ポン酒猫のジャズ屋A7

日々ジャズと酒に明け暮れるジャズ喫茶のマスターが書き綴る何の役にも立たない話

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

オリエンタル・カレー / レトルト

2007-11-28 16:25:51 | 
 オリエンタル・カレーのレトルト2品、客の名古屋土産で頂いた。
 
 このカレーは新潟でも昔は売っていたのだが、最近ではついぞ見かけなくなった。

 さて、オリエンタル・カレーといえば、この会社がスポンサーだったTV番組「がっちり買いまショー」を思い出す。

 夢路いとし(故人)と喜味こいしが司会で、3万円、5万円、10万円の3つのコースに視聴者ペアが挑み、スタジオ内に在る商品(値段は表示されていない)を購入していく。

 商品の中には当時の3種の神器、テレビ、冷蔵庫、洗濯機もあった。

 購入した商品の総額が各コースの上限を超えず、且つ内輪で5千円以内の誤差であれば(この辺りの数字が定かでありません)その商品全てが貰えるというシステムであった(この番組、最早誰も知らんだろうな)。

 それ以外では、コメディアンの南利明が名古屋弁丸出しでこのカレーのCMをやっていた。 「メッチャメチャ旨みゃ~でがんはオリエンタルの○○カレー」「ハヤシもあるでよ」このCMホント強烈だった。

 話は大きく逸れたが、このレトルト・カレー、左は和風のキーマ・カレー。名古屋らしく八丁味噌がブレンドしてある。何とも不思議な組み合わせだが、何となく味が想像出来る(ように思う)。

 右は牛筋の煮込みカレーにイカ墨が入ったもの。しかも刻みネギたっぷりのトッピングで召し上がれときた。この味に関しては全く見当もつきません。

 名古屋には独自の食文化がある事は知っておりましたが、これ程とは・・・

 いやはや、名古屋恐るべしです。
コメント

Live機材購入

2007-11-27 03:38:07 | ライヴ / イベント
 以前からライヴをやる度感じていたのだが、店のピアノ椅子がほぼ限界に来ていた。

 そこで、思い切って買い替えることにした。

 ついでに、ドラム椅子1式、マイク・スタンド1式、マイクロフォン1本、マイク・シールド1本。 全5品、千葉は成田の「サウンドハウス」より購入する事にした。

 全5品プラス送料で ¥18,080 也 安い!!

 (写真:新しく購入したピアノ椅子)

 ここは、良い品を安価で提供してくれるホントに良い店だ。

 何にせよ、これで次からのライヴも安心して出来る事、間違い無しだ。
コメント

関東大学ラグビー対抗戦、リーグ戦

2007-11-25 04:03:13 | ラグビー
 関東大学ラグビー対抗戦グループ伝統の早慶戦は、毎年必ず11月23日の勤労感謝の日に行われる。

 因みに最終戦の「早稲田VS明治」も12月の第1日曜と、これまた決まっている。

 今年は全勝の早稲田と1敗の慶応の対戦であった。

 前半敢えて風下を選んだ慶応だが、平均体重で上回る早稲田のFW(フォワード)を止められない。

 モールもラックも主導権を握られ、早稲田のバックスを自由にしてしまう。
ディフェンス・ラインは何度も破られ、前半で3トライを奪われる。

 後半は風上に立った慶応。しかし試合の流れは変わらず、結局ノー・トライ。
40対0の完封負け。

 昨年に比べ戦力ダウンの早稲田だが、1年生SO(スタンド・オフ)山中はポジショニングも良く、好パスを連発。

 同じ1年生左ウイングの中浜も1トライを挙げるなど、新戦力が着々と育っている。

 その上、大学ラグビー界の中でも突出した実力のFB(フルバック)五郎丸を擁する早稲田。 12月2日(日)の早明戦でも早稲田の優位は揺るがないだろう。

 翌24日のリーグ戦グループ「東海VS大東文化」は、前半こそ少し苦しんだ東海大が、後半フォワード、バックス一体と成った攻撃で大東大を圧倒。リーグ戦グループ初優勝を飾った。

 部員の不祥事で大学選手権を辞退した関東学院大に比べ、やや劣るものの、東海大はまとまりの有るチーム。大学選手権での戦いに期待が持てる。
コメント

越乃かたふね (特別本醸造)

2007-11-22 15:10:52 | 日本酒 / ビール
 2007年11月現在ウチの店で出している、新潟は上越の酒です。

 竹田酒造という合資会社(昔、社会科で習いましたね、
内容はとっくに忘れました)で造られています。

 新潟の酒の特徴である「淡麗辛口」ながら、
米の味はしっかり出ています。

 蔵のコメントが「小さな蔵の大きな夢、日本一の酒造り」
そう言うだけあって、ホント丁寧な造りです。


 越乃かたふね (特別本醸造) 1,8ℓ ¥2,140
コメント

雪村いづみ / スーパージェネレイション

2007-11-22 05:09:54 | 歌謡曲 / J-POP
 日本の歌謡史にその名を刻む服部良一の作品が見事に甦った。

 ヴォーカルは、美空ひばり、江利チエミと共に3人娘として活躍した雪村いづみ。

 バックはキャラメル・ママ。元はっぴいえんどの細野晴臣(その後坂本龍一、
高橋ユキヒロとY.M.Oを結成)と鈴木茂が中心になって結成した、当時日本で
№1のリズム・セクション。

 「銀座カンカン娘」や「蘇州夜曲」など服部良一作品が全10曲。未だ古さを感じさせない。
特に6曲目の「東京ブギウギ」の後半の英語ヴァージョンは本当にカッコいい!!

尚、オリジナル・アルバムは1974年8月にリリースされており、2007年に再発されたCDにはボーナス・トラックとして「別れのブルース」が収録されている。

 雪村いづみ / スーパージェネレイション
  コロムビア COCA-12155, COCA-71139(2007年再発CD)

 1, 序曲(香港夜曲)
 2, 昔のあなた
 3, ヘイヘイブギー
 4, バラのルムバ
 5, 銀座カンカン娘
 6, 東京ブギウギ
 7, 胸の振子
 8, 一杯のコーヒーから
 9, 蘇州夜曲
 10,東京の屋根の下
 11,別れのブルース(2007年再発CDのみ収録)

 雪村いづみ (Vo)
 キャラメル・ママ
  松任谷正隆 (key)
  鈴木茂 (g)
  細野晴臣 (b)
  林立夫 (ds)


 
コメント

獅子柚子

2007-11-16 03:31:43 | 
 でかい、メロンより一回り大きく、カボチャよりは小さい。柚子の一種で
獅子柚子と云うそうである。

 使い道は皮をジャムにしたり、定番の柚子湯にしたりする程度。
大きい割には余り役に立たないようだ。

 役に立たないと云う事は、私同様このブログの趣旨にピッタシ当てはまる。
かくゆう私めも日々酒浸り何ら生産性は無い。正に役立たずの典型である。

 それに比べりゃジャムや柚子湯に成るんだから、それはそれで大したモノ。

獅子柚子アンタはエライ!!
コメント

タイムスリップ?

2007-11-15 03:18:00 | ノンジャンル
 このポスター2007年10月に作られたモノ。まるで現在(いま)の時代とは思えぬ出来。
 
 私が小学生の1960年代、中央から有名人が公演等で来た時よく観た「誰々、何処々の公民館に来る」みたいな感じのポスターです。あの時代銭湯なんぞに結構貼ってありました。

 最近の大衆演劇のポスターが、この所謂「コテコテ感」を受け継いでいるようですが、もっとスッキリしています。このセンス余りにスゴすぎます。

 でも、なんだかんだ云ったところでポスターって目立ってナンボ。
そう考えるとこりゃある意味成功かも。
コメント

美空ひばりのジャズ・アルバム

2007-11-14 03:43:45 | JAZZ VOCAL :女性
 美空ひばりのジャズを初めて聴いた(観た)のは,TV番組の「タモリの今夜は最高」であった。

 この番組はタモリを進行役に、毎回色んなゲストを招き歌やコントを繰り広げるというもので、ジャズ好きのタモリらしく、バックはサックスの中村誠一をはじめ一流のミュージシャンが務めていた。

 彼女はここで「Lover, Come Back To Me」を唄ったのだが、英語の発音といい、リズム感といい、その当時の日本のジャズ・ヴォーカリストより遥かに上手かった。

 その曲が収録されているのがこのアルバム。14曲目の「Take The "A" Train」では素晴らしいスキャットも披露している。

 美空ひばり / ジャズ&スタンダード
             1953,55,56,61,65年録音
             美空ひばり(Vo)With原信夫とシャープス&フラッツ
                     コロムビア CA-4545

1, Over The Rainbow
2, Love Letters
3, Shanghai
4, Lover, Come Back To Me
5, I Love Paris
6, La Vie En Rose
7, C'est Magnifique
8, Cry Me A River
9, Stardust
10,Again
11,Danny Boy
12,Love Me Or Leave Me
13,Blueberry Hill
14,Take The "A" Train
15,I Can't Tell A Waltz From A Tango
16,Love Is A Many-Splendred Thing

以上全16曲

※尚、このアルバムに関しての私のコメントが「ジャズ批評」2007年9月号「特集ジャズ・ヴォーカル」の34ページに掲載されております。
興味のある方は本屋さん等で立ち読みして下さい。
コメント

資生堂の「ラ・ガナシュ」って犬の・・・・

2007-11-12 02:51:27 | 
 客の出張土産で、資生堂パーラーのチョコレート菓子「ラ・ガナシュ」を頂いた。仕事柄ちょくちょく色んなモノを貰います。これも我が人徳の成せる業と勝手に思い込んでおります。

 ところで、ウチの店では、頂いたモノは直ぐに客に提供します。先ず客に食させ、安全を確認するのです。これこそ食の安全が問題になっている現在、店のマスターが採るべき最善の防衛策でしょう。(スミマセン冗談です)

 さて、この「ラ・ガナシュ」であるが、流石は資生堂パーラーさんホント好い出来です。しかし、この形は・・・・

 チョコレート菓子でこの形とくれば、誰しも犬の・・・・を想像してしまいます。カリン糖といい、この「ラ・ガナシュ」といい、何故にこの形を敢えて選択するのでしょう?
 ホント頭を悩ませます。
コメント