子どもは宝者・将来を担う全ての子どもたちは人類の宝。

NZに和風感覚のマイホームを!
ryohei@iwasaki617.net

MTBはやっぱり森の中を走るに限ります!

2013-01-28 19:40:50 | Weblog


この休日には、友達に誘われてマウンテンバイクを乗りに行きました。
Wood Hill Forestの中にある森林コースですが
まー広いこと・・・
家から車で約30分でした



ほとんどが松で、木立の間のせまいところをすり抜けますが
木の根があらわになっているので、それに乗り上げると
滑って転倒してしまいます。
ヘルメットは必須です。

 

ここがコースの中継地点ですが、約1時間かかります。
私は自分の自転車を持ち込まず、レンタルをしたのですが、
ディスクブレーキには慣れていませんので、前輪を強く制動すると
後輪が浮いてしまいます。
そして少しサイズが小さすぎましたので乗りにくいでした。

アップダウンの多いコースでしたので、かなり走り応えがあります。
短いコースにはスポンサーの名前まで付いています。
ブッチャーロードは肉屋さん!



スタート小屋に帰ったのはちょうど2時間後でした。
すべてのコースを回るには、3時間~3時間30分かかるそうです。

料金は、2時間レンタルして、42,5NZドル、MTBを持ち込めば、入場料は
1日たったの7NZドルです。
次回は、ぜひ自分のMTBを持ち込みたいと思います。
コメント

MT.Eadenからのパノラマビューはすばらしい!そしてカフェの女性スタッフも・・・

2013-01-23 12:18:33 | Weblog


先週の日曜日は、マウントイーデンへ登りました。
ふもとに自転車を留めて、ほんの30分程歩けば頂上です。

 

恐らく、オークランドシティでは一番高い山でしょう!
360度のパノラマビューです。
市内には昔噴火した死火山が数多くあります。
オークランド自体火山の上に建設された街なのです。
火口のバックには、そのオークランドシティーが見えています。



マウントイーデンのふもとには、古い街並みが残っています。
そこにお気に入りのカフェをみつけました。
スタッフの女性にかっこいい人が・・・
今度もし一緒に写真が撮れたらまたここで紹介したいと思います。





コメント

マオリ族の聖地 One Tree hill は、今では緑いっぱいの公園です!

2013-01-15 18:12:40 | Weblog


今回初めてオークランドセントラルにある
One Tree Hillに登りました。



標高200m足らずの頂上には、オベリスク(尖塔)がそびえ立っていますが
元々はその名のごとく1本の大木が立っていました。

 

オベリスクの4面には、銘板が刻まれていて
それによると、サージョン・ローガン・キャンベルが
偉大なマオリ族の功績を永遠に、そして目に見える形にするために
このオベリスクを建てたとあります。

 

頂上のすぐ横には、火口跡が残っていますし、オークランドシティーの360度パノラマが楽しめます。



もちろん山麓には多くの羊がゆったりと草を食べています。


コメント

ウオーターフロントカフェのカプチーノ

2013-01-11 05:44:09 | Weblog


先週の週末には、いつものウオーターフロントという名のカフェへ行きましたが
オンシーズンの為かいつも座るウオーターサイドは満員!
今は特にヨーロッパからの観光客が多いです。
後ろに見えるのが、ホテルヒルトンで、岸壁に停泊中の
豪華客船のイメージで人気があります。



カプチーノかビールか迷いましが、今日はカプチーノ!
いつもは6ドルしたはずですが、今日はたったの4ドル!



湾内の遊覧船や1日周遊クルーズ、など船のアクティビティ
も多く、過去にアメリカスカップに出場したヨットの
セーリングが40ドルで体験できます。



これはシティーの中心部にあるアトラクションで逆バンジーです。
バンジージャンプの逆さまで、パチンコのように
人間を空に向かってはじきます。
これが始まると、絶叫がビルの谷間に響き渡ります。

コメント

夏の昼下がりはオープンカフェでランチなどいかがでしょう!

2013-01-09 18:21:33 | Weblog


今年に入ってからというものの
ここオークランドは暑い日が続いています。
といっても暑がりの私だけかもしれませんが・・・

街路に面したところでは、ジャカランダの薄紫の花が
あちこちで美しく咲いています。

 

この通りはパーネルロードで、オープンカフェやレストランがじゅず繋ぎ
のごとく連なっています。
シティー中心部からでも30分足らずで歩いて行ける
私のお気に入りの界隈です。
すぐ近くには博物館もあります。

カフェでもレストランでもこちらでは、日本とは違い、
まず外の席から埋まっていきます。
太陽が好きなのでしょうが、紫外線には要注意です。

ランチでしたら10ドルから20ドルが相場で、
そんなにボリュームのないワンプレートが多いでしょうか?
ワインなどを飲みながらゆっくりとおしゃべりしながら楽しみます。
コメント

南半球のお元旦はやっぱり暑い夏でした、汗をかくとは不思議です・・・

2013-01-01 18:27:16 | Weblog


あけましておめでとうございます。
予定より早くNZへ戻ってきまして
新年を迎えています。

ご存知のとおり、南半球は夏真っ只中でして
暑い元旦はピンときません!
真っ青な空に太陽が輝いています、もっとも
年末は雨が多いでしたが・・・

 

元旦の夕食に一人で久しぶりにマックを食べました。
20時でしたが、まだ太陽は沈みません、ランチを食べてるようです。
だいたい夏は、21時ごろ日は沈みます。

日本には無いキーウイーバーガーのコンボを食べましたが、なかなかいけます。
メニューは日本とよく似ていますので、値段を比べて見てください、
現在1ドル約70円ぐらいと思います。comboはポテト、ドリンクのセットです。

元旦は日本人経営の一部の店は休みますが、ほとんどは
通常経営です。もちろん、除夜の鐘も初詣もありません。
ごく普通の1月1日火曜日です。
しかし、大晦日の晩は近所で花火は上がるわ、大音響の音楽が
朝まで聞こえるわで、かなり騒動しかったです・・・

コメント