Blog版一言日記

私、雑音領(ざつね・りょう)の一言日記です。

猫と片渕(アルビレックス新潟)監督(当時、現在同ヘッドコーチ)だけが知っていた

2018年06月30日 19時10分39秒 | 日記(アニメ感想含み)
(タイトルの元ネタはソード・ワールドTRPGのシナリオ名と、片渕監督から)
'18ロシアワールドカップ、グループリーグ第三戦。
日本0-1でポーランドに敗れるも、セネガル0-1コロンビアの結果になった為、日本がセネガルと勝ち点、得失点差、総得点数、直接対決が引き分けだったことながらもフェアプレーポイント(グループリーグ全参試合のイエローカード+レッドカード提示数)でセネガルを下回った(イエローカード処分を食らった数が少なかった)為グループリーグ勝ち抜け。
この顛末を見て、2016年のアルビレックス新潟(当時は片渕監督)がリーグ最終節、
勝ち点差3(名古屋勝ち、新潟負けだと得失点差の対決)、得失点差は新潟の方がそこそこ多い。
この状況下で、
新潟が1点差負け、名古屋が1点差勝ちだったので勝ち点差で並び、得失点差で新潟残留。
これを思い出した。
(尤も、今回の日本代表、セネガルがコロンビアに意地の総攻撃で引き分けるとか、選手がイエローカード処分を食らうなど、少しでも歯車が狂えば一巻の終わりだっただけに恐るべき賭に出て、それが上手いこと回ったと言うのがあるけど)

・"宇宙戦隊キュウレンジャー"#46「希望と絶望のはざまで」
クエルボとツルギの愛憎劇、ここに終幕。
果してキュウレンジャーはツルギを救って宇宙をも救えるのか?

・"フューチャー・アベンジャーズ"#17「ヒドラの協力者を探せ」
バッキーとスティーブ、生き方は違えども志す道は同じく。
後はマコトとブルーノの問題だが、次回のことを考えると、なぁ。

・"ダーリン・イン・ザ・フランキス"#3「戦う人形」
ヒロを巡る人間模様にはイチゴやゼロツー、ゾロメとの間だけじゃない複雑な物があるようで……。
(血気にはやるミツルがヒロに言い放ったこと)
で、そのミツルがヒロへの対抗意識と初戦での異常高揚のツケを払わされること(或いはゼロツーにまつわる噂「ゼロツーと組んで戦ったパイロットは三戦以内に戦死する」を証明することになったこと)で幕なのだが……。

・"ルパン三世(Part2)"#79「ルパン葬送曲」
音楽は人を殺す、
お玉も人を殺す?
な回。
(最後の決着前におおよその手の内をルパンが見抜いていた)
それにしてもルパン、
えげつねぇ……。
(催眠術にかかったとっつあんに逆催眠を掛けキョウランスキーを仕留めさせた)

・"タイムボカン 逆襲の三悪人"#16「ベートーベンの肖像画が怖い顔になっているビックリドッキリな理由とは!?」
ベートーヴェン失聴後の話だから"英雄(交響曲第三番、*1)"の話は出せなかったとは言え、色々とちぐはぐだなぁ……。
でもって、ミレイ司令官とビマージョの間もなんかちぐはぐなんだよなぁ……。
*1 "ナポレオン"と言う表題にしようとした所、彼が皇帝に即位したことに「やつも所詮欲の俗物だったか」とキレて改題したという俗説がある。

・"グランクレスト戦記"#4「決断」
いくら本人不在で、加えてシルーカが誤解を抱えていたとは言え、君主の不名誉なあだ名に言及するのはちょっと……>シルーカ。ヴィラール邸で援軍を頼んだ際の出来事。
(加えて、シルーカ自身がヴィラールと契約する所をテオと契約した背信行為がある)
ヴィラールの性癖……じゃない機略(わざとテオ対同盟に無関心と思わせ同盟大公本陣がテオ攻略に総力を挙げた隙にテオの後詰に入った)と人物(シルーカがテオと盟約したことで背信行為になってしまわないようテオとシルーカを自分の麾下とした)が物を言った回。
で、新たなテオとシルーカの旅路や如何に?

・"BEALRESS"#3「You'll be mine」
アラトが色々とすんでの所で救われた回。
(一手間違えれば救いのない話になるだけに……)
でもって、ケンゴに待っていたのは更なる泥沼で……。
(どう考えても重罪の片棒を担がされるか、家族の皆殺しが待っている状況だし……)
ところで、
所有者のいるHIEへの強盗行為はともかく(それだって考えようによっては重罪だけど)、ひき逃げ未遂(危険運転行為)も結構な重罪なんだけど、警察の事なかれ主義って古今東西変わらないよね(警察に話しても、緊張感のないお役所的な態度だった)。

・"新幹線変形ロボシンカリオン"#4「撃て!!シンカリオンE6こまち」
ハヤトが「なんの為にシンカリオンに乗るのか」を悟った時、アキタもそれに答えるかのようにシンカリオンに乗る。
まぁ、シンカリオンを動かすのに多くの人たちがいて、その背後にも多くの人たちがいるからね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

セルフアンサー

2018年06月24日 23時18分45秒 | 日記(アニメ感想含み)
以前書いた
>表題の元ネタは大槻ケンヂの詩か歌詞の一節、
「これではまるでピグモンです!ガラモンにさえなれませんっ!!」
>のもじりなのだが、正確な出典が思い出せない……。>
の件ですが、
正確な出典が判明しました。
UNDERGROUND SEARCHLIE(大槻ケンヂのソロ名義)のアオヌマシズマに収録されている"UNDERGROUND SEARCHLIE"の一節でした。
(歌詞は正確には「これではまるでソフトビニールのピグモンです、ガラモンにさえなれません」)
でもって、
>人のことをとやかく言えたレベルじゃないでしょうに。
についてもう一つ補足を。
UNLIMITED PLUS(正確にはその源競技であるUNLIMITED)は5枚のターゲットに命中させる競技なんだけど、ガンをホルスターに抜いて三枚目のターゲットで嵌まってしまった場合で5枚のターゲットに命中させるリズムの取り方が、
他のプレイヤー:「シュッ(銃を抜く音)、タン、タン、タタタン、タン、タン」
私:「よいしょ(銃を抜く音)タン(スッ、銃を次のターゲットに動かす音)、タン(スッ、銃を次のターゲットに動かす音)、タンタン(ゲッ)タン(スッ、銃を次のターゲットに動かす音)、タン(スッ、銃を次のターゲットに動かす音)、タン」
そりゃ、
人のことをとやかく言えたレベルじゃないよな……。

・"牙狼-VANISHING LINE"#14「RELIC」
ルーク自身の問題の「解決への近道(長老談)」。
「一瞬の心の弱さに敗れた魔戒騎士」と「斃れた者の志を継ぐ魔戒騎士・法師」としての自身との対峙にルークは何を見いだすか。
あ、そうそう。
ルークのスタイルが変わったのも(自分を鎧う事が無くなった)のもいろいろな変化なんだろうな。
と、言うことでルークの折り返し点。

・"牙狼-VANISHING LINE"#15「EL DORADO」
まぁ、伊達にホラーを従えているわけじゃないよね>ビショップ、クイーン、ナイト。
あれだけの「業と欲望(エルドラド乗っ取りを試みたホラー曰く)」が集まれば魔戒騎士・法師以外にも「招かれざる客」はやってくるわけで。

