Blog版一言日記

私、雑音領(ざつね・りょう)の一言日記です。

両極端

2016年03月29日 20時24分22秒 | 日記(アニメ感想含み)
しかし、三月の仕事休みは、
・横須賀&横浜バスツアー。
・新潟までアルビレックス新潟対柏レイソルの試合観戦(ついでに名残の梅を花見)。

と言った極端(と言っても日帰りだけど)な遠出と、
・部屋に引きこもって(ほかには食料の買い出し)インターネット三昧。
と両極端だったなぁ。
この調子だと、
来月半ば、名残の桜を追いかけて長野方面に遠出
とかやりかねないなぁ……。

・"スター・ウォーズ 反乱者達"#20「二人の尋問官」
ケイナンの暗い側面(軍隊への不信感と一つところに落ち着けない性格)が出てきた回。
帝国はまだまだ戦力を持っているようで。
(そりゃ、映画版一作目前の"帝国全盛期"だもんな)

・"スター・ウォーズ 反乱者達"#21「ジェダイと海賊」
ふと「自分は一体何をやっているんだろうな……」と考えるのはよくある話で。
(だからといって、ポンと飛び出す奴もそうそういないだろうが)
そこから騒動に巻き込まれるのもエズラらしいというかなんというか。
で、一度今いる場所から離れて、自分を見つめ直すというのもよくある話である。

・"アクティブレイド-機動強襲室第八係-"#8「アルティメイドロイド」
ウィルウェア事件の統合自衛隊の介入が頓挫した回(だよな)。
生徒会長は何かをつかんだ様だが……。

・"ノルン+ノネット"#8「世界」
種明かし回。
決断を迫られる船の乗組員たち、世界の自己崩壊を早めるシロウ(駆の父であり、こはるの"旅人さん")、それを食い止めんとする夏彦。
次の一手で世界がどうなるか決まりそうで?

・"ルパン三世 (Part4)"#21「日本より愛を込めて」
人(不二子)を侮った時点で"完璧"ではないんだけどね……>明智ホームズ
でもって、変装には「本物を偽物と思わせる」戦法もあったり。
……平賀源内を「日本のダ・ヴィンチ」と称しておきながら"ダ・ヴィンチ"が出てこなかったのはご愛敬か。
(その品自体、ルパンを誘い出すワナだったのだが)

・"紅殻のパンドラ"#8「大火災-インフェルノ-」
そりゃ議長が議長だけに、大佐もやりたい放題だわ(呆)
福音の行動理念(過去)が示される回。
一方で、通信障害とブエル本体との因果関係が示された回でもある。
(今回の百貨店放火が議長と福音たちどちらを狙ったのか、それともただの偶然なのか気になるが)

・"サンダーバード ARE GO"#12「深海からの脱出」
オチがひでぇ(笑)>ネッドとグラディスの顛末
まぁ発端がフッドの策謀であったとしても、海洋汚染問題への対策は必要だからね>ハイドレクスラー社からフッド派を一掃して事業を継続させるよう投資家たちが動いたこと。

・"ラクエンロジック"#8「有罪か無罪か」
#7のルシフェル同様フォーリナーは単純な侵略者(と言うか犯罪者)や同盟者だけとは限らない回。
局長も良い上司と部下に恵まれた物だなぁ。

・"Dimension W"#8「虚無に落ちた島」
早くも出し抜き合いを始めた回収屋チーム。
キョーマとミラもイーストリヴァー兄妹と歩を共にすることに。
自分の過去に決着を付けんとするキョーマに立ちはだかったルーザーの真意とは?

・"最弱無敗の神装機竜"#8「幻神獣の目覚め」
Aパートがゆるゆるなのもうなずける回。
(ラストカットが急転直下)
それにしても難儀な性格ですな……>Aパートのセリス。
それにしてもマニアック(と言うかフェティッシュ)ですな……>ルクスのノクト評(「売り言葉に買い言葉」のような状況だったとは言え)
コメント

3/19の仕事休み、デンカビッグスワンスタジアムにて。

2016年03月22日 00時12分35秒 | 日記(アニメ感想含み)
アルビレックス新潟対柏レイソル戦観戦時、スタジアム外の出張グッズショップにて。

私:「すいません、"マッチデー・プログラム"ってどこに置いてますか?」
店員:「"マッチデー・プログラム"って何ですか?」
私:「試合のことについて書いたパンフレットのようなものです」
店員:「それだったら、スタジアムの中にあるかと思います」
その後スタジアムの中に入ってみたら、
四年ぶりに新潟で試合を観戦したためか、
マッチデー・プログラムが無料配布と言うことをすっかり忘れていた……。

・"ノルン+ノネット"#7「うつつの夢」
千里自業自得編(違)。
(駆への発言はどう考えても悪態の範疇を超えている)
旅の終わりへの思い出作りの回、と思いきや、最後に急転直下が……。
(七海の暁人への"許されないこと"についてはどうでもええんかい)

・"ルパン三世 (Part4)"#20「もう一度、君の歌声」
掌編。
不二子が欲をかいたおかげでかつてのアイドルとそのマネージャーにして夫の最後の思い出が蘇る回。
最後の思い出に対して筋を通したルパンがいい味を出しているよなぁ。
(欲をかいたため、不二子に肘鉄を食らわされるのもルパンらしいか)

・"紅殻のパンドラ"#7「人形師-パペッティア-」
とんだ災難でしたな>福音(とクラリオン)を狙った強盗団とその事件の後始末をした崑崙八仙。
その崑崙八仙すら出し抜いて大佐は着々と手を打ち……。
(強盗団から彼等が盗んだアンドロイドを取引で手に入れた。崑崙八仙は気付いていないはず)

・"ブブキ・ブランキ"#7「首なし巨人」
礼央子が"負のカリスマ(もう一つの正義)"足る裏付けを見せた回。
(炎帝を輸送した列車を置き去りにしたのも東たちへの借りを返すためなんだろうな)
そして、東を見透かす第三勢力が……。

・"ラクエンロジック"#7「人か神か」
朴念仁、と言うか、らしからぬ振る舞いをしてしまったなぁ>ヨシチカ
(最終的にはアテナと和解できたけど)
ルシフェルは動きが読めず、局長と彼女の元上司との再会がなにを意味するか?

・"Dimension W"#7「過去からの呼び声」
キョーマの回想回。
キョーマとコイルの愛憎入り組んだ関係が示される回でもある。
(#6で雅の墓の手前で「(椿に対して)その部分が記憶から抜け落ちているので雅に逢う資格がない」と引き返すのを繰り返したのも理解できる)
自分の過去の空白との決着を付け(、サルバをも出し抜くため)にイースター島に向かうが……。

・"最弱無敗の神装機竜"#7「少女の真実」
セリスとルクスの決着回。
まだ、
アイリの身体コンプレックスのこと
……じゃなくて、
学園長が「新王国を敵に回してでもあなたを渡さない」とフィルフィに言ったこと(*1)と、ヘイズの「五年前の惨劇(ルクスの記憶でそのことだけが抜け落ちている)」と、ルクスがフィルフィの傷がないことを不審に思ったことと、出現した遺跡と学園長の合宿の真の目的のことが残っているが。
*1 ラグナレクの化身体が出現した際、フィルフィだけがほかの生徒の避難方向ではなく明後日の方向に向かっていた、それを学園長が先回りしていた。
コメント

サイトを更新いたしました。

2016年03月17日 22時11分01秒 | 日記(アニメ感想含み)
前回の移転で延び延びになっていたカウンターを"忍者ツールズ(カウンター)"に交換しました。

・"サンダーバード ARE GO"#11「最後の切り札」
エンディングでフィシュラー産業が宇宙開発活動から除外されたのもさもありなん、な回。
どう考えても安全基準違反だよなぁ>シルス・ステーション。
ファイヤーフラッシュの一件(民間旅客機なのに機長専用の脱出装置がある)と言い、この作品世界の航空機・航宙機の安全基準は一体なにがどうなってんだか。

・"ブブキ・ブランキ"#6「灰色の宝石」
礼央子が(おそらく)ショック症状で一瞬幼児退行を起こした回(間違いではないが……)。
絶美と柊の間に特筆すべき因縁がなかったことが発覚した回(こっちは違)。
(秋人と静流が伯父と姪の関係にあることはどうでもええんかい)
ブブキ戦は柊が土壇場の読み合い(と己のブブキを"道具"じゃなくて"相棒"と認めた上での奇策を用いた)を制して勝利したものの、鎌倉市街を抜けた(本来一行が何とかする目的の)首なしブランキと鉢合わせになってしまい……。

・"ラクエンロジック"#6「対立か降伏か」
ゆかり覚醒編。
けっして、
オルガ始まる前に終わる編
ではない。
まぁ、ロジカリストとパートナーのあり方はケースバイケースだからね。

