Blog版一言日記

私、雑音領(ざつね・りょう)の一言日記です。

やっとこさマスクが来た……。

2020年05月25日 20時12分48秒 | 日記(アニメ感想含み)
昨日(5月24日)だったかなぁ。
やっとこさ厚生労働省からの全戸配布のマスクが来たのだが、

届いたマスクの現物
もう今日(5月25日)には緊急事態宣言の解除なんだよね……。
(それでもマスクに意味がないわけじゃないけど)

・"ルパン三世(Part2)"#152「次元と帽子と拳銃と」
「斬鉄剣とこんにゃく」
並に有名な
「次元の帽子」
回。
でもって、ミネソタ・ファッツと次元の決闘の理由は分かるんだが、
不二子は次元に勝ってもらいたかったのか、負けてもらいたかったのか?
(おそらく作中の口ぶりだと次元の帽子を燃やす仕掛けをしたのが不二子自身)

・"ルパン三世(Part2)"#153「神様のくれた札束」
「悪いことは出来ねぇもんだぜ(By次元)」
いやホント。

(ICPOが犯罪捜査で押収した現金輸送車を襲撃したら、その札束を隠す必要に迫られたので……)
結局、
罰当たり(それじゃ仏様だろ)
なオチでした。
(札束を隠すために、教会の建築資材に偽装したところ、雨で塗料が剥がれたので……)

・"ゾイドワイルドZERO"#8「猛撃の重戦車!キャノンブル」
「時間の止まった街」の正体が「作中現在どころか、21世紀のロストテクノロジーでも解明できない現象でした」というオカルト譚と言わずに何より。
(実はサリーの使命が「何らかの本来の深度に到達せずに途中で止まったZi-フォーミングジェネレーターの端末を再起動させて本来の深度に到達させ、Zi-フォーミングジェネレーターを完全に起動させること」が分かった回)
え、キャノンブル?
そりゃ、あそこまでライガーに爪牙の距離まで肉薄されてはどうにもならないよねぇ。
(正面火力はもちろん突進能力はキャノンブルの方が上だが、爪牙の距離まで肉薄されると小回りの面でライガーに太刀打ちできない)

・"ノー・ガンズ・ライフ"#8「遺志」
十三、言葉尻を鉄朗に捉えられる(「てめぇ、『"ハルモニア"を二度と使うな』っつっただろうが!」「いや『俺(十三)に"ハルモニア"を二度と使うな』と言ったよ」)。
でもってメガアームド斎、十三のガンスレイブユニット自動迎撃機構存在の可能性を失念す。
それで以てオリビエ局長、自身の悪夢の終わりが終わりなき悪夢の様相に……。

・"GRAND BLUE FANTASY The Animation season2"#8「家族の記憶」
別制作会社の"GRAND BLUE FANTASY The Animation"Extra2「カボチャのランタン」をこの話(#6~#8)のプロローグ代わりに使ったのもどうかと。
ドランクの「旅の終わり」とドランクとフェリとの関係と。
後はグランの「過去の相克(或いは自身の『最高の騎空士にならねばならない』強迫観念の克服)」と、
グランの旅路が実は帝国宰相の思惑通りだったこと、かなぁ。
(或いは帝国宰相がある程度の進路予測を立てて対処していることか?)

・"ライフル・イズ・ビューティフル"7.5「全国大会・イズ・目前」
普通に総集編。
別段タイミング的にもおかしくなかった(県予選エピローグ&全国大会までの節目回の次の回なので)かなぁ。

・"仮面ライダーゼロワン"#13「ワタシの仕事は社長秘書!」
ワズが先行機なのに「"is"の過去形である"was"」と命名された真意が判明した回。
(「過去」を越えて「今」を行け、と言う意味ね)
でもってこのエピソード、最後に笑ったのが滅亡迅雷.netなのだが、いろいろな思惑が生み出す次の一手は如何に?
コメント

