Blog版一言日記

私、雑音領(ざつね・りょう)の一言日記です。

いろいろと出費がかさむ……

2014年07月31日 20時06分10秒 | 日記(アニメ感想含み)
いろんな物が寿命を迎えてしまい、買い換える羽目に……。
(それより、本や雑誌の衝動買いが直らないことの方がよっぽど問題なんじゃ……)

・"M3 ソノキ鋼"#2「死神ニ抱カレ」
どいつもこいつも一癖ある(ヘイトの場合はそれでは済まないが。また現状それ故イワトの影がいまいち薄い)パイロット養成コースの面々。
アカシとアージェントとの間には何か深い関係(カサネ曰く「アカシと接触させたくなかった」)があるらしいが?

・"M3 ソノキ鋼"#3「過去ノ綻ビ」
ミナシ、空気読め。
最もイマシメに近い少女ササメの登場と、アカシにしか操縦できないアージェント、そして、イマシメの声を聞いたチーム・ガルグイユの面々。
話がどんどん煮詰まっていくぞ……。

・"風雲維新ダイショーグン"#4「スサノオ強奪、苛烈なる浅井兵庫!」
うーん、今回は感想を書くのに困る回だよなぁ……。
スサノオを狙った第三勢力も登場して……。
後は〆のナレーション。
湯屋の心配かよ……。
(そりゃま、スサノオ絡みで店が毎度毎度ぶっ壊されるけどね)

・"風雲維新ダイショーグン"#5「長崎晩夏、灯籠流しの夜に」
慶一郎のデリカシーを欠いた言動に始まり、
慶一郎のデリカシーを欠いた言動に終わる回。

途中、慶一郎生誕と「女体いらずの呪い(人工女性恐怖症)」のいきさつとか、霧子の過去とかいろいろあったけどね。
(そこは軽く流したらまずいだろ……)

・"風雲維新ダイショーグン"#6「大乱の重義、江戸鮮血開城!」
幕間、あるいは次の展開への承前回。
長崎が舞台じゃない(江戸が舞台)のでOPとEDがない変則編成。
法光院って第三勢力扱いだったのね……。
当然この反乱騒ぎは長崎にも波及しそうで……。
お冨ばあさんが最後に重義を倒すというオチだったら、
これがホントの
「江戸の敵を長崎で討つ」
ですな。(何考えとんじゃ)
(確かに老中松平公はお冨ばあさんの上司に当たる人物だが)

・"軍師官兵衛"#16「上月城の守り」
それぞれの決別の回。
西(摂津との国境)の三木城別所家を何とかしなければ信忠勢は最悪播磨に孤立するわけで、だから優先標的を三木城に置くのは致し方ないよね。
官兵衛と左京進、それぞれ義兄弟相撃つの覚悟も決まってしまい……。

・"軍師官兵衛"#17「見捨てられた城」
よく分かってらっしゃる。>隆職。政職の優柔不断な性格。
上月城が落ち、播磨が不安定になったかと思われた(政職が一瞬毛利に寝返ろうか考えたが、さすがに毛利につかなかった)が、直家が「毛利が自分を疑ってかかるのなら、本当に織田について毛利と一戦交えるまで」と啖呵を切ることによって毛利方が「直家という爆弾を抱えたままでは身動きがとれない」と判断して撤退。
これで一難去ったかに見えたが、村重がとうとう壊れてしまい……。
(光秀も村重の助けにはならなかった)
さらにやっかいなことに政職の妻(官兵衛を信じ、小寺家と黒田家の間を取り持った人)
が病没して、小寺家と黒田家の間にすきま風も吹き始めかねない状況に。
コメント

キンカン地獄変

2014年07月22日 22時49分22秒 | 日記(アニメ感想含み)
ある日のこと。
新しくキンカンを買ってきたので古い(使用期限を二年ほど過ぎた)キンカンを台所の流しから捨てようとしたら、
台所中にキンカンとアルコールの煮詰まったにおいが……。
(使用期限を二年ほど過ぎたためか?)

・"ノブナガ・ザ・フール"#16「聖杯-ACE of CUPS-」
カエサルもチェーザレも読みが違う(前者はラテン語、後者はイタリア語)だけで同一人物なんだよね。
(同族嫌悪むき出しなやりとりもそこから来ているんだろうなぁ)
事態は終結(アーサーの思惑通り?)に向かって動いているようだが?
(アーサーもダ・ヴィンチと同じくタロットカード使いであることも判明した)

・"風雲維新ダイショーグン"#3「倒錯の性魔、法光院襲来!」
結局法光院は何がやりたいのだ?
(一ツ橋卿からの下命も果たす気がない戦闘狂にしか見えないなぁ。それも少し違うか)
スサノオもまだまだ秘められた力を持っているし、慶一郎もやっとスサノオを受け入れる気にもなった。
深夜アニメ的に正しい(前半エロティック忍法帳、後半ロボットアニメ)道を歩んでいるあたり、良くも悪くも深夜アニメの典型と言うべきか……。

・"M3 ソノキ鋼"#1「降星ノ夜」
岡田麿里が初っぱなから仕掛けてきたこと
(イマシメの正体がどうも死んだ人間の残留思念に金属生命体がとりついた物らしい)
以外は普通に第一話。
選ばれたメンバーは全員、過去に無明領域と何か因縁があるようだが……?
(IXの無明領域研究部はその辺を知っているようで?)

・"ディスクウォーズ・アベンジャーズ"#4「助っ人ホークアイ」
ロバート上院議員「SHIELDの管理体制は一体どうなっているのだ!?」
いや、ホント。
(ホークアイの命令違反(単独行動)を看過してるし)
ロバート上院議員のポジション(ロキに謀られただけか、それともロキと共謀しているか)が今ひとつはっきりしないながらも、ロキの陰謀はかなり大がかりなようで。
で、リザードを捨て駒としたヴィランのつるべ打ちにヒーローはどう対処するのか……って、
ホークアイが全然活躍してないぞ!?
コメント

ま、ボチボチと……とも言ってられないか

2014年07月12日 18時21分10秒 | 日記(アニメ感想含み)
"探検ドリランド1000年の真宝""ガンダムビルドファイターズ"の未消化が、なぁ……。
(おかげでDVDの容量を圧迫している、と言う……)

・"ブレイクブレイド"#2「アンダー・ゴゥレム(古代巨兵)」
シギュンさん、あれではライガットを男として意識していないって事ですか!?(違)
(いくら何でも、「一つの物事に集中しすぎるとほかの物事に無頓着になる」の範疇を超えてますぜ)

……もとい、
ライガットは魔力を持たないのに士官学校試験・三年次まで進級(金銭面の事情で退学(*1))しておきながら、非魔力系教科のの行政書類処理(報告書作成)がまともに出来なかったことが発覚した回(もっと違(*2))。
ええと、この世界、化石燃料はないけど、植物油はあるんですね(「菜種油(*3)」って存在を知らんのかおのれは)。
ゼスは遊撃部隊でクリシュナの首都守備隊に致命打を与えることによって「抵抗してもいたずらに損害を増やすだけ」と誇示させてクリシュナに降伏を迫り、ライガットはその戦争自体を終わらせるべくゼスとの話し合いの機会を求めて出撃するが……。

(*1)第三国からの入学者へは、身元保証金を兼ねての有償教育なんだろうなぁ。
(*2)あんまりにも常識外れのゴゥレムについての報告だったのでシギュンが認めなかったのか、そもそも形式がなっていなかったのでシギュンが認めなかったのか今ひとつはっきりしない。後者だとそれこそ家庭の事情(金銭面の行き詰まり)じゃなくて成績不良で士官学校放校処分だったと言うことに……。
(*3)アルコールランプだったので、高濃度アルコールかも(これだったら植物からでもとれるか)


・"ブレイクブレイド"#3「ノット・バッド(停戦交渉)」
ライガットとゼスの再会はボタンの掛け違いだらけで。
(ライガットはゼスの立場を推し量れず、ゼスはクリシュナの降伏条件を知らされていない模様。加えてクリシュナ攻略の第二陣が迫っていると聞いて動揺著しい)
さらに間の悪いことにトゥル将軍が血気にはやって抜け駆けしたため、交渉は完全に決裂してしまう。
ゼスとライガット、お互いがお互い、もう戻れないところまで来てしまった……。
もう一つ、ロキス書記長はゼスのこと(国境要塞の攻略命令を無視したクリシュナ王都奇襲)を快く思っていない(「そんなに名声がほしいのか(ゼスの本音は第二陣の出撃を食い止めるため、速決速攻を必要としていた)……」とつぶやいていたことから政敵の一人と思っている)模様。

・"ブレイクブレイド"#4「クロース・コンバット(近接戦闘)」
ゴゥレム乗りの業に向き合わされるライガットと兵を率いる者の業に振り回されるゼス。
血気にはやる理由も分かるトゥル将軍。
父親の遺訓に逆らってまでもライガットが出した結論は……。

・"キャプテン・アース"#2「銃の名はライブラスター」
ダイチがテッペイとハナと再会して、昔の約束を果たす回。
Globeとソルティ・ドッグの確執(ソルティ・ドッグがテッペイやハナに対する非人道的とも取られる軟禁拘束をやっていること)や、キルトガング襲来の状況を利用して、計画を遂行しようとする企業勢力もあって、水面下ではいろいろとうごめいているようで……。

・"キャプテン・アース"#3「アルビオンの虹」
西久保司令が親父の甲斐性を見せた回。
(ダイチとテッペイとハナの身元引受人となることによって、三人の基地での軟禁拘束を終わらせた)
……その直後に、
アカリに良いようにかき回されて株価がストップ安になってしまったが。
ほかにも、ダイチの破滅を望むレイト(ソルティ・ドッグ監察官)が暗躍したり(「方舟派」から見て彼の存在が邪魔らしい)、ハナがキルトガング・アルビオンを召還したり、テッペイがそれを操作したり、アカリが魔法少女(そりゃ「高度に発達した科学は、もはや魔法と区別が付かない」って言葉もあるからなぁ)の片鱗を見せたり、四人が一つに向かって動き出した回でもある。
(実はアースエンジン=ダイチは出撃させる予定はなかったが、ダイチがレイトの挑発に乗ってしまった)

・"キャプテン・アース"#4「遊星歯車装置の強襲」
アカリが不思議ちゃんの本領を発揮する回。
(普段はおへそを出さないのね)
……もとい、
西久保司令が職を賭して(越権行為、と言うか重大な服務規程違反を部下に指摘された)テッペイとダイチの友情を信じ、二人がそれに答えた回。
テッペイが遊星歯車装置(キルトガング)の一員であると知ったアマラとモコはGLOBEの本部に急襲をかけるが……。
遊星歯車装置とGLOBE種子島との初顔合わせの回でもある。

・"風雲維新ダイショーグン"#2「扇情の花街、妖狐のちはる!」
結局、(花街の建物の弁償やお代やらを払わされた)百助の一人負けで(湯屋の看板娘が一人増えた)お婆の一人勝ちでしたな(なんか違う)。
まぁ、疑似女性恐怖症の呪いなんて物を掛けられたら、慶一郎でなくてもキレるわな。
(だからこそ、ちはるを動かしたと思うが)
で、前回巨乳で呪いを解くのに失敗したから貧乳で呪いを解こうとしても慶一郎に掛けられた呪いは解けなかった、と言うことで一つ(やっぱりなんか違う)。
しっかし、
世継ぎに女性恐怖症の呪いを掛けておいて慶一郎の次の代をどうするつもりなんだ!?<幕府。

・"ノブナガ・ザ・フール"#15「吊された男-THE HANGED MAN-」
「人質など無意味!」と啖呵を切らなかったので、今度は無事に人実を助けることが出来た回(違)。
……もとい、
すべてはアーサーの手のひらの上、の回。
ドン・レミの村(ランマルの故郷)にはまだまだ秘密があるようで。
(ノブナガが天啓を見たことはどーでもいーんかい)
コメント

案ずるより産むが易し、いらぬ勇み足

2014年07月07日 21時23分50秒 | 日記(アニメ感想含み)
あんまり詳細は書けないのだが、
前者は勝手に「もし『だめです、出来ません』と言われたらどうしよう」と言うことで勝手に金縛りにあい、
後者は、……なんと言えば良いんでしょう?
(自分の意志薄弱がそもそもの原因だが)

・"ブレイクブレイド"#1「アン・ソーサラー(魔力無者)」
化石燃料(放送中には「オイル」と言われていたが火薬の原料である硫黄も入るんだろうなぁ)のない世界でのロボット戦を初っぱなに描くことによって異世界をしっかりと描いていた。
「運命には抗えない」を口癖にしていた(ライガットの父親を「運命に抗おうとした、すばらしい親父さんだよ」と評したことからも明らか)ホズルが心の底から運命に抗う(国力差が大きすぎるアテネスからの降伏勧告を呑めばシギュンを含めて処刑、呑まなくても征服・占領されてしまえば戦争責任者としてやっぱり二人とも処刑と言う袋小路な状況。最初は「弟つれて山奥にでも逃げるわ」とのんきに構えていたライガットも事の重大さに気づいた)べく逆転の発想(アンダー・ゴゥレムが魔力では動かないことから逆に魔力を持たないライガットの救援を仰いだ)でライガットを呼んだのだが……。
ここまで切迫した事態(このまま行けばライガットとゼスの盟友相撃つ状況に)をどう捌くのか!?

・"キャプテン・アース"#1「アースエンジン火蓋を切る」
誰だ!ダイチへのエスコートをああいう形にしたのは!?(違)
昔の封印していた記憶がよみがえったことによって再び種子島に帰ってきたダイチ。
ビジョンに導かれるように宇宙から来る物を迎え撃つべくインパクターに乗り込んだが……。
それにしても西久保司令、ダイチがインパクターに乗っていると知ったら、どういう心境になるんだろうか……。
まだダイチがテッペイともう一人の少女と再会していないが、二人と再会したことで何が起こるのか?
(実は、まだ序章が終わったと言うわけではない)

・"ノブナガ・ザ・フール"#14「女帝-THE EMPRESS-」
カエサルがアザイ・ナガマサを名乗らなかったのも道理な回(まだ引っ張るか)。
「人質など無意味!」と策もなく啖呵を切ってはああいう切り返しを食らってもおかしくないよね……。
(いろんな意味で文字通りの"命取り"になってしまったが)
ケンシンが"義(戦乱のつづく東の星を望んではいるが、いたずらな虐殺を望んでいるわけではない)"によって立ったり、ランマルがああなってしまったり、ネルとビアンキが黒い側面(同時に忍びすらも欺く特殊能力)を見せたり、円卓の同士側で戦死(粛清)者が出たり、OP/ED変更にふさわしい急展開の回。

・"軍師官兵衛"#15「播磨分断」
政職が、自分が官兵衛に嫉妬していたことを棚に上げて「男(左京進)の焼き餅ほどやっかいな物はない」とほざく回(違)。
(でも、信長の恐怖は上月城兵皆殺しの件があったのでしっかり覚えていて、「左京進に同心したと見なされるのではあるまいな」とおびえて職隆経由で官兵衛に取りなしを頼むあたり、良くも悪くも裏表がないか)
急転直下、恵瓊の調略(と秀吉への不信)が決まって播磨分裂、の回。
(三木の別所家も含めて、「兄弟相撃つ」色が色濃く出た回)
(おねが「播磨の衆は古くさい頑固者の集まり」と評していたが、それが秀吉との相互不信を生んだか)
左京進は義兄の上月城主(官兵衛とも義兄弟である)の敵とばかりに織田と事を構えることを選び、織田についた官兵衛と義兄弟相撃つ事を(その悲しみを知った上で)望む。
一方、織田家の方も本願寺(一向衆徒)との和睦が決裂し、その窓口になった村重が精神的に壊れてしまい、その状況で「秀吉の下について毛利攻めに参加せよ」と言う降格人事を受けて、袋小路に嵌まる。
で、官兵衛が恵瓊に向かって「織田と毛利の戦いには毛利は勝てない(故に左京進に翻意を望んだ)」と、言い放ちそれを受けて恵瓊が「毛利は勝てないかもしれないが、その前に信長が持たない」とやり返すところで幕。
(実際、本願寺が徹底抗戦を叫ぶのも村重が壊れたのも、信長の妥協がなさすぎる性格が敵味方を恐怖させた結果による)

・"ディスクウォーズ・アベンジャーズ"#3「復活!アイアンマン」
「千丈の堤も蟻の一穴から崩れる(by別所賀相(違))」を地で行く回。
……と言うより、
SHIELDがちゃっかり漁夫の利を得た回。
……もとい、
ロキもSHIELDからロキに寝返った隊員も、自分らが言うほどディスクとインストーラーを知らなかった回。
で、キャプテンアメリカの声はクリスに届き、クリスもそれに応えた。
そして、ディスクにもまだまだ謎(と言うか機能)がありそうで。
コメント

Blogに書けない一言日記、更新いたしました。

2014年07月03日 18時56分16秒 | 日記(アニメ感想含み)
7月に入ってから6月のあじさいの花の写真を上げるのも何なんですが。

・"軍師官兵衛"#13「小寺はまだか」
「軍師官兵衛」誕生の回。
しっかし、
官兵衛への嫉妬絡みとは言え良い根性してるなぁ。>政職、秀吉の下への参陣を渋った件。
(村重の播磨入りにびびって、あわてて信長の下に参陣した件を忘れるとはねぇ)
その村重は本願寺攻めの泥沼に頭から突っ込む(切支丹の高山右近をして、後味の悪さに辟易しているし)。
で、政職と秀吉との間の溝の問題、一番の非はどこにあるかと言えば、小寺家の家臣の立場を忘れて有頂天になった(ついでに、何のために織田家に付いたかをど忘れした)官兵衛にあったから、半兵衛がキレて秀吉が官兵衛を義兄弟扱いとする誓紙を燃やすのも分かるよなぁ。

・"軍師官兵衛"#14「引き裂かれる姉妹」
役者がそろった回。
宇喜多直家が強か(と言うか、「どれだけ動かないと危ないか」「どこまで動けば危ないか」を踏まえて生き残っている)だなぁ。
(「戦国の世が生んだ化け物」とはよく言えり、で)
山中鹿之助の存在と、主君の首を差し出して降伏した上月城兵を皆殺しにするように信長が命じたことがさらに事を大きくしそうで?
官兵衛が改めて乱世を終わらせる決意をする回でもある。

・"ノブナガ・ザ・フール"#13「剣-ACE OF SWORD-」
嵐の前、と言うより、決戦前夜の回。
ダ・ヴィンチのポジションが改めてはっきりした回でもある。
カエサルの献策とノブナガの性格により、速戦速攻(西の星への逆侵攻)を決断したが、西の星の面々も同じ事を考えていたようで……。

・"ディスクウォーズ・アベンジャーズ"#2「ヒーロー全滅!?」
ロキに完全に動きを読まれたヒーロー達。
(フューリーも、万が一の可能性を予見できていただけにスタークに忠告していたのだが……。あと、自艦の防衛を最優先事項にしたのはさすがに致し方ないか)
キャプテンアメリカの声はクリスの心に届くのか!?
(届かなかったら話が立ちゆかないが)

・"風雲維新ダイショーグン"#1「世継ぎ騒乱、慶一郎登場」
台所事情が相当悪いのは容易に想像(OPすらろくに動かないし、EDがなかった)が付くのだけど、ここまで動かないのではなぁ……。
(見せ場が湯屋をぶっ壊して登場するスサノオの出現シーンで、それを描くためだけに力を出し尽くしたという)
江戸時代風スチームパンクという、変わり種の世界なのでがんばってほしいところだけど。あと、(セクシャルコードの都合上)深夜(でしか放送できない)アニメって、逆にストレートだよね(そおかぁ?)。
コメント