Blog版一言日記

私、雑音領(ざつね・りょう)の一言日記です。

「世界を滅ぼすのは、アイアンマン」。自転車操業を難しくするのも、映画"アイアンマン(2008年、アメリカ)"(そりゃ自業自得じゃ)

2020年04月29日 08時15分29秒 | 日記(アニメ感想含み)
(前者が"アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン"のキャッチコピーなので色々とかみ合ってないのもここだけの話)
まさか今日(令和2年4月29日)になってテレビ東京が映画"アイアンマン(2008年、アメリカ)"を放送するとはね。
(おかげで大急ぎで録画消化する羽目になったのは表題通りの自業自得)

・"GRAND BLUE FANTASY The Animation season2"#4「届かぬ想い」
(ヴィーラの「病みっぷり」絡みでやっとMAPPAが本領を発揮した回(こらこら)。
でもってヴィーラとカタリナの「すれ違い」はどのような決着を迎えるのか?
(どう考えても「大団円」だけはありそうもない展開だけに……)

・"ゾイドワイルドZERO"#3「飛べないライオン」
まぁ、火器がないビーストライガーでスナイプテラを倒そうとしたら相手が低空いっぱいいっぱいまで降りたところでの飛びかかっての不意打ちしかないよね……。
(ギレル中尉に完全に手の内を読まれて「(不意打ちに失敗して)自由落下(正確には放物線軌道)しかできないのではなぁ!」と言いきられたが)
で、
敵味方混成地帯だったのが幸運だったか、
共和国軍のディアス中佐に助けられた格好になった
(共和国国境侵犯を理由にギレルのスナイプテラを退かせた)
が、まだ安全とも言い切りがたいレオ達一行。
(共和国がビーストライガーやサリーをどう思っているかはっきりしないので)
そしてギレルの退いた理由になったアルドリッジの
「(サリーを含めてレオ達一行の拘束よりも重要な)作戦行動」とは?

・"仮面ライダーゼロワン"#8「ココからが滅びのはじまり」
(それなら、定期検診を受ける病院の選択をミスっただけでは?>不破。「ヒューマギアに命を預けられるか」と悪態をついて。
でもって、
色々とセキュリティがザルですな(違……わない)。
(飛電インテリジェンスでは対ヒューマギア用拳銃を携帯したままの不破を社長の個人ラボに入館させ、AIMSの兵器庫が襲撃された際には対ヒューマギア制御兵器ギーガーが滅亡迅雷netにソフトウェアクラッキングを許した)
滅もまたヒューマギアであることと、刃の出向元がZAIAと言う企業であること。
でもって、不破の運命は?

・"ラディアン(第二シーズン)"#4「災いを呼ぶ者」
そりゃ「直接メリやドクと話をして決着をつけろ」以上の助言はできないよね>グリム。セトに「メリに距離を置かれている状況をなんとかしたい」と言う悩みを聞いて。
(どう見てもセトにいらん詮索をされた意趣返しではないだろうし>グリムの助言)
でもって、凶兆著しいカスラーン・マーリン。
(どう見てもデュラハンとスペクトル・ネメシス(*1)には因果関係ありとしか言いようが……)
大事と小事の両方を抱えてセトはどう動くか。
*1 スペクトル・ネメシスの戦場になった畑の農民の発言に「外国に作物を売る契約をした」とあるから、まさかカスラーン・マーリンの懲罰行為的マッチポンプと言うわけでもないんだろうが。

・"ノー・ガンズ・ライフ"#3「操り人形」
"ハルモニア(拡張体遠隔操作装置)"を持ってる人間に「てめぇの手足を使えるようになれ。話はそれからだ」と挑発すればああ返ってくるのは予測できたことでしょうに。>十三。鉄朗に肉体を操作された。
でもって、鉄朗は「理不尽(By十三)と不条理と皮肉(自身と同じくベリューレン社の"施設"で拡張された子供達がベリューレン社の放った次の刺客で鉄朗とは逆に"施設"にしか居場所がない)」とどう折り合いをつけるか(それともどうあがくか)?

・"いだてん"#40「バック・トゥ・ザ・フューチャー」
敗戦から平沢のミュンヘン総会演説に至るまで。
IOC総会での東京開催選挙当選を勝ち取ったのは良い物の、平沢の「五つの指摘」にどう対処するの?
コメント

Blogで書けない一言日記、更新しました(令和二年四月二十五日)

2020年04月25日 19時01分00秒 | 日記(アニメ感想含み)
・"いだてん"#39「懐かしの満州」の裏感想です。

・"いだてん"#39「懐かしの満州」
小松と圓生と志ん生の一瞬の邂逅。
でもって志ん生の"富久"が「絶品」になるまで。
まあ政治も松野監督も下向いている場合じゃないんだろうけど……。
(前回の「いだてん紀行」で元水泳オリンピック代表選手にも戦死者が出ていたとはいえ)
でもって、
しぶといなぁ。>美川、「大陸雄飛」を誓って満州に打って出て、戦後の混沌を生き残った。
ところで、
清さんは生き延びることができたのか!?
(美川と清さんは「四三や志ん生と同時代の庶民代表として」最後までしぶとく生き残りそうな気がするが……)

・"仮面ライダーゼロワン"#7「ワタシは熱血ヒューマギア先生!」
それじゃ対処優先度誤認だろ!>不破。迅が目の前にいるのを認識しながら、コービーの破壊を優先目標としたこと。
でもって、
或人に対して「ワタシを信頼しろ」と言っておきながら、どう見てもAIMSの職務に対する背信行為を起こしている刃も問題だけど。
(滅が迅に与えた対或人仕様ヒューマギアを確保して破棄するでも、迅雷滅亡ネットのクラッキング解析に回すでもなく或人にぶつけたこと)

・"ルパン三世(Part2)"#147「白夜に消えた人魚」
銭形、
勤務中にアクアヴィット(北欧名物のお酒)で酩酊したツケを払う。
(ついでに言うとニガール刑事の「持ち場から動くな」と言う銭形の命令を墨守して警備車両屋根の上でルパンが画策しているのを見逃した融通の利かなさも事を難しくした)
でもって不二子、
結構めんどくさい性格ね。
(自身をモデルとした人魚像を造らせることに了解しておきながら、ベルゲン市長が観光名物としてその人魚像を展示したいと言って購入した際「私をモデルに造った人魚像をいやらしい目で見られるのはいや」と言ったことが事の発端。
え、
自身の容貌やプロポーションに自信があっても露出狂じゃない!?
た、確かに……)

・"ラディアン(第二シーズン)"#3「騎士の都」
まぁ、そらそんだとしか言いようがないなぁ。
その1.
カスラーン・マーリン城でセトがマーリンの史料を見せてくれと言ったときに門前払いを食らったこと。よそ者(受付に「コネは……なし」と言われた)に簡単に見せるわけには行かないだろうしねぇ。
(「魔法使い騎士団志願生なら募集しているけど、人々を怖がらせる感染変貌(セトが頭に生えてる角のこと)があるので、魔法使い騎士団に入団する資格がない」と言われたのは運がなかったが)
その2.
セトがメリと再会した際にメリに肘鉄を食らった格好になった件。出奔に近い格好で(ドクと)メリの前から姿を消してはねぇ。
で、
謎の老人ミルの口車(だよなぁ、あれでは)に乗った格好で城に入り込んだセトだが、魔法使い騎士団の出撃に巻き込まれるわ、スペクトル・ネメシスとの戦いで墜落するわで、どーすんの、これ!?
(そのスペクトル・ネメシス自体、謎、と言うか曰くがありそうだけど)

・"ノー・ガンズ・ライフ"#2「拡張体遠隔操作装置」
十三、泥沼にはまる。
(どうもベリューレン社の政争(*1)に巻き込まれた可能性が……)
それでもって、意識を戻した鉄朗の次の発言は?
*1 カニンガムの「社員は歯車ですよ。それがCEOの息子であっても」の台詞と十三の「あいつ(鉄朗)から『僕は道具じゃない』って言葉聞いたからな」の台詞が全然かみ合っていない。

・"ライフル・イズ・ビューティフル"#2「部活・イズ・ファニー」
まぁ、部活動も大事だけど、その前に女子高生だし、年頃の女の子(泉水が体重を気にしていること)だしね。
で、その部活のことだけど、県大会(全国大会県予選)に向けて一歩ずつ動き出したようで。
(エリカのつてに頼ったのはどうかと思うが)
コメント

今回は感想のみ(令和2年4月20日)

2020年04月20日 22時29分34秒 | 日記(アニメ感想含み)
・"いだてん"#37「最後の晩餐」
治五郎、妄執(と言われても致し方ないなぁ)の果て、と言うより
「『逆らわずして勝つ』
自身の信念に背いて
『時勢が東京でオリンピックができない流れに逆らって』」
死す。
でもって、この時勢に不吉な物を感じていたのは四三もまた同じで……。
(選手時代に1916年ベルリンオリンピックが中止になったことを思い出していた。加えて言うならベルリンでオリンピックが開催されるのにそれから20年かかったし、アントワープオリンピック惨敗の流浪後で主人が戦死して未亡人になった女子選手達も見ているし)
治五郎の遺志と時勢の板挟みになった政治、そして小松や水泳の選手達の運命は……。
あ、そうそう。
四三って、いろんな意味で「時代において行かれている」んだよなぁ。
(小松に「四三さんの理論は古い」と言われたり、河野の「オリンピックはこのご時世の日本では開催不可能」と言う国会演説にキレて昔に彼が所属していて演説の時点では退社していた朝日新聞社に殴り込みをかけたこと)

・"いだてん"#38「長いお別れ」
圓生と志ん生の因縁の成立。
(志ん生が倒れた際に落語家仲間が誰も見舞いに来なかったのはこのことが絡んでいるのか?)
「こんなこと(学徒動員に巻き込まれて小松が徴兵された)になるのであれば、小松を熊本に返すんだった」と言う四三の後悔。
(避戦への努力を怠ったと受け取った)政治の河野への皮肉。
(「いだてん紀行」でも、水泳選手の戦死について触れられていることも考えるとなぁ……)
それで、満州で一体何があったのか?

・"仮面ライダーゼロワン"#6「アナタの声が聞きたい」
それでは証拠隠滅行為の推奨で、AIMSの出向職員としては「こういうことになるんだったらさっさとヒューマギア管理法第6条違反の証拠ヒューマギアとして提出、捜査に協力すべきだった」と言うべきでは?>刃、セイネが滅亡迅雷ネットに乗っ取られて或人と交戦、苦戦するのに対して変身して言った一言が「こういうことになる前に早くに(セイネを)破棄すべきだった」と苦言を呈して。
(後は或人の予見の甘さを指摘すべきだったか)
水面下で動く刃の出向元の上司。
そして三組の「親子」関係が織りなす人とヒューマギアの関係、かなぁ。
(迅の正体と滅が初めて人の前に現れたこととか)
後は、
〆のギャグのひねりが若干甘いことかなぁ(何か違うんじゃ……)。>AIのローマ字読みが「あい」と言うことに触れられなかった点。

・"ゾイドワイルドZERO"#2「爆砕の武器庫!バズートル」
舞台説明回。
まぁ、「そらそんだ」としか言い様がないなぁ。>話の〆。Aパートで「俺たちは『運び屋』であって用心棒じゃない」とサリーとか変わり続ける腹のレオへの苦言を呈したバズに対して最後の台詞で「サリーを祖父に再会させる。俺たち『運び屋』だろ?」とレオが返した件。

・"GRAND BLUE FANTASY The Animation season2"#2「城砦都市アルビオン」
グラン、二度背中を押される。
一度目はまだしも、帝国の真意を疑うグランがカタリナに「疑ってばかりでは前に進めない」と押された二度目は明らかに「(背中を押したカタリナが)訳あり」で……。
(と言うかヴィーラが明らかに帝国と共謀している)

・"GRAND BLUE FANTASY The Animation season2"#2「偽りの自由」
過去に決着をつけるためアルビオンに残る覚悟を決めたカタリナ。
カタリナを嵌める気のヴィーラ。
そのヴィーラをも出し抜く気の帝国。
そしてこの決着の行方は?

・"ラディアン(第二シーズン)"#2「霧雨の邂逅」
カスラーン・マーリン意外と風雲急。
(商人男爵達がここで一勝負しかける腹なのもさることながら、彼らと「持ちつ持たれつ(武器弾薬の売買契約先)」な異端審問官の巻き返しのための動きもあって……)
で、商人男爵達との因縁を作ってしまったセトとグリムとの再会。
さらにはメリとドクとの再会(正確にはメリとドクはセトを見つけていない)も。
どう見ても「ランブルタウン事件(商人男爵達はそれを念頭に置いている)」張りの大事件発生の予感が……。
あ、そうそう。
旧ドラグノフ隊副長のグドーのドラグノフへの信頼或いは忠誠と、そのドラグノフの思索がどう転がるかかなぁ。

・"ルパン三世(Part2)"#146「ルパン華麗なる敗北」
ルパンの「大人気(おとなげ)ないようで大人気(おとなげ)ある」話。
(天才少年ロマノフの挑戦に対して一度目はともかく、二度目は勝ちを譲った)
でもって、計算を駆使する相手には計算の死角を付けば良いだけのことで。
(一度目のどちらが多くの現金を集めるかについてはハッタリと計算するのにとてつもない時間がかかるやり方で引き分けに持ち込み、二つ目はロマノフのパニックを誘った)

・"ノー・ガンズ・ライフ"#1「暴走拡張者」
十三、意地と矜恃を賭けて立つ。
とは言え、この状況どーすんの!?
(いかな十三が特殊拡張者でも、相手の規模がでかすぎる)

・"ライフル・イズ・ビューティフル"#1「ホワット・イズ・ビーム」
志は高く(エリカの「どうせやるなら日本一!」や、ひかりの「オリンピックに出られればそれだけで充分です」)、でも普段はゆるゆると、な千鳥高校射撃部復活。
で、
エリカはひかりが「出るところはちゃんと出ている」のを更衣中に確認しておきながら、「ライフルジャケットが成長したので色々きつくなった」とぼやいたのを聞いて改めてひかりの胸のサイズを確認したのはこれ如何に!?
(どう見ても話の構成ミスです。ありがとうございました)
コメント

疑心暗鬼ではないけども……

2020年04月13日 22時53分19秒 | 日記(アニメ感想含み)
4月スタートの作品も一通り出そろって、押さえている作品も全部録画できたと思ったたのだが、
「何か押さえていた作品の取りこぼしがないだろうな?」
と思って"うずらインフォ(TVアニメの一覧サイト)"を見返してみてもやっぱり押さえている作品は押さえていた。
……この違和感は一体何なんだ?
(それに気を取られて、押さえている作品の録画ミスをやる方がよっぽど問題ですよ)

・"まちカドまぞく"#12「伝えたい想い!!まぞく新たなる一歩!!」
「不思議な街(Byナレーター)」の物語の一つの区切り。
ゆっくりだけど、確かに未来に向かって進んでいるのは確かで。

・"彼方のアストラ"#12「FRIEND-SHIP」
大団円。
一番印象的なのは、
七年後を描いたエピローグで、
旧世界の「嘘」を象徴していたツヴァイク教頭と、ウルガーとのやりとりかなぁ。
(ツヴァイク教頭にとってウルガーが生き残ってしまったことより「答えた」のが、「世界の嘘」を知ってしまったウルガーの兄を「口封じ」で暗殺せざるを得なかったことだからなぁ)

・"いだてん"#36「前畑がんばれ」
ベルリンオリンピック終わって。
いざ東京、と言う段になっていろんなものが噴出して収拾不能な事態に……。
(治五郎と四三、治五郎と副島、政治と河野の間がオリンピック開催を巡って「これっきり」になってしまったのが象徴的)

・"仮面ライダーゼロワン"#5「カレの情熱まんが道」
「職業」にまつわる「情熱」の物語。
(実を言うと或人が石墨先生に対してしたことは「契約不履行」と言う「職業上の大問題」なのだが)
まぁ、或人は「人が『情熱』を持つことをやめたAIに取って代わられる」と苦言を呈し、是之介社長も「『情熱』を持ち合わせていない人間にヒューマギアを販売してはならない」とイズに教えたのも「『ヒューマギアが人間に取って代わる』ことを目的として作ったわけではない」と言うことか。
でもって、
次は話の中でチラリと出てきた声優型ヒューマノイドが話の軸になりそうだが?

・"ラディアン(第二シーズン)"#1「新たなる冒険へ」
セトの新しい旅の始まり。
でもって、表裏一対のようなドラグノフの新しい任務の始まり。
(「奇跡の人」の「奇跡の人」たるゆえんが何を意味する?)
それで以て、魔法使い騎士団領もまた、問題を抱えているようで……。
(スパイラルネメシスの襲撃もさることながら、商人男爵たちが虎視眈々と領内を狙っている)

・"ゾイドワイルドZERO"#1「誕生!ビーストライガー」
人間、欲をかくとろくなことにならないのはフィクションもノンフィクションもないようで(違)……。
(本来、運び屋だったレオとバズのコンビがトレジャーハンティングに精を出したことでサリーを巡る騒ぎに巻き込まれた)
で、帝国軍を難なく退けたけど、これからどうなるの?
(ことにレオ、明らかに肉体と機械の融合現象が……)

・"GRAND BLUE FANTASY The Animation season2"#1「騎空士の空」
すごいぞ!MAPPA制作の原作物なのにダークじゃない!!(初っぱながそれか!?)
(A-1Picturesから制作が交代になりました)
で、シーズン2のプロローグの始まり。
どう見ても帝国の罠である和議申し出に対してグラン達はどうでるか?
(グランサイドの「引き」がカタリナなのが引っかかるが)
コメント

今回は感想のみ(令和二年四月十日)

2020年04月10日 22時38分21秒 | 日記(アニメ感想含み)
・"彼方のアストラ"#11「CONFESSION」
カナタがシャルスを一番許せなかったのは
「最後の最後まで心を偽る物言いだった」
ことよりも
「(B-5班メンバーの総意、そしてセイラの遺志まで否定して)アリエスをアリエスとして見ようとしなかった」
ことなんじゃないのかなぁ。
シャルスが真にシャルスとして生まれるまで。
(「とっさに作った物語(Byシャルス)」にしてもシャルスの記憶と本音が漏れ出ているあたり、ねぇ)
なくした物は小さくないが、また一つB-5班が「宿命」を超えるための運命共同体として確かな物を得たこと、なのかなぁ。

・"いだてん"#34「2.26」
2.26事件の余塵燻る(田畑自身も死にかけたし、何より高橋是清の暗殺死がこたえた)中、ラトゥールIOC会長来日。
ラトゥールから「(ことに子供達にもオリンピックという概念があることに)手応えあり」の返答を得たが、まだまだ一波乱ありそうで……。
後は、治五郎と清さんの間の長い付き合いから来る信頼関係かなぁ。
(戒厳令下で殺気立っている東京の裏道に詳しい人力車夫として治五郎が指名し、清さんも東京の「庶民代表」の務めを果たした)

・"いだてん"#35「民族の祭典」
いくら行方不明になってしまっていたシマさんと再開したとしても、いきなり人妻に抱きついたのは大問題では?>四三。
(実際には人違いでその娘のリクさんだったけども、やっぱりそれでも大問題)
スポーツと政治と民族と。
ハリマヤに始まってハリマヤで終わる。
或いは王廷臣に始まって孫基禎に終わる。
前にも書いたけど、良くも悪くも「世界から選手が集まるただの運動会(By政治)」ではすまなくなった(志ん生が五りんの噺中に「(ベルリンオリンピックを評して)あんなもんはただのプロパガンダでしかねぇ」と割って入ったのが印象的)。
で、自由人気質の政治にとって国家主義・民族主義色あふれすぎるベルリンオリンピックは「息が詰まる(加えて選手達やそれをたしなめるべき松野監督までが『ハイル・ヒトラー(*1)』ブームに呑まれた)」代物で……。
弱音を吐いた政治と「勝ってこのオリンピックを好きになりたい」前畑との鉢合わせがどう出るか?
後は、
その辺の事情を知ってか知らずかの四三とハリマヤの面々とその周辺住民の皆さんの無邪気さかなぁ。
あ、そうそう。
噺の中で「黒人選手が陸上の短距離で大活躍したのに対して、ヒトラーが露骨に無視した態度を取った」ことを取り上げたにもかかわらず、「いだてん紀行」が"メキシコシティオリンピックの黒手袋騒動"じゃなかったのは、東京オリンピック以降のことなのだからかね?
*1 ロサンゼルスオリンピックでは選手の食事に神経質になっていた(ため自身も自制する必要があった)松野監督が選手村の食事が口に合いすぎたのかおかわりする際に「まだまだご飯が『ハイル・ヒトラー』」と思わずだじゃれを言っていろいろと(食に対する管理責任上示しが付かない分も含めて)政治の神経を逆なでした(のが松野以下には理解できなかった)。

・"仮面ライダーゼロワン"#3「ソノ男、寿司職人」
まごころ寿司の大将を中心点にした人とヒューマギアの物語。
(機械と人間の関係から始まって、「心」を巡る禅問答めいたやりとりになるあたり、なぁ)
そっから見れば、
その中心点とつながりがない不破が良いところなし、なのもうなずける話で。
後は、滅亡迅雷.netの真の目的とか、刃(の所属先、A.I.M.Sへは出向扱いか?)の上司の登場とか、かなぁ。

・"仮面ライダーゼロワン"#4「バスガイドは見た!アンナ真実」
方向は違えど、誰も彼もデイブレイクの真実を望んでいるのは同じで。
(だから#3と同じ理由で必ずしも真実を望んでいないところのある刃が今回は蚊帳の外)
最初のうちはヒューマギア暴走事件に巻き込まれた民間人(桜井少年)への避難誘導義務を放棄していた不破(*2)が後にその桜井少年に土壇場(証拠が見つからないところに暴走ヒューマギアに襲撃されて諦めかけていた)での発破をかけたのが印象的。
おかげで真実の一端が見つかっ(て桜井少年の父親である当時の桜井ヒューマギア工場長の名誉も回復され)たのは確か(滅亡迅雷.netによるクラッキング犯罪が原因であることが判明し、桜井工場長がそれに対処して殉職した)だが、まだデイブレイクの根は深そうで……。
(副社長が或人の社長命令を告げたうえでの質問に対してもなお黙秘した。滅亡迅雷.netによるクラッキング犯罪が原因であることは公開されたが、それ以外にも副社長が懲戒処分を覚悟の上、と言うか階級のプレッシャーに負けずに黙秘したと言うことは飛電インテリジェンスの会社存続不能規模の不利益になる「何か」がある)
*2 A.I.M.S隊長として二次災害で民間人が巻き込まれるのを看過するのは職務上の問題では?

・"まちカドまぞく"#11「夢ドリーム再び!!桃色防衛戦を突破せよ」
隠されていたいろんなことが発覚したが、その結果は優子と桃のさらなるすれ違いを呼ぶことに……。
この話、どう決着するか?

・"ルパン三世(Part2)"#145「死の翼アルバトロス」
三年目(と言うか#100以降)ダレというかネタ切れというかで質が低下した中での快作。
(宮崎駿が別ペンネームで脚本・演出・絵コンテを担当した)
宮崎節(っつてもあんまり縁がないけど)と言うか、独特のリズムというか、何だよなぁ。
コメント

blogで書けない一言日記、更新しました(令和二年三月十六日)

2020年04月03日 20時07分43秒 | 日記(アニメ感想含み)
先日亡くなった志村けんさんのことについて思うことをいくつかと。

・"仮面ライダーゼロワン"#2「AIなアイツは敵?味方?」
デイブレイクを「どこでどういう立場で」遭遇したかが或人と不破の違いなんだろうな。
(ついでに言うと彼らと"滅亡迅雷ネット"の主宰者達もその辺で違うかも)
ヒューマギアの名誉(と是之介社長の夢であると同時に自身の「ヒューマギアは人々を笑顔にするための物」というポリシー)のため敢えて「ヒューマギアが人間を襲撃するようになったのは暴走事故(不破は飛電インテリジェンスの陰謀或いはでっち上げを疑っているようだが)ではなく"滅亡迅雷ネット"によるクラッキング犯罪である」と公表したが、吉と出るか凶と出るか?
("滅亡迅雷ネット"に対抗できる手段が現状ないだけに……)

・"まちカドまぞく"#10「ご先祖は進化する!!メガネが写す暗黒部屋」
・アバン

まぞくと魔法少女の奇妙な一日。
でもって、
優子が羞恥心そっちのけで危機管理モードで桃の元を逃げ出すって、
桃は優子をどうしたかったんだ?

(おそらく、無理な特訓をやらせようとしたんだろうけど)

・Aパート
色々と因果応報。
(アバンでミカンにプレッシャーをかけまくった優子は小倉の怪しい雰囲気に圧倒されまくり、桃の好意を逆手にとって殊勝なふりをして桃を乗っ取ろうとしたリリスは、逆にそれを感知された桃にかりそめの体を操作された)

・Bパート
妹の幻想を守るため、姉は頑張って苦悩するのでした。
……って、考えてみれば優子と桃の間って一方的というか、桃が本音を話したがらないって言うか、色々あるよね……。
コメント