Blog版一言日記

私、雑音領(ざつね・りょう)の一言日記です。

漕ぎ手の事情

2016年01月31日 22時59分02秒 | 日記(アニメ感想含み)
前回の続きめいた話。
週七時間の録画時間分のHD容量を確保するには自身も週七時間の視聴をする必要があるのだけど、曜日あたりの録画番組数にムラがあるのと、どうしても気力が続かず視聴消化が出来ずにダウン、……なんてことを繰り返している内に、
ある日は一話も消化せずに、次の日には一気に消化、
と言う、かなりムラっけのある有様で……。

・"コンクリート・レボルティオ 超人幻想"#7「空も星も越えていこう」
同じ日に放送された番組(*1)で、主人公サイドの説得のピントが合っていないという、偶然が一致した回(違)。
最後の捕獲されたアースちゃんとそれを救出(?)しようとする今のジロウとジュダスのラストカットから逆算して、お互いの関係が構築される回。
今のジロウの行動を「正しいこと」と認識しているジュダスから見て、ジロウの本意は一体?
*1 "仮面ライダーゴースト"#6「運命!再起のメロディ!」のこと。これも、タケルの説得の方向があっておらず、翻意させたのがあかりの説得である。

・"ヴァルキリードライブマーメイド"#6「ノー・マネー、ノー・ライフ」
美鳳がアナランド居住区出身と言うことが発覚した回(違……以前に"ソーサリー四部作(*2)(スティーブジャクソン/東京創元社・創土社)"なんてだれが分かるんじゃ)
……じゃなくて、
美鳳が一匹狼なのも理由がある回。
(一つは特異なパートナー。もう一つはアウトローの矜持)
エクスターとリブレイターの形態も人それぞれ、と言うことで。
*2 主人公である"君"の使う魔法の一つに、金貨を使い捨ての触媒にして即席の盾を作る魔法がある。美鳳の特殊能力もそれに近い(コストは美鳳の方が遙かに高いけど)

・"ヴァルキリードライブマーメイド"#7「信じるために」
晶が抱えているいろいろな物が吐露された回。
まもりが「あきらめない」為にのために晶の「優しい嘘」を突き通す腹を決めた魅零も印象的。
一方でこの島(フェステだけではない)のシステムにもきしみが出ているようで。
(治安要員であるリッターの立てこもり事件に、バリアを越えて流れ着いたカプセルなど)

・"スター・ウォーズ 反乱者達"#7「闇に光る目」
「喧嘩するほど仲が良い」のも結構だけど、喧嘩するなら時と場合をわきまえろ、な回。
……じゃなくて、
サビーヌの苦悩(かつての自分は誤った道を進んでいた、では今の自分は正しい道を歩いているのか、と言う疑問)とそれがヘラとのわだかまりになっていたことを吐露した回。
最後はどうにか溶けたようだけども……。

・"ルパン三世 (Part4)"#8「ホーンテッドホテルへようこそ」
次元って、恐がりだったのね。
(酔った勢いに任せて支配人を問い詰めに言った折に支配人親子の脅かしの種を明かしてからは冷静に振る舞ったが)
幽霊譚……と見せかけて、実は……と見せかけて、な回。
それにしてもルパン、
カーラに助けてもらったくせに、さも自分で窮地からの脱出方法を発見しましたという見得切りはないんじゃ……。
(ああいう局面では見得を切るのが筋なんだろうけど)

・"仮面ライダーゴースト"#7「早撃!伝説のガンマン!」
タケル、スペクター、眼魔使い(西園寺)、アラン、それぞれの因縁が明らかになりつつある回。
(スペクターとアランと西園寺の間もお互いに溝があるのも判明した)
そして、眼魂獲得競争(と言うか、欲望にとりつかれたウエスタンショップ店長の説得が無かった)すら蚊帳の外の事態果てになにが待っているのか?
御成が西園寺のことを知らなかったのが意外だったが(西園寺が自身のことをタケルの父以外に伏せていたか、タケルの父親が御成に西園寺のことまで教えていなかったか)

・"機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ"#8「寄り添うかたち」
長たる物、簡単に死を口走ってはならない物で……。
(オルガが名瀬に一発食らったのもそのせい。尤も、後でオルガ自身も「ガキ扱いされても文句は言えない言動だった」と気付いたようだが)
タービンズがオルガの言い分を通した事で停戦なる。
一方でクーデリアには彼女自身知らない秘密があるようで……。
(彼女自身が思い当たる節のない「資産」のことを名瀬が漏らした)
三日月も漠然とした不安と弱音を吐露して、それに本音(名瀬に気付かされた「もはや鉄華団は一つの家族」であると言うこと)で答えるオルガが印象的。
コメント

自転車漕ぎは終わらない……

2016年01月29日 09時06分48秒 | 日記(アニメ感想含み)
ふと、録画消化に追われている現状が気になったので、今期自分はどれだけ録画しているんだろうかと数えてみた。

日:"仮面ライダーゴースト"、"機動戦士ガンダム-鉄血のオルフェンズ-"、"Dimension W"
月:"赤髪の白雪姫"、"最弱無敗の神装機竜"
火:"スターウォーズ 反乱者たち"
水:なし
木:"アクティブレイド"、"ノルン+ノネット"、"ルパン三世(Part4)"
金:"紅殻のパンドラ"
土:"ラブライブ!"、"サンダーバード ARE GO"、"ブブキブランキ"、"ラクエンロジック"


……うん、
録画消化に追われるはずだわ……。

・"ヴァルキリードライブマーメイド"#5「ジャイアント・ガール、リトル・ハート」
水着回、と言うより幕間回。
まぁ、アームドの形態はそれぞれだしね。
(ただし、ああなるのはだれにとっても想定外だったようで……)

・"スター・ウォーズ 反乱者達"#6「候補生エズラ」
エージェント・カラスがアカデミー候補生の素性を洗っていなかったのが幸いした回。
(アカデミーの管理がカラスとは別系統だったのも幸いした。アカデミーがカラスの管轄ならばエズラが拘束されて終わり(*1)だった)
とは言え、エズラのアカデミーの友人の一人(エズラ同様拘束対象の候補生とは別の候補生で失踪した姉を探すために入隊した)と今生の別れ(尋問官の性格を考えると、なぁ……)となってしまい……
*1 実際に尋問官がエズラの侵入に気付いた。

・"ルパン三世 (Part4)"#7「ザッピング・オペレーション」
お父さんは心配性、が行き着くところまで行き着いたのが原因であわや大惨事(*2)な回。
(実際完全に頭に血が上って、ルパンどころかレベッカをまともに認識できなくなっていたほど)
或いは、
レベッカにかかってはニクスも形無し、な回。
(うかつにもポーチをトイレの中に忘れたのがレベッカとニクスとニクスの娘との関わりであって事件のもう一つの発端である)
うーん、この回でニクスにあそこまで三枚目な独り相撲をやらせる必要があったかどうかが疑問だけれど……。
でもって、"イタリアの夢(レベッカはなにかを知っているようだが)"を巡って、レベッカとニクス(*3)とお宝のにおいをかぎつけたルパンとまた相まみえる予感が。
*2 ニクスが逆上した折MI6が彼や周囲の人物を抹殺するための狙撃チームが配備されたことを考えると……。
*3 元々MI6が調査していた案件の通称もまた"イタリアの夢"


・"仮面ライダーゴースト"#6「運命!再起のメロディ!」
あかり大活躍回。
スペクターもスペクターなりの道義と事情を抱えているようで。
(一回目にあかりを見逃したのはあかりの「譲れない物」を認めたため、二回目はあかりが依頼者の願いに応えて彼女の兄をこの世につなぎ止めたことを認めたため、か)
さらに仙人もタケルが立ち直ったことを認めて、さらにもう一段画策しているようで……。
でもって、マンネリ化を防ぐためか、タケルの説得がピンぼけを起こしていた回。
(彼自身のベートーベンとは関係の無い悩みに対して、ベートーベンのたとえを持ち出したこと)

・"機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ"#7「いさなとり」
相手が門を閉ざしているなら強引にこじ開けるまで、でブルワーズ(テイルズの分家)相手に喧嘩戦法で挑む鉄華団。
ブルワーズの大将は旧CGS社長とオルガと、どちらの言い分を通すか?
(アラヤシキシステムに露骨に嫌悪を示していたあたり、その辺がどう判断材料になるか)

・"コメット・ルシファー"#7「温もりの場所」
第二のターニングポイント。
世界から切り離された空間(だよな?)に飛ばされた一行(*4)と、フェリアの異変と、一行とは別の空間にいるドモンからも見えた空に浮かぶ金色の輪(フェリアも取り込まれた、と言うか生み出した、と言うか)と、まぁ、色々。
で、
鍋だったらまだしも業務用の寸胴を背負ってソーゴたちを探していたのはアニメ的表現とは言えちょっと……>ドモン
*4 アルフリードが完全にフェリアを見失っていてテンパったことから。

・"コンクリート・レボルティオ 超人幻想"#6「やつらはいつでも笑ってる」
オチが
「駄目だ、こりゃぁ(故いかりや長介の声でお読み下さい)」
じゃなくて幸いだった回。
……、もとい
戦うだけが超人じゃない、な回。
(たとえ二流、今ではどさ回り専門)芸人にも芸人の意地と誇りがあるって物で。
(昔、東崎と彼女に同調した自分の所属する芸能会社社長が子供たちに薬物入りチョコレートを食べさせようとする計画をご破算にしたり、ジロウの仲間になることを拒んだ。ラストでジロウをお笑いの片棒を担がせたまねをした(*5)のは彼等なりの意趣返しか?)
でもって、ジロウの本意は、東崎でも超人課でもない第三勢力の構築で、東崎(とその所属企業)が超人課と違う思惑(超人の発生率の人為的低下など、国家による超人の統制支配)にあるのは確か。
*5 ジロウがそれに素直に答えたのも彼等に敬意を払っているからか。
コメント

告知

2016年01月25日 09時31分38秒 | 日記(アニメ感想含み)
自分のサイト"雑音領域(ざつねりょういき)"を公開している無料ホームページサービス"フリーティケットシアター"が今年の3月31日を以て活動終了・閉鎖とのことでして、自分のサイトを近日中に移転することにします。
移転先が決まりましたら、このBlogにて報告いたします。

・"コメット・ルシファー"#5「重なる魂」
フェリアを助けに来たら、フェリアに助けられた回。
(とは言え、ソーゴがあそこまでがんばらなかったら、フェリアが真の力をあそこまで顕現させることは出来なかったわけで)
で、フェリアの急成長が意味する(ソーゴでさえ、気絶直後であった分を含めても一瞬フェリアと認識できなかった)ものとは?
でもって、
「壁ドン」って人と状況を選ぶ(*1)物なんだね……。
(〆がそれかよ)
*1 アルフリードがフェリアに迫るに当たってやらかした。

・"コメット・ルシファー"#6「フラワーボーイ」
このニブチンが!>ソーゴ
で、女の友情(家族愛でも愛は愛)は単純でも女心は複雑なのですよ。
(知ってか知らずか、最後のロマンは黙して語らずだったが)

・"コンクリート・レボルティオ 超人幻想"#5「日本『怪獣』史(後編)」
怪獣を巡る愛憎の果て。
結局のところ、怪獣とは「人間の理解を超えた物」でありそれ故に、愛憎入り組んだ物である、と。
正直なところ、怪獣にしてみれば「人間の都合なんて知ったもんじゃない」からなぁ。
(人間から見ればそれまたお互い様で「怪獣の都合なんて知ったもんじゃない」し)

・"ヴァルキリードライブマーメイド"#4「グヴェルネア」
正面衝突はだれにとっても得策ではないとした晶の判断で、停戦とはなった物のシャルロットは執念深く……。
そして、だれもがいろいろな物を抱えていることが判明した回でもある。
(ミランダの精神攻撃を破った魅零の見た「地獄」、心を閉ざした少女をかくまっている霞、レディ・レディに自分たちとは違う可能性を見たが故にあえて放置する晶など)

・"スター・ウォーズ 反乱者達"#5「マスター救出作戦」
ケイナンの「弱さ」が浮き彫りになった回。
最強の敵(尋問官が「ジェダイのすべてを知り尽くし」技量でもケイナンを圧倒した)のワナを、"奇跡"でかいくぐったものの……。
ケイナンとエズラがお互い本音をぶつけ合って向き合うことで、改めて二人三脚の師弟関係を結んで幕。

・"ルパン三世 (Part4)"#6「満月が過ぎるまで」
男の意地と誇りにとことん付き合うのが"本物の男"って奴で>ルパンと銭形の間。
「悪女」が「聖なる悪女」になるまでの物語。
そのきっかけが"本物の男"が見せた「目の前で泣いている女がいる。それだけで理由として十分だ」と言う台詞で、女だからこそその台詞に発憤して立ち上がって見せた、と言ったところか。

・"サンダーバード ARE GO"#6「ロンドン大停電」
どんな逆境(それこそ、体一つで立ち向かう今回のような事態)にも人々のために立ち上がる、それこそがインターナショナル・レスキューのよって立つところと言うことをおばあちゃんがバージルに諭した回。
決して、
ハイテクは単純な物理的手段に弱い、
と言う回ではない、多分。
これ、ラッダイト運動(産業革命で機械に仕事を取られる事を恐れた労働者の暴動)を知らないと、反テクノロジー過激派が「ラダイト」を名乗った意味が理解できないんじゃ……。
(イギリス番組だから「ラダイト」を名乗るのは普通だし、実在する環境保護団体を名乗らせるわけにもいかないしなぁ……)

・"仮面ライダーゴースト"#5「衝撃!謎の仮面ライダー!」
タケル苦悩編。
御成の諌言(*3)も分かってはいるのだろうが、それすら耳に入らない状態で……。
それでも時間と、眼魔使い(お互いに微妙な距離を置いている模様)の陰謀は待ってはくれず……。
一方、スペクターも目的のために修羅の道を歩むことを決めていたり、色々抱えている模様で……。
*3 「悩んで悩んで悩み抜いて己の中の弱さに向き合うべき」とした諌言に従って自分自身をじっくり見つめる必要があるのだろうがその時間が惜しい状況でもあるので……。

・"機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ"#6「彼等について」
クーデリア、地に足を付けて、遠くを見つめつつも、自分に今できることを見つける。
(三日月もまた、見果てぬ夢をつかむための一歩として、字を覚えることを将来の夢のための目的とした)
その過程で、自分が火星のために立つに至った「現実」を見て、尚深く思うことに。
オルガもまた三日月と根っこの部分でつながっている事を示した。
(迷ったり、悩んだりしているとき、三日月のまなざしが彼の原動力になっている)
そして〆は、社長再びで……。
コメント

いろんな意味で「やっちまった……」

2016年01月20日 20時29分58秒 | 日記(アニメ感想含み)
今年に入って、EOS-Mのバッテリを充電して、スペアバッテリーも充電しようかと思ったら、
スペアバッテリーを紛失していたことに気がついた……。
と思ったら、
いきなり見つかった。
(カメラバックをひっくり返していたら、そこからこぼれ出たらしい)
とんだ独り相撲で済んで良かった……。

・"ヴァルキリードライブマーメイド"#3「ゼロ・アーム」
レインとレディー・Jが柊のことを「偽善者」とこき下ろすのも理由ありであって。
(無理矢理パートナーを決めるブライダル制度やシャルロットの横暴の看過など)
でもって、霞も内心、現状に複雑な物を抱いている物を抱いているようで。
(美鳳のヴェルターの生活物資窃盗を半ば故意に見逃していたこと。シャルロットが把握したため隠しきれなくなってしまったが)
で、今回は肝心なところで心を閉ざした魅零をまもりが(いろんな意味で)強引にこじ開ける回。
で、ヴェルターの警備隊と魅零の間に入ったレインの真意や如何に?
(どうも、マーメイド島の根幹に関わる物を探しているようで)

・"スター・ウォーズ 反乱者達"#4「魅惑のフルーツ」
そう言えば、ケイナンはフォースの発動を極力控えていたんだったな。
(ゼブがエズラを揶揄する件。ケイナンがある程度発動させていたら、フォースを巡るエズラを揶揄する言い回しも変わっていたはず)
「義理が立たなきゃ男が廃る」

「けんかするほど仲が良い」
は今も昔(*1)も変わりなく。
エズラとゼブが帝国の横暴(と言うか、将校の私的略奪)に泣く人(エズラの父の友人)のために結果として義理を果たした回。
ヘラもケイナンもまさかこんな騒ぎになるとは思っていなかったろうが……。
*1 スターウォーズの始まりの文句は"A long time ago in a galaxy far, far away....(遠い昔、遙か彼方の銀河系で……)"

・"ルパン三世 (Part4)"#5「魔法使いの左手」
「男にゃ分からぬ女の世界、とりわけ妖女の場合には」な回。
ただ一つはっきりしてるのは"失われたトニーの「100の魔法」"が遠からず復活する事だけだった、と。

・"サンダーバード ARE GO"#5「消えたファイヤーフラッシュ」
二話続けてバージル(今回の場合は弟たちも)の独断に救われているあたり、スコットの何でも一人で背負おうとする気負いから来る判断ミスが浮き彫りになった回(違)。
(実際のところ、ケーヨも出自と疎外感から来る自己犠牲衝動がある模様で)
ケーヨとフッドの因縁再び。
スコットが切り込んで、バージルがそこから展開させて最終的に解決させると言うパターンが確立された回でもある(違)。
それにしても、
なんだって民間機に一人用の脱出ポッドがあるんだ?
(しかも貨物室の奥深くに。どう考えても機長が副操縦士以下を放り出して逃走する(*2)ように作られているとしか言いようが……)
*2 実際にハイジャックに失敗したフッドが脱出するのに使った。

・"機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ"#5「赤い空の向こう」
1.何でもかんでも「宇宙」と頭に付ければSFになる(詠み人知らず)
2.ガンダムはSFである。

3.故に「宇宙簀巻き(だよな?トドが最後にギャラルホルンに送り込まれたあれは)」がガンダムに出てきても、別段おかしな事ではない。
の三段論法が成立する回(間違いじゃないけどおかしいだろ)。

ユージンがただの不平屋じゃなくて"男"を見せた回。
(ユージン"ツンデレ"疑惑が発生したとは、あえて言わない)
ギャラルホルンもクーデリアの処遇を巡って一枚岩とは言いがたく、またコーラル火星支部長も抜け駆けをしようとして失敗、と言う、相手の内訌に助けられた感もあるがどうにか一難は去った模様。
で、この先どーすんの?
(オルクス商会がギャラルホルンに寝返ったため、よその案内人に仁義を通せるかどうかの正念場)
コメント

"ルパン三世 イタリアン・ゲーム"を見る。

2016年01月15日 23時01分57秒 | 日記(アニメ感想含み)
総集編、と言うかレギュラー(#1「ルパン三世の結婚」と#3「生存率0.2%」)の再放送に描き下ろしのパートを追加してTVスペシャルをでっち上げる、と言うやり方はありっちゃありだけど、
二年ぶりのTVスペシャル、それもTVシリーズ放映中のTVスペシャルにしては、せこい了見だなぁ、
としか言いようが……。
(そんなんだからTVシリーズ、スポンサーが集まらずに"金田一少年の事件簿R"に夕方枠の取り合いで負けて、深夜送りにされるんですよ……)

・"ヴァルキリードライブマーメイド"#2「ヴァージン・ロード」
意に沿わぬ結婚からの花嫁略奪劇って、ある意味お約束だよね。
それ以外は全然お約束じゃないけどな!
(でもって、いくらあの時点でまもりが魅零に心を開いていないとは言っても、さすがに魅零に対して不義理に過ぎるけどさ<魅零乱入直後のまもりのモノローグ)
魅零が義理を果して、さてこれからどうなるか?

・"スター・ウォーズ 反乱者達"#3「嘆きのドロイド」
C-3PO、R2-D2、オーガナ議員(レイアの父)の前日譚。
でもって、喰っていけなければケイナンがエズラにジェダイとしての教えを授ける以前の問題なのも確かで。
そして、エズラのフォースの覚醒(と言うか、無意識での発動)でケイナンはエズラを弟子と認め、ゼブとエージェント・カラスの因縁もはっきりし、ゼブとエズラもお互いを認めたようで。

・"ルパン三世 (Part4)"#4「我が手に拳銃を」
次元の単独編。
さすらいのガンマン物を上手くルパン三世に落とし込んだ一品。
(そう言えば、"マカロニ・ウエスタン"と言う映画カテゴリーもあったしね)
"不殺"と言う概念を
「死ぬに死ねない」
方向でネガティブに肥大化させるとエズラにになってしまうあたり、皮肉というかなんというか(ボソッ)

・"サンダーバード ARE GO"#4「危険な鉱山を閉鎖せよ」
バージルの独断(ジェットモグラで鉱山に突入した)がなかったら、「詰み」になってしまうところだったね。
(スコットからの助けを聞いてからジェットモグラを動かしていたら、間に合わなくなるところだった)
でもって、鉱山主の娘もスコットの粋な計らい(放棄兵器(*1)としての核兵器の核物質管理のスペシャリストとして地球防衛軍に推薦した)で将来のめどが立った、と言うめでたしめでたし、な回。
(ついでに、おそらく核兵器を密造しようとしたフッドを出し抜いた)
*1 前回ではアランが書類上破棄したはずの宇宙機雷に追い回されたことを考えると、核兵器も書類上破棄されたが、残存している可能性が大きい。


・"仮面ライダーゴースト"#4「驚愕!空の城!」
織田信長がレギュラー回で出てきたのは渡哲也氏や江口洋介氏との劇場版"仮面ライダーゴースト"特別出演交渉が決裂したからなんですね(んな訳あるか)。
(いや、竹中直人氏と"織田信長"と言えば、ねぇ)
ワンパターンに陥りかけた話の構成を打破すべく、ライバルライダーのスペクターが出現(と言うのもちょっと変な言い回しだが)。
物事はどんどん複雑かつ混沌とした方に進んでいってるようで……。
(仙人が真相を出し渋っているのも原因の一つなんだろうが……)

・"機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ"#4「命の値段」
クーデリア、本当の火星を知った上での逡巡と葛藤を前に、それでも地球へと歩を進める覚悟を決める。
そして、ギャラルホルンの監察官たちも三日月と邂逅し、鉄華団もクーデリアの地球への輸送という大勝負に本腰を据え、トドは裏ルートの案内人と共謀してオルガたちを陥れようとし……。
嵐の前の静けさ、の"溜め"の回。

・"コメット・ルシファー"#4「嵐」
いや、ドモンさんそれは鈍すぎでしょう……>「なにか危ないことに巻き込まれてるんじゃないだろうな?」とソーゴに聞いた件
こちらはまさに"嵐"の回。
家のしがらみに縛られてるカオンにしてみれば自由人のソーゴがうらやましいけれども、ソーゴにもソーゴの事情があって……。
大尉は若き日のドモンと一緒に写っていた人物(多分ソーゴの母親)に思うところあったようで……。
で、
ソーゴの母親が「惣一郎さん」状態なのは一体どんな意味があるのか?
(このたとえ、付いてこれる人いるのかなぁ)

・"コンクリート・レボルティオ 超人幻想"#4「日本『怪獣』史(前編)」
ジロウと"怪獣"との因縁が話の軸の回。
(ジロウと柴の因縁が話の軸(*2)ではない、多分)
(超人課の職務に忠実だったはずの彼が、唯一己を見失うのが"怪獣"絡み)
人間とジロウと超人と怪獣の因縁、どう決着する(或いは決着しない)か?
そして課長とその同胞の策謀の方向や如何に?
(マスターウルティマの帰還が彼らの不利益になっていることは間違いないが)
*2 どうしても"人間"に対して割り切れないジロウと「疑いたくない"人間"こそ疑え」という刑事の鉄則に忠実な柴との因縁のこと。
コメント

寒中お見舞い申し上げます。

2016年01月09日 22時22分19秒 | 日記(アニメ感想含み)
今年もよろしくお願いいたします。

・"ヴァルキリードライブマーメイド"#1「私、散らされます」
うーん、どう感想を書いたら良い物やら……。
バカ深夜アニメなのは間違いないのだけども……。

・"スター・ウォーズ 反乱者達"#2「反乱の口火 part2」
「義によってあえて帝国の国賊として立つ」だと言うのならば、義理を通さないとね>ケイナン達。
タッチの差でエージェントカラスを出し抜いたものの、ケイナンとエズラと一行にはまだ「耐えねばならぬ(オビワン・ケノービ談)」時期であるようで。
(尋問官とエージェントカラスが本腰を入れてきたようだし)

・"ルパン三世 (Part4)"#3「生存率0.2%」
難敵"ニクス"と初めて正面きっての対決。
MI6の優先順位(皇太子の安全確保が"マリーアントワネットの首飾りのかけら"奪還に優先する)とニクスの行動原理(「お前さんはとことんまで忠実な『犬』だ」と言うルパンのニクス評)を読み切ってかろうじて出し抜く。
(とは言え不二子に言われたとおり「分の悪い賭け」だったのは確か。尤もルパンはほかに時間稼ぎの手段を持っていただろうが)
それで以てMI6との因縁(つまりニクスとの対決)もまだまだ続きそうで……。

・"サンダーバード ARE GO"#3「スペース・レース」
「お役所仕事」ってのは古今東西、どころか未来世界でもあるものだよね。
(名目上破棄したとはいえ宇宙機雷の配備は最重要軍事機密に属するものだから、管理が厳重であってしかるべきだけど)
でもって、アランもインターナショナルレスキュー隊員としての自覚が芽生えてきたようで。
(最初は「スペースデブリの回収なんて……」とぼやいていたのが「これ(スペースデブリの回収)も立派な仕事だよ」と評価を変えているし)

・"仮面ライダーゴースト"#3「必中!正義の弓矢」
ゴーストハンターチームの初陣。
やっぱり、「タケルが一回死んでいる」事が言動に説得力を持たせているなぁ。
でもって、眼魔使いも「この展開は読めなかった……」と言っているあたり、チームのポテンシャルには結構高いものもあるようで。

・"機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ"#3「散華」
クーデリア、いささかの回り道を経て、自分の「真に為すべき事」をようやく見つけ出す。
でもって、鉄華団、会計(財務管理に徹しきっている)係はともかくもう一人残った方は明らかに爆弾で……。

・"コメット・ルシファー"#3「ガーデン・インディゴ」
「食い物の恨みは恐ろしい」に始まり「食い物絡みのトラブルは恐ろしい」で終わる回。
大尉の人集めも順調にいっているようで(いや、順調にいっていたらまずいのだが)……。

・"コンクリート・レボルティオ 超人幻想"#3「鉄骨のひと」
男にゃ分からぬ女の世界、ひとには分からぬ機械の世界、な回。
超人課とも、ジロウとも交わらない柴に一体なにがあったのか?
(少なくとも、警官が指名手配犯に落ちぶれる、或いは柴に価値観が正反対になるほどの何かがあったのは確かなんだろうけど)
コメント