Blog版一言日記

私、雑音領(ざつね・りょう)の一言日記です。

色々と参った……。

2021年03月29日 22時32分00秒 | 日記(アニメ感想含み)
先週の土曜日に、携帯を水没させてしまう。
で、それに気がついたのが土曜日の夜だったので日曜日の仕事後にドコモショップで補償サービスを利用することになって、
店員:「データ復元サービスは利用しますか?」
私:「いや、SD(マイクロSDカード)にバックアップしているので使わないで大丈夫です」
と断りを入れて、
月曜日の夜に補償サービスの交換機が届いたのだが、
マイクロSDカードには肝心の「電話帳のデータ」が入ってなかった……。
(自動的にマイクロSDカードに電話帳のデータが入るとばかり思い込んでいたので……)
明日(3月30日の火曜日)の仕事休みにドコモショップに行ってデータ復元を頼んでみるつもりだけど、
溺水からサルベージって昔一回失敗したことがあったんだよなぁ……。
(加えて今回は一度溺水状態のまま通電してしまっている=電源が入ってしまっているし)


・"トミカ絆合体 アースグランナー"#27「圧倒!アースグランナーティラノトプス!」
グランナーGとアースグランナーティラノトプスの
「満たされなかった者達が満たされる場を与えられて大暴れ」
回。
でもって、
子どもにゃ分からぬ大人の世界ではあるけどさぁ……。>エピローグでの打ち上げの風景。勝手に盛り上がる大人たちを余所に、リンはひたすらあきれ果てていた。

・"A.I.C.O. Incarnation"#12「再生」
雄哉=由良と伊佐津の「作った命との向き合い方」で明暗分かれる。
後は、サホ看護師が「静かに壊れていた」訳ではなくて、あくまでも「担当(専任?)看護師としての柚葉の回復」を願っていたこと、なんだよね。
(伊佐津が柚葉の回復と言う大目的を放棄している、どころじゃ済まないまねをやらかしたのを見て、黒瀬の案に乗った。このことが結果として柚葉を救った)
この事件に関わった人たちの「再生」の物語。
そして、また新しい日常の始まり。

・"ファインド・ミー パリでタイムトラベル"#24「近づくさよならの時」
レナも覚悟を決めた、と言うほど肝が据わっているわけではないのですな。
(むしろ「自分が過去に戻るまでにすべてを出し切らなきゃ」と言う焦りに支配されている)
一方で、ヘンリーは覚悟を決める。
現在のマックスとダッシュ(レナとティアの確執と対になっている)の確執とか、タイムトラベル局(ビクトールとアレクサンドラ曰く「タイムトラベル局は解散したはずだぞ」)のエージェント再びとか、こんなんでまともに収まるのか?

・"ひぐらしのなく頃に 業(2020年版)"#2「鬼騙し編 其の弐」
いくらタイムトラベラーの掟で、打てる手が限られているとは言え、
すっかり「永遠に繰り返される昭和58年」を楽しんでんじゃねーか!?>梨花
こんなんで惨劇を防げるのか?
(どう考えても無理)

・"未来少年コナン"#22「救出」
レプカ、逆転される。
(元々レプカのやり方を認めていない委員会にインダストリアを管理させざるを得ず、そこをコナンたちに突かれた)
果たしてラナの救出は間に合うのか?

・"ゾイドワイルドZERO"#49「ネオヘリック最期の日!」
親子の再会と別れ。
でもって、あれ(移民船ネオヘリック号の融合炉暴走に巻き込んで相打ちを狙う)で倒れないゼログライジスをどうやって倒すのか?

コメント   この記事についてブログを書く
« blogで書けない一言日記、更... | トップ | blogで書けない一言日記、更... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記(アニメ感想含み)」カテゴリの最新記事