子どもは宝者・将来を担う全ての子どもたちは人類の宝。

NZに和風感覚のマイホームを!
ryohei@iwasaki617.net

すばらしかった!ベルリンフィルのソロイスツ!

2013-05-29 08:37:58 | Weblog
ストラディバリウス・サミットコンサートに行ってきました。


ベルリンフィルのソロイスツ 13人が織りなす音色にうっとりです!
特にチェロとコントラバスの低音の響きがすばらしいでした。
前半40分、20分の休憩を挟んで後半40分
アンコールが数曲ありました。
曲名を知ってるものは、ビバルディーの四季と数曲でした。

フェスティバルホールもすばらしい建築でした。
 

最上階の3階からステージを望んだ画像と1階ホールです。
残念なことは、エントランス部分のエスカレーターですが、
頭のクリアランスが少なく、身長の高い人なら危ないでしょう!
それにしてもすばらしかった!
コメント

これはほとんど冗談の親子丼!

2013-05-22 08:33:48 | Weblog
先日、西宮の甲子園浜に行ったときのこと
昼ごはんをどこで食べようかと捜していたところ
地元の食堂にふらっと入りました。
私のランチの定番、親子丼をたのみましたら、
しばらくして、こんなものが運ばれてきました!!







何とこれが普通盛り!
食べても食べてもごはん、上に乗っている具を落とさないように
丁寧にほっていきます。
まるでカキ氷を食べてるよう!
ごはんは二合はあるでしょうか・・・

壁には、完食!と書いた色紙が沢山貼ってあります。
ほとんどが高校生の運動部員です。
そりゃそうです。
私はレジでおばちゃんに、すみません食べきりませんと
申し訳なさそうに言いましたが、
返事はいたって普通、反応なしでした。
あんまりの驚きで食べてすぐFacebookにアップしてしまいました!

コメント

キースヘーリングとワイルドチェリーと何のヘンテツもないティッシュの箱と・・・・

2013-05-15 20:41:46 | Weblog


真ん中のボトルは、シングルモルトの
ウイスキー!
ボトルの形が変わるとまた新鮮です。
最初見た時は、オリーブオイルって思いました。

その横には大好きなウエッジウッドのカップ+ソーサー
今ではもうクラッシックな感じのワイルドチェリー
手前には、かじりかけのチョコ
そして右奥にはこれまたとんでもなく大好きな
キースヘーリングのマグカップ!

昔、有楽町の東京フォーラムで見つけたのですが
見つけた時は鳥肌が・・・
彼は、80年代のNYの落書きアーティストとして
一世を風靡し、ソーホーのトニーシャフラーゼ
という画廊の専属でした。
そしてなんと83年にその画廊の前で彼に偶然会ったのです!!
例にもれずツーショット!!彼デザインのボタンももらいました。
夢心地ー!!!

左奥には、なぜかありきたりのスコッティーティッシュの箱が・・・
今回はとりとめのないテーブルの上の静物でした。

コメント

私のこけら落としは、ベルリンフィル・ストラディバリウス・サミットコンサート!

2013-05-12 08:38:52 | Weblog


今年の2月に中ノ島のフェスティバルホールが竣工して
順次オープニングのコンサートが開かれています。
4月10日のこけら落としでは、「フェニーチェ歌劇場」。
コンサートでは、さだまさしだったそう。
彼は、山下達郎と共に旧フェスティバルホールの大ファンと聞いています。
(ちなみに私は四ツ橋の厚生年金会館が好きですが・・)

旧ホールは、1958年竣工でしたから50年以上の月日が経ち
老朽化のために2008年の50周年を期に建て替えられました。
嬉しいことには、土佐堀川に面する外壁に
信楽焼きの大レリーフが残されたことです。

確か70年代のディープパープルのライブの名盤「メイドインジャパン」の録音は
当時素晴らしい音で、期待していなかったメンバーが絶賛しました。
私もキッスの初来日公演のチケットを手に入れるために
朝の6時からウドー事務所の前に並んだことを思い出しました。
消防法のからみからジーンシモンズはステージで火を噴かないだろうと
噂されていましたが、何のことはない
きっちり口から火を噴くわ、血を流すわ・・・

そして、わたしにとってのこけら落としは
5月28日のベルリンフィル・ストラディバリウス・サミットコンサート!
今から楽しみです!

コメント

グランドモスク・アブダビ もう言葉を失います!

2013-05-01 09:06:49 | Weblog


世界で最も美しいと言われているモスクです。
シェイク・ザイード・ビン・スルタン・アル・ナフィアン・グランドモスク
何と長い名前でしょう!

中に入ったらもううっとり!言葉では表現できません。
女性は全員真っ黒なアバヤとスカーフをまといました。
観光客といえども肌を出すことは許されません。

大理石はイタリアから、5700m2のペルシャ絨毯、9.3トンのシャンデリア・・・

          
     

  
  
  

スライドショーにもしたので、下記をクリックしてください

グランドモスク・アブダビ


コメント