Blog版一言日記

私、雑音領(ざつね・りょう)の一言日記です。

オタク達の凱歌(orz)

2013年10月29日 10時50分21秒 | 日記(アニメ感想含み)
先日(10月27日)の秋の天皇賞のこと。
ジャスタウェイが見事な差し切り勝ちを見せた。
(自分はトウケイヘイローが逃げ粘る、と踏んでいたのでこの馬の複勝から行ったが完全に裏目に出た)
で、どこかのニュースサイトで、
馬主:大和屋暁氏
とあったので、名字が「どっかで見たような……」と思って引っ掛かったので検索してみたら、
アニメや特撮の脚本家だった。
特にオチはない。

・"翠星のガルガンティア"#4「追憶の笛」
>(まだまだ、文化ギャップ等の問題もあるが)
(前回感想の〆)

こちらの方から切り込んだ新展開。
戦争と人工物(効率)に特化されたレドの社会と、船団社会との対比が軸。
そのレドにも、本人がしまい込んでいた記憶があったようで。
それが掘り起こされたことが、彼の心境に微妙な変化を与えたのも確かで。

・"探検ドリランド 1000年の真宝"#5「美しき貴公子ナガレ」
1000年たって封印が解けて実世界に出て、仲間どころか見知った人も見知った風景もなくて(実際、神殿の地上部が取り壊されてキャバレーになっていた)、ハンターが白い目で見られるご時世だったら、腐るのも無理はないよね>ナガレ。
色々と洒落になっていない回。
上記のこと(つーか、児童番組でキャバレーは、なぁ)はもとより、ナガレも感性(審美眼)がぶっ飛びすぎているし、ハガンはフェイリンの台詞を聞かなかった振り(と言うか現実逃避)で〆だし。
でも一番洒落になっていないのは、
説明編(メッキとシャッキのドリルな世界)でヤバイ台詞(例え)を持ち出したシャッキだったりする(召喚・移動ゲートである真宝門を"何処でもド……(ここでメッキに止められた)"ってあんた……)。
で、結論。
てめえら、学習しろ<ハガンとキバマル。助けたホステスに誘われてキャバレーでよろしくやってたこと。前回ぼったくり温泉旅館に引っ掛かって今回またそれか。

・"銀河機攻隊マジェスティックプリンス"#5「小惑星基地潜入作戦」
ええと、この場合、未成年にスズカゼ教官似の女優が出てくるビデオを渡したランディに非があるのか、(そう言うビデオなので)「ケイとタマキ(女性陣)に見せるな」と釘を刺されたのにかかわらず女性陣に見せたイズルに非があるのか分からない回。
……もとい。
チームラビッツが本当の意味で一つになった回。
ランディもちゃんと「しっかりした先輩(大人)」していたし。
(上記の件をのぞいて)
で、ことごとくウルガルに逆を突かれる現状を鑑みると、
どこかで内通者の存在か、スパイの存在を疑ってかかるべきなんじゃ……。

・"絶対防衛レヴィアタン"#5「絶対バカンスなんだもん!」
胸と腰の鱗がないのは「それは聞かない約束」な回。
(あの水着の形だと、胸の鱗を隠しきれないのでは?)
バハムートの横暴(だと思う)とレヴィアタンの便乗に始まり、
全編これ水着回(=海辺回)のお約束を詰め込んだ回。
……、と思いきやレヴィアタンが夢で見た場所が一行の旅行先だったことが発覚したのと、レヴィアタンが魔法を使っていたとき、それに茶々を入れた少年が現れたことで一気に雲行きが怪しくなって?
しっかし、今回も特筆すべきボケがないぞ。
(バハムート家の別荘の管理人夫妻がしっかりボケてたやんけ)

・"革命機ヴァルヴレイヴ"#4「人質はヴァルヴレイヴ」
エルエルフの読みが外れた回。
まぁ、アルスにしてみれば自国領ならまだしも、中立国にそこまでする義理はないわけで。
(だからといって、上院議員自ら発砲するのもどうかと思うが)
で、勢いとヴァルヴレイヴの戦力評価(とアルスのフィガロ議員の身柄)を取引材料にして独立したわけだけど、この先どーするの!?
(旧ジオールのモジュール維持管理スタッフは学園側に付くのだろうけど……、そのモジュール一つで自治共同体としてやっていけるかどうかの問題もあるし)
コメント

今期はボロボロ……

2013年10月25日 17時38分55秒 | 日記(アニメ感想含み)
前回、
"蒼き鋼のアルペジオ"#1を録り損じたと前回書いたら、
今度は"京騒戯画"の#3を録り損じていた……。

・"翠星のガルガンティア"#3「無頼の女帝」
レドが自分のしたことの落とし前を付けて、船団の一員となる回。
プロローグ(レドと船団の遭遇から、レドが船団の一員に落ち着くまで)も終わって、これからどう転がるか。
(まだまだ、文化ギャップ等の問題もあるが)

・"探検ドリランド 1000年の真宝"#3「決戦!真宝王ゴード城!」
現状でしゃにむにゴード相手に突き進んだら、主人公死亡で三話打ち切りになることは確実なわけで……(こればっか)
ハガンとキバマルが本当の意味で仲間になる回。
ただ、話としてみた場合、いささか緩急の付け方でちぐはぐなところが……。

・"探検ドリランド 1000年の真宝"#4「飛べ、雷蝶花フェイリン!」
ハガンとキバマルがぼったくり温泉宿に引っ掛ってさあ大変な回。
(実際前払いだったら、宿帳記帳を済ませる前に精算するのが筋である。二人が風呂に入って食事出されてから宿代請求したらそう取られても文句は言えない)
じゃなくて、フェイリンが仲間になる回。
話の材料を全部使い切って見事に調理した上手いこと嵌った回である。

・"絶対防衛レヴィアタン"#4「絶対呼んじゃうもん!」
ハガン達がいればあっさり解決したんじゃ?
(本編がボケてないので、感想者の方がボケてみました。<ボケるなっつーの)

普通に人情話。
(ヨルムンガルドの紹介編みたいなもので)
ううむ、本編でボケて貰わないと感想の書きようがないと言う……。

・"超速変形ジャイロゼッター"#30「絶体絶命!ライバード」
タイトルとは裏腹にソウタとギルティスの絆が問われた回。
ソウタのギルティスへの不信が最悪のタイミングで出たこと、イレイザーキングのファイナルバースト破り、ドルフィーネの暴走、ゴートの咆哮(勝鬨)と、風雲急な回。
CMで3DS版ジャイロゼッターの予告編、と盛りだくさんの回でもある。

・"革命機ヴァルヴレイヴ"#3
世界観と展開に看過しがたい穴がある回。
世界観的にはジオール(ハルト達が所属する国)は中立国と言うことなのに、アルスの先遣隊が来たときには解放者として歓迎する雰囲気(あれだと、中立国と言うよりアルスの傘下国屋同盟国と言うことで、中立国と言うことはない)だと言うのと、エルエルフが脱走する際、コロニー(ダイソンスフィアブロック)の入港防衛システムを乗っ取っていた(これは、ヴァルヴレイヴ奪取後の脱出用追撃妨害策の使用で説明がつくか?)ことが、なぁ。
うーん、何もかもがすれ違ったまま、話数だけが消費していくという……。
(ついでに事態はどんどん悪化していくし)
エルエルフ(もしかしたら彼の同僚である機関出身者、或いは大佐もか?)がドルシア本国の思惑とは違う思惑で動いているのは確かなのだが……。
コメント

油断大敵、或いはなんのためにTV専門誌を買っているのか?

2013年10月21日 23時27分38秒 | 日記(アニメ感想含み)
10/9のこと。
興味があった"蒼き鋼のアルペジオ"#1どうせTOKYO MX深夜(10日未明)放送だろうと思ってぼんやりと構えていたら、
22時(午後10時)放送だったので、録画し損じてしまった……。
季節代わりって、こんなんばっかだ……。
追記 10/20の"ぎんぎつね"の#3も撮り損じていたことにアニメニュースのまとめサイトを見ていて気がついた……。

・"銀河機攻隊マジェスティックプリンス"#3「奇襲」
GDFが負け続きなのも頷けるよね……、な回。
(あんなのが参謀次長じゃ、なぁ……)
第一話の種明かしの回に近い。
MJP機関が倫理的に洒落になっていない事も明らかになった。
(教官が整備長に「余り深刻になるな」と窘められていたし)
思わぬ接触もあったようだが?
次長の無茶な命令(彼我の兵力比から最悪の事態になる前に撤退を選択すべきだったのだが、GDFから見たMJP絡みの屈折もあって引くに引けなくなってしまった、と言うのもあるか?)で事態はいよいよ最悪の方向へ、で幕。

・"銀河機攻隊マジェスティックプリンス"#4「喪失」
参謀次長がMJPを信じていない以上に、MJPが参謀次長を信じていなかったのが功を奏した回。
(「敵を欺くにはまず味方から」と言うわけでもないからなぁ)
あとは、整備長が何のかんの言っても教官を心配して行動した(破綻してしまわないように酒を呑ませて教官の鬱屈や色々な感情をはき出させた)のが印象に残った。
それで、生き残った以上休息と明日はあるわけで、で幕。

・"革命機ヴァルヴレイヴ"#1
に、人間止めるって比喩的な意味じゃなかったのね……<第一話の幕。
(まるっきりの民間人、それも虫も殺せないようなハルトが我を失っていたとは言え、ヴァルヴレイヴで戦うこと、併せてハルトがただの民間人でなくなってしまったことの比喩だと思っていたのですが)
エルエルフとハルトが会話がまるっきりかみ合わないまま、ハルトがエルエルフをかぶりついて終わりなのだが、これ、どうするの!?(こればっか)

・"革命機ヴァルヴレイヴ"#2「666を超えて」
いくら人間止めたからとは言え、一介の高校生に出来ることはたかが知れているわけで……。
(実のところ、事態は全然好転していない)
故意に噛み合わせなかったハルトとショーコとのやりとり以外、会話が全然噛み合っていないような気がするのだが……。
これ、最終回がエルエルフとハルトの無理心中、とか言わないよな?(こらこら)

・"翠星のガルガンティア"#2「始まりの惑星」
第二話で主人公死亡につき打ち切り、と言う最悪の事態にならずに何より。
まぁ、膠着状態を打破するのは、子供との接触と食べ物である、というのはお約束だよね。
(魚の干物に対してレドが取ったリアクションがお互いの異質さをくっきりと表現している)
で、レドが最後に取ったオーバーテクノロジーによる殲滅(交渉不能の異種族間戦争しかしていないのだから戦闘=相手の殲滅と言う発想しかないわな)が更に事態を難しくしそうで、と言うところで幕。
(船団長がレドに対して好意的でないところもあるし)

・"超速変形ジャイロゼッター"#29「夕やけライトニングスラッシュ」
ソウタの帰還編。
とは言え、素直に終わりきらないのが、良くも悪くもジャイロゼッターらしいところで。
(サトリが不吉な警告を聞いた)
コメント

サイトの方、更新致しました(10月17日分)。

2013年10月17日 22時43分45秒 | 日記(アニメ感想含み)
「一言日記番外編 平成25年7月番外編『伊勢参拝記』」と、「復活のGI地獄変 第15回中山グランドジャンプ観戦報告」を公開しました。
(いずれも、暫定版の公開です)

・"絶対防衛レヴィアタン"#3「絶対奥までイッちゃうもん!」
てめぇ等、自重しろ<三人、ユルルングルの胃の中で無茶な注文(その前には、空腹でやけになってユルルングルの胃を中から喰おうとするし)をしたため、ユルルングルは龍のカギシッポ亭で食い逃げ騒ぎを起こした。
良くも悪くもお約束な体内での冒険回。
一方、ハルーナの街の調査隊は、ヤバイものを見つけてしまったようで……。

・"翠星のガルガンティア"#1「漂流者」
戦争しか知らない少年兵?が、遭難(戦闘中行方不明)して異文化(旧文明?ロストコロニー化した地球?)と接触したらどうなるか、を真面目にやっていた第一話だと思う。
で、どうするのこの幕引きの状況!?
(一歩間違えれば第二話の初っぱなで大惨事か、主人公死亡で打ち切りですぞ)

・"銀河機攻隊マジェスティックプリンス"#2「ヒーロー誕生」
世間の風って冷たいよね……、な回。
(持ち上げて落とすのは世の常、の方が近いか?)
敵のエース格が登場したり、MJP機関にも色々と裏があったり、(どうも、「マジェスティックプリンス」と命名したのはマスコミではなくて、司令官側らしいが)GDFもMJP機関の評価を巡って一枚岩と言いがたいところもあるし、色々と不安含みの展開で。
コメント

田無神社の例大祭、宵宮に行ってきました(10月12日)。

2013年10月13日 22時47分58秒 | 日記(アニメ感想含み)
12日に田無神社の例大祭、宵宮に行ってきました。
更新が遅れましたが。


田無神社大鳥居。

田無神社御社殿

故・大鵬親方の銘板

土俵。

ご神木の銀杏の木。

万灯神輿全景。(田無駅北口)

万灯神輿先頭。

万灯神輿。

・"探検ドリランド 1000年の真宝"#2「ハンターカードの謎」
繋ぎ役(空白の1000年の説明役)としてパーン再登場。
まぁ、繋ぎ役をミコトやウォーレンスやポロンや、
キバマルやシャッキにやらせるわけにもいかないからなぁ……
(声優ネタ止めい)
いきなり風雲急の〆。
って、これどうすんの!?

追伸 ビザンテと闇の門を封印して得た平和、二世代と持たなかった(ミコトがイソウェルの三つの力を継ぐ者を見いだして、彼女たちが成人してゴードに立ち向かって、カードに封印されるまで)辺り、切ないものを感じるなぁ……。
(ミコト編との整合性を無視している疑いがあるが)

・"絶対防衛レヴィアタン"#2「絶対ハマッちゃうもん!」
ドタバタコメディと見せかけて……、な引き。
(お約束だけど、底なし沼でのやりとりは素直に笑えたが。ヨルムンガルドはもちろん、レヴィアタンも槍の穂先の方をバハムートに差し出してるし)
まぁ、二話続けてドタバタコメディでは収まらないよな。

・"超速変形ジャイロゼッター"#28「ギルティスの果たし状」
節目(ソウタ再生)の回。
メビウスエンジンをただの動力源と思っていたトーマの油断がゼノンの思わぬ命取りになってしまったか。
(イレイザークイーンもメビウスエンジンの可能性を知っていたか、それともトーマの独断を見張っていたか)
ソウタの帰還はなるかどうか?で幕。

・銀河機攻隊マジェスティックプリンス#1"出撃"
良い意味で普通の第一話。
(彼我の関係、主人公達の紹介、メカの紹介、戦闘と主人公達の覚醒、メカの覚醒など)
司令官はこうなること(チームラビッツの覚醒)を知っていたようだが……?
コメント

追い立てられると、

2013年10月09日 22時38分37秒 | 日記(アニメ感想含み)
撮り貯めの消化と同時に、感想の書き溜めが尋常ではなくなってくるんですな(汗)……。

・ビビッドレッドオペレーション#10「光と影と」(修正版)
あれじゃあかねが無邪気を通り越して、痴女か露出狂ですがな……(汗)<風呂場でのれいとのやりとりで。
博士が元凶じゃなかったことが判明する回(違)
秘密の暴露が取り返しの付かない決裂を生む回。
「疑いたくない人間をこそ疑え」
と言う言葉があるところに、
「疑ってしかるべき人間(一色博士の孫娘)を疑わなかった」
って言うのであれば、
れいが烏に「バカな子」って突っ込まれても致し方ないんじゃ……、で幕。
これ、どう決着するの!?<あかねとれいの関係

・ビビッドレッドオペレーション#11「つたえたい想い」
構造がどこか変だぞ。
感情は分かるが、理屈が伴ってないと言うか……。

・ビビッドレッドオペレーション#12「ビビッドレッド・オペレーション」
大団円。
と言うか、まさに
デウス・エクス・マキナ
(機械仕掛けの神、転じてご都合主義)……。
いや、そうしなければ収まらないのは確かだけどさ……。

・"探検ドリランド 1000年の真宝"#1「俺が掘ったらスゴいぞ!」
新シリーズ開幕。
いささか詰め込みすぎなのは良いとして、ハンターの取り扱いにいささか穴があるような?
(公にはハンター=反社会的行為者、と言う認識でも、民間伝承としてハンター=冒険者という認識は残っていて、と言うことか?)
まぁ、ハンターカード周りは#2で説明されるんだろうが。

・"絶対防衛レヴィアタン"#1「絶対仲間にするもん!」
うーん、ドタバタコメディとしてみても、かなり上滑りがあるなぁ。
どちらかというと、繋ぎが甘いというか、話の持っていきように無理とこじつけが強すぎるというか……。

・"AKB0048 nexr stage"#12「劇場への道」
この世界でも、
週刊文春と、ネット工作員と、2ちゃんまとめサイトが偉大だったという回。
彼らががんばった結果、
アキバスターの住人が、AKB0048に対して
「かわいさ余って憎さ百倍」
になってしまいました……。
(結果は正しいが、手段がおかしい)
アキバスター奪還のための猛特訓の最中、77期生は夢のアキバスターを見、凪沙と智恵理はセンターノヴァの世界をかいま見る。
(美香子が自分が消えてしまう恐怖に耐えきれずに卒業した理由も分かった)
そして、かわいさ余って憎さ百倍なアキバスター住民の前でライブ、と言う最悪な状況で幕。
住民達のネガティブな情熱を、ポジティブなそれに変えることが出来るか?
(住民が無反応・無気力に陥っていないのが唯一の救いだが)

・"AKB0048 nexr stage"#13「no name…」
恐怖と抑圧と怨讐を越えて、宇宙が一つとなった日。
大団円。
しかし、凪沙に(実在の)前田敦子卒業挨拶のパロディを言わせる必要があったのか?

・"超速変形ジャイロゼッター"#25「ジャイロアーク危機一髪!」
トーマの策略の穴(さすがに、富士山頂にジャイロアークを不時着させると言う手段はトーマも失念していた)をゴートとイレイザー01がリカバーした回。
シュンスケも迷いや不信(彼はサキを疑ってかかっていた)を捨てて戦いに臨んだが……。

・"超速変形ジャイロゼッター"#26「覚醒RRR(トリプルアール)!バーストコアの秘密」
ゴートとカケルへの因縁(逆恨み?)が語られる回。
サキにもまだ、裏(本音?)がありそうだし……

・"超速変形ジャイロゼッター"#27「そのサキの未来から」
いや、イレイザー四天王なんて古参部隊持っているんだったら、最初から出しなさいよ……<ゼノン
ゴートが未来(最悪の平行世界?)からの来訪者だったり、サキがイレイザークイーンとして再誕したり、イレイザー01とカケルとの決着がちかかったり、色々と節目の回。
で、メビウスエンジンのことで引っ掛かったのだが、
ジャイロゼッターパトロールチーム(#19)の動力、何を使ってるんだ!?
(少なくとも、メビウスエンジンでないことは確かだが)
コメント

人生もう残り三分の一……(森進一の声でお読み下さい)

2013年10月09日 22時38分21秒 | 日記(アニメ感想含み)
になっちまったにしては、だらだらと生活してるなぁ……。

・"探検ドリランド"#36(どこかで連番に誤記があったので修正)「最終決戦」
普通に最後の戦いまでの「溜め」の回。
特記事項はないと思う。

・"探検ドリランド"#37「ミコト、命の果てに」
大団円。
まぁ、世界と生命とハンター生活は続くよ、と言うことで一つ。
って、ハンター生活は続けたらまずいでしょ……<ミコト
(実際、摂政がため息をついているしなぁ)

・"AKB0048 nexr stage"#11「扉の向こう側」
智恵理と父親が思いをぶつけ合った結果が、最悪の事態を招いてしまった。
おそらく彼は最初(遅くともランカスターのころから)ディヴァリウム鉱石とキララとキララドライブと芸能の因果関係を知っていたんだろうなぁ。
また父親として、娘に誇りと愛情を持っていたのも確かだが、すれ違いがお互いを歪ませていたのも確かで。
彼にしてみれば、ランカスターでの出来事の時点で智恵理についたキララが輝かなかった=その時点でアイドルとしての資質を彼女に見いだせなかった、と言うのと、ショウビズも含めたビジネスの闇を知っている彼にしてみれば、アイドルの資質を見いだせないまま、ショウビズの闇に呑まれて傷つくのは彼女と言うのを知っていたからこそ、彼女の「AKBに入りたい」と言うのを認めなかった、というのは分かるが、上手く説明できずに頭ごなしになった、というのが最初の歯車の狂いで。
彼女の鎧も解かれた(凪沙に対して父親のことを他人行儀で言わなくなった)のだが、代償があまりにも大きく……。
コメント