子どもは宝者・将来を担う全ての子どもたちは人類の宝。

NZに和風感覚のマイホームを!
ryohei@iwasaki617.net

ドバイ日記 07 中東で忘れてはいけないのはモスクとイスラム教です。

2012-05-31 12:16:12 | Weblog


前回の続きのエミレーツタワーです。どこから見ても美しい建築物ですが
まじかで見ると、ディテールの美しさも良くわかります。

   

ドバイと言えば、超高層ばかりが目立ちますが
イスラムの国ですから、いたる所に「モスク」があります。

モスクの中へは原則、信者以外は立ち入ることができませんが
中には、観光客向けに開放しているモスクもあります。
しかし人数や入館時間はきびしく規制されています。



モスクの外壁に上図のような掘り込みがデザインされています。
円形の中央にブルーでかたどった文字がありますが、
古いアラビア文字で、現在読むことのできるのは
アラビア人でもごく少数とのこと。

イスラムの信者は信仰心が厚く、決まった時間になれば
いつでもどこでもメッカに向かってひざまづくと聞いていましたが
実際ドバイ、アブダビではそのような光景は目にしませんでした。

中東の国の中でも、アラブ首長国連邦は比較的、戒律は厳しくないようです。
それに比べ隣国のサウジアラビアはかなり厳しいと聞きました。

コメント

Dubai Diary 06 Dubai Finacial Center/The Ritz Carlton/Emirates Tower・・・

2012-05-25 11:46:17 | Weblog


こちらもホテル近くに建つドバイ・フィナンシャル・センターです。



前面道路を走る車と比較するとその大きさがわかるでしょう!
高さこそありませんが、とても重量感があります。



地域の中の道路はご覧のとおり工事中が多く、埃が舞い砂っぽいです。



高層ビル内のコンビニですが、ジュースの種類の多いこと・・・
上から2段目のマンゴーJのおいしいこと・・・



これが今回宿泊したリッツカールトン・DIFCホテルです。
(DIFCはドバイ・インターナショナル・フィナンシャル・センター)
去年オープンしたばかりのホテルで、海岸沿いに続いて2棟目です。
リーズナブルなツアーなのに今まで参加した中で一番の豪華版でした。
室内はまたご紹介します。



手前のパーキングビルの後ろにそびえるツインタワーがエミレーツタワー!
冒頭のフィナンシャルセンターと向かい合って建っています。
非常にデザインの美しい建築物で、高さは354Mでホテル棟とオフィス棟に別れています。
コメント

そのものずばり「金環食」!

2012-05-21 11:23:02 | Weblog


久しぶりの皆既日食!
薄い雲がかかっていたおかげで、肉眼でもカメラでもよく見えました。
あたりが薄暗くなっていく様子も神秘的です。



ほんの数秒で金環の左下が切れました。
やはり宇宙は動いていることを実感する一瞬でした。
コメント

平安時代へタイムスリップしたかのような優雅な’葵祭り’の行列です。

2012-05-20 13:39:42 | Weblog


5月16日に雨で順延になった葵祭りを見に行きました。
私も初めて目の前で見ますし、たまたま帰国中の息子にもぜひ見せたかったのです。


葵祭は京都三大祭のひとつで、わが国の祭のうち最も優雅で古趣に富んだ祭ということです。
平安朝の優雅な古典行列は平安貴族そのままの姿で車を遮断された道路を練り歩きます。
午前に京都御所を出発し、総勢500名以上の風雅な行列が下鴨神社を経て、15:30頃上賀茂神社に着きました。

 

絶好の爽やかな天候の中、平安の色美しい着物姿の女性が次から次へと現れました。
並木のケヤキの新緑もまばゆいばかりです。



こどもたちは時々水でのどを潤していました。それほど良い天気でした。
まじかで馬の顔を見ると、何とまぶたも可愛らしいまつげもあることを知りました。
とても優しい表情です。



祇園祭りの山鉾巡行と違い、目の前で行列を見る事ができるので興奮します。
彼女たちは約4時間、この衣装を纏って歩くのですから、きっと汗だくでしょう!
コメント

ドバイ日記 05 再びカメラのフレームからはみ出す個性的な建築物群!

2012-05-16 00:33:17 | Weblog


またまた天に突き刺さるような摩天楼!
これらも828Mのブルジュハリファの近くに建っています。

 

メイン道路の両側に並んでいるのですが、道路自体はまだまだ工事中です。
街並みの景観を考えたデザインには程遠く、それぞれ思い思いに設計されています。
ほとんどがテナントビル、自社ビルとホテルです。

  

とにかく全ての建築物が、目立つことが最優先と言わざるを得ません!
でもいつもながら、上を向いてポカンと口を開けながら歩いていた私でした・・・
コメント

まだまだあるドバイの世界一 04

2012-05-09 15:18:04 | Weblog


これは水族館ではありません。
世界最大のショッピングモール”ドバイモール”の中の大水槽!
人と比べるとその大きさがわかります。
驚くことに1枚ガラスで貨物船から直接運び込んだそう。
勿論メイドインジャパン!

このモールの総床面積は、関空ターミナルビルのそれの約4倍、小売店舗1200店、スケートリンク
映画館もあるちょっとした街です。

 

5層建てですので、とっても全ては見ることができません、足がくたくたになります。



その中でひときわ怪しい場所がここです。
ここには金、ダイアモンドなどの貴金属を扱う店のエリアです。
足を踏み入れるにはちょっと勇気が必要です。

 

前回の続きですが、
これは、ドバイファウンテインと言って噴水の高さは、
最高150M(ビルの5階)の世界一の高さです。
私は昼間にしか見ていませんが、夜ライトアップされるととてもきれいでしょう!
300km上空からも確認されるので、宇宙からも見える噴水 という触れ込みだそうです。
コメント

ドバイ日記 03 -ブルジュ・ハリファの世界一もいずれ破られるでしょう!

2012-05-05 00:06:01 | Weblog


これが、あのブルジュ・ハリファ(旧名ブルジュ・ドバイ)、世界一の建築物で高さ828M
それまでは台北101(509m)でしたが、それをいっきに318M(東京タワーとほぼ同じ)更新しました。

地上160階で、ホテル(世界初のアルマーニホテル)、オフィス、高級マンションが入居しています。
エレベーターも世界最速で、やっぱりメイドインジャパン!
総工費は約1400億円で、ハリファを中核とする開発プロジェクトの総工費は2兆4000億と言われています。



手前の人まで入れようとすると、あまりの高さに全体がカメラフレームに入りません。
せっかく私が写っているのに・・・
全体がもやっているのは、前回話した砂嵐が原因です。

同じくドバイに建造が予定されているアル・ブルジュは、高さ1.4kmの予定ですが、
不況のあおりを受けて着工は未定とのこと。



手前に人口池がありますが、この中にも世界一が潜んでいます。
それは次回にー。
コメント