Blog版一言日記

私、雑音領(ざつね・りょう)の一言日記です。

色々と意志薄弱

2019年02月28日 08時56分00秒 | 日記(アニメ感想含み)
仕事休みの日、朝からパソコンを立ち上げると、それだけで遠出する気がなくなるという……。
(接骨院で体のケアをしてもらうのをサボるのは洒落に並んでしょ)

・"Thunderbolt Fantasy東離劍遊紀2"#3「蝕心毒姫」
まさに職務の「(殺人)鬼」ショウキョウケン。
こいつの思い込み(?、或いはショウフカンに冤罪なすりつけるつもり満々)による住民虐殺で、ショウフカンに更なる冤罪(魔剣の不法所持とそれが使用されたこと)が……。
そして最悪の魔剣ナナサツテンリョウが覚醒し、敵か味方か、妖僧テイクウ(よくゴインシの態度でハクヨウコウの毒を引き受けた物だ)現わる。
一方でショウフカンの元にリンセツア現れ、「毒をもって毒を制す」と転がるか?

・"ラディアン"#2「本当の勇気」
セトの潜在能力がいかんなく発揮された日。
とは言え、その原因が反面教師としての「世をすねて(世をすねたくなる理由はセトにも思い当たる節があるが)身を持ち崩した魔法使い達」の悪行と、身を以てそれを否定するため、或いは自身の「魔法使い」としての名誉と道理によるものと言うところが切ないところではあるが。

・"BEATLESS(Final Stage)"#24「Boy Meets Girl」
アラトの「優しさ或いは公平さ」がメトーデを作った時点での「ヒギンズの人間観」とスノウドロップの「計算」を上回った。
そして誰もが一歩前に踏み出しての大団円。

・"RErideD-刻越えのデリダ-"#2「世界に残されたものは」
ヴィドーが前金を要求する「レギュレーション」だったら、詰んでいるところでしたな。
(デリダが死亡扱いになっているので無一文)
デリダにとってユーリィとの再開は苦い結末で……。
一方でアンドレイはデリダを確実に仕留めるべく刺客を雇ってきて、さらに難しい状況に……。

・"あかねさす少女"#3「ウエディング・ベルが鳴る前に-The bride can't help it-」
奈々のわだかまりが解けた日。
一方でもう一人の明日架と「黄昏の王」の間にはけっこうに入り組んだ物があるようで……。
(前回・今回の世界に住む明日架が他の世界の自身を見ても肯定的に捉えている事と何か関係があるのでは?)
でもって、自分たちとは言え「幸せの基準は人それぞれ(平行世界のみんなも『幸せにやっていた』)」という幕引き。

・"ゾイドワイルド"#16「アラシ危うし!哀しき賞金稼ぎ」

あそこでギャグを入れるのは流石にちょっと……。
(話の大詰め、ペンネがスコーピアの毒でアラシとオニギリを眠らせようとした際、眠り薬と説明があったにもかかわらずアラシとオニギリがテンパって「まだ死にたくねー!!」と叫び続けたこと)
でペンネの過去と因縁回。
ペンネの事情を知ったアラシが「わざとペンネに捕まってペンネは賞金を得て、それで俺とライガーは中から暴れてフォアグラをぶっつぶす。(ぶっつぶすきっかけを作ってくれるわけだから、お前が気に病む必要はない)」
と言うアイディアを拒絶してフォアグラ相手に「落とし前」を付けようとするが……。
それにしてもオニギリ、
けっこう良い性格してるよね……。
(自身が鬼女風に描いたペンネの絵を本人に見せたこと)

・"うちのメイドがウザすぎる!"#2「うちのメイドが忍び寄る」
「Aパート」

結果オーライですむ話じゃないんじゃ……>つばめが、そばアレルギーの事から「人の内面を知るには時間がかかり、それまでは外見で見られてもしかたがない」たとえ話を出しておきながら、
そこから如何にしてミーシャを「内面を知るために観察する」と言う名目でストーキングしているかを訥々と語ったため「こいつ(つばめ)にストーキングされるくらいなら学校に行った方がよっぽどマシ」とミーシャが決意したこと。

「Bパート」

ミーシャ、Aパートのそばアレルギーの件(これも命がかかっている問題)に触発されたか、命がかかっている局面で大立ち回り。
でもってつばめ、
Aパートのたとえ話で燃え尽きたか、全然良いところなし……。

・"新幹線変形ロボシンカリオン"#41「会議!!ハヤトの誕生日を祝え」
アズサの見事な発破の掛けっぷりが印象に残った回。
で、
ホンジョウ大災難&大脱線。
(アズサに弱みにつけ込まれるわ、独り合点して「出水指令長と双葉さんが『大人のつきあい』してる」と早合点するわ……)
でもって、カイレンの挑戦(出水指令長が露骨に動揺していたが)で事態がどう転がるか?

・"ルパン三世(Part2)"#96「ルパンのお料理天国」
最も意地汚い敵、グルメール男爵現わる。
でもって、
これはコミカルに仕立てないと、放送できないよなぁ。
(五右衛門の作中の台詞「なんという悪趣味、なんというゲテモノ食い」と言う台詞がこの回の全てを物語っている)

・"仮面ライダージオウ"#8「ビューティ&ビースト2012」
ソウゴ、まさに「未完なれど王の器」を見せる。
(ウォズの言質を取り、ゲイツに「今までの確執はいったん置いて協力する」ように動かした)
でもって、おじさんのツクヨミの本質(未来からやってきた人)を知ってか知らずか、"眠り姫"を引き合いになにげに鋭いことを言っていたのが印象的。
(「もし"眠り姫"みたく50年100年と眠り続けて目が覚めたら、未来が分かるのかもしれないのにね」と言うモノローグ)
コメント

"リーグ・オブ・エクストラオーディショナリー・ジェントルメン:センチュリー(アラン・ムーア、ケビン・オニール/ヴィレッジブックス)"を読む

2019年02月24日 18時00分29秒 | 日記(アニメ感想含み)
100年にわたる永き戦いの果てが、
ご都合主義的肩すかしな決まり手と故人を偲ぶモニュメントが建って終わり。
ってのは洋の東西を問わない物なのかね……。
後、アラン・ムーアの
DCコミックス憎けりゃ親会社のワーナー・ブラザースも憎いっぷり
かなぁ。

・"DOUBLE DECKER!ダグ&キリル"#2「さらば、オカッパ刑事」
キリル、独り相撲(と言うか気負いすぎて空回り)をダグに窘められる。
でもって、ダグのひょうひょうとした側面に振り回されながらも、「やるときはやる」を見せてくれたようで。

・"DOUBLE DECKER!ダグ&キリル"#3「好敵手(ライバル)は相棒の相棒!」
「疑いたくない人間をこそ疑え」というのは刑事の定石(或いは刑事物の定石)ではあって。
でもって、話は順調に停滞中……。

・"宇宙戦艦ティラミスII(ツヴァイ)"#3「FREEZE/EYES OF THE HERO」
「FREEZE」

地球連邦は平和ボケしているけど、生協の職員は意外と武闘派だった回(なんか違うんじゃ……)。
そりゃイスズもいたたまれなくなってネオ・デュランダルを牽引鹵獲せずに引き上げ、と言うのもうなずける話で。
「EYES OF THE HERO」
どんだけ「英雄の目」をしていても、どれだけ優れた感覚があっても、使い手が使い手、じゃなぁ……。

・"あかねさす少女"#2「違う世界(フラグメント)-Another FRAGMENT-」
奈々が平行世界に適応してしまったら、他の四人も元の世界に帰れないのでは……。
でもって、奈々が(おそらく「占い師に化けた別の平行世界人」にそそのかされた(*1)とは言え)無意識に選んだ平行世界に飛び込んでしまった「鉱石ラジオ部」の面々。
感情を爆発させた反動(*2)で昇っていた血が冷えてしまったため、平行世界に順応してしまった奈々の問題もさることながら、ふたりの明日架が最初に出会った世界にいた「凶暴この上ないオレンジの雪兎」が今いる平行世界に紛れ込んでしまって惨劇の予感が……。
こうなると、クロエがもう一人の明日架の「平行世界を放浪する理由」に踏み込んで回答を拒否されたことは最早どうでも良いことだよなぁ。
*1 今回の儀式の周波数を奈々に教えたのが「占い師に化けた別の平行世界人」
*2 「『17歳の誕生日になったら結婚する義務がある』法律」のある世界に飛び込んでしまったため結婚する日がすぐそこに迫っていたと言う混乱と、元々奈々を、と言うか家庭を顧みない継父と上手くいっていなかったこともあって「(17歳で結婚させて)あたしをこの家から追い出したいんだ!」と受け取って感情を爆発させた。

・"うちのメイドがウザすぎる!"#2「うちのメイドにさらわれた」
「Aパート」

そりゃま、ネットのアバターなら自分を隠すことができるとは言え「素」を出してしまえば、ねぇ>話のオチ。
それにしてもミーシャ、けっこうつばめや他のプレイヤーのことも見てるのね。
(「げにおそろしきはネトゲプレイヤーの
「覆面」或いは「ネット故に好き放題」
っぷり、だなぁ」)

「Bパート」
まぁ康弘も現状がミーシャのためになっていないって言うのは分かっている(からつばめにキャンプの許可を出した)んだろうなぁ。
でもって、つばめ、
一言多い。
(と言うか、発想と手段にいささか問題が……。おかげでミーシャとの間が「三歩進んで、二歩下がる」状態に)
でもって、ツンデレ状態(「三歩進んで、二歩下がる」状態だけどつばめにもだけど康弘に心を開きつつある)になりつつあるミーシャで幕、なのもうなずける顛末か。

・"BEATLESS(Final Stage)"#22「Pygmalion」
おそらくアラトと遼が心の底からわかり合えた日。
アラトの「全ての始まり」となったイライザとの再会。
でもって、今度はスノウドロップがアラトとレイシアの前に立ちはだかって……。

・"BEATLESS(Final Stage)"#23「Beatless」
遼にしてみれば「お前が言えた立場か!?」と言い返したくなるのも道理であって。>遼との通信が途絶(*3)したメトーデが「あたしを棄てる気かぁ!」と吠えた件
メトーデ、土壇場で自身が(おそらく海内紫織に)した裏切りの報いを受ける。
(レイシア言う所の「(海内遼という)人の中にあるドーナツの内側の洞」に嵌まった)
とは言え、アラトとレイシアの目的のためにもう一問あるのだが突破できるのか?
*3 メトーデがヒギンズと直接リンク(をして機体を乗っ取られた)したことからヒギンズは無事でもオペレーションルームにいた遼に何事かあった可能性があるが。

・"少女歌劇レヴュースタァライト"#12「レヴュースタァライト」
大逆転にして大団円。
運命の始まりと終わりと、新しい舞台の始まり。

・"SSSS.GRIDMAN"#2「修・復」
敵も味方も面倒くさいなぁ。
でもって、外見はうさんくさいが、言動はまともなサムライ・キャリバー登場。
裕太自身も戦う理由を見いだしたようだし、舞台がようやく整ってきたか。
(裕太がアカネに目を付けられているのが問題だが)

・"ソラとウミのアイダ"#2「女子部シューゴウ!」
女子部、改めてスタート。
……したは良いが春の安請け合いが原因で早くも初っぱなから難問(と存続問題)にぶち当たることに……。
(それより、春と波乃のファーストコンタクトが最悪すぎて溝が埋まりきっていないことの方が問題なんじゃ……)
コメント

"ホワイトシュガーガーデン、ブラックソルトケージ"を読む

2019年02月17日 22時49分03秒 | 日記(アニメ感想含み)
("ハッピーシュガーライフ2(鍵空とみやき/スクウェアエニックス、ガンガンジョーカーコミックス)"に収録)
しょうこが"ハッピーシュガーライフ"な顛末にならなかったのは「きいやくん("ハッピーシュガーライフ"作中人物何人かの役割を兼ねている)」がすべて持っていったから良かったとして、
三星……
(「きいやくん」の末路とTV版でのこいつの末路とを比較して、どっちがマシかを考えると、なぁ)

・"ハッピーシュガーライフ"#12「ハッピーシュガーライフ」
さとう、死して尚一人勝ち。
(しおの心を独り占めすることに成功した)
まさに
「戦慄の純愛サイコホラー(番組のキャッチコピー)」
だったな。

・"ゾイドワイルド"#15「ライバル!?天才ゾイドハンター」
ヒジキのために「優しい嘘」をついたアラシたち一行と、知っててそれに乗った(ついでに言うとヒジキよりもゾイドのことを分かっていた(*1))アラシの両親の物語。
でもって、受け売りの段階に過ぎないとは言え「良き指導者達(父のイナズマとベーコン)」の想いを伝えようとするアラシ、かなぁ。
え、
風雲急の引き!?
ううむ……。
*1 ライガーがヒジキの指示に従ったように見えた理由を「クワーガがデスメタル帝国の山焼きに遭って山から下りたこと」に反応した、と見ぬいていた。

・"ルパン三世(Part2)"#95「幽霊船より愛を込めて」
ルパンと相性が悪いオカルト(宇宙人)譚。
とは言え、
投げっぱなしエンド
(ストーンヘンジに置かれた3つの人形が持つ宝石が朝日を屈折させて天空への光線を作り、それを受けてUFOが地球にやってきたところで幕)
じゃ、なぁ。

・"新幹線変形ロボシンカリオン"#40「地下へ!!シンカリオンvsビャッコ」
ハヤトの思いはビャッコを動かした。
……のは良いのだが、そのビャッコが……。

・"あかねさす少女"#1「4時44分の儀式」
喫茶店にちくわ持ち込んで食べるな!>明日架
でもって、他愛もない仲間達の「儀式」が平行世界を呼んでしまって……。
さらに厄介なことに平行世界の明日架以外にも平行世界の住人が紛れていて……。

・"ラディアン"#1「魔法使いの少年」
正義感と潜在能力はあるけれど……(アルマ曰く「魔法使いとして一人前じゃない前に人として一人前じゃない」)な少年セトの「世間の偏見」=その元となっているネメシスとの初陣の日は、あわやになるところで……。
でもってセトと街を助けた魔法使い達との出会いがどう転がるか?

・"ソラとウミのアイダ"#1「宇宙でサカナを捕っちゃうぞ!」
尾道宇宙漁師育成センター女子部のさんざんな初陣。
(育成センターと漁協の縦割り、と言うか意思疎通の不十分さって、あるところにはあるもんだねぇ)
でもって、宇宙での顛末は波乃の独り合点にも問題ありなんじゃ……。
(確認をとらずに初心者研修や訓練を受けていない春を宇宙漁師のチームに組み込んだこと。少なくとも「トビウオ(宇宙漁用作業ポッド)」の意味を春が知っていなかったのに気付かなかったのでは、ねぇ)
前途多難な振り出し、女子部の面々はここからどう巻き返すのか?

・"Thunderbolt Fantasy東離劍遊紀2"#2「奪われた魔剣」
ショウフカン、カツエイラクの術中に嵌まる。
(カツエイラクの策のさえと言うより、ショウフカンの状況把握の甘さが責められるべきか。一般人がカツエイラクの剣戟を交わしきれるはずがないと言うのを見落としていた)
でもって、場をかき回しつつ(東離の捕吏を演じている以上、迂闊にショウフカンの肩を持てないからねぇ)ショウキョウケンの腹の内を探るリンセツアはどう動くか?

・"仮面ライダージオウ"#7「マジック・ショータイム2018」
元々の齟齬をウォズ(ゲイツと浅からぬ因縁があることが発覚した)にかき回され、訣別に至ってしまったソウゴとゲイツ。
で、かき回すと言えば早瀬を良いように引っかき回したウールとオーラの「意識せざる連携」と「どう立ち回っても現状ではソウゴ達に対抗手段がない」事を示したスウォルツなど、ライダー&アナザーライダーよりウォズやタイムジャッカーと言った周囲が目立った回。

・"RErideD-刻越えのデリダ-"#1「目覚めた場所」
カタストロフSFプロローグと冒頭部のお約束を詰め込んだ出だし。
マージュに導かれるようにコールドスリープする事態になったデリダは何を目的として何をなすのか?
コメント

今回は感想のみ(平成31年2月12日)

2019年02月12日 10時46分30秒 | 日記(アニメ感想含み)
・"宇宙戦艦ティラミスII(ツヴァイ)"#1「COCKPIT ADDICTION/IT FALLS INTO THE CHRYSLER」
「COCKPIT ADDICTION」

平和ボケしすぎだぞ、愛知県警>話のオチ。敵味方識別不能機のケリュケイオン(イスズの乗ってきた機体)を軍に通報せずに撤去したこと。
「IT FALLS INTO THE CHRYSLER」
平和ボケしているのは愛知県警だけではなく地球連邦も一緒だったのね。
(イスズに突っ込まれた連邦総司令部のエントランスにお土産屋があったこと)
あと、連邦所属のプラモメーカーってメカは専門でもフィギュアが苦手だったとか。
さらにのっけからシリアスな「引き(イスズとスバルの父親登場)」でどうなるか?

・"宇宙戦艦ティラミスII(ツヴァイ)"#2「REUNION/NEO UNIVERSE」
「REUNION」

ソウイチロウは軌道兵器開発に特化されていた(イスズが「こいつは家庭を顧みずに機動兵器開発に明け暮れていた男」と評した)、「架空サイト登録請求詐欺」に疎いのであった……。
「NEO UNIVERSE...」
でもって、平和ボケしていたのはソウイチロウ&スバルも同様だったようで……>イスズを捕虜としておかなかったために、ネオデュランダルをハイジャックされ掛けたところで幕。

(・"七星のスバル"#9は録画不備に付き欠番)
・"七星のスバル"#10「消えた少女」
つまり、タカノリが朴念仁だったのがグノーシスにつけいる隙を与えてノゾミをグノーシス側に寝返らせる結果になったたんですね(タカノリに対していささかに酷な物言いなんじゃ……)。
で、そのグノーシスもけっこうにえげつない手を打ってきたようで。
(ノゾミがアサヒの古傷をえぐり、そのアサヒを操ってクライブの泣き所を突っついた)
果して"スバル"再結成はなるか?
(その前に空中分解を起こしそうだが)

・"七星のスバル"#11「這い寄る悪夢」
「スバル」最後のわだかまりが解消された日。
グノーシスがそこまでノゾミ(とタカハル)にこだわらなかったのも道理か。>今回のラストシーンから鑑みてあくまで本命はアサヒだったことから。

・"七星のスバル"#12「新たなる伝説」
とりあえずの落着点で幕。
どう見ても打ち切りエンドにしか見えないのはさておくとして(さておいたらマズいでしょ)。

・"BEATLESS(Final Stage)"#21「Higgins' silo」
だれ(エリカと吉野専務)が「超高度AI(レイシアとヒギンズ)の判断を尊重する」かによって表裏明暗分かれた回。
遼もレイシアも「メトーデに対する別のオーナーによる相反する命令の存在」に感づいてはいるようだが……。
で、現状維持を望む側と現状を打破するべく動くアラト&レイシア、はっきり言ってアラトとレイシアは勝てるのか?