・"グランクレスト戦記"#3「戦旗」
急な成り上がりは古き勢力の疑念と嫉妬を呼ぶ物でして。>セーヴィス王のテオ討伐戦。独立領主のテオへの加勢があってどうにか跳ね返した。
サルトゥス師の懸念(シルーカが表に出すぎていること)と、義理の親子であること(シルーカと同盟魔法師筆頭)がテオの同盟帰参に当たって裏目に出かねないこと(それ以前にテオの無定見(*1)が疑われている可能性があること)が果してどう出るのか。
*1 同盟首脳部にしてみれば、同盟領を乗っ取って連合に付くことを明言した挙げ句、同盟領を連合領に切り取った上で同盟に帰参するんだから、セーヴィスの一部を振り回しているだけ、と取られかねないだけに。

・"新幹線変形ロボシンカリオン"#3「来たれ!秋田からのスナイパー」
だったら何故通路側の席を選んだ?>ハヤト、帰りの秋田新幹線で、窓側席のアキタ越しに窓から見える風景に夢中になっていたこと。
で、「当てずっぽう」が「瓢箪から独楽」になった回。
とは言え、ハヤトがそこに至るまでの言動は全然褒められた物じゃなかったけどね。

・"BEALRESS"#2「Analog hack」
時すでにおそし……>アラト、遼に「深入りするな」と釘を刺された頃にはにっちもさっちもいかない状況になっていた。
で、にっちもさっちもいかなくなっている(どころかやばいことに足を踏み込んで色々と洒落にならなくなっている)ケンゴの下に紅霞が現れて……。

・"ダーリン・イン・ザ・フランキス"#2「繋がると言うこと」
比翼の鳥はどちらか片方だけでは飛べない、ということをヒロやイチゴが痛感させられた回。
(自滅したゾロメやミクにはその自覚はなさそうだが)
で、ゾロメのヒロへの対抗心もさることながら、(ゾロメに引きずられたとは言え)ミクのイチゴへの対抗心と言い、ヒロの静かな憤りと言い、イチゴのゼロツーへの嫉妬から来る憤りと言い、全編ヒロ自身も含めてヒロを巡る憤りに支配された回。

・"仮面ライダービルド"#18「黄金のソルジャー」
幻徳、内海の死亡を確認しなかったツケを払わされるか?
(ただし、死体を発見できなくても生存は考えられない状況だったしなぁ)
とは言え、グリスを巡る問題(グリスも北都のスマッシュ三人衆も後がない状況)、加えてスクラッシュドライバーを巡る問題は一行に解決のめどは立たず……。
で、
オチがそれかよ!>グリス、美空に「みーたん萌え」を見たこと。

・"仮面ライダービルド"#19「禁断のアイテム」
三羽烏も万丈も一海も戦兎もお互いがお互いを思いやっているが故にそれをスタークと北都政府(とおそらくは難波重工)に利用されてどんどん泥沼(と言うか袋小路)に……。
さらに厄介なことに北都のスパイ(おそらくスタークとは別)に東都の動き(ボトルを分散隠匿していること)を読まれていて、一番難しい状況にある万丈についに破綻の危機が……。

・"スナック・ワールド"#39「伝説の鍛冶師、ゴエモンを探せ!」
デアファルコンって、色々と「右肩下がり」だよね……。
でもって、スカードンの元に辿りつくべく四苦八苦する一同。
どうにかゴエモン(流石に命の恩人に対して不義理ではなかった)の協力は得たけれど、まだまだ一波乱はありそうで……。
(何よりゴエモンを付け狙うデュラハンとの決着がついていない)
にしてもカルボナーラさん。
「飛空挺を作れる職人」の目星を付けるのに「果汁絵職人」や「バルーンアート職人」や「投稿職人」を推挙してどーすんの!?
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

タケノコ生活の常識

2018年06月18日 22時32分14秒 | 日記(アニメ感想含み)
今月は予期せぬ出費と趣味に走りすぎたのが祟って部屋の中で埋もれていた物を売りに出すことになったのだが、
・アニメ関連はアニメショップ。
・レトロゲームはレトロゲーショップ。
・それらでなければそれ相応の店

