Blog版一言日記

私、雑音領(ざつね・りょう)の一言日記です。

今なお停滞中……

2016年08月28日 22時24分41秒 | 日記(アニメ感想含み)
Blogを更新するタイミングを外すと、一言が溜まる溜まる……。

・"赤髪の白雪姫"#22「君を潤わせるのは意志の泉」
猶予期間の終わり。
ゼンと白雪の最後で最大の試練の前触れか。

・"あまんちゅ!"#2「光といけないコト」
双葉とダイビングの出会い編。
しかし、
まだスキューバダイビング部に入部していないのに、勝手に部の備品を持ち出して良いのか?

・"あまんちゅ!"#3「わくわくと幸せのコツのコト」
↑伊達に双葉と光のクラスの担任はやっていないと言うことか>かとり先生、前回の不法侵入と備品の持ち出しの全責任が光にあることをつかんで。
てこ(双葉)が伊豆に来て初めて積極的に動いた回。
まぁ、事故防止のための基礎座学は必要だしね>かとり先生がダイビングの注意事項を二人に教えたこと。

・"ルパン三世(part1)"#19「どっちが勝つか三代目!」
「単なる物量」

「論理と科学」
と言ってしまうあたりがねぇ……。
で、銭形との意地の張り合いからなる足の引っ張り合いの分を差し引いても、ガニマールはルパンに勝てない宿命にあったようで。
(そりゃ「目には目を歯には歯を」ならば「物量には物量」をやられてしまえばねぇ)
尤も、神経戦は「『論理と科学』の範囲外だ」と言われてしまえば、身も蓋もないわけで……。

・"アクティブレイド-機動強襲室第八係- 2nd"#2「果てなき復讐者」
人間、緊張のあまり壊れるって、良くあることだよね(なんか違うんじゃ)……>あさみ、第九係の前で黒騎の電話を受けて笑いが止まらなくなったこと。
エミリアの「過去の恐怖」との決着編。
で、ポーランドと言えば思い出すのが……。

・"アクティブレイド-機動強襲室第八係- 2nd"#3「天使と破壊神」
あさみの前途多難と言うか自業自得(狭量)というか……。
警察局長はミュトスの再蜂起を疑ってかかっているようだが……。

・"Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀"#3「夜魔の森の女」
説明回。
で、リンセツア一行とケイガイとの間、こじれにこじれたけど、どーすんの、これ!?

・"迷家-マヨイガ-"#6「坊主の不道徳」
それだと、次は光宗が一番まずいと言うことに……>こはるんが見つけた納鳴村に関する記事から。
美影がヴァルカナに警告したのも、「同類」的なものを彼に感じていたからか。
で、これからどーなる?
実を言うと、オチが
「こはるんの納鳴村に関する資料が土地の影響で実体化しました」
の可能性もあるけどね(ボソッ)

・"仮面ライダーゴースト"#34「迷走!夢の世界!」
KANONのMAKOTOは生きろ!
Nice BikeのMAKOTOは死ね!

ですね。
(おかしくはないが違)
「酔生夢死」こそ人間の理想、と言い放つイゴールに対して、タケルはどんな結論を出すのか。
でもって、グリム兄弟の喧嘩別れを収拾出来るのか?
片桐兄弟の喧嘩別れの収拾には尾村豪が自身の体験を元に説得することとして。
(こっちは確実に違)

・"仮面ライダーゴースト"#35「真価!楽しさの力!」
童話とは童心に返る物語と見つけたり。
でもって、心を否定した眼魔の科学が心を動かすムゲン魂に勝てるはずもなく。
結局、尾村豪の出番、いらなかったね(まだ引っ張るか!?)

・"タイムトラベル少女"#3「反骨のフランクリン」
ところで和歌、早瀬教授(真里の父親)の消息と失踪の理由を調べているんだよな?>早瀬研究所をお茶会の会場にしたことについて。
真里の激発がフランクリンの仲で燻っていたものを呼び起こした回。
(真里は前回でも地動説を唱えた学者が異端尋問に掛けられて処刑されたことを知っていると言うこともあるか)
でもって、早瀬教授の失踪と御影が早瀬教授に委託したプロジェクトと、真里の現象との因果関係は……。

・"境界のRINNE(第二シーズン)"#16「破局セット」
人を呪えば穴二つ、とは良く言えりでして。
(自分の古傷をえぐられた様な感じがするのは気のせいではないよな?)
切るに切れない腐れ縁、とは良くあることでして。

