Blog版一言日記

私、雑音領(ざつね・りょう)の一言日記です。

エアーマンが倒せない、2020年が終わらない。

2021年06月29日 18時15分03秒 | 日記(アニメ感想含み)
エアーマンが倒せない以上に、
2020年10月クールの録画消化が進まないんだよなぁ……。
と言うか、消化の足並みがちぐはぐでして……。
(ジャンルかぶりで消化に消極的なのか、"魔女の旅々""ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会""ミルドレッドの魔女学校(シーズン2)""アサルトリリィBOUQUET"の消化が遅くなるのがいやなんともはや……)

・"魔女の旅々"#9「迸る嘆き」
魔女というのは
「自分を特別だと思ってはいけない」
と言うのがエステルにもイレイナ自身にも刺さった回。
殊に#3,#4と違って自身が事の当事者(「依頼主エステルと依頼を受けた人イレイナ」以上に近い距離になった人に起こった「惨劇」に対して、状況に介入できる状況にありながらどうにもならなかった)となってしまったのが相当に「応えた」ようで……。

・"ルパン三世PARTIII"#43「さらばシンデレラ」
まさに女は強かなり。
(ネタばらしへの仕込みを最初に仕込んでいる)
後はルパンの不二子にだまされた上での粋な計らい、とかね。
(元々「グレッチェンへの手向け」と言う話で不二子と組んだので、筋を通した)

・"這いよれ!ニャル子さん"#12「夢見るままに待ちいたり」
大団円
……と言うか、
もうニャル子抜きの世界にはいられない真尋
というか……。

・"ひぐらしのなく頃に 業(2020年版)"#12「祟騙し編 其の四」
沙都子を救うために圭一、雛見沢そのものを説得させる。
(大石が日和見したのか、最終的に圭一のすることを黙認した)
とは言え、「運命を覆した(By梨花)」と言い切るには難しい状況で……。
(冒頭であった「今年のたたりは北条家に下るかもなぁ……」の村民同士のやりとりのことを考えると……)

・"アサルトリリィBOUQUET"#9「コスモス」
誰もが(それこそ「リリィという不確定要因の不穏な挙動に対処した」政府でさえも)ベストを出し切った果ての皮肉な結末。
初めて自分に近い人間の未帰還を目撃した梨璃は大丈夫なのか?

・"くまクマ熊ベアー"#11「クマさん、烏賊(?)と戦う」
ユナ、考えようによってはえげつない戦法でクラーケンに勝つ。
え、
クラーケン、ユナの「食い物の恨みは恐ろしい」に敗れる!?
実際、そっちの方が近いのかもね。

・"トミカ絆合体 アースグランナー"#38「激突!ガランドキャニオン大決戦!」
激突の果てに何とかダークスピナーを撃退したアースグランナー達。
でもって、
その違和感、ほっといて良いの?>ブレーキー、電子回路の劣化を幻視した。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

あ、危なかった……

2021年06月19日 23時45分57秒 | 日記(アニメ感想含み)
今日(令和3年6月19日)の仕事終わって、HDレコーダーを見ようとしたら、
音声はちゃんと聞こえるのに、映像だけが映らなかった。
コンポジット端子をつなぎ直したり、HDレコーダーの電源を付け直したり、HDMI-コンポジットコンバーター経由でつなぎなおしたりしても映像が映らない。
「こりゃHDレコーダー買い直しだし、コンポジット端子付いているHDレコーダーなんてもうないからいっそテレビも買い換えなきゃかなぁ……」
と思いながら、どうあっても映像が映らないのでしばらく電源を切ったままにしていて、
「ダメで元々で良いから、もう一回だけ試してみよう」
と電源をつけてみたら、
普通に映像が映った。
あ、危なかった……、
と言うか、
なんとなく怖い、
というか……。

・"ミルドレッドの魔女学校(シーズン2)"#5「魔女の運動会」
家族がうまく言っていないことをからかったら、家族の問題でからかわれても文句は言えないよね……>事の発端になったミルドレッドの"ファミリーツリー"の出来が悪いのをエセルがからかったら、ミルドレッドに「家族がバラバラじゃない」と斬り返され、エセルが「貴方の"ファミリーツリー"、父親の実が生っていない(つまりミルドレッドが母子家族であること)じゃないの」とミルドレッドに斬り返した。
この回、タイトル通り、運動会(立ちすくむモードの背中をドリル教諭が押す下りが、第一シーズンの立ちすくむミルドレッドの背中を押すローワン教諭(*1)と対になっているんだよな。
でもって裏の本線が「ミルドレッドの『家族の肖像』」なのかなぁ。
*1 去年はアルジャーノン先生だったのだが、翻訳が変わったのか、第一シーズンで私が名前を間違えて覚えていたのか……。また、今回もミルドレッドとローワン教諭とのやりとりが話の軸の一つ。

・"シャドウバース"#35「終焉への序曲」
エイジとヒイロ、
「男同士の熱き戦い(Byエイジ)」
(どう考えてもそんな雰囲気じゃないでしょ)
ヒイロの決意がいささか鈍い(エイジの発言に振り回されている嫌いがある)分を差し引いても、確実に一手上を行っているエイジにヒイロは勝てるのか?
そして、介入する手立てがないとはいえ因縁の相手エイジに対して日和見を決め込んだレオンの真意は如何に?

・"トミカ絆合体 アースグランナー"#37「風雲!『母船オー』に突入せよ!」
結局の所、ゴウが
「真打ちは最後にやってくる」
とばかりに良いところを全部持っていったね。
(そぉかぁ?)
でもって、ダークスピナーとの決戦。
ブレーキーと(意外にも)初めて対面したアースグランナー達。
果たして勝つのはどっちだ?

・"ルパン三世PARTIII"#42「ピラミッドの保険金を奪え!」
保険金詐欺(と言うか保険金目当ての殺人・器物損壊犯)をさらに保険金詐欺で出し抜く戦い。
目立った活躍のない五右衛門があきれ果てて飛行中の旅客機から飛び降りたって言う解釈でOK?>ラストで五右衛門が飛行中の旅客機から飛び降りたラストシーン。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

サイトを更新しました(令和3年6月9日)

2021年06月08日 23時42分13秒 | 日記(アニメ感想含み)
競馬の愚痴話を前振り小話にしました。
(サイト表紙に掲載)
しっかし、
「買わなければその馬券が来る。買ったらその馬券は来ない」
ってのは往々にしてあることだけど、なぁ……。

・"魔女の旅々"#8「切り裂き魔」
イレイナ、女難(だよなぁ)。
とは言え、人形店店主も
「芸術と嗜好のために人を踏みにじることは許されない」
因果応報を受けた
(「ご褒美をもらった」ではない。念のため)
からなぁ。
後はサヤの師匠であるシーラの登場かなぁ。
あ、そうそう。
こうも魔女の
「めんどくささ(と言うか愛の重さ)」
に端を発する事件に鉢合わせると、
イレイナが旅立つに当たって母親に「自分を特別だと思わないこと」と約束されたり、
フランがイレイナに「挫折や失敗を一番最初に教えようとした」り、
ってのは
魔法を使う者として大事なことだったんだね……。(いやホント)

・"トミカ絆合体 アースグランナー"#36「爆走!ウルトラ横断耐久レース!」
敵も味方も珍道中。
タッチの差でガランドキャニオンにたどり着いたのはダークスピナーだが、グランナー達も充分巻き返せそうで?

・"シャドウバース"#34「絶望のバトル」
ヒイロ、キッズホビージャンル物の
論理(その作品をプレイしていれば皆つながる)

倫理(チートカード相手に既存戦力を総動員して勝つ)
でマウラに勝つ。
のは良いけども、今度はどう考えても尋常じゃない(成長している分を勘定に入れても目の前にいるのがヒイロと分からない)エイジが登場して、さらに事態はおかしな方向に……。

・"仮面ライダーセイバー"#15「覚悟を超えた、その先に。」
飛羽真と上条の決着と、15年前の真実。
ケントの父親がソードオブロゴスの何者かにそそのかされる格好で裏切ったと言う真実が呪詛のような波紋(上条のソードオブロゴスへの裏切りを誘い、次回予告では飛羽真のソードオブロゴスへの不信=仲間への不信を招く事態に発展する模様)を広げること請け合いで……。

・"アサルトリリィBOUQUET"#8「ツバキ」
結梨を中心に事態が水面上下で動く。
(結梨をリリィとして認める学園のみんなと、結梨を作った対ヒュージ研究組織ゲヘナが国連にこの事実を公表した上で直接学園に返還請求してきた)
そんな中、楓は(対ヒュージ研究組織ゲヘナとともに結梨を作った)グランギニョル社社長である父に何を話すか?
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