と言うのを守らないと、完全に投げ売りになってしまうんだ……。
(これら、特に二つ目を律儀に守ると、交通費の都合で赤字、と言うトホホなことになりかねないが……)

・"新幹線変形ロボシンカリオン"#2「対決!!シンカリオン対巨大怪物体」
シャショットが強引に事を引っ張ったことと双葉のハヤトを見ての感想がなければ、親子がすれ違ったまま手詰まりを起こす所だった。
逆に言えば、双葉の感想とシャショットの強引さが親子のすれ違いを解決した回。
(ただ、郡山でのE6、E7の半壊を見る限り、いつE5とその運転士であるハヤトもああなるかを考えるとイズミ指令長の道義面から来る懸念と逡巡も間違いではないんだよなぁ)

・"仮面ライダービルド"#17「ライダーウォーズ開戦」

北都首相(裏にスターク)が釘を刺さなくとも、西都は日和見(漁夫の利狙い)を決め込むでしょうよ。
戦兎の逡巡に対して答えを出したのは美空。
で、戦兎と龍我の前に現れた北都のライダー=グリスはこの状況を一刀両断にするのか?

・"牙狼-VANISHING LINE"#13「GOD'S WILL」
ソードの魔戒騎士としての意義とソフィの幻視(長老や「導きの地」にも指摘されたこと)などを考えると、いろんな意味で折り返し点。
ルークも魔戒法師の村を訪れた(らしい)事もあって"エルドラド"に向かって全てが集まりつつあるようで。

・"タイムボカン 逆襲の三悪人"#15「学問の神様、菅原道真のビックリドッキリな天才伝説とは!?」
解答が「実は出題者本人にもよく分かりません」な設問はどうかと……>アクダーマと時空管理局のクイズ対決の一問目、「菅原道真にこどもは何人?」の答え。公式は14人だが……。
今回はメタネタ(ついでに一月第二週という中学生は高校試験と三学期末テストという微妙な時期だしね)大炸裂な回。
でもって、切ない結末なんだよなぁ(テーマが菅原道真じゃ、ねぇ)。
え、ミレイとO-3?
ほっとけ、んなもん。

・"スナック・ワールド"#38「ヴィンサントの奮戦」
動機はどうであれ、方向がスカードンの方を向いていればがっくりすることではないのでは?>ヴィンサント、ゴブさん(こいつは借金取りからの遁走を考えていた)以外が「姫のパンツを取り戻す」ためにそれがつま先に引っかかったスカードンを追うことで行動の一致を見たこと。
ヴィンサントの気負い(チャップ達の説得ではそれが裏目に出てしまったが)と行動の原点がはっきりした回。
にしてもチャップ、
デアファルコンをモンスター登録していたあたり、抜け目ないというか、良い性格しているというか……。
(前回ではピーターパンパンをモンスター登録している事が発覚したし)

・"ルパン三世(Part2)"#78「ロボットの瞳にダイヤが光る」
ええと、
70年代的ドタバタコメディ?
となると、
大徒労
なオチも十分うなずける話であって。

・"フューチャー・アベンジャーズ"#16「W・ソルジャー救出戦」
ロシアにもロシアの事情ってのがある物でして。
で、
バッキー・バーンズ、W・ソルジャーとしての罪を償う。
さらに間の悪いことにロシア内部がヒドラに浸食されていたと言う問題もあって……。

・"宇宙戦隊キュウレンジャー"#45「ツルギの命とチキュウの危機」
死に魅入られたツルギを他のみんなが未来の夢を語ることによって目を覚まさせる。
で、いよいよ最後の戦いに(ラッキーにお株を奪われたツルギも自身の命を軽んずることなく)。
え、悪のアントン博士?
マッドサイエンティストは専門分野に全振りして常識に疎くなる
(小太郎に「宇宙が滅んじゃったら誰もあなたを『宇宙を滅ぼした博士』と誰が語り継いでくれんの?」と突っ込まれた)
のはお約束である。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今回は感想のみ(平成30年6月13日)

2018年06月13日 20時25分18秒 | 日記(アニメ感想含み)
・"タイムボカン 逆襲の三悪人"#13「日本が世界に誇る浮世絵師葛飾北斎が93回も引っ越したビックリドッキリな理由とは?」
つくづく画家に振り回される面々だ……>時空管理局。
("タイムボカン24"ではダヴィンチにさんざん振り回されています)
一方で姉妹の間はその場しのぎの使い捨てではなくて、相当に根深い物がありそうで……。
(でもって
「実はたいしたことじゃありませんでした」
は十分あり得る話であるが)

・"タイムボカン 逆襲の三悪人"#14「発明家平賀源内が考えた今でもみんなが知ってるビックリドッキリなキャッチコピーとは!?」
どう考えてもヒーローサイドの決まり手としてあり得ねー!>夏のウナギ対決。デンキウナギを持ち出したアクダーマも大概だが、冬にタイムワープして一番おいしい時期のウナギを捕まえてそれを対決に持ち込んだこと。。
え、ミレイ司令官とO-3?
そりゃ、いつものことに決まってんでしょ。

・"宇宙戦隊キュウレンジャー"#44「ドン・アルマゲの正体」
ツルギの苦悩編。
(ペガさんに「あんさん、ホントにそのクエルボのこと分かってたん?」と痛い所を突かれるわ、そのクエルボが現在のドン・アルマゲの肉体だわ、加えて彼自身の肉体にも限界が……)
一方でチキュウが最大の戦いの舞台(単独で宇宙を消滅させるだけのプラネジュームを持っている星)になることは明白で……。

・"フューチャー・アベンジャーズ"#15「もう一人の変身少女」
ヒーローにあこがれていた少女が本物のヒーローになるまで。
(とは言え、そこに至るまでの道筋が褒められた物ではないが)
いささかに幕間の色が強い(カマラが力を持った原因も「エメラルド・レイン計画」絡みではなかったし)回。
(いや、クロエがキャプテン・マーベルからコードネームもらったのはそこまで軽んじていい話じゃないでしょうよ)

・"BEALRESS"#1「Contact」
HIEを"道具ではなく人"として接するアラト(後でレイシアに苦言を呈されたほど)と所有・被所有の関係になったのはお互いにとって幸いだったかどうか。>アラトとレイシア
(いや、そう考えること自体レイシアに対しては不自然なんだろうけど)
で、
レイシアの苦言にも"裏"がありそうで……。
(そもそも脱走HIEなんだから、脱走の動機やら何やらが絡んでくる)

・"グランクレスト戦記"#2「野心」
誤解を招く言動や注文(ヴィラール自身が要求した服装にシルーカが引いていた)が多すぎるのが原因では?>ヴィラールの「自分の女性崇拝の本心を誰も分かってくれない」と言う愚痴。
テオとシルーカがかき回した状況につられてラシックが動く。
まぁ、勝ってテオの領地を征服しないと財政が破綻する(モレーノにその辺を指摘されてました)所に自身を支えるに頼むモレーノの敗北と捕縛、さらに手詰まりを迎えた状況では進むも引くもままならないしね>ラシックの降伏。
でもって、一連の流れがヴィラールを改めて引き寄せた所で幕。
(元々シルーカがヴィラール伯の下に向かうことが事の発端だけに)

・"ダーリン・イン・ザ・フランキス"#1「独りとヒトリ」
"比翼の鳥"達の物語。
……と単純に言い切るにはなかなか入り組んだ物があるようで。
(入隊式でパラサイト達に訓辞を渡した首長と副首長がホログラフィなのはどうでもええんかい)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ぼくは今、夢を見ているんだ2018

2018年06月09日 21時02分42秒 | 日記(アニメ感想含み)
まぁ、筆者にとって本格的な今年の録画消化が始まったばかり、と言うことで一つ。
(TOKYO-MXの"ルパン三世(Part2)"をガン見していることから眼をそらしつつ……)

そうだ
これは夢なんだ
ぼくは今、夢を見ているんだ
目が覚めたとき、
今はまだ平成30年初頭
一月二月の仕事での修羅場をかいくぐって三月になったら、
アルビレックス新潟が鈴木監督の下でJ1復帰の為に怒濤の快進撃を繰り広げて(*1)、
ハリルジャパンが低い下馬評を覆すべく爪を研いで牙を磨いてる(*2)んだ……
*1 今シーズンは元々不安定だった所に鈴木監督が「勝っているチームはいじらない」と言う勝負の鉄則を覆して基本布陣すら変更してしまい四連敗、その後も復調していない。
*2 ハリルホジッチ監督がW杯開幕直前に解任されたのはご覧の通り……。

・"グランクレスト戦記"#1「契約」
全ては皇帝紋章(グランクレスト)が非力だったのが原因なのですね(違……、と言い切りがたい所がなぁ)
自己流でここまでやってきたテオと奔流のようなシルーカが巻き起こす国盗り物語。
で、前君主付きの魔法師(前君主の魔法師への裏切り行為に対して契約破棄で応じ、テオに付くことを明言した)も言っていたけど、
この状況どーすんの?
(同盟軍諸侯の領地のど真ん中で連合軍に付くことをシルーカが宣言したため)

・"新幹線変形ロボシンカリオン"#1「出発!!シンカリオンE5はやぶさ」
ハヤト、思わぬ形で夢を果たす。
(とは言え、乗客としてはやぶさに乗ったわけではないので父親に約束を要求するあたり、ハヤトもちゃっかりしてるよなぁ)
で、
速杉所長(ハヤトの父)が用意していたシミュレーターとシンカリオンの因果関係は?
(ただの適合率測定器じゃないんだろうが)

・"スナック・ワールド"#37「勝負の行方!チャップ吠える!」
らしくなかったチャップが「らしさ」を取り戻したことが勝因になった回。
(土壇場で見たメローラ姫と祖母に諭されたことが死に魅入られていたチャップを立ち直らせた)
でもって、
「レアフューチャー(メローラ姫談)」
を掴む旅が待っている……と思いきや、意外な
「落とし穴(ビネガーの負の遺産)」
が待っていたようで?
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Blogで書けない一言日記、更新いたしました(平成30年6月7日)

2018年06月07日 21時49分05秒 | 日記(アニメ感想含み)
"ラブライブ!サンシャイン(第二シーズン)"の感想になります。
これでやっと2017年本放送分の番組は見終わった……。

・"クジラの子らは砂上に歌う"#12「ここに生まれてよかった」
オウニがいなければ、最後の双子の造反(とその前後で印持ち達の動揺)を収拾しきれなかったからなぁ。>エピローグでのスオウとオウニのやりとり。
順風満帆、と言うわけにはいかない(何よりオルカが戦艦を譲り受け、ファレナの追撃を開始した)が、住民誰もが真実を知り(双子の造反もそこに端を発している)、その上でそれを受け入れ(造反した双子も最終的にはオウニからニビ達の死の意味を持ち出されて沈黙した)、チャクロが記録を残す意味を悟ったこと、リコスが泥クジラの住人になることの誓い、漂流生活が終って新天地を目指す泥クジラ、で(当座の)幕。

・"フューチャー・アベンジャーズ"#14「止まれない超高速飛行」
フューチャーアベンジャーズ、絆の勝利。
(殊にプレッシャーに負けていたマコトを叱咤し、仲間の存在と力の意味をファルコンが諭した。ブルーノの孤立と好対照)
マコトとアディの活躍に触発された(結果、アヴェンジャーズのコードネームを得た)かのようにクロエも「自分もコードネームを得られるよう活躍してみせる」 と意気込むけど、
気負いすぎて自滅
(マコトがそうなりかけた)
なんて言わないようにね。

・"ルパン三世(Part2)"#77「星占いでルパンを逮捕」
「占い師は自分のことを占ってはいけない」ってタブーはある所にはある所なんだね(違)
(マリアンヌがルパン達を出し抜いて「ポセイドンの炎」を盗もうとしたら、裏をかかれた)
まぁ、ルパンは元々オカルトとの相性が悪いし、オカルトに強い五右衛門を抑えれば勝てると踏んだのは間違いないけれども、次元の洞察力を軽んじたのが敗因だったよね>マリアンヌ、次元に占いの「種」を読まれた。
で、
マリアンヌもルパンも、不二子でさえも出し抜いたガブリエル国王が一枚上手、ということで。
(勝因が
「儂の国でも"ルパン三世"は放映されておるからの」

メタネタ
なのはどうかと思うが)

・"アイドルマスター-Side M-"#13「ずっと、ずっと、その先へ」
集結点にして新たな起点>315プロ合同ライブ
それが終っても315プロのみんなも頂点を目指して「パッションをぶつけ合って高め合う(315プロ社長談)」日々は続くわけで。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Blogで書けない一言日記、更新いたしました(平成30年6月4日)

2018年06月04日 21時48分33秒 | 日記(アニメ感想含み)
あじさい公園武蔵野神社に行ってきた時の写真公開と、
"ラブライブ!サンシャイン(第二シーズン)"の感想になります。
(あじさい公園に行ってきたのに、あじさいの写真がないのもどうかと思うけど)

・"タイムボカン 逆襲の三悪人"#12「福澤アナまた見参!自由の女神ウルトラクイズ!」
小倉アナ、前回同様、今回も出番なし(違)……。
それにしても、
「この混沌(カオス)っぷり、ようやるわ」
としか言いようがないなぁ……。
(アメリカ横断ウルトラクイズ以外にも"映画キングコング"ネタとか、それを拝借した"クレイジークライマー"ネタとか出てきます)
そしてアメリカ横断ウルトラクイズネタで、
ボクシングのヘビー級チャンピオンとスパーリングの罰ゲーム
まで持ち出してくるとは、
小倉アナを登場させなかったこと以外、カオスっぷりに全振りしたんだなぁ(まだ言うか)。
え、エピローグ(*1)のビマージョとミレイ司令官の接近?
あんま気にすんな。
(と、言い切りがたいよなぁ、流石に)
*1 実を言うと、「ニューヨークでの決勝で黄昏れる敗者」というのも、ウルトラクイズの名物だったのだが。

・"仮面ライダービルド"#16「兵器のヒーロー」
「『理屈で割り切れない物』に対してどう動くか?」の答えを先に出したのは万丈。戦兎もただ一つ残った確かな物を胸に動く。
一方で幻徳の野望につられるか(或いはそれを煽るか)のようにスタークも動き、ついに日本内戦(だよな?)の火蓋が切って落とされ……。

・"Infini-T-Force"#12「I'll Find…」
いささかにビターな大団円……、と思いきや、状況が笑を放って置いてはくれずに……。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

これではまるでのび犬です!のび大にさえなれませんっ!!

2018年06月02日 00時29分38秒 | 日記(アニメ感想含み)
表題の元ネタは大槻ケンヂの詩か歌詞の一節、
「これではまるでピグモンです!ガラモンにさえなれませんっ!!」
のもじりなのだが、正確な出典が思い出せない……。
昨日(6月1日)の仕事終りにTARGET-1 新宿店(ターゲットワン)で開催された「UNLIMITED PLUS、第一部」に参加したのだが、
人のことを「嵌まった(ターゲットに命中せずに停滞すること)」と言っていたら、
自分も嵌まってさぁ大変。
(それよりも
人のことをとやかく言えたレベルじゃない
でしょうに……)
後は、末吉様(審判役の店員さん)からアドバイスをいただいた
(サバイバルゲームに使う銃とレース用に使う銃はまるっきり別物であること、引き金の距離が長い銃はぶれを起こしやすくなることの話は参考になりました)ことはありがとうございました。

・"クジラの子らは砂上に歌う"#11「夢の話だ」
来訪者が事態を引っかき回すのは泥クジラに限らない話だが……。
アフラニに全責任を押しつけて(彼が査問会の最中に条件反射で発砲(*1)したのは弁解の余地がないが)何とか難を逃れ、なおもファレナを諦めないオルカ。
一方で「うすうす感づいていたが知りたくなかった事実(ファレナのヌースが印持ちの寿命を喰っていること)」を知らされたチャクロ。
そして体内モグラの双子が反乱(と言うか泥クジラの乗っ取り)を起こすべく扇動し……。
(同じ体内クジラのオウニにしてみればニビの死を見た上で「これ以上泥クジラの住人の血を見るのは勘弁だ」と言いたい気分だし、一方で双子にしてみれば元々オウニを異質視していた上「ニビを死なせた」として完全に拒絶してるし)
*1 拳銃の携帯を誰も止めなかったあたり、オルカも査問会の重臣団も最初からアフラニに全責任を取ってもらう肚だったのかもしれないが。

・"ルパン三世(Part2)"#75「不二子に花嫁衣装は似合わない」
オカルト(それではマダムX)じゃなくて猟奇譚。
女はしたたかなり……。

・"ルパン三世(Part2)"#76「シェイクスピアを知ってるかい」
次元悲恋譚。
……もさることながらルパンの
「俺ぁ『白だ黒だ黄色だ』ってのが一番大嫌いなんだ」
と言うのを踏みにじられた怒りの方が先走っていた回。
(ついでにタイトルの由来が白人が黒人を演じるシェイクスピア劇と人種差別から成る反乱蜂起つぶしが絡む政治謀略劇の掛詞)

・"いぬやしき"#11「地球の人たち」
どう見ても原作からして打ち切りです。ありがとうございました。
とは言え、犬屋敷と獅子神の決着を付けるにはああするしかなかったのだろうが……。

・"アイドルマスター-Side M-"#12「どんな理由も、どんな夢も……」
薫のリタイヤで「雨降って地固まる」
薫も一人でやってきたわけじゃないし、プロデューサーもアイドルに話さずに独断で仕事断ったことは褒められたもんじゃなかったしねぇ。

・"スナック・ワールド"#36「大決戦ビネガーパレス!なるか1000倍返し!!」
好事魔多し。
(と言うか、ヴィンサントが己の心の「普段は意識していないチャップへの嫉妬」に負けた)
このまま行くと、
よくて「ビネガーを倒してもヴィンサントが人に戻れない」ビターエンド
下手をすれば「同士討ちの挙げ句にビネガーに倒される」バッドエンドが待っているが……。

・"フューチャー・アベンジャーズ"#13「緑の怪物VS緑の巨人」
次元の壁を越えて、スタン・リー参上(違)!
(ホットドッグショップの店長役です)
ハルクとトニー、それぞれの持てる力や技量でグリーンゴブリンに落とし前を付ける。
で、〆は
「喧嘩するほど仲が良い」
と言うことで一つ。

・"宇宙戦隊キュウレンジャー"#43「聖夜に誓うヨッシャ、ラッキー」
息子を死地から助け出すのも親の「努め」なら、
散った者の想いを無駄にしないのが生き残った者の「努め」と言うわけでして……。
一方で表に出してこそいないがツルギの苦悩も難しい所があって……。
(ドン・アルマゲが「憑依生命体」であることの見当は付いているが、現時点で彼を構成している肉体が肉体だけに……)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする