ポン酒猫のジャズ屋A7

日々ジャズと酒に明け暮れるジャズ喫茶のマスターが書き綴る何の役にも立たない話

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

清水ミチコ / 歌のアルバム

2009-04-30 16:07:10 | 歌謡曲 / J-POP

現代における女性ヴォードビリアンとも云うべき才能溢れるタレント

清水ミチコの傑作アルバム。


1曲目の山口百恵をパロった「波の数だけさよならを」から

最後の綾戸智恵のパロディ「テネシー・ワルツ」まで

彼女の笑いにおける類まれなセンスを感じる事が出来る。


中でも彼女自身大ファンの矢野顕子マネの「相合傘」と

フランソワーズ・アルディの「さよならを教えて」を

フランス語から日本語の九九による歌詞に置き替えて

4x5=20(しごにじゅう)と歌い出す「イェル・ケ・クク」は

際立っている。


全13曲中9曲が彼女の作詞、作曲によるもの、と言っても

その内2曲は語りだけ。

また、彼女自身が弾くピアノも見事の一言です。



 清水ミチコ / 歌のアルバム

  ソニー・ミュージック MHCL-489


1,波の数だけさよならを (山口百恵)
2,この凄い血筋いっぱい (森山良子)
3,ボイス・アドベンチャー
4,リキュールの恋人 (松任谷由実)
5,野球中継
6,ワルのテーマ
7,相合傘 (矢野顕子)
8,イェル・ケ・クク (フランソワーズ・アルディ)
9,クッキング・バトル
10,アタシのブルース (桃井かおり)
11,不思議なリズム
12,歌姫メドレー
  ・Jupiter (平原綾香)
  ・もらい泣き (一青窈)
  ・月光 (鬼束ちひろ)
  ・ワダツミの木 (元ちとせ)
  ・悲しみジョニー (UA)
  ・笑 (笹川美和)
  ・誰かの願いが叶うころ (宇多田ヒカル)
  ・地上の星 (中島みゆき)
13,テネシー・ワルツ (綾戸智恵)



清水ミチコ (vo,p)
and Others


2005年 作品


コメント

Oscar Peterson and Nelson Riddle

2009-04-27 02:42:13 | JAZZ

つい最近(2009年1月27日)、米ユニバーサル・ミュージックから

デジパック仕様で復刻されたCD。

オスカー・ピーターソン・トリオがネルソン・リドル編曲・指揮の

オーケストラと共演したアルバムである。

当時のオスカー・ピーターソン・トリオは、ベースにレイ・ブラウン、ドラムスにエド・シグペン

というメンバーで、ジャズ界最高峰のピアノ・トリオと称されていた。


本作品でのピーターソンは、彼の何時ものアルバムのように弾きまくるという事は余りなく、

ストリングスを上手く使った華麗なネルソン・リドルのアレンジに合わせ、

押さえたプレイを披露している。

また、ベースのレイ・ブラウン、ドラムスのエド・シグペンも地味ながら

堅実なプレイで全体を支えている。


スタンダードの他、モンクやエリントンのナンバーなど全10曲を収録した

中々の好アルバムである。



 Oscar Peterson and Nelson Riddle

  Verve V6-8562

  Universal Music B0012366-02 (Reissue)


1,My Foolish Heart
2,Judy
3,'Round Midnight
4,Someday My Prince Will Come
5,Come Sunday
6,Nightingale
7,My Ship
8,A Sleeping Bee
9,Portrait Of Jenny
10,Goodbye


Oscar Peterson (p)
Ray Brown (b)
Ed Thigpen (ds)
Nelson Riddle (arr,cond) and Orchestra


1963年 11月 Los Angeles 録音

コメント

Ella Fitzgerald / 30 By Ella

2009-04-22 02:32:14 | JAZZ VOCAL :女性

女性ジャズ・ヴォーカルの大御所エラ・フィッツジェラルドのアルバムの中でも

意外と知られていない作品ではなかろうか。


本作品はエラのキャピトル時代の吹き込みで、

36曲ものスタンダードをエラがメドレーで歌ったもの。

アルバムは6つのセッションで構成されており、

各セッションに6曲づつのメドレーが収録されている。

そしてこのメドレーがまるで1曲のように聴こえてくる程良い出来なのだ。

これはアレンジを担当したベニー・カーターの力量による処が大きいように思える。


バックのミュージシャンは、トランペットにハリー・スウィート・エジソン、

アルトにベニー・カーター、ギターにジョン・コリンズなど中々のメンバーが揃っている。

曲により彼等のソロも楽しめるご機嫌なアルバムである。


尚、再発されているCDは現在輸入盤で比較的安価で入手出来、

ボーナス・トラックが1曲追加されている。



 Ella Fitzgerald / 30 By Ella

  Capitol ST-2960

  Capitol Jazz 7243 5 20090 2 2 (Reissue)


