Blog版一言日記

私、雑音領(ざつね・りょう)の一言日記です。

今回は感想のみ(令和元年五月二十七日)

2019年05月27日 18時34分21秒 | 日記(アニメ感想含み)
・"ソラとウミのアイダ"#11「笑顔でソラへ」
薪大臣官房補佐も真紀子の成長を認めたのと六年前の後悔があったから、職をなげうって動いたのであって。
全てのわだかまりが解けて一つの方向に向かって収束するのか?
(してもらわなければ大惨事だが)

・"宇宙戦艦ティラミスII(ツヴァイ)"#12「BATTLE OF HEKATONKHEIRES PART1」
そう言えばコミックバンチ(原作漫画掲載サイト)も新潮社だったんだよな……。
(ティラミスとイスズの共闘を週刊新潮がすっぱ抜いた。というよりは、週刊新潮の「飛ばし記事」にティラミスが乗りかかった格好)

どうにも締まらない最終決戦。
(奥さんに三行半を突きつけられたキャデラックが逆ギレしたのが事の発端てのがいやなんともはや)
とは言え、このままキャデラックをほおって置けば地球が大惨事になるだけにスバルの賭は間に合うのか?

・"RErideD-刻越えのデリダ-"#11「静かな場所」
デリダ達の旅の終わりと別れ。
マージュとの再会はなるのか?

・"うちのメイドがウザすぎる!"#11「うちのメイドと開かずの部屋」
みどり……。
(今回の〆の遠因である)
好事魔多し。
つばめが咄嗟に泥をかぶることでわしわしと森川さんをかばったのは良いけど、ミーシャの閉じた心を開かせることはできるのか?

・"ゾイドワイルド"#25「妹よ!トリケラ吠える」
最後に笑ったのはサンラータンだった(違)。
(ギョーザの妹、ラーユの運賃(*1)をぼったくった)
トリュフのマッチポンプと呪縛から抜け出したギョーザ、志を同じくするフリーダム団の仲間に入る。
そして、謎のゾイドと少年が……。
(どう見てもデスメタル帝国所属じゃないしなぁ)
*1 ラーユの行き先であるサナとリウムの街の滞在費も込みなんだろうけど。

・"ラディアン"#11「轟音と喧騒の町」
ドク、ミス・メルバへの見栄っ張りが祟って、貧乏くじ……。
(尤も、借金=滞在料の支払い不能とみなされてアルテミス退去の可能性が大きいので仕事をえり好みできる立場でもないのだが……)
でもって、誰が敵で誰が味方か分からない(グリムと一行との間もすれ違いと思い違いの果て(*2)っぽいんだがなぁ)ランブルタウンで何がどうなるのか?
*2 セトはヤガに「誰が敵で誰が味方で何に向かって力を振るうかよく考えろ」と助言したが、セトのスイッチが入ったもんだから……

・"新幹線変形ロボシンカリオン"#50「共闘!!ブラックシンカリオンVSトラメ」
ハヤトの"クリスマス・エクスプレス"CMの(前話と続けての)二度打ちに意味があった、どころか話のキモだった回。
(ハヤトとアズサのCMの解釈が「覚悟」を引き出した)
それぞれが「覚悟」したこと。
(フタバは超進化研究所こそが「新しい世界」とし、セイリュウは人間と滅び行く者の間をつなぐことを「新しい世界」への「覚悟」とした)
で「覚悟」のなかったトラメの退場は当然の理で。

・"あかねさす少女"#12「いつか、黄昏の降る空の下-After the twilight falls-」
十字「架」が「架」け橋になった日。
或いは「終わらない昨日の終わり」と言うべきか。

・"DOUBLE DECKER!ダグ&キリル"#11「SEVEN-Oは二度死ぬ!」
ダグの軍部の対エスペランサ作戦への「違和感」の正体。
長官の真の狙いはいずこに?

・"SSSS.GRIDMAN"#11「決・戦」
アカネの崩壊、アレクシスの「最後の怪獣」。
裕太=グリッドマンはこの状況を、六花はアカネの心を救えるのか?