爆発ついでにもう一つ

2021年06月03日 07時58分47秒 | 日記(アニメ感想含み)
前回の書き込みで"仮面ライダーセイバー"#12の感想で爆発したのでもう一つ。
#13まで見た時点でどうにも引っかかったのが、
敵方三人、それぞれの「色」も薄ければ「見分け」も付かないのでキャラとして立っていない。
ことだった。
同世代の男三人で編成しているとは言え、
人間体も怪人体も似通いすぎている上、カリバー=上条ほど表に出張ってくることもない、と言うのではねぇ。
(敵方に魅力と個性が欠けるのは作劇上の大問題)

・"ミルドレッドの魔女学校(シーズン2)"#3「エセルがいっぱい」
そう言えばイーニッドって無法を楽しむ側面があったんだよな……。>ミルドレッドがシビル達と「創立の石」探しを手伝い、モードが「クローンの魔法を使えば退学処分だよ」と止める中、イーニッドがエセルをクローンの魔法を使うように煽った。
で、エセルがクローンの魔法を使ったら触媒をイーニッドが間違えて調達しちゃったので無法を楽しむエセルのクローンが誕生してさぁ大変、が話の表筋なのだが、
裏筋のミルドレッド達と(尻尾を出さない)モールド教諭のあの手この手でやり合うところが見所(その過程でシビルが「本当の友だちができた」って話す件とか)だよね。

・"ミルドレッドの魔女学校(シーズン2)"#4「かわいい侵入者」
勇気を持って一歩を踏み出すことの大切さ。
(ミルドレッド、オリー、ヴィーの悩みが結果として解決した)
後は、教頭の「手のひら返し(と言うか、本音は裏腹だった)」オチかなぁ。
(教頭先生や大魔法使いが絡まって動けなかった大人の「しがらみ」オチなのかも)

・"トミカ絆合体 アースグランナー"#35「パワーチャージ!家族のともしび!」
どちらかというと決戦前夜。
この回、徹頭徹尾「家族の肖像」で筋を通しているんだよなぁ。
(ことにダークスピナー達や宇宙超古代文明人のように「今はもういない家族」の描写がうまい)

・"仮面ライダーセイバー"#14「この思い、剣に宿して。」
総力戦、始まる。
何とか飛羽真対カリバーの一騎打ちに持ち込めたが?
(敵味方両方から見逃されているレジエルの動き次第ではもう一波乱ある)

・"アサルトリリィBOUQUET"#7「フリージア」
どう考えても出自が普通じゃない少女、結梨登場。
高松理事長代行が余所からの介入をはねのけて第一接触者の梨璃預かりとして編入させることにしたが結果は果たして?
(結梨を担当することを決めたとき楓が敢えて不吉な諫言をしたのも引っかかるが)

・"ひぐらしのなく頃に 業(2020年版)"#11「祟騙し編 其の参」
圭一、「暴発(これは自身だけではなく詩音のそれも含めて)」ではなくて「正当な手段での爆発(分校のみんなと詩音を巻き込む形で)」を選ぶ。
雛見沢のみんなの力で運命を覆せるのか?
(大石の動きが厄介だが)
後、圭一自身も「失敗した世界」の記憶を覚えているようで?

・"くまクマ熊ベアー"#10「クマさん、海へ行く」
ユナ、初めての難敵と当たる。
(「海の敵と戦うのは流石に困難」とユナ自身がぼやいたので……)
でもって、ミリーラの問題、一つ(盗賊団)は片づいたけど、クラーケンの問題をどうにかできないことには
ユナの「海魚が食べたい」
……じゃない、ミリーラの問題が全て解決しないのだが、さてどうなるか?

・"這いよれ!ニャル子さん"#11「星から訪れた迷い子」
グタタンを巡って真尋とニャル子達とが喧嘩別れ。
事態はさらにややこしい方向に……。

・"シャドウバース"#33「滅びの行方」
「大人の都合」「牙をむいた世界」の最大の被害者にして最悪・最強の敵マウラとヒイロ&ルシアの対決。
しかし、
ホントどーすんのこの状況!?
(マウラのスペルカードが強力に過ぎる)

・"ルパン三世PARTIII"#41「戒厳令の夜」
次元譚。
ラストの「また古傷が増えちまっただけだ」と言う次元の粋がりに対して「俺はいつも新しい傷だらけだ」とやり返すルパンの切り返しが洒脱だなぁ。
後は、
東西冷戦(プラハの春)ネタとかね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする