Blog版一言日記

私、雑音領(ざつね・りょう)の一言日記です。

Blogで書けない一言日記、更新しました(平成28年9月24日)

2016年09月24日 22時30分53秒 | 日記(アニメ感想含み)
"ラブライブ!サンシャイン"の感想です。
結局、本放送に間に合わなかったね……。

・"仮面ライダーゴースト"#47「呼応!それぞれの覚悟!」
御成もさることながら、武蔵眼魂も無責任というかなんというか……。
(御成は最後に「タケルの暴走を体を張って止める」とアカリとハモったことで己を取り戻したけども)
で、己と言えば、
己自身を複製されたがマコトや、
己ですべての決着を付けようとして焦ったアラン、
彼等がどう動くかが気がかり。
で、アデルと完全に齟齬を来した(ドッペルゲンガー・ディープスペクターの逡巡が良い例)ガンマイザーの動きも気になるところだが。

・"仮面ライダーゴースト"#48「終結!悲しみの連鎖!」
最終回に向けての人員整理編(違)。
とは言え、よもやのディープスペクター・眼魂からガンマイザー逆転の一手が打たれるとは……。
でもって、
仙人=イーディスの真意って、結局明かされずじまいになりそうな……。

・"境界のRINNE(第二シーズン)"#20「鍋と奉行/悪魔A型 死神B型」
・「鍋と奉行」
喧嘩箸はみっともないぞ>翼と六文
文字通り「おいしい話には裏があった」回。
まあ、名奉行だけじゃなく、悪名高い奉行(まむしの耀蔵こと鳥井耀蔵)もいるからなぁ。
(それは町奉行。尤も、土鍋の付喪神と化したのが町奉行の悪霊である可能性が大きいので……)
で、桜が結構「良い」性格してるなぁ……。
(確かに鳳の殺人料理は有名だけど。りんねに遠回りでおねだりしているあたり、なぁ)
で、翼。
いくら鍋奉行の職務の説明でも、
おでんの時は〆はいらないんじゃ……。
・「悪魔A型 死神B型」
翼、ご災難の巻。
(りんねと魔狭人のインフルエンザをもらった)
まぁ、死神用の薬を悪魔が飲んだらああいう結末にもなるわな。

・"タイムトラベル少女"#7「モールスの閃き」
早瀬博士が何故時間漂流を繰り返している(*1)のか、"磁石と科学"の書物に載っていた「九人目の科学者」の正体が判明したこと、晶さんの出自のことなどなど、まさに"九"転直下。
*1 真里にも突っ込まれていたが、時間犯罪まがいのこと(普通、ウイスキーボトル二本飲ませたら、確実に酔いつぶれます)は流石に問題では……。

・"一人之下 the outcast"#7「楚嵐の想い」
あんたら、一体何やってんの!?>ジョサン、ジョヨン、ケンケン。宝宝を着せ替え人形代わりにしていたこと。
楚嵐爆発編。
(そりゃまぁ、男の尊厳に関わる問題をおもちゃにされた日にはキレるな、と言うのがどだい無理な話)
一方で楚嵐(正確には祖父のシャクリン)と天下会総帥との意外な関係も発覚し……。
でもって、宝宝も感情をむき出しにした回でもある。

・"あまんちゅ!"#7「雨の終わりのコト/夏の始まりのコト」
・「雨の終わりのコト」
梅雨の日のそれぞれの過ごし方。
宿題(泳げるようになること)抱えているてこと離れていてもてこの足を引っ張らないように楽しんでいるぴかりが一番この時期の楽しみ方を知っていた回。
え、弟君先輩?彼は、
予期せぬ受難
と言うことで一つ。
(本当は彼も夏のスケジュール確保に追われているんだけどね)
・「夏の始まりのコト」
まぁ、楽しいこと探しに年齢制限はないよね>今回の顛末。
一番年上が一番大人げないのはいささか問題だけど。

・"アルティメットスパイダーマンvsシニスターシックス"#20「異次元のスパイダーマン、再びpart4」
スパイダーマンだから勝つというのではない、ヒーローだから勝つのだ!
と言う至ってシンプルな回。
(とは言え、「スパイダーマンだから勝つ」と言うのであれば成立しない、賭けに近いところだったが)
ステーシー親娘の和解も出来て何より。