1,Medley=12:21
・My Mother's Eyes
・Try A Little Tenderness
・I Got It Bad (And That Ain't Good)
・Everything I Have Is Yours
・I Never Knew (I Could Love Anybody Like Loving You)
・Goodnight, My Love 

2,Medley=6:18
・Four Or Five Times
・Maybe
・Taking A Chance On Love
・Elmer's Tune
・At Sundown
・It's A Wonderful World

3,Medley=7:05
・On Green Dolphin Street
・How Am I To Know
・Just Friends
・I Cried For You
・Seems Like Old Time
・You Stepped Out Of A Dream

4,Medley=11:08
・If I Gave My Heart To You
・Once In A While
・Ebb Tide
・The Lamp Is Low
・Where Are You
・Thinking Of You

5,Medley=6:14
・Candy
・All I Do Is Dream Of You
・Spring Is Here
・720 In The Books
・It Happened In Monterey
・What Can I Say After I Say I'm Sorry

6,Medley=9:47
・No Regrets
・I've Got A Feeling You're Fooling
・Don't Blame Me
・Deep Purple
・Rain
・You're A Sweetheart


Ella Fitzgerald (vo)
Harry "Sweet” Edison (tp)
Benny Carter (as,arr)
George Auld (ts)
Jimmy Jones (p)
John Collins (g)
Bob West (b)
Louis Bellson (ds)...1,2,4,5
Panama Francis (ds)...3,6


1968年 5月28日....3,6
1968年 5月29日....1,4
1968年 6月 3日.....2,5
Los Angeles 録音


コメント

Rickie Lee Jones / Pop Pop

2009-04-20 00:23:28 | JAZZ VOCAL :女性

表題通りポップなジャケット・デザインが楽しいこのアルバムは

「Chuck E.'s In Love」=邦題「恋するチャック」のヒット曲で知られる、

シンガー・ソング・ライター、リッキー・リー・ジョーンズがスタンダードを唄ったモノ。


バックはアコースティック・ナイロン・ギターとベースをメインに、

曲によっては、バンドネオンやクラリネット、サックス等が加わっている。

アルバムは比較的スローなナンバーを中心に構成されているが、

ジミ・ヘン作の「Up From The Skies」や6曲目の「Dat Dere」など

リズミックな曲も幾つか採り上げている。


リッキー・リーは多少のフェイクを交えながらも表現力溢れる歌唱で

見事にスタンダード・ナンバーを唄いこなしている。



 Rickie Lee Jones / Pop Pop

  Geffin GEFD-24426


1,My One And Only Love
2,Spring Can Really Hang You Up The Most
3,Hi-LiLi Hi-Lo
4,Up From The Skies
5,Second Time Around
6,Dat Dere
7,I'll Be Seeing You
8,Bye Bye Blackbird
9,The Ballad Of The Sad Young Man
10,I Won't Grow
11,Love JUnk Yard
12,Comin' Back To Me



Rickie Lee Jones (vo)...Acoustic g On 12
Robben Ford (aco g)...1,2,3,4,5,6,7,9,10,11
Michael O' Neill (aco g)...4,11,12
Charlie Haden (b)...1,2,3,9,10
John Leftwich (b)...4,5,6,7,8,11,12
Dino Saluzzi (bandoneon)...1,3,9
Steve Kindler (vn)...5
Joe Henderson (sax)...6,8
Bob Sheppard (cl,ts)...7,11
Charley Shoemake (vib)...11
Walfred Reys (snare,bongos,Brush,shaker)...6,8,11
David Was (bottles and junk)...11
Michael Greiner (hurdygurdy,glass harp)...12
David Was (background vo)...6
Terry Bradford (background vo)...10
Donny Gerrard (background vo)...10
April Gay (background vo)...11
Arnold McCuller (background vo)...11



1991年 作品


コメント

Rhonda Fleming / Rhonda

2009-04-17 03:52:12 | JAZZ VOCAL :女性


映画「OK牧場の決闘」で知られる女優、ロンダ・フレミング。

しかし残念ながら彼女がこの映画に出演していた事自体

全くと言っていいほど記憶していない。 


これはロンダがスタンダードを唄ったアルバム。

明るくソフトな声質で、素直で丁寧な歌唱。

曲により唄い方に若干の粘りは有るものの、

女優らしい巧みな表現をみせてくれる。

バックはストリングス入りのゴージャスなオーケストラで、

スロー・ナンバーを中心に全12曲が収録されている。


尚、このアルバムは現在ジャケット違いで英Sepiaからも

「Rhonda Fleming / Sings Just For You」(Sepia-1112)

というタイトルで発売されている(写真下)。





こちらは、ロンダとビング・クロスビーとのデュエットが2曲、

ロンダの他にジェーン・ラッセル、コニー・ヘインズ、ベリル・デイビスの

3人が加わったコーラスが4曲、そしてロンダの好意によって収録された

未発表のトラックが4曲、計10曲がプラスされておりお買い得だ。

オリジナル・ジャケットに拘らない人にはこちらをオススメする。



 Rhonda Fleming / Rhonda

  Columbia CL-1080

  スペイン LP-Time LPT-1058 (Reissue)

  英 Sepia Sepia-1112 (Reissue)


1,Don't Take Your Love From Me
2,Around The World In Eighty Days
3,Love Me Or Leave Me
4,The End Of Love Affair
5,Under Paris Skies
6,Baby, Baby All The Time
7,With The Wind And The Rain In Tour Hair
8,When I Fall In Love
9,I've Got You Under My Skin
10,Then I'll Be Tired Of You
11,Love
12,They Can't Take Away From Me


Rhonda Fleming (vo)
Frank Comestock (arr) And His Orchestra


1957年 9月26日、10月17日、30日 Los Angeles 録音

 

コメント

Elizeth Cardoso / Cancao Do Amor Demais

2009-04-13 02:34:11 | SAMBA / BOSSA NOVA


エリゼッチ・カルドーゾのこのアルバムを入手したのは1979年のこと。

「エリゼッチ・カルドーゾ/想いあふれて」(日本フォノグラムBT-5372)

というタイトルで定価は¥1,500であった。

ジャケはオリジナルではなく、当時このアルバムのライナーの執筆もされていた

カメラマンの大森忠さんが、1974年にエリゼッチの家で撮影したフォトを使っていた。(写真下)

勿論写真はエリゼッチ本人である。


今回当アルバムがCD化され、オリジナル・ジャケット仕様で再発となった。

収録曲全てアントニオ・カルロス・ジョビンとヴィニシウス・ジ・モラエスの作品で占められている。


エリゼッチ・カルドーゾは1920年、ブラジルのリオ生まれ、

本国ブラジルではサンバ・カンソンの名歌手として多くの人に知られている。

世界初のボサ・ノヴァのアルバムと云われる本作品だが、

このアルバムでの彼女はボサ・ノヴァというより、サンバ・カンソン的唱法に終始している。

1曲目の「Chega De Saudade」と8曲目の「Outra Vez」に辛うじて

ボサ・ノヴァらしきモノを見付ける事が出来るだけである。


ともあれ、エリゼッチがボサ・ノヴァの主役であるアントニオ・カルロス・ジョビン達と組んだ

この作品は、当時としてはかなり実験的なモノであったのは想像に難くない。


尚、バックのギターはジョアン・ジルベルト、アレンジはアントニオ・カルロス・ジョビンである。


ところで、今回再発された本アルバムであるが、

どうもディスク・ダビングではないかと思われる。

何曲かに若干のノイズが入るのが残念な処である。



 Elizeth Cardoso / Cancao Do Amor Demais

  ブラジル Festa  Festa-6470 515

  ブラジル Mbari Musica  Mbari-02 (Reissue)


1,Chega De Saudade
2,Serenata Do Adeus
3,As Praias Desertas
4,Caminho De Pedra
5,Luciana
6,Janelas Abertas
7,Eu Nao Existo Sem Voce
8,Outra Vez
9,Medo De Amor
10,Estrada Branca
11,Vida Bela
12,Modinho
13,Cancao Do Amor Demais


Elizeth Cardoso (vo)
Antonio Carlos Jobim (p,arr).....Chorus On 「Chega De Saudade」
Joao Gilberto (g).....Chorus On 「Chega De Saudade」 
Irany Pinto (vn)
Nicolino Copia (fl)
Gaucho (tb)
Edmundo Maciel (tb)
Herbert (tp)
Pedro Vidal Ramos (b)
Juquinha (ds)
Walter Santos.....Chorus On 「Chega De Saudade」


1958年 録音
 

コメント

花見

2009-04-12 17:04:21 | ノンジャンル

今日(4月12日)は天気も良く気温も20度を超え、絶好の花見日和。

丁度ウチの店の近くに在る、白山神社のお祭りと重なった事もあり、

早速皆で花見と洒落込みました。

缶ビールを片手に、屋台の焼きそば、たこ焼きなんぞを調達しつつ、

散歩も兼ねながら春の陽気の中、寛いだ時間をたっぷり堪能しました。

写真は新潟市中央区に在る「空中庭園」の桜です。
 
 
 
 
コメント

春ういろう

2009-04-09 02:49:13 | 

名古屋名物の「ういろう」、店のお客さんから頂きました。

元祖・餅文総本店(申し訳ありません、この店よく知りません)の

季節限定商品だそうです。

「ういろう」ではなく「ういろ」と表記しているのですが、

この表記がこのお店だけなのか、はたまた名古屋では全てこの様に

表記するのか、皆目分かりません。



右が「桜餅ういろ」で、小さく刻んだ桜の葉とモチ米が入っていて

正に「桜餅」の味わい。

左は「草餅ういろ」、よもぎの香りのういろうに餡子が入っています。

こちらも確かに「草餅」です。


「ういろう」と云うと、昔の羊羹状のモノを思い浮べましたが、

今は一つ一つが食べ易い大きさに作られているんですね。

美味しく頂きました。


コメント