

焦ると判断を間違えます。

順番通りに行えば問題ないことも、抜かしてしまって大きなミスとなります。

便意を我慢する数分間よりも、早く排泄して楽になる方法を考えましょう。

手遅れになると多くのものを失う可能性があります。


そんなこんなを並べましたが、ここ最近始業から終業までの時間が一瞬に感じる事実もありまして。

充実なのか何なのでしょうか?

それはそれで幸せな感じも不幸せな感じもします。

時間の感じ方というのは難しいですね。
コメント

おまかせ仕事

2019-03-17 22:47:15 | Office
偉大なる先輩は、
「他人に仕事を任せたら、できるのは60%」
と言いました。

私としては言葉で仕事を指示した場合、伝わるのはせいぜい50%だと思っているので、60%できたら、
「素晴らしい!」
と思うし、言います。

一挙手一投足全てを思う通りにするならば、一挙手一投足全てを指示しなければならず、「他人に任せるより自分でやる」となります。

自分の代わりにやって欲しい作業を任せるならば、練りにねった仕様書や設計図が必要で、とっさの一言の作業指示で思惑以上の仕事をしてもらえれば、
「素晴らしい!ありがとうございます!」
となります。

よっぽどベテランならありますね。


そんなだから未だに義務教育には懐疑的で、一つの答えに一つのやり方はナンセンスなんですよ。

せめて工業高等学校以上にならないと、勉強は面白くないと思うのは私だけなのでしょうか?


そんなわけで、義務教育の先生に多様な生き方を教えろという方が間違っていると思うし、そこで差別やいじめがあるとしても、さっさと協調なんかやめて、不登校で図書館にでも行くというのは間違ってないと思いますよ。

ステロタイプ人間を大量生産する時代なんか、終わっているということを学ばないといけないんですよ。

世の大人もね。


駅の地下ホームで誰も何も言葉を発することなく、一直線に整然と並ぶ乗客を見て、
「この國は大丈夫なのか!?」
と思った私がおかしいのでしょうか?

赤信号が当たり前にあるのはここだけで、普通の国はクラクションだけで交差点を通過するのに、自動運転なんかできるのか?

とか。

いろいろ思います。

ITソリューションには限度あるよ?
ITを使いこなすならわかるけど、ITに使われるのはゾッとしない。

そんなことです。
コメント

ハナタレオヤジ

2019-03-16 23:26:13 | 日記
別に花粉症とか関係なく、一年365日鼻水が出ます。

ハナタレです。

46才にしてハナタレとはバカボンのパパもびっくりです。

副鼻腔炎かと思いレントゲンも撮ったことがありますが、特に何もなく。

臭いわけでは無いので。

ξ。

それはともかく、「副鼻腔」って「異世界時空」を彷彿とさせる素敵ワードだと思いませんか?


今日はごちそうで「かつや」に行き、かつ定食をいただきました。

たまには美味しいお肉を頂きたい。

米と味噌汁を食す日々の私にとって、毎回100円割引券を必ず頂けるかつやに行かない理由があろうか?いやなかろう(即答)

寝ます。
コメント

やっつけ仕事は嫌だけど

2019-03-15 21:33:34 | Office
時間がないし忙しかったので、基礎的にできることをしっかりやって仕事を終えました。

帰りに雑用を済まして帰路に着くと、自分がやった仕事が結果として出ていて嬉しかったですが。


そんなこんなで新しく正規の仕事以外の仕事も発生し、来週までには決着をつけないとなりません。

現場現物現実を綺麗事抜きでしっかりと処理していくしかないんですよ。

そのほうが私の性分に合っている気もしますが。

なんとかかんとか生きています。
死ぬ気で生きてます。

報われるか報われないかは関係なく、自分が信じる道を突き進むしかないのでしょう。

清く正しく美しく。

誰もが欲しいと願い、世に出た途端に汚れる、赤ん坊の様な絶対正義のものづくり。

そこを目指すと決めてから、腹は括っているんですよ。

「ありえない」を目指すのが職人なのですよ?
コメント

多因子多目的最適化〜プロローグ〜

2019-03-14 22:07:03 | Technics
私の生涯の研究テーマである、多因子多目的最適化について論じていこうと思ったのです。

以前、「統計的に見ると占いの因子は現在の生活に対し限りなく0に近い」と論じたことの証明みたいなものです。

最適化とは違うのですけどね。

xを因子として、
x1:血液型占い
x2:星座占い
x3:誕生月占い

y1:全体運

とすると、

y1=c0+c1*x1+c2*x2+c3*x3

という式ができるわけです。

ここで、
c0:誤差
c1:血液型占いの強さ
c2:星座占いの強さ
c3:誕生月占いの強さ
となります。

例えば、
y2:恋愛運
y3:金銭運

などの式を作ってもいいのですが。

線形代数の行列式なんか使うと、

y=cx

と簡単に表記できちゃう。

cの占いの強さを求めるなら、

c=yx^-1

てな式で求まるわけですが、今やどこにでもあるExcelや、研究機関にあるMATLABなんかを使ってもいいし、線形代数を真面目に学べば、もっとエレガントな解き方もあると思いますよ。

もっともこの連載により占いを生業にする人の生活を壊滅させる気も無いので、単純な思考方法として見てもらえると幸いですが。


この手法によって言いたいのは、いろんな物理方程式があるのですけれど、誤差として扱っている、

c0

が重要ってことなんです。

人為的に操れる(と思っている)x1〜x3なんかより、考えていなかった変数が重要な事は、物理だろうが社会だろうが何にでもあるわけですよ。

「誤差」とするか「原因」とするかは、結構人次第のところもあってですね。

ちゃんと見なきゃいけないのに、見ているのに「誤差」にしちゃったり、どうでもいいことを「原因」にしちゃったりするという人の性(サガ)はいっぱいあるわけです。

c0〜c3といった変数強度は統計的にしっかりと求まってしまうので、事実を強烈に知らしめてしまうという残酷な面もあり。

統計学が簡単な割に軽視されるのは、このためかもしれないなとも思うわけです。

書けたら連載しようと思います。
コメント