エアポケットならぬサーモ(温度)ポケット

2020年05月23日 16時53分39秒 | 日記(アニメ感想含み)
今週(令和2年5月18日~)の前半は気温が急上昇して初めてエアコンの除湿(その後冷房)をつけたのだけど、
木曜日(5月21日)は逆にひどく冷え込んだので、慌てて暖房をつける事態に……。
(22日、23日の金曜日土曜日は気温が持ち直したのでエアコンをつけることはないし、なかったが)

・"いだてん"#43「ヘルプ!」
田畑、板挟み(と言うか孤立無援)。
どの手を打っても「詰み」に追い込まれた状況と政治家という人間を読み切れなかった失策(河野曰く「川島さんはお前(田畑)が"オリンピック"が好きな以上に"政治"が好きなんだよ」)と、インドネシアに「嘉納治五郎」を見ながら逡巡する「らしくなさ」と。
ところで、
今回のいだてん紀行、デヴィ夫人じゃなかったのね……。
(ジャカルタのアジア大会が今回の主な舞台で、川島オリンピック担当大臣とスカルノ大統領が私的に対談する件がある)

・"いだてん"#44「ぼくたちの失敗」
政治、自滅(直接の原因は今松にも突っ込まれた「心象の悪さ」とアジア大会の戦後処理の失敗とそれに伴う舌禍だが、津島との感情的な折り合いのまずさが爆発して津島が「オレの首を取るなら田畑の首も取れ」と川島相手に言ったこと、さらに遡れば田畑自身がオリンピック参加費用の政府への援助を頼んだ高橋是清相手に「(政治家が)『金は出す、その分口も出すようにすれば良いんです』」と言ったことが今日の川島の介入に至った)。
東京オリンピック事務総長解任以降燻っていた政治のところに岩田、松澤以下、政治を個人的に慕っていた面々が集まってきて、政治の戦いもまだまだ続く。
で、それで五りんが「(政治が東京オリンピック広報部長に推挙したので政治解任の煽りを受けて)干された」ことと、自身と志ん生の二人会の前日に志ん生が「潮時」と言う言葉を持ち出したのに思うところあったのか、五りん出奔す。
まぁ、
彼や清さん、美川と言った非史実キャラが出張り続けるようだと大河ドラマ的に問題だからね(身も蓋もないなぁ)。
ところで、
今回のいだてん紀行、三波豊和氏じゃなかったのね……。
(東京オリンピック事務総長解任直前に田畑が"オリンピック音頭"の歌詞を岩田に見せびらかし、東京オリンピック事務総長解任後にやけ酒を飲んでいたマリーのバーのテレビで三波春夫がそれを歌ってお披露目していた)

・"ルパン三世(Part2)"#151「ルパン逮捕ハイウェイ作戦」
短気(と言うか自暴自棄)は駄目よ>銭形。自分のアイディアがルパンに破られてやけになり、相打ち狙いに言ったら、自分だけやられた。
後は、特に書く話もないかなぁ。

・"ノー・ガンズ・ライフ"#7「過熱」
ペッパーとアームド斎と復興局とそれぞれの思惑が交錯する。
十三の煙草(補助脳冷却剤である以上に十三が煙草を使って押さえたい「何か」がある)と鉄朗は見た)が切れると不吉なことが起きると踏んだ鉄朗の打った手(ハルモニアを使って局員を操り、オリビエの拘束を解いた)が吉凶どう出るか?

・"GRAND BLUE FANTASY The Animation season2"#7「不死の星晶獣」
セレストを支配する医師の術中に嵌まったルリアとオルキスとイオ。
ルリアの「星晶獣と交信する声」も星晶獣に届かない中、グラン達は間に合うのか?
それでもって、
イオと彼女の師匠、どれだけ行動半径広いんですか?
(セレスト内部をさまよう三人の中に出現したのがイオの「思い出の風景」なのだが、お花畑、砂漠、火山地帯、森林、常夏の島の海岸、とまぁ色々で)

・"ライフル・イズ・ビューティフル"#7「スタディ・イズ・ハード」
県予選は終わっても、まだまだ全国大会への時間と生徒生活は続くわけで。
なんとか期末試験も終わって、いよいよ話は全国大会へ。

・"仮面ライダーゼロワン"#12「アノ名探偵がやってきた!」
まぁ、東映は東映でも東映サスペンス二時間ドラマじゃないから"ノックスの十戒(10.双子や変装による一人二役はあらかじめ読者に知らせなければならない。この場合は暗殺ヒューマギアの素性が、盗難に遭った五機一組のヒューマギアでそのうちの四機を滅亡迅雷.netがさらに盗んで改造した物だったことが引っかかる)"を破っても問題はないよね(そおかぁ?)。
暗殺ヒューマノイドの暴走が偶発事故による皮肉か、それとも別な依頼主による第三者の策略か?
ワズ(飛電インテリジェンス前社長の開発したイズの先行試作機)の捜査で謎は解けた物の、ワズとイズの意見の相違(暗殺ヒューマギアに対してワズはマンモスプログライズキーの使用を、イズは新型プログライズキーの使用を進言した)で或人がイズの意見を採用して新型プログライズキーに賭けたこと、さらにイズがワズを「シンギュラリティに到達した(=マギア化の可能性がある)かもしれない」と評したこと。
この話、どう落着するか?
(落着の仕方が、どう見ても悲劇を指しているような……)

・"ラディアン(第二シーズン)"#9「謀略の王宮」
誰かが"スペクトル・ネメシス"跋扈と捜査が行き詰まっている現状の責任をとれ、と言われたら、ブランゴワール隊長が「首のすげ替え」にあうのが道理だしねぇ。
(とは言え、モルドレッドの直訴による物だし、そのモルドレッドにしてもブランゴワール失脚だけが本意とも思えない裏がある)
で、
セトの闇の正体(と言うか本体。ミルの手にも余る代物で「お前の兄(ピオドン)とやらはホントにお前のためにこれを植えたのか?」とあきれていた)の発覚。
ディアバルがピオドンに「切り捨てられた」者であったこと。
(それにしては目立つ上に発覚したときのダメージが大きい"スペクトル・ネメシス"騒ぎを起こしているが)
そのピオドン(と異端審問官首脳部)がカスラーン・マーリンを襲来する(だろうなぁ、あの流れだと)動きもあって……。
コメント

ちょっと手と時間が回らないが……

2020年05月16日 22時49分13秒 | 日記(アニメ感想含み)
前回の続き。
ふと気になってdアニメストアの配信リストを目的もなく見てみたのだが、
結構良い物そろってるじゃねぇか。
(特にNHKアニメからの出品もある当たり、なかなか侮れない)
ただ、録画消化やら何やらに時間を取られてdアニメストアまで手が回らないのがいやなんともはや……。

・"ラディアン(第二シーズン)"#7「スペクトル攻防戦」
セトの「闇」の本体が"バックベアード様"だったことが判明した回(違)。
どうにか最悪の事態(スペクトル・ネメシスとして魔法使い騎士団に討たれる、並びにディアバル達にピオドンと誤認されたまま処断される)は免れたものの、未だ危難は去っておらず……。
それよりもグリムのリタイアの方が大きいのかなぁ。

・"ラディアン(第二シーズン)"#8「時の森のセト」
セトとメリの本当の和解。
で、セトはミルに自分の「闇」との付き合い方や制し方を会得するために時の森に残ることに。
でもって、
ディアバルの"影"が思わず言った「マーリンが帰ってきたとしてもミルの証言は誰も信用しない」と言う物騒な台詞や、
そのミルが時の森の本質を知っていること(「本質を知りたがらない連中が勝手に事実をでっち上げる」)の謎と言った物も出てきて、カスラーン・マーリンそのものが大分物騒なことに……。