・"Dimension W"#6「アフリカの風」
キョーマの過去の因縁がある程度語られる回。
"アフリカの風"はキョーマ(と言うか"グレンデル")因縁の地で何を起こす気か?
#7はキョーマの回想から始まりそうで。

・"キャプテン・アース"#16「フレアの閃光」
ダイチが死亡フラグを立てた回(違)。
(「決着が付いたらみんなで縁日に行こう」とハナたちに向かって言ったこと)
第三のライブラスターが顕現すれば第三のエンジンが発動するのは当然のことで。
そして、"オペレーション・サマー(遊星歯車装置の拠点攻撃)"とハナとライブラスターの邂逅を巡って、地上でも一波乱ありそうで。
セツナとバクの会話(セツナが自身の矛盾を感じた)が切ないんだよなぁ。
(漁夫の利を狙っているパックのことはどうでもええんかい)

・"キャプテン・アース"#17「真夏の騎士たち」
自律無人兵器というのは欠陥兵器というのは良くある話で。
方舟派の野心(無人兵器の有能さを見せつけることによって、ミッドサマーズナイツをお役御免に追いやる策謀)はあっさりモコに逆用されたものの、まだまだキヴォトス計画(とミッドサマーズナイツの排除とハナの確保)をあきらめたわけではなく……。
さらに、アマラがセツナに「次は総攻撃(総動員)を選択肢に加えるべき」と言いだしたことも厄介だが。

・"最弱無敗の神装機竜"#6「最強の帰還」
エンディングアニメーションがすべてを持って行った回(いや、そりゃそうだけど……)。
セリスティアの度を超した気負いとルクスたちとのすれ違いとそれをあおる生徒の存在でいやでも一波乱ありそうで……。

・"スター・ウォーズ 反乱者達"#19「共和国の遺物」
わだかまりを捨て切れたわけではないが、それでも共闘するときは共闘したし、恩義には恩義で返したケイナンたち一行。
一方、帝国は追撃の手を緩めずに新たな尋問官を派遣し……。

・"アクティブレイド-機動強襲室第八係-"#7「ロングレールライフ」
全員(ミュトスでさえも)にとって不本意な(後味の悪い)結末。
最後に笑ったのが結果としてなにもしなかった都知事というのも、なぁ。
コメント

すいません

2016年03月12日 20時09分26秒 | 日記(アニメ感想含み)
今回も感想のみ。

・"サンダーバード ARE GO"#10「ピラミッドの呪い」
まぁ、オカルトはインターナショナルレスキューの専門外だけど、トラブルからの脱出は専門だからねぇ。
で、盗掘されるくらいなら、このまま埋もれさせた方が良い、と言うのもある意味切ない真理であって……。

・"ブブキ・ブランキ"#5「剣と指輪」
乙女の純情を踏みにじったものには天誅が下るのです。>木乃亜対宗也の顛末
(宗也に二度目はなかったね)
で、少年の純情(やらなにやら)を踏みにじった絶美相手に柊は天誅を下せるのか?
(柊が己のブブキをただの道具と思っているんのであれば危ういが)

・"ラクエンロジック"#5「昨日か明日か」
「正面切ってぶち当たる」で物事を解決させた回。
ヨシチカがオーバートランスでなくしてしまっていた物は、どうもロジカリストとしての能力だけじゃないようで。
(マナの心を動かすだけの真実があったんだろうな)
そして、ルシフェルの真意とは?
(負け惜しみ捨て台詞にしては真にこもっていたので>〆のフォーリナーの台詞)

・"Dimension W"#5「亡者の可能性」
いろんな意味で夢の終わり、な回。
〆を考えると後味が悪いとしか言いようがないが……。
(確かに、一人だけ何の落ち度もないのに殺された人がいる、あの時点で死ななくても重過失で社会的な破滅が待っていたことを考えればなあ)

・"最弱無敗の神装機竜"#5「少女の願い」
クルルシファーの、そしてルクスの過去と現在回。
ルクスが持ちこたえているのはアイリとフィルフィの存在、と言うかその陰に入るいろいろな人との繋がりなのですな。
(アイリの身元引受人を務めている学園長など)
ルクスとつながったクルルシファーをおとしめ、踏みにじるまねなどルクスが許すつもりもなく。
彼自身の"奥義"、バルゼリット卿の言った"ラグナレク"、色々と未来への要素を含みつつ物語(とルクスの女難……だよな)は続く。

・"スター・ウォーズ 反乱者達"#18「消えた戦士たち」
いくらアソーカからの諌言でも、感情が受け付けないと言うのもありまして>ケイナンが退役クローンを見たときの最初の反応。
で、さらに間の悪いことにカラスがレックス(退役クローンの一人)の密告を真に受けてしまい……(伝令将校が「妄想癖がある」と言って取り合わないように助言したにもかかわらず、である)。

・"アクティブレイド-機動強襲室第八係-"#6「夢は、彼方の黄昏」
夢敗れた男たちの明暗、の回。
無念を恨みのあだ花として夢咲かせようとする者あれば、それを止めるために見果てぬ夢を実現化させた男たちもいる。
色々と切ないんだよなぁ。
巨大ロボットの公開展示に集まった男たちがあさみ以外中年層(係長含む)だったと言うことも含めて(ううむ……)。

・"ノルン+ノネット"#6「動き始めた歯車」
ロンが不可解な言動を見せた回。
夏彦はこの世界がリセットを繰り返した世界であることを把握しており、彼の敵対者もそれを知っている模様。
そして"世界"は無責任な態度を見せて……。

・"ルパン三世 (Part4)"#19「龍は静かに眠る」
MI6本部長、可能性の見落としが原因で命まで落とす。
すべてはダヴィンチの手のひらの上、な回。
(ダヴィンチもニクスを巻き込んだことはいささか不本意で、ニクスのこれ以上の殺人を止めさせたが)
そして、まだまだダヴィンチとルパンの因縁は続きそうで。

・"紅殻のパンドラ"#6「魂魄-セントラル・ナーバス・ユニット-」
ブエル活躍?回。
"大佐"と福音一行の最初のニアミス回でもある。
コメント

サイト移転しました

2016年03月05日 21時40分28秒 | 日記(アニメ感想含み)
新アドレスは
http://zatuneryouiki.akazunoma.com/
になります。
(まだまだ、仮移転の段階ですが)

・"キャプテン・アース"#15「本当の自分」
そりゃま、あんだけの下心をもろに見てしまったら、人間不信に陥るのも無理はないことで>セツナ
#14の続き。
ダイチはハナの心の内を知った上で受け入れ、セツナは本来収まる位置に納まり、第三のライブラスターは顕現し……。
社長の「知りすぎた者は長生きできない」を地で行く退場劇が同事態を進展というか悪化させるか?。

・"ラクエンロジック"#4「自由か束縛か」
まぁ、長いつきあいでも、腹の内というのは思い切りぶちまけないと分からないものであって……。>クロエと玉姫の間
そして、隠し事を抱えていることがヨシチカを負傷させたと感じたアテナが話すルシフェルの事とは?

・"Dimension W"#4「八十神湖に潜む謎」
ミラも榊もジャーナリストも「ナンバーズの事故(こんなもの、ニューテスラは表沙汰に出来ないよな)による空間融合(だろうなぁ)」を読んで(呼んで、ではない)しまってさぁ大変、な回。
(榊の妹を昏睡させようとした犯罪者たちも動機はともかく、原理は把握していた模様)
果して神木の真意とは?

・"最弱無敗の神装機竜"#4「第六遺跡-箱庭-」
リーズシャルテのキャラ崩壊編(違)。
(ティルファーにおもちゃにされたのはともかくとして、ドリルの件だけはさすがにかばいきれない)
クルルシファーの意外な秘密編。
バルゼリットの下心も、その辺にありそうな感じだったが?
(むしろ、フギルの裏、と言うべきか)
そして、フィルフィが本物でない疑惑が……。
(ルクスの記憶違いか、十年近くたっているので傷が残っていないという可能性もあるが)

・"スター・ウォーズ 反乱者達"#17「ロザルに立ちこめる暗雲part2」
今日の無念を明日への想いに繋げるため、ロザルからの撤退を果たした一同。
とは言え損害も大きく……。
(ケイナンも反乱軍に参加する腹をくくったものの、その反乱軍が大損害を負ってしまい……)

・"アクティブレイド-機動強襲室第八係-"#5「消失のポーカーフェイス」
島流しに遭ったのは係長だったと言うことが発覚した回(違)。
技術を駆使する警察官は技術におぼれ、ギャンブラーになりきれなかった男はギャンブルにおぼれる回。
(相手の経歴を良く調べなかったのは第八係の手落ちだけど)
でもって、ロゴスと言う組織の存在まで公安が把握していたものの、そこから先は依然として把握できておらず。
(と言うか、八係には組織犯罪への捜査権限がなく、公安ではウェア犯罪に対処できない)
それにしても、黒騎、
意外と繊細なのね(もっと違)。
(尤も賭けている物が一般市民の安全と財産であることを考えるとさすがに黒騎に突っ込めないんじゃ…………)

・"ノルン+ノネット"#5「微睡む森」
劇中劇……で済ますには重い回。
それぞれ「夢の中」と言うことで現実では出せない本音をぶつけ合う回。
果して、この劇中劇が本編にどう絡んでくるのか?

・"ルパン三世 (Part4)"#18「始まりの晩餐」
そりゃまぁ、泥棒が肖像権"盗まれました"、では話にならないからなぁ。
ニクスのMI6からの退役(除籍)と第三の特殊能力(完全記憶)が公開された回(違わないが……)。
そして、MI6版"イタリアの夢"のプロトタイプが第三勢力として立ちはだかることに……。
(MI6にしてみればなにがなんでも、それこそ本部長(*1)が自ら表舞台に立ってでも闇に葬らなければならない案件であって……)
この回、と言うか"イタリアの夢"絡みで看過できない穴がある。詳しくはBlogで書けない一言日記にて。
*1 彼も「始まりの晩餐」に招かれた客でもあるけど。

・"紅殻のパンドラ"#5「通信障害-システム・ダウン-」
自分の力って一体何なんだろうな、に始まり、何のための力か、に終わる回。
福音とロバートの出会いがロバートの葛藤を招いたようで。
コメント

どうしましょう……

2016年03月01日 19時59分07秒 | 日記(アニメ感想含み)
"フリーティケットシアター"が三月いっぱいで活動終了・閉鎖になるというのに、
サイトの移転先を決めてなかった……。
(おおよその見当は付けてあるが)

・"スター・ウォーズ 反乱者達"#16「ロザルに立ちこめる暗雲part1」
ことごとく相手が一枚上手、な回。
(と言うか、ダースヴェイダーというある意味絶対に勝てない相手なだけに……)
さて、ここからどうなるか……。
ダースヴェイダーが実は影武者でした、と言うオチなら倒すのが不可能ではないが……。
(#1と今回で声優が違うからというネタやめい)

・"アクティブレイド-機動強襲室第八係-"#4「旋回空域」
まぁ、今回ばかりは栄光なき勝利であっても致し方ないよね。
(と言うか、ミュトスの影すら現状誰もつかめていない)
猛と瀬名、本人たちは不本意ながらも最高のバディであることが証明された回でもある。
というか、
あさみではアクシデントに対応しきれないだろ……。

・"ノルン+ノネット"#4「彼誰のセレナーデ」
スペイン風邪とはまた物騒な発想を……>千里がこはるを脅かすのに使った疫病。
七海と暁人の間は駆が強引に引き分けた(と言うかくっつけた)ものの、おそらくその反動でダウンし、空太はこっそりと船から抜け出して上陸した上海で20世紀初頭どころか21世紀初頭(空太のいた時代)でも作られていないロボット兵士を見つけ、さらに正宗が同じく上海で不可解な"空白の行動"を取り、そして謎の暗躍者が船にいるらしく……。

・"ルパン三世 (Part4)"#17「皆殺しのマリオネット」
巻頭句(「優れた芸術と泥棒は似ている。どちらも人の心を盗むすべを知っているからだ」)の通り、「『人の心を盗むすべ』の知恵比べ」では泥棒の方が一枚上手だった回。
次はいよいよ放置されていたMI6絡みの話になりそうだが?

・"紅殻のパンドラ"#4「料理の鉄人-キッチン・ドラッジ-」
宿題って、自力でやってこそだよね……。
転の策略は失敗し、敵の大将の正体(或いはコードネーム)ははっきりし、そして、コアユニットがないはずのブエルにまだ秘密があるのか!?

・"サンダーバード ARE GO"#9「小惑星からのSOS」
アラン(ケーオもだけど)だって成りは小さくとも立派にインターナショナルレスキューの一員と言うことを示した回。
どちらかというと、二人そろってこそ、な事を示した回でもあるけど。

・"ブブキ・ブランキ"#4「右手と拳銃」
みんながいた黄金と一人だった周作の差が最後にものを言った回。
とは言え、周作も最後に意地を見せ、宗也がそれに答えて……。
(それぞれの部位に対応する王舞と炎帝のブブキ使いの間には黄金と周作ほどではないが因縁があるようで)

・"キャプテン・アース"#14「夜をつらぬく少女の涙」
ターニングポイント。
細々とした亀裂が一気に炸裂してしまい……。
コメント