Blog版一言日記

私、雑音領(ざつね・りょう)の一言日記です。

塩漬けと自転車

2015年01月29日 21時47分49秒 | 日記(アニメ感想含み)
録画消化に追い立てられたり、自転車操業(DVDレコーダーの容量確保)で録画失敗作品のレンタルでの消化がままならなかったり、感想をため込んだり、プライベートがぼろぼろだね(トホホ……)

・"Gのレコンギスタ"#1「謎のモビルスーツ」
・"Gのレコンギスタ"#2「Gセルフ、起動」

「話の意味はよく分からんが、とにかくすごい自信だ!」
としか言えないなぁ。
後輩が

「五回ぐらい見返さないと分からない作品」

と言う意見をネットで見た、と言うのがあったけど、一回最終回まで見て、そこから見返さないと分からない作品かもしれない。
いや、ホント。

・"Gのレコンギスタ"#3「モンテーロの圧力」
うーん。
話が順調に迷走してるなぁ、としか言いようが……。
(いや、大佐がアイーダを泳がせるために故意に脇を甘くしたんだろうけどさ。ベリルたちまで巻き込まれるのは想定外だったか)
でもって、
ラライヤが軽視されていると見るのは私だけか?
(いや、キャピタルも海賊=アメリア不正規軍も持てあましている、と見るのが本当のところなんだろうけど)

・"信長協奏曲"#2
そりゃま、食べ物って大きいよね。>オープニングでサブローが現代の食べ物の夢を見ていたこと。
戦国時代になじみすぎた男(道三)と戦国時代になじめないサブローとの対面に始まる回。最終的にどんな時代でも親と娘は親と娘で締めた。
(歴史に疎い道三が帰蝶に何とか乱世が終わるまで生き延びてもらいたいと考え、もしかしたら信長どころか秀吉や家康がいない世界なのじゃないかと言う発想から最後は秀吉と家康がいないのであれば戦国時代を生き残りうる武田家に帰蝶を差し出すという発想に至った)
最後に道三がサブローを信長と認めるところで幕。
そして、美濃の混乱を受けて義元がいよいよ尾張に攻め入らんとするのだが……。
それより、
サブローが帰蝶と大勢の家臣の前で、
「俺は偽物だけど!」
と叫ぶ件があるのだが、
あれ、いいのか?

・"牙狼-GARO-炎の刻印"#1「業火-HELL FIRE-」
皮肉にも魔戒騎士が守り神としてまつられているヴァリアンテはメンドーサの謀略によって魔戒騎士や魔戒法師を「魔女」として狩る国になってしまった。
(実際、レオンを討伐に来た兵士の隊長がホラー化している)
魔女狩りを生き残ったヘルマンとレオンはヴァリアンテに戻ることにするが……。
一方、ヴァリアンテの王子アルフォンソも未来は暗い様で……。
(オクタビアが魔戒騎士とエスメラルダの関係に気付いた)

・"仮面ライダードライブ"#1「なぜ、俺の時間は止まったのか?」
ドライブ誕生編にして、進ノ助再生編。
「もう考えるの、止めた」に始まり、「もう考えるの、止めた!」で終わる回。
後は、メタルヒーロー物と刑事物を上手く融合させた感じかなぁ。
でもって、
トライドロンのベース、ベースはトランザムじゃないでしょうね?
(いや、確かにあれも車に乗ってて「ライダー」だったけどさぁ)
("ナイトライダー"なんて誰が覚えてんじゃ)

・"仮面ライダードライブ"#2「仮面ライダーとはなにか?」
いろんな意味での解決編。
(進之介はベルトとロイミュードの関係を疑っているが)
ロイミュードも対処すべく早速動き出した。
コメント

春はまだだが、別れの季節……

2015年01月19日 22時01分25秒 | 日記
その1
ある日のこと、伸びてきた脇の髪がうっとうしくなってきたので行きつけの床屋に行こうと思ったら、
去年一杯で閉店していた……。

その2
これまたある日のこと。
中野で古本とかの捜し物をして中野ブロードウェイに行ったら、
レコミンツSIDE-Bが二月一日で閉店になるということだった……。

二件合わせていろいろとショック……。

・"信長協奏曲"#1
本能寺の変を生き残ったサブローが帰蝶と一緒に秀吉の前で「もう戦も侍もやめじゃあ!」と吠えて終わるのですね!
(藤田まことの"影武者 織田信長"なんて誰が覚えてんじゃ)
逃げ癖のある高校生が、逃げた信長の代わりを押しつけられて、逃げるに逃げられなくなる話。
でもって、現代人(一介の高校生)が戦国時代に当てもなく(*1)迷い込んだらどうなるか、を実写でやったらこうなった、んだろうなぁ。
しっかし、第一話の〆を見る限りでは、
「サブローと信長が相打ちになって終わり」
と言う結末にしかならないような……。
(そんなに戦国時代に過剰適応して修羅の道を突き進むサブローが見たいのか!?)
*1 戦国時代にタイムスリップした直後に日本史の教科書を紛失してしまっている。尤も、教科書に織田家の事情なんて細かく書いているわけがないが。

・"甲殻不動戦記ロボサン"#1「ロボサン廃墟に立つ!」
ロボット物と女子中学生の日常物が合体事故を起こした怪作。としか言えないなぁ。
この先、どう転がる(あるいは転がらない)のか……。
あと、橘教授。
コクピットブロックの中で駄弁っている中学生達のことをあまり強く言えた立場ではないのでは?
(彼自身も「調査打ち切り後も独自に調査を続けてきた」と言う台詞からして、無許可で立ち入り禁止区画に侵入を繰り返している可能性がある)

・"甲殻不動戦記ロボサン"#2「急襲!望まざる夜会への誘い」
芹沢のど忘れと意地っ張りと、橘教授のお節介焼きでシャレにならない事態(ロボサンの機動、あるいは暴走)を招きかける回。
(と言うか、中学生の面々、それなりに意固地なところがあるよな)
最終的には「雨降って地固まる」を地で行く展開と橘教授が大人の対応をしたおかげで難は免れたが。
コメント

寒中お見舞い申し上げます。

2015年01月13日 21時58分40秒 | 日記(アニメ感想含み)
今年もよろしくお願いします。
しっかし、去年に完走した録画消化って、一昨年から持ち越しの"翠星のガルガンティア""バディ・コンプレックス"しかなかった、ってのはさすがに、なぁ……。
(DVDレコーダーからHD+BDレコーダーに買い換えたので緊張の糸が切れた、ってのは言い訳にならないか)

・"バディ・コンプレックス完結編"「あの空に還る未来で 前編」
二期の話が立ち消え(前後編に圧縮された)になったので、致し方ないと言えば致し方ないが、前後編でやるには無理があったような……。
(かといって、一クールでやると今度は長くなりすぎて中だるみが出るしなぁ)
その分、殺陣に作画能力が使える用になったのは大きいか?
で、ヒナの謎(と言うか、一期で看過しがたかった穴)は解決するのか?
ビゾンの七十年来の妄執の決着は付くのか?
(ハーン博士はビゾンが名乗った偽名からこうなることを半ば見越していたようだが)
後編残り30分でちゃんと収まるのか?
(収まらなければ問題だが)

・"バディ・コンプレックス完結編"「あの空に還る未来で 後編」
大団円。
(ヒナ周りの穴が埋まりきっていないような気がするが)
ビゾンが時間のループを作り出している元凶だったと言うことでファイナルアンサー?
(あの描写では、ねぇ)
……もとい、
元凶のビゾンが完全消滅したことによって、すべてがリセットされて、再び二人の物語が始まる、と言う解釈で良いのだろうか?
コメント