・"一人之下 the outcast"#3「嘘」
不運は二重底と言うことで一つ(ううむ……)>ソランの女難が完全に泥沼な事
で、謎の寄り合い所帯「ゼンセイ」の真の目的とは?
(それ以前に、宝宝とジョサンの所属する組織の目的も謎でしょうよ)

コメント

色々と停滞中……

2016年08月21日 23時04分55秒 | 日記(アニメ感想含み)
夏場で体力が落ちている、だけでは説明が付かないのが、なぁ。
(録画のため込みすぎと、録画量が多すぎるのが問題なんじゃ……)

・"仮面ライダーゴースト"#32「追憶!秘めた心」
その事態の収拾の仕方、ありかぁ?
(アカリが回収した眼魔のかけらは後々で出番があるんだろうが。てっきりアカリが大至急で時間逆転現象を解くのかと思った)
後はディープスペクターが眼魔・ガンマイザーにとって厄介な代物(西園寺が眼魔に寝返る手土産として盗み取ったもの。又この話の最後にもそれを示唆するガンマイザーの描写がある)であることがはっきりしたことと、後々で出番があるであろう五十嵐博士の手帳のこと、かなぁ。
(尤も、最後に五十嵐博士が手帳を渡さなかったら、
「何しに出てきたんだ、一体?」
になるところだったが(「んな訳ねーべ(*1)」))
*1 タケルの「他者の記憶を読み取る能力」を使って、十年前の真相をタケル達(と視聴者)に示す役割もあったからなぁ。

・"仮面ライダーゴースト"#33「奇跡!無限の想い」
人の思いがガンマイザーの『完璧』を打ち破った回。
で、
時間再生エネルギー塊の一部も五十嵐博士のメモも(#32)、ミスリード要員だったわけね……。
↓でもって、ガンマイザーには「『お約束』を無視して襲撃する」昭弘とそれを「いいんじゃないの」と肯定した三日月精神(戦闘観)をインプットしておくべきだったんだ……。
(それじゃ主人公サイド全員死亡で番組打ち切りだろ)

・"機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ"#21「帰るべき場所へ」
鉄華団が久しぶりに容赦ない回。
(↑で持ち出した「『お約束』を無視して襲撃する」昭弘とそれを「いいんじゃないの」と肯定した三日月が象徴的)
とは言え、ギャグ(と言うかカルタの空回り)では済まない結末が待っていたわけで……。

・"甲鉄城のカバネリ"#9「滅びの牙」
いろんな意味で、
「どーすんの、これ!?」
いやホント。

・"甲鉄城のカバネリ"#10「攻め上ぐ弱者」
全編これお約束、な回。
生駒にしてみれば、美馬のやっていることも、今までの武士がやっていることと同じ、それどころか、築いた側の本音はどうあれ結果として弱者保護としてある程度役に立っている駅の爆破解体を打ち出している分だけ、余計たちが悪いから止めなければならないところだが……。

・"甲鉄城のカバネリ"#11「燃える命」
来栖はまだしも、いくら狩方衆とは言え医者兼科学者にすぎないソウエイがあの状況から生き残っているのはちょっと……。
(いや、生き残っていないと話が立ちゆかないのは分かるけどさ)
将軍、最も恐怖を覚えた相手の見え透いた手に引っかかって死す。
(さすがにカバネになる毒を仕込まれているのは読めなかったが)
で、恐怖で束ねていた幕府は恐怖を内から仕込まれると脆いのもお約束と言えばお約束か。
来栖の無名が生駒に付けた傷の見立てから、最後の力を振り絞って立つ生駒だが、果してどうなるか?
……、
で、
どうすればカバネを滅ぼせるのか、そのめどさえ立っていない状況を覆そうにないのが、
なぁ。
(「無名を人間に戻す」以上にそっちの方が問題なんじゃ……)

・"甲鉄城のカバネリ"#12「甲鉄城」
ゾンビものの〆は難しい(尻切れトンボになりやすくなる)のは確かに"普遍的"ではある、けどさぁ。
ノイタミナ「甲鉄城のカバネリ」荒木哲郎監督インタビュー前編 「目指すのは王道を行く“普遍的”な作品」、より)
無名を巡る事態とカバネを巡る事態がいっこうに進展していないと感じたのは私だけか?

で、
出典は失念したが
「あれは、全四話のミニシリーズだ」
と言った人がいたが、その意見に同意するなぁ。
(第五話・六話はネタ切れ、美馬の登場以降は話が脱線転覆、としか言いようがないからね)

もう一つおまけ。
狩方衆バイクの一件。
存在自体に突っ込み(*2)が入ったが、
ガソリンエンジンの爆音をなびかせたことの方がよっぽど問題でしょう。
(蒸気機関のスチーム音ならまだ「そういうのがあってもおかしくない」で済むけど、ガソリンエンジンでは、ねぇ)
*2"【2016春アニメ】甲鉄城のカバネリ感想・考察 - 紅色の金剛石"など

・"迷家-マヨイガ-"#5「ユウナ三人いると紛らわしい」
みんなして意見がバラバラ、どころか、とうとう内ゲバ騒ぎに……。
で、光宗と真咲が見たものの正体は?
(どうも画面で示されたものと、光宗が見ているものは別っぽいが)
コメント

なかなかに難しい

2016年08月17日 07時45分36秒 | 日記(アニメ感想含み)
「単なるあらすじではなく、あなたの感じたことを開けっぴろげに書こう|飛田カオル|note」
とは良く言えりだけど、
あらすじ追うだけで一杯一杯だったり、
少し余裕があると、
「感想でネタや比喩に走るのは、その作品に向き合っていない証拠」
と以前に言われたりしてもネタに走ったり、
なかなかに、
「かばいきれないものはかばいきれない。評価するものは評価する」
を貫徹すると言うのは難しいものでして……。
(加えて筆者の場合、「評価するものは評価する」ところに欠けるのと、固執の悪癖があるものでして……)

・"仮面ライダーゴースト"#30「永遠!心の叫び」
アランの試練再び編。
元々心と魂の物語が"仮面ライダーゴースト"何だから、正しい流れなんだろうが。
で、イゴールがなんだかんだ言っても一枚上手だったようで……。

・"仮面ライダーゴースト"#31「奇妙!ガンマイザーの力」
それぞれがそれぞれの過去と向き合う回。
大開眼ゴーストだけでなく、ディープスペクターもまた、ガンマイザーと相関関係がある模様(マコトがガンマイザーの本体を幻視した)。
そして、十年前に一体何が起こったか?
(現代では自滅した西園寺が最初は仙人=イーディスを疑ってかかったり、現代では逃避していた五十嵐博士がイーディスを積極的に受け入れる態度を取ったりしていた)

・"機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ"#20「相棒」
至る所に断れない悪魔のささやき。
マクギリスはガエリオに悪魔のささやき(アインへのアラヤシキシステム移植の具申。アインが戦列復帰をするには他に方法がない)を持ちかけ、オルガはマカナイから悪魔のささやき(クーデリアの火星独立への道筋を通すため自分の復職の手伝いをさせる)を持ちかけられる。
オルガはそれに乗ったがガエリオは果してどう出るか……。
それ以上にサバランの遺言を聞いて動揺する(オルガとの間に本格的なすきま風が吹いた模様)ビスケットとオルガとの間は収拾するのか?

・"甲鉄城のカバネリ"#7「天に願う」
菖蒲が「可愛いふりして、あの子、割とやるもん」だった事を証明して見せた回。
(ただ倭文駅の家老が生駒の設計した銃とその設計図に惚れ込んだからなんじゃ……)
無名の兄、美馬登場回。
無名絡みでハナから美馬を疑ってかかっている生駒や、美馬の登場が倭文駅に混乱をもたらす(領主は美馬やそれに伴う幕府の内訌の発端となった「十年前の事件」に絡んでいるらしいのだが)事を懸念する領主がどう動くのか……。

・"甲鉄城のカバネリ"#8「黙す狩人」
フィクションの場合、人間、依って立つ物がないまま勝算どころか終わりの見えない連戦を続けると、必ず壊れるものなんだね……。
元々武士に不信感を抱いていた生駒がついに無名絡み(もそうだしカバネを隠匿していることに対しても)で暴発した回。
(美馬曰く「十年前、あの戦場に私を放り込んだのは誰だ」と倭文駅の領主を尋問したことから、それ以来か?)連戦の果てに壊れた美馬の本心とは?
(おそらく、十年前の復讐だろうがそれ以上に厄介なのは彼が「修羅の野望(弱者必死、強者の生き残るが貫徹された)」にとりつかれていること)
で、前回生駒が
「米が腹一杯食べられる世の中にしてやりてぇ」
に対して無名が
「それって、田んぼを作れるって事でしょ。そんな土地どこにもないじゃん」
と切り返す件(うろ覚え失礼)があったけど、
倭文駅の城壁のすぐ内側にあったもの、
あれは一体何だ!!。
(世界設定担当と、シリーズ構成と、脚本と、美術監督の間がバラバラじゃねーか!)


・"迷家-マヨイガ-"#4「よっつんの川流れ」
よっつんの退場からとうとう空中分解を起こした一行。
(光宗と颯人もおそらく初めて喧嘩別れしてるし)
いよいよ納鳴村も本性を発揮したようで。
(運転手や下山組がそれに呑まれた。それ以上に下山組がこはるんの用意した地形図の通りに動いて往路とはまるっきりあり得ないルートを辿っているあたり、村に戻るしかなくなるのでは?)

・"境界のRINNE(第二シーズン)"#15
「リカバリークリーム」
良くある
「ただより高い物はない(りんねが三日月堂からリカバリークリームの試供品を譲り受けたのが事の発端)」
話。
で、
翼は普段のりんねの生活環境の悪さから
「いつかは六文が悪霊化するに違いない」
と思い込んでる訳ね。
(さすがにりんねに「そこまで生活荒れていない」と突っ込まれたが)

「噂」
いくら経費が高く付いた騒ぎの収集の後始末とは言えそういう言動だから、六文が校舎の用具室にへそくりを隠すと言うこの事件の発端みたいなことになるんでしょうが!>りんね。六文に今回の騒ぎを収集するのに使った経費を彼のへそくりから借りようとして。

「キノコ狩り」
これまた良くある
「欲をかいてすべてご破算」
な回。
(架印から「キノコ狩りの監督責任放棄とクエクエダケによる損害の分を弁償しろ」と言われなかっただけマシだが)

・"赤髪の白雪姫"#21「貴方といれば…」
そう言えば、玉木宏は"平清盛"で裸体を見せなかったなぁ(間違いではないが、ここで持ち出す話(*1)か!?)
(作中で源義朝は風呂場で暗殺された、と言う通説ではなく、長田忠致が自分を風呂に入浴させてそのときに暗殺するのに気がついて、「万事休す」と悟って鎌田正清と差し違えた)
幕間回。
裏稼業の住人であるオビが初めて「自分が落ち着くに値する」場所の存在を再確認した回。
*1 ゼンとオビが風呂に入った折、ミツヒデが風呂に入らないのを見たオビがゼンにその理由を聞いた際に、ゼンが「二人とも丸腰、と言うわけにはいかないからな」と返したことを受けて。

・"ルパン三世(part1)"#17「罠にかかったルパン」
次元もうっかり鼻の下を伸ばしたばっかりに歯止めが利かず、エラい目にあった回。
(大概、ルパンが鼻の下を伸ばした際に窘めたり、突っ込みを入れたりするのが普段の彼だが)
でもまぁ、人を虚仮にした報いはきっちりとお返しするのがルパン流だしね。>話のオチ

・"ルパン三世(part1)"#18「美人コンテストをマークせよ」
裏社会の住民どもには裏社会の住民としてふさわしい制裁を(ついでにお宝は俺のもの)、な回。
それにしても、五右衛門って、本格的な変装も使うのね。
(暗殺術の一部として会得していたのだろうが、ルパンばりの変装術は初めて使ったような)
コメント

まさかの気候

2016年08月10日 23時29分27秒 | 日記(アニメ感想含み)
仕事後、食料の買い出しに行った折、
「今日はなんだかんだ言っても雨降らなかったし、夜も傘持たなくて良いな」
と思っていたら、
夕立ならぬ夜立にやられた……。

・"迷家-マヨイガ-"#2「一寸先は霧」
ああなってしまうと、帰るに帰れないよね>運転手
で、確かに住民がいなくなるほどの「何か」がいるのは間違いないようで……。

・"迷家-マヨイガ-"#3「傍若無(む)人」
いろんな意味で事態がどんどん空中分解へと向かっているような……。
(光宗と颯人の間にすきま風が吹き出したことがその象徴)
で、
どう見ても
よっつんが最初の犠牲者に……。
(これで実は死んでませんでした、オチはないだろうな)

・"赤髪の白雪姫"#19「覚悟の波」
ラジ王子も性根も直った(しタンバルン国民から再評価されるようになった)し、大団円……と思いきや、意外なところからエピローグ(追加エピソード)がありそうで。
(さすがに、山の獅子の頭領の「その素性はなかったわ」は、ねぇ)

・"赤髪の白雪姫"#20「微笑みの温度、大切な場所」
タンバルンでの日々の終わり。
いろいろな人々が自身の気持ちと向き合って落着点を見いだした回。

・"甲鉄城のカバネリ"#5「逃れられぬ闇」
無名の「今日へといたる過去のトラウマ」回。
無名の暴走で作戦破綻どころか、生駒の計算外の敵出現で果してどうなる?
で、
いくら兵器として信用するにたる物があれば良いとは言え、
生駒の新兵器に使われた技術について行けていないのもどーなのよ!?>甲鉄城の武士達
でもって、
あんな敵持ち出したら"進撃の巨人season2"で総監督にこうてつ(実権剥奪)……じゃない、名誉職へ栄転してもおかしくないよね……>荒木監督

・"甲鉄城のカバネリ"#6「集う光」
甲鉄城は一つの運命共同体であることを改めて示した回。
で、なにげに無名と「兄様」が実の兄妹でないことの示唆や、無名のいた隊が全員味方に処刑されるかカバネになって戦死したか「耳」のように廃兵になって捨てられたか(融合隊の心臓だったカバネが彼女の知り合いだったことを思わせるリアクションがある)の回顧以上に
世界観を覆しかねない無名の台詞が出てきてるぞ!?
(無名がカバネリになった原因が生駒とは違ってカバネに噛まれたことが原因ではない)

・"機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ"#19「願いの重力」
最初から同床異夢、だったのですな>マクギリスとガエリオ・カルタとの間。
そのガエリオ・カルタを出し抜いて地球に到着した一行。
マクギリスの言うとおり、「新しい可能性」を見いだせるのか?
……それにしても、
アインの火星時代の上司への尊敬を通り越した狂信は良いのか?
(いくら昔からの仲とは言え、カルタのガエリオ(*1)へのデリカシーを欠いた物言いの方がよっぽど問題なんじゃ……)
*1 尤もガエリオもデリカシーのなさではカルタとどっこいどっこいだけど。

・"アクティブレイド-機動強襲室第八係- 2nd"#1「西から来た男」
瀬名の帰還編。
しかしウィルウェア犯罪対策法整備が行われればそれに張り合うかのように新手の敵(#1のやり方では確実に死人が出るため、ミュトスではないと思われる)が現れて……。

・"仮面ライダーゴースト"#27「決死!覚悟の潜入」
アドニス、己が心に死す。
そして理想という名の野望に心を喰われたアデルは大帝のみが持てる禁断の力を手に入れ、イーディスはマコトに新たな契約を持ちかけ……。
アランは立ち直れるのか?

・"仮面ライダーゴースト"#28「爆現!深淵の力」
ディープスペクター登場(と画材眼魔・音符眼魔退場)回。
一方で、ゴーストドライバーとガンマイザーが兄弟(と言うより相反する関係)であることも判明し……。

・"仮面ライダーゴースト"#29「再臨!脱出王の試練」
各々の苦悩編。
フーディーニ自身の回顧で「その願いが依頼人の心を踏みにじる結果になりはしないか?」に対して「結果が出るまで否定は出来ない」と返したタケルだったが……。
果して、次の退場者が出てしまうのか!?

・"タイムスリップ少女"#2「悲しみのギルバート」
天動説が揺らいでいた時代(彡(゚)(゚)「・・・・・・天動説?」:哲学ニュースnwk)とは言え、それを否定する地動説(=真実)を訴えると落命しかねない時代にそれでも真実に挑んだギルバートの物語。
で、結局真里は父親に会えなかったことと、御影がかなり黒い(部下を警官に偽装させてまで和歌と旬が早瀬研究所を探っているのを把握した)こと、
そして旬が本の内容が消失したことと、真里のタイムスリップ(=一時失踪)の因果関係に気がつき始めたこと、
何よりギルバートが真里の消失について本質を咄嗟につかんだことかなぁ。
コメント

色々と山積み

2016年08月04日 19時43分56秒 | 日記(アニメ感想含み)
夏場で露骨に体力が落ちていることの方がよっぽど問題なんじゃ……。

・"Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀"#2「襲来!玄鬼宗」
やっぱり泥沼に嵌まっちゃったね>ショウフカン
玄鬼宗の悪名恐るべし(街の人々がショウフカン相手に商売したものは殺すと脅されて彼を村八分にすることを決め込んだこと)。
で、悪あればそれを討つものありと言うことで、シュウンショウとケンサンウンが立った物の、ショウフカンにとっては余計事が難しくなったようで。
で、
「あっしには関わりの無いことでござんす」と言いながらトラブルに巻き込まれる、というのは渡世ものでは良くあることである>ショウフカン

・"ルパン三世(part1)"#15「ルパンを捕まえてヨーロッパへ行こう」
ルパンの「銭形に花を持たせて、自分たちが実を取る」が上手くいった回。
「急がば回れ」とは良く言えり、でして。
(とは言え、ほとんど咄嗟のひらめきと偶然の産物(銭形の欧州出張絡み)で、実際ルパン達は銭形にしてやられっぱなしであった)

・"ルパン三世(part1)"#16「宝石横取り作戦」
悪銭身につかず、と言うか、良くある全員敗北回。
アルセーヌ・ルパンの孫というのはルパンの足かせであると同時に誇りのよりどころなんだなぁ。

・"アルティメットスパイダーマンvsシニスターシックス"#17「カーネイジの脅威 part3」

三つ巴の乱戦はスパイダーマン達とMJの絆が最後にものを言った。
で、
"The End?(ホントに一件落着?)"
な終わり方なのは、ここだけの話だけど。
(MJが正義のカーネイジクイーンになる様な?)

・"一人之下 the outcast"#2「主人と下僕」
まぁ、災難(と言うか完全に力負け)でしたな>ソラン
でもって、シャクリンの死体盗みの依頼主は宝宝を知っている模様(キョンシー使いに「彼女には手を出さないでくれ」と依頼している)で、ソランを狙っている模様で……。
次回、又ソランは女難(だよなぁ)に見舞われるのか?

・"サンダーバード ARE GO"#20「伝説の金庫破り」
パーカーの履歴と「亀の甲より年の功」が物を言った回。
しかしこの話、
スコットとバージルがパーカーとペネロープの足を引っ張ったんじゃ……。

・"仮面ライダーアマゾンズ(TOKYO MX版)"#3「COLONY OF ANTS」
伊達に国際企業の役員やってるわけじゃなかったね>水澤本部長。舌先三寸で悠のノザマ製薬役員会議乱入を捌いたこと。
それでも、橘本部長の疑念を解くことが出来なかったが。
とは言え、それで駆除班の事態が解決したわけでもなく……。
(アリ型アマゾンの巣に放りこまれた)

・"甲鉄城のカバネリ"#3「捧げる祈り」
無名の倫理観が常人離れした態度が事をいたずらにややこしくした回。
(菖蒲が甲鉄城を掌握し切れていないのも問題だが)
菖蒲の捨て身と生駒の理性(と言うか良心)が闇討ち騒ぎを抑えたものの、その生駒が血に飢えるわ、無名がカバネと化した妊婦を仕留めて「カバネを仕留めただけ」な態度を取るわ、事態はさらに誰も掌握出来ない状況に……。

・"甲鉄城のカバネリ"#4「流る血潮」
菖蒲が甲鉄城を掌握し切れず、一時的に指揮権を放棄(譲渡)したのが車内に厄介な事態を生んでしまい……。
菖蒲たち甲鉄城の首脳と生駒、無名達が運命共同体として成立した回である。
で、
普通のカバネの心臓鋼鉄皮膜を貫けても、ワザトリの心臓鋼鉄皮膜を貫けずに折れるという、作劇上都合の良い刀(来栖の所有する刀)が出てくる回であることは良いのか?
(ただ単に、ワザトリの刀を受けて刃こぼれをおこしたところに、心臓鋼鉄皮膜を貫きに行こうとして刃が保たなかっただけなんじゃ……)

・"あまんちゅ!"#1「少女と海のコト」
心を閉ざしていた少女がふしぎな少女と出会って心を開くまでの回。
決して、
「色気より食い気」を地で行く少女が色気に目覚めて少女を振り回してさぁ大変、な回ではない。
……多分。
にしても、
双葉(高校一年生)が四月の段階で原付の免許を持っているとはこれ如何に?
(どう考えても年齢計算が合わないんじゃ)
(双葉が気泡しか見えなかったので不審に思ったとは言え水底にいる光めがけて石を落としたことの方がよっぽど問題ですよ)
コメント