・"ライフル・イズ・ビューティフル"#5「予選・イズ・エキサイティング」
東雲部長、何やってんすか……。>全国大会県予選、エリカに挑発的なことを言われて無表情、無言で通り過ぎ「なれ合いはいらなかったよね……」とエリカに思わせておきながら、彼女にいたずらの張り紙を貼り付けた。
全国大会県予選始まる。
ひかりの本番での大当たり(=東雲部長の当てずっぽうが嵌まった)や、弦巻先生がひかりの大当たりの理由に気がついたことなどの急成長もあったけども、あとは生徒それぞれの人間模様かなぁ。
で、
ひかりの緊張の糸が切れてオーバーテンションになったのはまだしも、それをずるずると引きずる方に動いた泉水と鶴巻先生の言動はどうかと……。
(エリカの言うとおり、まだ予選競技中だから他の選手への試合妨害ですよ)

・"ライフル・イズ・ビューティフル"#6「ターゲット・イズ・全国大会」
予選終わって悲喜こもごも。
なんとか全国への切符を手に入れたけれど、まだまだ先は長いようで……。
(ことに自損事故を起こした鶴巻先生の明日はどっちだ!?)

・"GRAND BLUE FANTASY The Animation season2"#6「霧に包まれた島」
実は「全部ラカムの『悩み』が生んだ産物」でした、オチじゃないだろうな(んなアホな)。
帝国の追撃を免れるため、星晶獣セレストが支配する「霧に包まれた島」に漂着した一行。
バカンス(と言いつつ本命は島に眠るお宝を狙い)に来たドランクとそれに巻き込まれたシュツルムとオルキスと共闘する一行。
どう考えてもセレスト召喚の生け贄にされた娘としか思えない幽霊少女フェリと共に、この島から脱出できるのか?
さらに、ただ単になんとかしただけでは村人達が消滅する可能性があるのをどう解決するのか?
後は、
ヴィーラとの顛末でカタリナも思うところあったんだろうな……。

・"ゾイドワイルドZERO"#6「悪魔の翼!スナイプテラ」
そりゃま、見晴らしの良い平原でスナイプテラ相手に正面からジャンプしたら格好の的だよね……。>今回のラストシーン。ワイルドライガー、あっけなく敗退。
共和国から寝返ってまで最凶ゾイド、ジェノスピノ発掘復元にすべてを賭ける(その過程で寝返り先である帝国の信用を得るため、色々と自身の開発した技術を帝国に献上した)ランド博士登場。
不幸な偶然(ボーマン博士の足跡を追って山を登ったら、そこがジェノスピアの発掘現場の直線上だった)でスナイプテラと対決する羽目になったレオ(&ワイルドライガー)だったが、結果は上記の有様で……。
(ギレル中尉曰く「所詮自分の相手ではない」と言ったとおり)
あ、そうそう。
とんだ災難でしたな。>ジャンク屋。帝国相手にジェノスピアの発掘パーツの値段をふっかけようとしたら自業自得でゾイドを壊され、ボーマン博士から旧世紀のジープと交換で譲り受けた懐中時計は三人の食事代でアイセル=レオ達一行に持って行かれた。

・"ゾイドワイルドZERO"#7「ライガー奪還大作戦!」
「全く以て帝国軍は無能の集まりだな(Byランド博士)」
いやホント。

(せっかく確保したライガーをあっさりレオ達一行に奪還されたあげく、アイセルに長距離砲を共和国駐屯地に打ち込まれ、国境紛争になりかけた)
で、
レオ達一行にジェノスピノの影が落ちてくることも運命づけられて……。
(アイセルが遭難中のレオを見つけたのが、ジェノスピノに破壊された町と彼の足跡)

・"ノー・ガンズ・ライフ"#6「英雄」
十三、オリビエ局長から正規の依頼を受ける。
で、クローネン班長と奇妙な同盟(と言うか、一時停戦)を結ぶも、完全にゴンドリーに一手上を行かれてしまい……。
後は、
オリビエ局長とゴンドリーの関係の謎と、
ゴンドリーと十三の関係の謎かなぁ。
(ゴンドリーと十三が鉢合わせした際のゴンドリーの台詞が「懐かしい」だったことから。いくら十三がメガアームド斉と同系統の拡張者だったとしてもとっさに出てこない台詞なので)

・"仮面ライダーゼロワン"#11「カメラを止めるな、アイツを止めろ!」
滅亡迅雷netの奸計が嵌まって、ヒューマギア=飛電インテリジェンスの信用問題に発展す。
(ZAIAエンタープライズの天津社長がこれにどこまでかんでいたのか気になるが)
ここからの逆転の一手はあるのか?
コメント

いい加減。燻っているわけにもいかないので

2020年05月11日 11時36分59秒 | 日記(アニメ感想含み)
前回の続き。
それ(録画に失敗してレンタルもなされておらず、録画消化に行き詰まる)で手詰まり起こすと言うわけにも行かないので、
"ゾイドワイルドZERO"やその他の配信を行っている(携帯がdocomoだったので、その絡みもあって)dアニメストアと契約。
(他にも色々と取りこぼした記憶もあったしね)
で、取りこぼしの保険料、月400円(税別)が高いか安いか、となると……。
これから次第かな。

・"ラディアン(第二シーズン)"#6「彼(か)の者の名は」
スペクトル・ネメシスの種明かし編。
セトは「ピオドンから逃げ続ける者」に誤認されたあげくに罠にはまる。
敵味方いろいろな思惑が交錯する(実はモルドレッドにもオコホを催眠術にかけての何かしらの裏と策謀あり)中、"スペクトル・ネメシス"の種に気がついたグリムの助け(投影機の破壊)は間に合うのか?

・"ノー・ガンズ・ライフ"#5「拡張者対策局」
鉄朗、ご災難&短絡をたしなめられる。
(自分一人ですべてを背負い込み、また暴走するところだったのを十三にたしなめられ、メアリーに止められた)
で、オリビエ局長から見逃す&鉄朗達を対策局でかくまう条件として脱走拡張者の捕縛を請け負わされた者の、十三の前途は多難なようで……。
(何よりオリビエ局長が現場を預かるクローネン班長を掣肘し切れていないのが、なぁ)

・"ライフル・イズ・ビューティフル"#4「顧問・イズ・ビギナー」
練習試合終わって一夜明けて。
二度寝したのは前回(練習試合の日、夜明け前に起きた)の反動じゃなかったのね……。>ひかり。すっかり二度寝癖がついていた。
で、燻っていたひかりの友達が射撃部の練習風景を見て気分転換してもう一度ネジを巻き直す話を経て、顧問(そりゃ正式な部としては責任教諭不在じゃマズいからね)の鶴巻先生登場なんだけど、
初対面に近い間柄で年齢のことを聞くのもどうかと。>がっちゃん。

・"GRAND BLUE FANTASY The Animation"Extra2「カボチャのランタン」
Season1(A-1Pictures制作)の番外編。
お祭り(ハロウィン。この話の肝)を使った番外編(ジータ編)だけど、
意外と食いしんぼだよね>ルリア(そっちに目がいったんかい)

・"ルパン三世(Part2)"#150「ピアノ交響曲『動物園』」
「悪党は悪党らしく」"裏切り"に対して保険をかけたオチ。
(ついでに言うとケレンスキー自身、ルパン達を警察に売り飛ばすという"裏切り"を働いていたわけで……)
でもってピアノを盗む話なのに、
演歌で始まり演歌で終わるというシュールな顛末だった……。

・"仮面ライダーゼロワン"#10「オレは俳優、大和田伸也!」
劇と劇中劇が入り乱れる今回。
(劇中劇の心理描写と不破や刃の心理描写のタイミングかかぶる)
果たして、ZAIAエンタープライズのシナリオ通りに、ドラマプロジェクトの擱座=飛電インテリジェンスの擱座となってしまうのか?
(ドラマプロジェクト擱座の理由が役者大和田伸也が俳優型ヒューマギア松田エンジを信じ切れない、と言う皮肉めいた理由だからなぁ)

・"ゾイドワイルドZERO"#5「裏切りのガトリングフォックス」
"帝国軍人"である前に"ゾイド乗り"であるバーン・ブラッド、自分の相棒であるガトリングフォックスの命(生命力を取り戻すために帝国軍のコントロールバイザーを外し、自身とガトリングフォックスの信じる道を走った)のために出奔す。
でもって、ボーマン博士(サリーの祖父)が存命で、「地球とゾイドの共存できる社会」のために陰で動いていることも判明した回、.
コメント

今日日のキッズアニメってやつは……

2020年05月04日 12時27分51秒 | 日記(アニメ感想含み)
去年の11月分の録画消化に絡んで
"ゾイドワイルドZERO"#5の録画に失敗したこと
を思い出した。
で、公式webサイトやら何やらでソフト化されていないかと思って調べてみたところ、
ソフト化されてなくて、配信しかしていなかった。
どうしましょうorz……。

・"ゾイドワイルドZERO"#4「ゾイド遺跡を死守せよ!」
共和国軍の陣地(発掘工事現場(*1))内での盗掘行為は褒められた物じゃないんでは……>バズ。その報いか、掘り出したバイクが試走中にあっさり分解すると言う自業自得な目にあった。
で、その発掘工事現場を狙った帝国軍アルドリッジ少佐の奇襲。
(アルドリッジがギレルの救援を断ったのは奢りもさることながら、前回で「作戦行動の露見阻止」で退かせた(*2)手前、引っ込みが付かなくなったのもあるんだろうなぁ)
後は、
軍事単位のどんぶり勘定っぷり
(いかなスナイプテラが対地戦闘能力に卓越していると言っても
「一個師団が壊滅」
は盛りすぎ)
……じゃなくて、
レオの出自(地球考古学者コンラッド氏の息子でコンラッド氏失踪から長い年月がたっている)とコンラッド氏の縁でアイセルが旅の仲間になったこと、ディアス中佐の台詞からボーマン博士(サリーの父親)が帝国に加担したと言う最悪な事実がないこと、
そして、
地球がゆっくりと再生に向かっていること、
かなぁ。
*1 ついでに言うと、発破(ダイナマイトによる大規模な土砂の掘り出し)をかけようとした現場に近づいたサリーを誰も止めなかったという、警備のどんぶりっぷりも大概だが。
*2 救援を断られた際に明らかに嫌みで「ご武運を」と返したからなぁ>ギレル。

・"仮面ライダーゼロワン"#9「ソノ生命、預かります!」
どっちに転がっても会社の存続問題に発展しかねない事態になっても、自身の社長の座が転がり込むことしか考えない権力亡者って、いるところにはいるもんだよね……>副社長
(医療ヒューマギアの緊急停止を行えば医療崩壊して死者続出、会社の存続問題に発展し、このまま対処しなければ滅亡迅雷netによる医療ヒューマギアクラッキング犯罪で死者続出、やっぱり会社の存続問題に発展する)
で、
この話の肝は人間の善意と悪意、ヒューマギアの「職務と職責(DR.オミゴトは元より、迅も滅もそれに乗っ取って動いている)」なんだろうなぁ。
(不破の葛藤や刃の逡巡なんかもその例)
で、その刃の不可解な動きも発覚して……。
(マスコミにヒューマギアが滅亡迅雷netにクラッキングされても眼が赤くならない=クラッキングされたかどうか識別不可能な状況がある情報を流した)
後は、
迅と滅が飛電製ヒューマギアじゃなかったことの発覚もついでで。
(イズが迅と滅について飛電インテリジェンスのデータベース検索したところ、「製造記録なし」と言う結果が出たため。ただし、改ざんの可能性がある)

・"ルパン三世(Part2)"#148「ターゲットは555メートル」
銭形、二話続けて勤務中の飲酒で失敗する。
(朝までの停電でルパンの身動きがとれなくなったとして待機中の全警察官に仮眠を命じた際に飲酒して寝ていた)
で、五ェ門はエレベーターから飛び降りるルパンを抱き留めた際に右腕を負傷、次元は引き金を引き続けていたため右手の人差し指が硬直、ルパン自身も結構な目に遭ったことを考えると、不二子の横取り狙いはいただけない話だよね。>オチ
え、対物ライフルがあれば次元の仕事はもっと楽になっていた!?
実は現代対物ライフルの代名詞、バレットM82が生産開始になったのは1982年(この作品の放映終了後)だしねぇ……。

・"ルパン三世(Part2)"#149「ヴェールをはいだメッカの秘宝」
大どんでん返し。
(実を言うとパトラが不二子のことを無視する、という手がかりがあった)
そりゃ、中東が石油を独占する状況をよく思っていない国も少なくないからなぁ。
(1979年のイラン革命に伴う第二次オイルショックがあったとは知らなかった……)

・"ラディアン(第二シーズン)"#5「雨音静かに心は遠く」
メリと「呪い」がらみですれ違い、その果てに決別に至った直後に
他人(オコホ)に「呪い」の内容を聞くってあんた……>セト
で、そのオコホとの奇妙な共闘を結ぶに至ったセトだが、セトの「自身の力を制御しきれない」以上のもう一つの恐怖「自分の素性が分からない」ところに、過去夢が襲いかかってきて……。

・"いだてん"#41「おれについてこい!」
東京オリンピックに向かって動き出した田畑たち。
政治家に喧嘩をふっかけるようなまねして大丈夫?>田畑
(近代五種のオリンピック競技からの除外騒動、黒澤明監督の聖火リレー演出に費用がかかりすぎることと共に田畑の「命取り」になりそうな気が……)

・"いだてん"#42「東京流れ者」
序盤のタクシー運転手って、清さんじゃなかったのね……。
(「渋滞のないところを思いっきり車で走りたい」とぼやいたら、聖火リレー調査隊に選ばれた森西氏。タクラマカンで遭難死しかけたのはご災難だったが)
五りんと四三、思わぬ再会。
で、政治の大奇策が決まって代々木に選手村(オリンピック終了後はNHK放送局に改装)が立つことに決まった物の、川島が「政界の寝業師」の異名に違わぬ「オリンピック乗っ取り(まず自身が無任所のオリンピック担当大臣に就任し、津島に引退を迫り、政治を解任させて……)」を計画し……。
(政治にしてみれば「津島さんの伝手(池田首相が津島の秘書を務めていた)がなければ池田首相に話を持ち込めず、代々木に選手村を建てられなかった」と言うこともあってそこまで津島に含むところあるわけではない。川島に言質を取られかけたのですっとぼけたというのもあるが。また、戦前以来から河野とのよりが戻ってないのも政治の泣き所でもあるか)

・"ノー・ガンズ・ライフ"#4「引き金」
それぞれの「落とし前」の付け方。
それがさらなる波乱を呼ぶことは必定で……。

・"ライフル・イズ・ビューティフル"#3「対戦相手・イズ・強豪」
なんだかんだで新生千鳥高校の初陣。
誰にとっても得る物はあったようで。

・"GRAND BLUE FANTASY The Animation season2"#5「カタリナとヴィーラ」
カタリナとヴィーラの間の「ボタンの掛け違い」が直った日。
それでも、ヴィーラがグラン達に同行しなかったのは己のしでかしたこと(と領主としての戦後処理)に向き合う義務があったからね。
一方で、黒騎士と帝国宰相との決別も遠いことではなく……。
コメント