・"ゾイドワイルド"#14「暴走!アラシの叫び」
ドレイク、踏んだり蹴ったり。
(アラシを挑発したらバーサーク化の犠牲にされかけたのは自業自得だが、ギャラガーの無茶振りをモロに食らったのは運がなかった)
でもって、アラシがオニギリやペンネに不器用な「隠し事(ベーコンへの本音)」で溜まった物が暴発の原因と直感したオニギリ(*1)に突っ込まれるのも無理はないことで。
アラシ(と言うかフリーダム団)が真にチームとして成立する試練(それもまた修行のうち)
なのかなぁ。
*1 ライガーに異常や故障こそ見られなかった物の、ガノンタスとスコルピアへのダメージやライガーの過負荷を見過ごせなかったのもあったんだろうなぁ。

・"仮面ライダージオウ"#6「555,913,2003」
解決編。
ソウゴが謎解きの糸口になった「デリカシーのない物言い」はちょっと……。
(同じく謎解きの糸口になったとは言え、おじさんの「現代の部品を使ったレストア=天寿を全うした当時の機械を無理に生かすこと」の機械観・技術観の方がちょっと……、なんじゃ)
草加のドライな振る舞いは「第三者を巻き込まなければそいつ自身の人生で、いくら近しい仲間でも他人の人生にどうこう言えたモンじゃない」と言うこと何だろうなぁ。
後は、
今更ながらだけど、タイムジャッカー同士の間での抜け駆けや巧妙争いなど、決して一枚岩ではないこと、かな。

・"ルパン三世(Part2)"#94「ルパン対スーパーマン」
四話振りに"スーパーマン"ネタですかい(呆)……。
でもって、冤罪を掛けられればルパンだってキレる物でして。
(五右衛門の「食い物の怨みは恐ろしい」ってのもあるのかもしれないが)

・"新幹線変形ロボシンカリオン"#39「対話!!ハヤトとリュウジの空手修行」
「戦うとはどういうことか」に始まり「言葉でなくても会話することができるのが空手」を経て「まず、お互いにぶつかり合いきる事から始める」結論に至る回。
でもって、そのためにはビャッコとセイリュウの「頭の血が冷え切って話を聞けるようになる」所まで持っていくことが必要だけど、そこまで持って行けるのか?

・"SSSS.GRIDMAN"#1「覚・醒」
そりゃ、大元を断ったわけではないからねぇ>グリッドマンが怪獣を倒した直後の裕太に向かって「使命を果たせ」と言い続けた理由。
まぁ、不可解なのは裕太=グリッドマンや怪獣よりも、この世界なり(裕太と内海と六花が三人そろって復旧したと言うより無傷の校舎を見て呆然とする〆)、と言ったところか。

・"アンゴルモア 元寇合戦記"#12「一所懸命」
対馬は死なず「ただ生き延びてこそ勝ち」なり。
そして迅三郎、「己に恥じぬ戦い」の果て、歴史の彼方に消える。
(第一話のアバンに繋がっていないことはさておくとして)
コメント

仕事の大ヤマ越えたは良いけれど

2019年02月06日 22時58分55秒 | 日記(アニメ感想含み)
(実は持ち越しの件がまだあったり)
緊張の糸が切れたか、気温の乱高下があったのが祟ったのかで、喉をやられた……。

・"プラネット・ウィズ"#12「見ろ、宇宙は祝福に満ちている」
良い意味で、全ての恩讐を越えて昇華された大団円。
実際に過不足なく全てのパーツを使い切って完全燃焼したと思う。

・"うちのメイドがウザすぎる!"#1「うちのメイドがウザすぎる!」
ううむ……。
(ドタバタコメディであることを差し引いても)
とりあえずみんな変。
(つばめや彼女を採用した康弘もさることながら、ミーシャも今までの家政婦に対してやり過ぎたんで、多少のことではめげないつばめが採用されたのも自業自得の側面が……)
としか言いようがないなぁ。
でもってまぁ、みんなの間にいるミーシャの母親(ミーシャがつばめを受け入れない最大の理由)をどう昇華していくことが裏筋なのかなぁ。
(つばめがその辺の事情を知らない上に、ミーシャがナーバスな物を抱えているので)

・"ルパン三世(Part2)"#92「マダムと泥棒四重奏(カルテット)」
ピッコロ老(ルパンの師であり恩人)が奥さんについた嘘(「泥棒」であると言えないので自分は「音楽家」であると言ったこと)がルパン達の思わぬ苦労になって、その苦労が予期せぬ形で実った回。
え、
浪花節(義理と人情の世界ね)もまた音楽の一種?
言われてみれば、そりゃそうだ。

・"ルパン三世(Part2)"#93「万里の長城インベーダー作戦」
ううむ、
なんじゃ、そりゃ。
としか書きようがないなぁ……。
あと、
化かし合い(とトリックの打ち合い)でマッド・サイエンティストが泥棒に勝つのは無理がありましたな。

・"重神機パンドーラ"#26「選ばれた未来」
遠くを見据えすぎると、足下の確かな物を見失う、というのは人の業であって。
逆に足下の確かな物をしっかりと見つけることができたのが人の可能性、と言うことか。
(レオンが「科学者としての驕り」を振り払ったのも足下をしっかりと見つめる事が出来た故)
で、どんな世界でも人は生きていけるし生きていく、と言うことで幕。

・"ゾイドワイルド"#13「史上最狂ゾイド デスレックス」
ベーコン、アラシに「希望」を遺して退場。
ギャラガーとベーコンの戦いの跡を見たドレイク。
顔で笑って心は……、なアラシ。
次回予告を見る限りでは三度目の鉢合わせが誰にとってもロクなことにならないのは確かで……。

・"仮面ライダージオウ"#5「スイッチオン!2011」
いかなウォズでも、二体のアナザーライダーが同時に絡んでくる事件を読み切るのは難しかったようで……。
(となると、"逢魔降臨暦(如何にしてソウゴがオーマジオウになるかを記した書物でウォズの持ち物)"の著者がウォズじゃないと言うことになるが……)
新たなるタイムジャッカー、スウォルツ登場。
「流れ星」の連想(草加が「流星塾」の出身)と草加にまつわる疑惑、加えて二体のアナザーライダーを宿した者の存在で先が読みがたいなぁ。

・"新幹線変形ロボシンカリオン"#38「救援!!シンカリオン ドクターイエロー」
ハヤトの欠落(戦う理由、戦う人としての心)とリュウジの欠落(戦いの経験)がお互いの補完を為すべく動くとき。
一方でビャッコの荒れようが事態をややこしくしているのも確かで。

・"千銃士"#12「Be Noble」
大団円。
ブラウンベスの「最後の意地」がみんなの心を合わせての「希望の輝き」を輝かせた回。

・"DOUBLE DECKER!ダグ&キリル"#1「二つの太陽にほえろ!」
ええと、
割れ鍋に綴じ蓋?(違)
……
じゃなくて、
適材適所(もっと違)
まぁ、
捜査対象も捜査員も一癖も二癖もある舞台に、果してキリルはついて行けるのか?
あ、そうそう。
ダグもけっこう良い性格しているのね。
(ダグの「お前、二階級特進だぞ」とキリルに言ったことの真意がナレーションの突っ込み通りだったら「殉職(*1)して、『悲運のヒーロー』としてもてはやされても良いから因縁の相手が、俺が手の出して良いものかどうか確かめる時間を稼げ」とキリルに言い放ったことになるが……)
*1 ボスがキリルに向かって「お前のあだ名、『パーマ』じゃなかったら『オカッパ』か『殉職』のどちらかな」と言ったことから、ナレーションの突っ込みの方が正しい気が……。

・"Thunderbolt Fantasy東離劍遊紀2"#1「仙鎮城」
ショウフカン、大痛恨事。
(「魔剣図鑑」から魔剣の力を解放できるカツエイラクに切れ端が渡った)
さらに間の悪いことにショウを悪党として追うショウキョウケンも現れて、さらに難しい事態に……。
昔の相棒ロウフヨウとしゃべる楽器リョウガが来てくれたけど、事をややこしくする事にかけては天才的なキチョウもこの件に首を突っ込んできて……。
え、
仙鎮城があっさり落城したのが悪い!?
いや、
魔物相手に特化された城だから、人間相手には弱かった訳なのね。
(それでは済まされない事態を引き起こしてしまったのだが)
コメント

今回は感想のみ(平成31年2月1日)

2019年02月01日 19時04分18秒 | 日記(アニメ感想含み)
・"ルパン三世(Part2)"#90「悪い奴ほど大悪党」
ええと、
権利関係大丈夫?
(事の発端になった"スーパーマン"はもとより"バットマン"、"ワンダーウーマン"、どころか
"ミッキーマウス"
の仮装まであるぞ、おい)
でもって、話のキモは、
悪には悪の道義(と哀愁)がある、それすら持ち合わせていないやつは「人ですらない(By五右衛門)」と言うこと。
なんだろうなぁ。

・"ルパン三世(Part2)"#91「時を駆ける少女」
ルパン悲恋譚。
え、とっつぁん?
そりゃ、
「ムードぶちこわし(By次元)」
な真似をしたら、ねぇ。
(尤も「借り(イアンヌの身元照会を頼んだ)」を作って踏み倒したのはルパンの方だが。え、ドロボウだから借りの踏み倒しこそ本業?
真にごもっとも)

・"アンゴルモア 元寇合戦記"#11「対馬の天道」
まぁ義経流なら「開祖源義経の『鵯越の逆落とし』」の故事ぐらい知っていてもおかしくないからね。>迅三郎が山頂の絶壁から降りて落ち延びる策を採用した理由。
いよいよ蒙古の総攻撃。
時間(蒙古の大将が「船出まで間に合わなかった者は脱走の咎で斬る」と言っているので蒙古側もそこまで島民に構っている時間がない)との勝負に何人生き残れるのか?

・"少女歌劇レヴュースタァライト"#11「わたしたちは」
舞台少女達の最後の舞台への幕間。
戯曲"スターライト"の「演じられない結末」からひかりの所在を把握した華恋は、そしてレヴューを通して皆が得た物(華恋に託された)はひかりの心、ひかり自身を救えるのか?

・"ハッピーシュガーライフ"#11「永遠の一瞬を、貴方と」(加筆)
裏切りを計った折にその真意を汲んで動いてくれる人がいないと、壮絶なそれ相応の報いが帰ってくるのですね、分かります(津田健次郎の声でお読みください)
三星、裏切りの代償を払う。
で、この話、どう落着するの!?
(この時点ではどうとでも転がるからね)

・"仮面ライダージオウ"#4「ノーコンティニュー2016」
「救える命を救う」のに
医者も、
患者の関係者も、
レジスタンスとして「多くの命を救えなかった者」も、
「王様志願の高校生」もないもので。
今回は「命を救う」とはどういうことか、と「道義」が鍵であって。
ソウゴとゲイツとツクヨミの間に「奇妙な信頼」が成立しつつあるのも確かで。
(やっぱり一番うさんくさいのがウォズなんだよなぁ)
コメント