・"Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀"#8「掠風竊塵」
リンセツア、本性を現す。
リンセツアとベツテンガイの裏技比べがどう出るか?
で、リンセツアの正体を知った(と言うよりシュウンショウへの義理とタンヒへの情を秤に掛ける)ケンサンウンと「闇の迷宮を抜けたらこの首をくれてやる」リンセツアとの約束を反故にされたセツムショウがどう動くか、かなぁ。
(ショウフカンの身体能力と剣の技能の不釣り合いから来る歪さはどうでもええんかい)

・"アクティブレイド-機動強襲室第八係- 2nd"#7「絶対ピーピング宣言」
水着回。もとい幕間回。
(一見すると幕間だが、深く静かに事態は進行していて……)
それにしても、
あさみは第八係で一体何を学んだのやら……。
(「女の敵」相手で頭に血が上っている分をさっ引いても、ねぇ……)

・"精霊の守り人"#8「刀鍛冶」
うつものうたれるものの事情の回。
考えてみれば、刀鍛冶にも「死の職人」たる苦悩があるもので……。
コメント

Blogで書けない一言日記、更新しました(平成28年9月20日)

2016年09月20日 09時20分27秒 | 日記(アニメ感想含み)
"ラブライブ!school idol the movie"の感想です。
よし、これで"ラブライブ!サンシャイン"に間に合った。
(全然間に合ってません)

・"あまんちゅ!"#6「ホントじゃない願いのコト」
まぁ、一足飛びというわけには行かないからね。>オープンウォーターへの道
で、てこが初めて自分の本当の願いを描いた回。
そこへ至る大事な一歩と言うことで一つ。

・"仮面ライダーゴースト"#45「戦慄!消えゆく世界!」
誰も事態を掌握出来ていない状況。
(アデルでさえガンマイザーを制御し切れていない)
果して、最後に笑うのは誰か?
そして、ラストシーンに出てきた眼魔の世界のモノリスと仙人との関係は?
……そう言えば、
前回書き損じていたけど、
旧劇エヴァの配給元は東映だったんだよなぁ。
(この番組の製作も東映)

・"仮面ライダーゴースト"#46「決闘!剣豪からの言葉!」
イゴールがアデル=グレートアイに取り込まれているのにジャベルが取り込まれなかったのはこれ如何に!?
("デミア"着用者じゃないビルズ社長もアデルに取り込まれているというのに)
タケル、最大の試練。
そして、マコトとガンマイザー体ディープスペクターとの最後の対決の時も近く……。
(今回は直接衝突しなかったが、次回以降は分からない。どこかで決着を付ける必要があるが)
そして、そのアデルとガンマイザーの齟齬が、どういう結果を呼ぶか?

・"ガンダムUC:Re0096"#7「パラオ攻略戦」
少なくとも、話の切り方、次回への繋げ方なんかはマシになったと思う。
で、フロンタルが一枚上手(ただし、ジンネマン艦長とマリーダをないがしろにしたのが尾を引きそうだが)だった、と思いきや流石にバナージとマリーダの邂逅は想定外だったか。
で、リディと父親との交渉は上手くいくのか?
(ミネバ=ネオジオン側が材料なしでは厳しいが)

・"アクティブレイド-機動強襲室第八係- 2nd"#6「逆襲のルドラ」
伊勢うどんの描写が違うんじゃ……。
クールジャパン周りとか、邦画は(金銭面の問題もあって)「CGがしょぼい」と子供に言われても仕方ないところとか、結構生々しい回。
(実際のところ、巨大物特撮も結構金がかかるんだけどね)
瀬名の過去回。
一方で八条も日本入りし、さらに事態はきな臭い方向へ……。
でもって黒騎、
犯行予告期間に当たるため想定現場で待機中に泥酔は大不祥事では……。

・"Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀"#7「魔脊山」
ケンサンウン、勇み足の巻。
(そりゃ確かにタンヒに対してデリカシーに欠いた発言だよな……)
で、
ショウフカン逆ギレの巻。
(死者の谷の一件はまだしも、傀儡の谷の一件は自分から囮を買って出た自業自得の側面もあるから……)
でもって、
七罪塔に入る前に喧嘩別れしてどーすんの!?>ショウフカン

・"精霊の守り人"#7「チャグムの決意」
チャグムも多感でそこまで幼くはないと言うことか。
まぁ、いつ終わるかもしれない大仕事(それこそ、一生終わらない可能性もある)を引き受けた以上、一時の利害を超えた運命共同体(それこそ一種の家族体)ではあるからね。>バルサとチャグム。
で、バルサは大胆不敵な行動を取り、
(自身がどういう状況なのかを確認するためとは言え、自身の噂を聞くとはようやるわ)
シュガがバルサたちの「己とチャグムの死を欺く(正確には事態が落着していない)」ことに気がついた事がどう転がるか。
コメント

こんな秋の風物詩はイヤだ!

2016年09月16日 18時44分01秒 | 日記(アニメ感想含み)
アルビレックス新潟のJ1リーグ残留の願掛け参り
に冨岡や武蔵野や関前や川越の八幡様(川越の場合は熊野様もだけど)に出掛けようとすることになると、
ああ、秋の風物詩だなぁ、と感じるんだよねorz……。
(ホント、しっかりして下さいよ……>アルビレックス新潟)
(まだ冨岡と川越に行っていないのはここだけの話)

・"あまんちゅ!"#5「仲間と初めての海コト」
新生ダイビング部の初めての共同作業の回。
まー、こんがらがったいろんな事はほぐして修正していかないとどうにもならないのであって。

・"アクティブレイド-機動強襲室第八係- 2nd"#5「利するは誰か」
いろんな意味で百鬼夜行。
黒騎と稲城の因縁が主なエピソードだが、
強かでなければ地下アイドルはつとまらない、と言うことか。
で、今回の犯人とその黒幕、ウィルウェアと第八係のレスポンスタイムおよび行動パターン(*1)をどうやって入手したのかが解決されていない謎だが……。
*1 瀬名を職務遂行不能直前、少なくとも犯人の捕縛を忘れるほどまともに判断出来なくなるまで酷使する、という犯人の裏をかく手段が上手いこと嵌まった。

・"Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀"#6「七人同舟」
ショウフカン自身が心を閉ざしている(と言うか人を煙に巻く様な言動をしていると取られている)のに、人に「腹を割って話してくれ」というのはいささか虫が良すぎるのでは?
タンヒ以外、どいつもこいつも腹に一物、ではあるが、いざという段でプロフェッショナルの集まり、的な組織体を見せた一行。
(キチョウの人選とがなせる業か)
とは言え、ベツテンガイの登場は誰にとっても予想外だったようで……。

・"仮面ライダーゴースト"#44「起動!デミアの恐怖!」
音楽が真の意味で心をつないだ回。
(ベートーベン交響曲第九番"歓喜の歌"が使われたあたり、色々と何というか……)
で、
やっぱり御成がネクロムとして闘うのは無理があったね……。
結局、イゴール=アデルが終始一歩先を行った回。
でもって、
ベートーベン交響曲第九番"歓喜の歌" がこの回で流れたことは、次回で人類補完計画が発動されるのですね。(いや、立木文彦氏(*2)が劇場版"仮面ライダーゴースト"のCMナレーションをやっていたから……)
*2 書くまでもないがエヴァの碇ゲンドウ役の人。ただし、TV版エヴァのナレーションは三石琴乃さんが努めた。

・"アルティメットスパイダーマンvsシニスターシックス"#19「異次元のスパイダーマン、再びpart3」
まぁ、平行世界にも時間は流れる物でして。
(それ故に、一度行ったスパイダーマン・ノワールの世界でも悲劇が起きたり、より殺伐素した世界になってしまっているわけで)
過去の誤解とわだかまりを越えて未来に向かって歩き出す回。
それがミスター・ネガティブからシージペリルスの破片を取り返して、多元宇宙の未来へつながったわけでして。

・"境界のRINNE(第二シーズン)"#19「MVC」
「あれ?なんか大事なことを忘れているような……」
エンドは流石に思いつかなかったわ……。
「損して得取れ」と言うには割に高く付いたんじゃ……。

・"ガンダムUC:Re0096"#6「その仮面の下に」
そりゃまぁ、軍艦二隻と随伴モビルスーツ隊で要塞を叩けと言われたら逆上するのも無理はないことで。>ミタス艦長。(その後で、作戦目的を把握しているマックール少佐に窘められたが)
で、軽いショック状態にかかっているバナージを無視して、事態は動く。
でもって、
一体何考えてんの!?>リディとミネバ。

・"タイムトラベル少女"#6「ファラデーの覚悟」
和花の問題(どちらかというと自分の狭量とその自覚)とファラデーの問題とがリンクしていた回。
で、
晶さん肝が据わってるなぁ。>御影との対峙とのやりとり。
(確かに表に出せない研究への出資だけに、晶さんに「裁判所に行きましょう」と言われると引かざるを得ない立場だけど)
後は、御影も技術者にはそれ相応の敬意を払っているところとか。
(お詫びとして晶のケーキ買い占めた際に彼女の作品を正当に評価したこと)

・"一人之下 the outcast"#6「雷神」
ソランの出自がはっきりして、シャクリンの謎が深まった回。
天子派(霊玉が所属する組織。シャクリンがそこから出奔したらしい)の声明とは一体?
(ソラン絡みであることだけは間違いないのだろうが)
でもって、
なんだかんだ言って上手くいっているのね>宝宝とソラン。
(いや、あれを上手くいっていると言われてもちょっと……)
コメント

ああ、誤算

2016年09月11日 20時12分11秒 | 日記(アニメ感想含み)
仕事でちょっと誤算があって"サンダーバードAREGO"を一話録り損じた……。
(NHKは再放送が早いのが唯一の救いだけど……)

・"サンダーバード ARE GO"#21「ハレー彗星での冒険」
勇敢と無謀は別物であると言うこと>フランソワ・ラメアー。
(どう考えても自分が乗り込む宇宙ヨットの操作法を知らなかったというのはねぇ)
まぁ、無謀のツケを命で払わされることにならなかったのは何より。
でもって、アランも浮ついているようでインターナショナル・レスキューの一員という自覚はあるようで。

・"仮面ライダーゴースト"#41「激動!長官の決断!」
マコトのドッペルゲンガーの話、忘れられてたわけじゃなかったのね(当たり前だ)。
で、イーディスの「グレートアイのガーディアンとしてガンマイザーを作ったこと」や眼魔の世界のシステムを作った真意、アカリは裏あり(アドニス大帝のためにではない)と読んだが如何なるところにあるか?
で、イゴールが出し抜きにかかっているようだが彼の真意(こちらは野望か)も謎なんだよなぁ……。
でもって、
ベートーベンを出したのは表の意図の"運命"ではなくて"英雄"を裏の意図に置いているからか?
(ナポレオンが皇帝になったという話を聞いて彼を見損なった=期待を裏切った者として捉えたベートーベンが交響曲第三番の副題を"ナポレオン"から"英雄"に差し替えたという俗説がある)

・"仮面ライダーゴースト"#42「仰天!仙人の真実!」
まぁ、ベートーベンも交響曲第三番を欠番にしなかったからねぇ。
(怒りに呑まれず、曲を作り続けた、と言う意味でも)
イーディス=仙人の後悔と苦悩、それを晴らした龍の太刀と、アデルの苦悩をタケルの剣が晴らしながら道を違えたアデルとタケル。
イーディスはその後、「自分の過ちを悔い改めて、龍(後にタケル)に賭ける」を選択し、
そしてアデルは「行き着くところまで行き着く」を選択したようで。

・"仮面ライダーゴースト"#43「接続!天才少年!」
御成、正念場でご乱心。
(どうも、「自分は何の役にも立っていないのではないか?」と言う自責の念が前提になっているらしいが)
他にも、ガンマイザーがスペクターのドッペルゲンガーを完成させたり、
イゴール=ディープコネクト社が「アデルに乗っ取られることを前提とした」真のネットワークを完成させたりまさに正念場。
御成はネクロムとして戦い抜けられるのか?

・"アルティメットスパイダーマンvsシニスターシックス"#19「異次元のスパイダーマン、再びpart2」
ピーター・パーカーとマイルスの異次元行脚はまだまだ続く。
ガーディアン・オブ・ギャラクシーは最初は義賊ですらなかった無法者の寄り合い所帯だったんだなぁ、と言うこと(どさくさに紛れて"ハワード・ザ・ダック"まで混じってるぞ)とラストシーンのピーターの失われたベンおじさんへの郷愁が印象に残った。

・"境界のRINNE(第二シーズン)"#18「黒猫段位テスト」
どうもこの話、
「安いと思って出費したら、意外と高く付いた挙げ句に徒労だった」
オチになりそうな気が?
(六文が黒猫段位テストを受けようとしたのも、高コスト体質と赤字体質のりんねをどうにかして成仏にかかる費用を安くするのが動機だったし)
でもって、六文たち黒猫一行はどうやって手詰まりを打破するのか?

・"タイムトラベル少女"#5「ファラデーの憂鬱」
和花、お前旬さんの話、全然聞いていなかっただろ(唖然)……。
で、ギルバート(磁石)、フランクリン(雷と避雷針)、ボルタ(電池)がつながったファラデーの時代と彼の物語。
ついでに、ギルバート時代からの服装コードもね(ボソッ)
で、
現代の問題(御影が早瀬博士の実験が続いていたことに気がつき早瀬家を訪問した)とファラデーの問題(デービー博士が打ち切りにしていた研究を無断で続けたこと)両方を解決出来るのか。
特に後者の問題を解決出来ないことには和花は現代に還れないのだが……。
(真里がギルバートとフランクリンの時代から帰れた経緯から見て)
で、
英語の小テストで赤点食らった直後に、流石にイングランド・プレミアリーグとは言えないよな……>風太、将来の目標について「海5移籍の出来るプロサッカー選手をめざす」と発言しての移籍先にフランスとイタリアを持ち出したこと(もはやそれどころではない。理由は上記の通り)。
(ドイツやスペインじゃなくてフランスが出たのも?だけど)

・"一人之下 the outcast"#5「ようこそ速達へ」
ああ、いまいちこの話に乗りきれない理由が分かった。
リズム(シリアスとギャグの入れ方)がいまいち悪いんだ……。
で、ソランさらなる女難編。
(ケンケンへの拷問を止めたら、自分が宝宝に拷問されるわ、ゼンセイとは別組織の少女魔物使いに拉致されるわ……)
で、ジョヨンはソランを台風の目(或いは異人を呼ぶ特異点)と見ていて……。
(確かにその通りになったのだが)
コメント

危ないなぁ……

2016年09月08日 19時12分36秒 | 日記(アニメ感想含み)
金曜日に"精霊の守り人"以外に何を録画するのかをど忘れしてしまい、慌ててテレビ雑誌を読み返す羽目に……。
("Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀"を録画し損ねるところだった……)

・"機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ"#23「最後の嘘」
この回、いろんな意味で一番悪辣なのはマクギリス(こいつも十分悪辣だが)じゃなくて三日月なんじゃなかろうか。
(少なくともビスケットの本音を聞いたという事になっているのは三日月だけ。つまりオルガのケツをひっぱたいて無理矢理前に進ませる(*1)嘘を三日月がついていたとしても、誰も裏が取れない)
確かに鉄華団の現状はマカナイの言うとおり、破壊へ至る情熱に支配されているのだろうが……。
果して、最後に笑うのは誰だ?
*1 事ここに至って優柔不断を抱えているオルガに腹を立てているし、三日月自身暗い情熱に囚われているが。

・"機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ"#24「未来の報酬」
オルガがユージン(イサリビ組)の動向を把握していなかった、と言うより今まで遊兵化させていたのは洒落にならないのでは?
(結果として鉄華団の後詰にはなったものの、早めに招集しておけばここまで事態が悪化しなかったでしょうに……)
で、どう考えても最後に笑うのはマクギリスのような……。
(アインの市街乱入によるスキャンダル(*2)でギャラルホルンのアーブラウでの立場が悪くなる事は確実だし)
*2 セブンスターズメンバーによるアーブラウ首長選参戦は「ギャラルホルンによる内政干渉はあってはならない(モビルワーカー隊分隊長談)」に反している。

・"機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ"#25「鉄華団」
表向きで勝ったのは鉄華団とクーデリアだが、最後に笑ったのはマクギリスだった……。
で、鉄火団にカンバックしてもらいたくはないなぁ。
(いや、余計に混沌とした地球圏で彼等の出番も又あるのだろうけど)
で、フックは確かにあるんだろうが、どうやって彼等を再び表舞台に出すの?>鉄華団

・"精霊の守り人"#6「青霧に死す」
裏の読み合い(とトロガイ婆の介入)でかろうじて狩人を振り切ったバルサ。
自身の葬儀を見るチャグムは何を思うか?

・"仮面ライダーゴースト"#40「勇気!悲壮な決断!」
パット・ギャレットはビリー・ザ・キッドを倒した後、二度と浮かび上がって来られなかったんですが(汗)……。
("図解フロンティア(高平鳴海/新紀元社)"P91を参照)
親子の間、家庭の間、親友の間は色々とあると言うこと。
情報流出犯の動機と、その後の指名手配犯がどうなったかを描ききれなかったのはいささか問題だが……。
コメント

今回は感想のみ(平成28年9月5日)

2016年09月05日 00時03分47秒 | 日記(アニメ感想含み)
……しっかし、"精霊の守り人"とか"ガンダムビルドファイターズ"とか"ラブライブ!school idol the movie"のレンタルDVDを塩漬けにしているのはちょっと……。
(HDの容量確保のための視聴消化で手一杯で……)

・"境界のRINNE(第二シーズン)"#17「死神小学校同窓会」
そりゃ、うっかりでも誰かに話せない話ならああするしかないわけで>りんねが末期のことを忘れていた顛末。
とは言え、忘れ玉の威力が強すぎたのが事の発端でして。
でもって、「女子か(桜と翼曰く。女子の桜をしてそう言わせるとは相当な女子力の持ち主)」どころか一歩間違えればストーカーの末期登場。
……、ここまで書いたところで、
一人負けに負けた魔狭人のことをすっかり忘れてました(ホントに忘れてました)。

・"一人之下 the outcast"#4「混沌」
宝宝、容赦ねぇ……。
(確かに非はソランの方にあるが)
ジョサンと宝宝の所属がはっきりする回。
……、と言うか、話が全然進んでないような?

・"あまんちゅ!"#4「わくわくと諦める心のコト」
てことぴかりのバディ物語。
水に潜ると言うことの恐怖とあきらめをぴかりの一言が乗り越えさせた回。
でもって、
ぴかりの勇み足(勘違い)の顛末や如何に?

・"アクティブレイド-機動強襲室第八係- 2nd"#4「再びのミュトス」
再びなのはミュトスだけではなかった回。
黒騎の良い面と悪い面が両極端で出た回でもある。
(さすがに着服と言われても文句は言えない飲み代の付けはまだしも、女性の部屋を再起不能にしてしまった件(*1)は、ねぇ……)
*1 見かねた瀬名が室長待機室をサービスで片付けていたが、それが追いつかないと言うんだから……。

・"仮面ライダーゴースト"#38「復活!英雄の魂!」
ジャイロがオーバーキルに遭う回(間違いではないが……)。
タケルが成長するというのなら、英雄も又成長する、と言うことで一つ。
(マコト対ドッペルゲンガーのこととか、ジャベルのことはどうでもええんかい)

・"仮面ライダーゴースト"#39「対立!父と娘!」
まさに混沌回。
アリアとアデルの対決に始まり、完璧なはずのガンマイザーが事故り、イゴールは頬を叩かれ(これは混沌ではないか)そしてその結果でマコトが過去を回想することに。
「典型的仕事人間(職務上致し方ないところがあるが)」刑事と反発する娘の精神入れ替わり事件。
で、厄介な事に父親が"訳あり"な事と、娘の体に入っているのが父親じゃない可能性(「観察」とつぶやいていたが、あれはガンマイザーの口癖である)が……。

・"アルティメットスパイダーマンvsシニスターシックス"#18「異次元のスパイダーマン、再びpart1」
異次元行脚再び。
今回はさらに厄介なことに時間制限と多元宇宙を支配せんとする悪のスパイダーマン、ウルフ・スパイダーも現れて……。

・"赤髪の白雪姫"#23「あるがゆえの先」
コメディ回。
……に見せかけて、白雪の物語(と言うよりこの作品)の終幕手前を飾るエピソードでもある。
(ミツヒデの視点からみんなを振り返る、と言った趣に近い)

・"赤髪の白雪姫"#24「そして物語、私の道」
大団円。
ゼンと白雪の想いが、未来に立ち向かう勇気を与えた回。
(イザナ曰く「ゼンが俺に対して最後まで目をそらさなかったのは初めて」とのこと)
二人の、そしてみんなの未来に幸あれ。

・"Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀"#5「剣鬼、殺無生」
キチョウ(リンセツア)、舌先三寸(命の後払いの約束)でセツムショウを取り込む。
(ケンサンウンが巧妙にはやったのがショウフカンを動かし、ショウフカンが動いたのにつられてキチョウが動いた。とりあえず血は見なかったが)
で、ショウフカンの役割とは?(多分キチョウ咄嗟のはったりだろうけど)
コメント

Blogで書けない一言日記、更新いたしました(平成28年9月2日)。

2016年09月02日 00時55分25秒 | 日記(アニメ感想含み)
"ラブライブ!season2"の感想になります。
で、
"ラブライブ!school idol the movie"
を見るに当たって、腹の底から
「穂乃果ちゃーん!飛べるよー!!」
と叫べるように発声練習をしなければならないのだろうか。
(自室で絶叫鑑賞(*1)をしてはいけません)
"迷家-マヨイガ-"#7「鬼の居ぬ間に悪巧み」が録画不良だったことはどうでも良いんかい(ボソッ)
*1 筆者の"ラブライブ!"ファーストコンタクトが、後輩のお守り(特典の員数合わせ)で付き合った"ラブライブ!school idol the movie"のライブビューイング(絶叫鑑賞)バージョンだった。

・"Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀"#4「廻霊笛の行方」
ええと、レンキ先生が弱いわけではなかったのね(当たり前だ)。
話があっさり進む(その際のケイガイの現金なこと)と思いきや、ケイガイ、シュウンショウ、ケンサンウンの三人がかりでも太刀打ち出来ない難敵、セツムショウが現れて……。

・"ルパン三世(part1)"#20「ニセルパンを捕まえろ」
アルセーヌ・ルパンはやっぱり偉大だった回。
(彼の盗術書・第十五条「物事が上手く運んでいる時には逆に危うい時」にみんな引っかかった)
とは言え泥棒島の面々はルパンの盗術書を実践しているだけあって、長老とジンベエの驕り(盗術書第九条「自分の技に驕るなかれ」に引っかかった)がなければ厄介な相手であった。
(ジンベエが自分の勘に従ってルパン三世をさっさと処刑したら一巻の終わりである)

・"仮面ライダーゴースト"#36「猛烈!アイドル宣言!」
芸能界というのはメンバー同士でも足の引っ張り合いが存在する、恐ろしい世界であることが判明した回(違)。
ディープ・コネクト社長が「自分にはメンバーを決める権限がない」と言っておきながらアカリをアイドルグループの新メンバーに加えるよう事務所に命じたあたり「芸能界では、スポンサーのごり押しには誰も勝てない」事を示した回(これは間違いではないが……)。
アラン・ホナミ・アデル、三者三様の迷いが話のキモなので、ガンマイザーを信じ切れなくなったアデルがマコトのドッペルゲンガーを刺客としてマコトの前に出現させるエピソードは必要だったが、そのために詰め込みすぎの印象が……。

・"仮面ライダーゴースト"#37「習得!それぞれの道!」
人間のポテンシャル(と人の心)を軽んじたイゴールとジャベルの負け。
でもって、ガン"マ"イザーの誘いに乗った(文字通り「魔」が差した)アデル、
自分に負けたマコト、
そして再び姿を現した(アラン曰く「死に場を求めた」)ジャベルが話をどう転がすか?

・"機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ"#22「まだ還れない」
……と言うより、「もう止まれない」回。
ショック療法(神経を逆なでする劇薬治療)でオルガの目を覚まさせた三日月。
ガエリオにギャラルホルン創設の経緯を示すことによって「行き着くところまで行き着く」ように誘導したマクギリス。
止まれない人達の激突は地球圏(と火星)をどこに導くのか?

・"タイムトラベル少女"#4「戦場のボルタ」
何やってたんですか、若き日の教授>タイムスリップ先でナポレオンの品を現代に持ち出して、研究費を捻出するという時間犯罪を引き起こしたこと。
物語の大きな転回点。
そりゃボルタにしてみれば、早瀬親子に対してキレるのも無理はない話で……。
(早瀬教授の持ち出したスタンガンを科学者としての誇りを持って「私が持つのは身に余る」として言及しないことにしたから、真里が自分の科学者としてやっていることの正しさを示そうとした実験をぶちこわしにされたのにキレたのも無理はない話で)
でもって、若き日の早瀬教授の登場。
ついでに真里達を見張っていた偽警官の通報と、上記の若き日の早瀬教授の一件から、御影も事の真相に近づいたようで……。
で、
お茶会の途中だったの(現在時間では#3の直後)よね……
コメント