子どもは宝者・将来を担う全ての子どもたちは人類の宝。

NZに和風感覚のマイホームを!
ryohei@iwasaki617.net

やっぱりこどもたちは、日本よりもNZでのびのび育てるのが理想的だと思うのですが・・・・

2012-08-31 13:40:43 | Weblog


NZの学校は日本のそれとは随分違います。全校生徒は多くても
クラスの人数は日本と比べて少ないです。
そして多くの建物がこのプライマリースクールのように
木造平屋になります。
敷地が広いので階数も必要なく、芝生の遊び場も点在しています。
 プライマリースクール(5歳~12歳)
 セカンダリースクール(13歳~18歳)

 

教科書はなく、学校、先生の作ったプリントで授業を進めて、
この画像のように、ただたんに近所の散歩もありました。
学校のある場所によって移民の地域色が色濃くでるのも特徴的です。

ちなみに私の息子はセカンダリーの後半の2年半通いましたが
全校生徒約4000人の大きなカレッジで
キャンパスも大学並みでした。

 

上はノースにあるプライマリーですが、高台にあり海が望めます。
前面道路は広いですが、3時過ぎのお迎えになると、
路上待機の車で渋滞になります。



夏でしたらビーチでサーフィンやボートの授業がありますが
真冬に何をしているかと近づくと、なんと綱引き!
これも授業の一環でしょうか?
とにかくのんびりと、のびのびとこどもたちは育っています。



コメント

南半球は今、ラグビー三昧!!

2012-08-26 09:49:11 | Weblog
現在NZではラグビーシーズン真っ只中です、
先日3カ国(NZ,AUS,SA)の参加するスーパーラグビー15が終わり、NZのチーフスが
南アのシャークスを37-6で破り優勝しました。久しぶりの快挙です。

それが終わると、先週から4naitions(NZ,AUS,SA,ARG)マッチゲームが始まりました。
今年からアルゼンチンを加えて4ヶ国になり事実上の
南半球の王者を決めます。

 

18日のオールブラックス(NZ)とワラビーズ(AUS)の試合は
スカイシティーのカジノのバーで見ましたが、
アルコールも入って大歓声で盛り上がりました。結果ABsの楽勝!

 

25日は地元オークランドのイーデンパークで行なわれましたので、
ファンは昼からシティーに続々と集まり始めました。
私はこの日はフラットメイトのハーレーに誘われ
近くのバーで観戦しました。またまた22-0でワラビーズに快勝!

何と退役軍人の集まるバーです。さすがに画像にあるように
行儀よく座っての観戦です。第二次大戦では、日本が敵国だったので
始めちょっと緊張はしました・・・
NZには退役軍人用の公的施設やバーがよくあります。



厨房ではたった一人できりもりしていたので、可愛そうになって
励ましていましたが、5ドルのガーリックブレットバスケットは量も多くおいしいでした。

そして同時にITMカップのクラブチームレベルのゲームが夏近くまで行なわれます。
地元のチームですので、とても親近感があります。
以前住んでいたブラウンズベイでしたら、チーム ノースハーバーになりますが
この中にもオールブラックスのメンバー(ボリック)がいますので、層の厚さには驚きです!
コメント

Countdownは広くて、涼しくて、おいしいものがいっぱいありますが、歩きすぎて足が棒になります!

2012-08-24 16:33:18 | Weblog
家の近くにはスーパー、野菜・果物、デイリー、ピッツァ、スシ、カフェ、バーなど一応揃っています。
なかでもcountdownは大型スーパーでこの一店舗でほとんどが間に合います。

ビールやアルコール類は、この画像のように冷蔵室にケースごと冷やしていますので
とても重宝します。
室内に入るとたまに吐く息が白いのですが、真夏はよくここへ逃げ込みました。



あと最も種類が多いのがパンとミルクでしょう!

 

あらかじめ自分の好みを決めていればいいのですが、
そうでなければ迷って時間ばかりが経ちます。
ホワイトブレッド、胚芽ブレット、フルーツ入り、ベーグル、マフィン・・・
別コーナーには、焼きたてのクロワッサン、バターロール、バケット・・・
空腹時に行くと、ついつい買いすぎてしまいます。

ミルクも何がどう違うのか、パッケージを読むのもイヤになります。



日本と違って何がいいかと言いますと、この通路の広さ!!
車付きのかごもかなり大きいですが、すれ違うことには問題ありません。
ただ、時々こどもたちが走り回るので、困ってしまいます・・・


コメント

Grey Lynnも他の地域の例にもれず、緑いっぱいの美しいところ

2012-08-22 13:46:01 | Weblog
今度のフラットの場所は、GREY Lynnというところで、シティに近く
とても便利です。バスで15分、歩いても約40分です。
家の前からもスカイタワーが見えます。



今日は久しぶりの晴天で、日中はぐんぐん気温が上がり
まるで春のようです。道行く人々はまだコートを着ていますが・・・

  

日本でもおなじみの春の花が咲き出しました。
私の大好きなジャスミンも良い香りを放っています。



この並木はまだ若葉を付けませんが、それよりどうです、
この立派な枝ぶり!
日本ではすぐに剪定して丸坊主になるところですが・・・
夏の木陰が楽しみです。



近くには、Grey Lynn Park があり、これまたとんでもなく
大きい芝生の公園です。
とにかくNZでは木々の緑を大切にします。
というより、緑の中に暮らしていると言ってよいでしょう!
コメント

心地よいアパートメントを去るのは名残惜しいです・・・

2012-08-15 12:34:44 | Weblog


やっぱりNZにいたらこのマッスルを食べないと・・・
1kgあたり7ドルほどでスーパーで買うことができます。
この日は、フライパンでガーリックをオリーブオイルで炒めて
そのままマッスルを入れ蓋をして蒸し焼きにしました。

しばらくして本当なら白ワインを加えるのですが、赤で試してみました。
身が大きくて食べ応えがありましたが、白のほうがよさそうです。
食べる前に撮影すればよかったのですが・・・

そして昨日、このアパートメントからシティーへまた引越しをしました。
名残惜しいので室内写真を撮りましたので画像をアップします。

   

部屋は北向きだったので、1日中太陽光がさし込み心地良かったです。
ベッドはかなり柔らかくて、沈み込みましたが、ヒーター、ネット、アイロン、電話など
必要なものは全てそろっています。

キッチンも調理器具から皿、マグカップ等が備えてありますので、
何も持ち込む必要はありません。
おもしろいのは、さりげなく冷蔵庫の隣りに洗濯機が置いてあります。

 

外部にはこども用のトランポリンが5個もあります。
敷地も広々としこのまま住んでいたい気になります。
近くには、ブラウンズベイのビーチ、ショッピングセンター
レストラン、カフェも多くあり、バスもシティーまで4系統走っていますので
非常に便利です、ただちょっと時間がかかってしまいます。
ちなみに、フィーは1泊140ドルもしますが、2週間だと115ドル、
長期になればかなり安くなります。
コメント (2)

およそ100年ぶりにNZの世界遺産トンガリロで火山が噴火!!

2012-08-11 08:13:22 | Weblog


フラットを出て、アパートメントに移りました。
こちらは、キッチン、トイレ、Wベッド、家具一式が揃っていますので
スーツケース1つ持ち込んで生活できます。
長期で借りると、かなりお徳です。

 

この日は雨も上がり、青空が覗きました。
最低気温は5度ぐらいに下がりますが、日中は17度まで上がります。
雨もシャワーで、降ったかと思うと止んでまた降り出します。
しかし今回はまだ虹を一度も見ていません。



ここへ来るとやっぱりビーチです!
遠くにはランギトト島が見えますが、昔の海底火山の名残です。
そういえば、6日に北島の世界遺産のトンガリロで約100年ぶりに火山が噴火しました。

2つの新しい火口ができ、噴煙と火山灰を上げています。
幸い死傷者はありませんが、クライストチャーチの余震も含めて
ここNZでは地殻とマグマの活動が活発です。

友人によると、北半球は米国のイエローストーン、
南はNZのトンガリロが危険!!とのこと・・・
生きている地球を感じます。
コメント