・"Thunderbolt Fantasy東離劍遊紀2"#12「追命靈狐」
ショウフカン、ショウキョウケンに「器の違い」を見せつける。
一方で「万事休す」に陥ったのはナナサツテンリョウ。
(ショウフカンが勝ってもロウシンカイが勝っても先がない)
ナナサツテンリョウが「ロウシンカイと無理心中」から逃れるための「ショウフカンはお前(ロウシンカイ)より強い」と煽った一言が最後の戦いを呼ぶことは必定で……。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

令和最初の十五夜を撮る。

2019年05月22日 17時50分39秒 | 日記(アニメ感想含み)
五月十九日が旧暦の四月十五日なので思わず月を撮りに外出。

でもって、
月齢14.17なので正確には満月ではないのはここだけの話。

・"ゾイドワイルド"#24「ノリとゼニーの男 再び!」
全てはデスメタルの手のひらの上。
果してギョーザは、アラシ達はデスメタルのマッチポンプ(と言うか、ギョーザを煽って義賊に仕立て上げ、悪徳金持ちにギョーザを賞金首に指名させる)を壊せるのか?

・"ラディアン"#10「思い出の箒」
主催者が試合操作を目的として試合に介入するのもどうかと……。
セトとアルマの間には確かなものがあるもので。
(セトの「かっこいい魔法使い」像のモチーフがアルマという当たり)
でもって、
金銭欲に淡泊なところがあるのもアルマ譲りかもしれないけど、きちんとゴールくらいはしましょうよ、セト……。
(セトに賭けた分が返ってこなかったはドクの自業自得だからまだしも、
参加料=ドクの借金と言うことを考えると、賞金がもらえない=借金の返済ができない試合放棄をやる
のはどうかと……)

・"SSSS.GRIDMAN"#10「崩・壊」
アカネの「夢の終り」が近づいていることは確かなんだろうけど……。
この〆からどうやって終幕に持っていくの!?

・"あかねさす少女"#11「優等生-You-」
誰も彼もが心の奥底から叫び、選び、獲得した。
そして明日架の最後の選択がどういう物語の幕を引くか?
「ありふれた物語に収束されるのです(Byキッタ先生型クラッター)」
のを嫌うあまりに
「なんじゃそりゃ?」
なオチにならないことを祈るのみだが……。

・"新幹線変形ロボシンカリオン"#49「疾風!!E3つばさアイアンウイング」
ホント、
どいつもこいつも素直じゃないんだから……。
一方でトラメとの激突も近く。
あ、そうそう。
素直に
シノブの笑顔で幕、で
大変良く納まりました。

・"RErideD-刻越えのデリダ-"#10「手放したもの」
悩める弟子を導くのも師の努めであって。
デリダはマージュに会えるのか?
え、アンドレイが退場?
最早作品でアンドレイの立場がなくなって出番は終わったからね……。

・"Thunderbolt Fantasy東離劍遊紀2"#11「悪の矜持」
そりゃ、居直る以外にどんな手があったと?>ショウキョウケン、リンセツアに完全に嵌められ「それで次は如何なる策を打ってこの窮地を脱すると?」と問われて居直ったこと。
(それをやられてリンセツアはキレた。尤もリンセツアはショウキョウケンの行く先を読んでいたが)
で、ロウシンカイ、ロウフヨウを「眼に頼る者は眼に囚われ、耳に頼る者は耳に囚われる」とばかりに罠に嵌めたは良いものの、ショウキョウケンが居直ったことに対しての八つ当たりでリンセツアに介入されて仕留め損じることに……。
ナナサツテンリョウの助言(ロウシンカイが自棄を起こしかけたときに自身の魔力でミヨクをゆっくりと消耗させるように助言した)で自滅は免れたから、ロウシンカイが遠からず戻ってくることは確かで。
それにしても、
ケンサンウン、ショウフカンを得心させる侠を見せる、のは良いけども
そのショウフカンに勝算ありや?
(一週間以上は保たない、とケンサンウン自身言っているだけに)

・"仮面ライダージオウ"#15「バック・トゥ2068」
ええと、
善悪逆転(違(*1))?
ソウゴが見た夢の話と「ベルトを棄てろ。そうすればお前は魔王にならずに済む」に始まり、
ソウゴが見た夢の話と「ベルトを棄てろ。そうすればお前は魔王にならずに済む」に終わる。
いまいち行動が読みづらい士にウォズ、オーマの日(オーマジオウによる過去への介入)を恐れるタイムジャッカー。
それでソウゴはベルトを棄てるのか?
それ以前に、
夢の中で「さすれば王となれ」と助言した人物の正体は?
*1 実際の所オーマジオウは結果として社会の崩壊とそれに伴う世界の人口の半減というどう見ても「最高最善」と自賛しようがない状況を招いてしまったしね。
(オーマジオウの介入がなければもっと悲惨なことになっていたと言うのでなければ、だが)

・"ルパン三世(Part2)"#104「もっとも危険な黄金ベッド」
次元と五右衛門が最終的に一枚上手だった回。
教訓。
砲台の下に司令部を置いてはいけない。
(実際にそれがモーガンの命取りになった)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Blogで書けない一言日記、更新いたしました(令和元年5月17日)

2019年05月17日 13時33分11秒 | 日記(アニメ感想含み)
"アベンジャーズ:エンドゲーム"の感想に加筆修正と、"名探偵ピカチュウ"の感想です。

・"宇宙戦艦ティラミスII(ツヴァイ)"#11「DURANDAL RISER/PLUG-IN KERUKEION II」
「DURANDAL RISER」

合体複座機の受難、連邦(デュランダル)編。
どう考えても設計ミスの機体を試験配備してはいけないと言うこと。
ロメオ、お前のせいじゃない……。
(設計ミスもさることながら、スバルがロメオに合わせるつもりが全然ないのはちょっと……)

「PLUG-IN KERUKEION II」
合体複座機の受難、メトゥス(ケリュケイオンII)編。
イスズ、
全部あんたのせいだ。
(設計ミスと言えば設計ミスだけど、流石に隊長がそれでは、なぁ)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

・Blogで書けない一言日記、更新いたしました(令和元年5月10日)

2019年05月10日 23時12分21秒 | 日記(アニメ感想含み)
"アベンジャーズ:エンドゲーム"の感想です。
ネタに構えるにしても、ネタバレが絡んでくるから、Blogに上げられないんだよなぁ。

・"ソラとウミのアイダ"#10「キオクとキロク」
取りつくろわざるを得ないことになっていたのは回り回ってああ(今回の〆)なるのを防ぐためでもあって……。
春が「守護神様達」から得たことはみんなに伝わるのか?
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今回は感想のみ(令和元年5月8日)

2019年05月08日 20時31分33秒 | 日記(アニメ感想含み)
・"ソラとウミのアイダ"#9「浴衣でラクしい夏休み!」
お盆回。
……では納まらず、いろいろな因縁の交錯する幕引きに……。

・"RErideD-刻越えのデリダ-"#9「強い絆」
ヴィドーの「復讐に手を貸すつもりはない」ポリシーの由来。
デリダのタイムライドへの不安とその副作用とも言うべき自己不信もさることながら、事態はどんどん悪化する一方で……。

・"ゾイドワイルド"#23「慟哭 雨に濡れた竜爪」
アラシとドレイクの対決は不本意な引き分けになるのが常で……。
(もう一つ言うなら、ドレイクは味方の不始末の尻ぬぐいが最優先事項だったと言うのもある)
でもってドレイクもアラシと同じもの(「俺を殺して止めてくれ!」と言うレインの叫びを聴いていたんじゃないかと推測した)を持っているのかという推測で幕。
……なのだが、
一体何をやらかした!?>ギョーザ、今話の〆。

・"ラディアン"#9「異端を狩る者たち」
まぁ以前にグドー副長に言ったように「四六時中気を張っていたらイザって時に持たない(Byドラグノフ)」のと、普段昼行灯を装っておくといざって段で相手の不意を突けるからね。(実際エドモンド隊長が起こした普通の人間を魔法使いに仕立て上げた冤罪事件を告発するのに不意打ちを使った)
ドラグノフ隊長の職権と職責観(異端尋問官とは非力な一般人のために全力を尽くすのが職務であると言うこと)。
後はヤガの言ったように「人には色々ある。職業(帰属)で人を思い込むと痛い目を見る」と言うこと。
(実際点数を稼げりゃ冤罪事件起こしても後しらね、のエドモント隊長やドラグノフの憶測の範疇だがランブルタウン担当官もいれば、ね)
更に風雲急を告げるランブルタウン、で幕。

・"新幹線変形ロボシンカリオン"#48「師走!!超進化研究所大忘年会」
トラメも奸策ではソウギョクに負けていないようで。
(セイリュウの性格を読み切り、寝返りと印象づけるように仕向けた。スザクもああなることは予想、或いは覚悟していたはず)
でもって、忘年会の件、双葉さんは全てお見通し、って事で。
(ホンジョウが去年の失態とそこからの反省点を運転士達&シャショットを経由して伝えたこと。前回以前の幹事担当者は"直接"そのことを伝えることができない決まりになっているため)
で、アバンで鬼気迫る出水指令長で今話の開幕だけど、
そりゃ去年にホンジョウがやらかした失態を思い出したら、ああもなるよね……。

・"SSSS.GRIDMAN"#9「夢・想」
裕太と内海と六花の「夢の終り」
一方で、アカネとアンチの「夢の終り」は来るのか?
(アンチはともかくアカネの「夢の終り」がなければ事態は迷宮入りだが)

・"DOUBLE DECKER!ダグ&キリル"#10「はずれ刑事 純情派!」
キリル、意外な冴えを見せる。
(偶然遺伝子工学で奨学金を得たことと、ダグからの受け売りとは言え職務上の知識としてのアンセムについて調べていたこと)
でもって、いくら「医学のため」とは言え「医者の倫理、或いは人間の倫理」を踏み外して良い道理はないのであって。
あとは、クーパー長官が本格的にキリルに接触してきたこと、かなぁ。
(どう考えてもまともに納まりそうにないが)

・"Thunderbolt Fantasy東離劍遊紀2"#10「魔剣/聖剣」
皮肉で帰ってきたのはショウフカンも同様で。>カツエイラクの退場絡みで。
(ただし、あの時点でテイクウがああなることをショウフカンが見越せ、と言うのも無理な話だが)
でもってロウフヨウ、あえてショウフカンのために「非情の鬼」と化す。
後は「道具」に頼りきる者は「人間」に敗れる、と言うことかなぁ。
(ショウキョウケンはリンセツアに完全に嵌められ、仙鎮城ではハクユウコウ配下のゴインシが切り札のキュウコウケンをロウシンカイにへし折られた)
ショウキョウケンは万事休すとして、ロウシンカイとナナサツテンリョウの問題はホントにどうすんの、これ?

・"仮面ライダージオウ"#14「GO!GO!ゴースト2015」
やっぱり面倒くさいなぁ>士
(それよりディケイドウォッチを与えた上で仮面ライダーを認識できていることの方が問題なんじゃ)
ソウゴ達は時間戦でタイムジャッカー達を出し抜き、ウォズはソウゴと距離を置き始め、更に士がソウゴに挑戦状をたたきつける振る舞いをして……。
面倒くさい士と、両勢力と士から距離を置いて構えるウォズが事態をどうかき回すか?
(士がソウゴ=ジオウを敵と認識しているのは確かで)

・"あかねさす少女"#10「うそつきの宴-Liars' party-」
このままでは納まらなかったのは現実世界の明日架と優とみんなの間も同様で。
(明日架の「自分を守るための嘘」を「他人を守るための優しい嘘」とごまかしていたことを優に悟られた)
更に厄介なことに黄昏が現実世界にも本気で侵攻してきた上に"黄昏の使者"が"黄昏の世界"の明日架で会ったことも判明して……。

・"うちのメイドがウザすぎる!"#10「うちのメイドとヤスヒロと」
ヤスヒロ回。
ヤスヒロとミーシャの距離が近くなって何より。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

やっちまったなぁ……。

2019年05月03日 17時48分33秒 | 日記(アニメ感想含み)
前回の続きめいた話。
TOKYO-MXで"X-MEN2"が放送されていたのだが、
録画したと思い込んでいたら、録画し忘れた……。

・"新幹線変形ロボシンカリオン"#47「適合!!E5×ドクターイエロー」
ハヤトとセイリュウの激突の果て。
ゲンブの顛末を知ったセイリュウの次の動きと、ソウギョクとイザの同床異夢がどう転がるか?

・"あかねさす少女"#9「そこに在る黄昏-Facing TWILIGHT-」
一つの世界の終わり。
どう考えても事態はこのまま収まりそうもなく……。

・"うちのメイドがウザすぎる!"#9「うちのメイドとあの日の出会い」
「Aパート」

ミーシャの一言に始まり、ミーシャの一言に終る。
でもって、つばめが要所要所にいてミーシャを反発させて動かしたのと、最後の局面でああ動かなかったら、事態が収拾しなかったのも確かで。
(あそこでつばめが意識してか意識せずかゆいなに「知らない人に連れて行かれるとはどういうことか」を教え諭す行動を取らなかったら、事態が収拾しない)

「Bパート」
今回もつばめが大人の立ち回りを見せた回。
まぁ、つばめの「ミーシャとの間合いの取り方」もミーシャの「つばめとのつきあい方」だんだん分かってきてるようで。

・"仮面ライダージオウ"#13「ゴーストハンター2018」
ディケイドの介入が面倒くさく、アナザーゴーストがエグくて難しい状況。
(更にウォズがソウゴに対して協力しないと決め込んだ)
その上に、ソウゴが生き霊化して、この先どーなんの!?

・"DOUBLE DECKER!ダグ&キリル"#9「ドントスィンクフィールソーグッド!」
因縁の敵ザベル再び。
でもって、キリルの「謎(祖父から教わった『おまじない』の全文をクーパー長官が知っていた)」も出てきたようで。

・"ルパン三世(Part2)"#102「ルパンはシャネルがお好き」
いかにも「掛かる資産税が冗談じゃないですよ」な代物だしなぁ>ヴィルヘルム家の黄金銃。ブリリアが見つかり次第大英博物館に寄贈するとした理由。
ルパンと"ベンケイ"の知恵比べ。
でもって、「盗人には盗人の仁義がある(By次元)」もので。>大詰めでルパンが不二子に言った台詞。黄金銃がブリリアの手を離れて大英博物館に移ったところで改めて勝負すると宣言したこと。
でもって、
ブリリアもけっこう、頭に血が上っていたのね。>ルパンへの挑戦の最中に割って入った銭形の装備一式を盗む格好になった際に、それらをゴミに出したこと。まぁ、ルパンに勝ったと思ったタイミングで磁力光線の射線に割って入られてはねぇ。

・"ルパン三世(Part2)"#103「狼は天使を見た」
五右衛門譚。
前回の台詞「盗人には盗人の仁義がある(By次元)」が今回にも適用された回。
(ラストでルパン達がハリーとの対決に勝って最終的に自身のものにした宝石をハリーの娘の手術費用として換金した)

・"宇宙戦艦ティラミスII(ツヴァイ)"#10「ON THE SIDE OF THE STONE MONUMENT/DICTATOR CADILLAC」
「ON THE SIDE OF THE STONE MONUMENT」

どいつもこいつも浅知恵だなぁ。>回転寿司店にて。
ただ、何よりも浅知恵なのはイスズだったりして。>碑文を解読してその知識を元に革命を起こそうと考えていたこと。すでにキャデラック総帥が碑文を解読してその知識を元に革命を起こそうと考えていた。

「DICTATOR CADILLAC」
で、そのキャデラック総帥が色々と残念だった件。
(家庭的にズタボロ、事に夫婦間が冷え切っている所に私生活がどうにも……)
え、
この作品、残念な登場人物しかいない!?
確かに……。

・"Thunderbolt Fantasy東離劍遊紀2"#9「強者の道」
ショウキョウケンがリンセツアを御せる、と踏んだのは「蛇の道は蛇」或いは「同族意識」だったからなのね。
(ただの「職務の殺人鬼」じゃなかったと言うこと)
カツエイラク、皮肉な退場。
やっぱり、
刺客は明日に夢を持っちゃいけなかったんだね。
(『"鬼平"#3「暗剣白梅香」』じゃないんだから)
テイクウ、「碌でもない『意味(と言うか答え)』」を見いだす。
でもって、
還俗した勢いで女体化するわけじゃないんだね。
(それはロー・チェンファ(*1))
所でこのシリーズ、どう収束するの?
(大団円なんだろうけど、そこへの道筋が全然見えないぞ)
*1 "ケイオス・ドラゴン"ですな(この作品にも魔剣ナナサツテンリョウとその使い手が登場する)。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする