ポン酒猫のジャズ屋A7

日々ジャズと酒に明け暮れるジャズ喫茶のマスターが書き綴る何の役にも立たない話

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Willie Colon / Solo

2012-01-15 03:21:41 | SALSA / AFRICA / ETC

 

ウィリー・コローンは1950年ニューヨークのサウス・ブロンクス生まれのプエルト・リコ人。

ニューヨークのサルサのミュージシャンの中では若手という事もあってか、

彼の音楽には本格的なキューバン・スタイルの他に、

ロックやソウル、そしてブラジル音楽まで色々な要素を見出す事が出来る。


それは、1961年に米国がキューバと国交を断絶した事により、

キューバ音楽及びミュージシャンが入って来れなくなったという事が

大きく起因していると思われる。


本作品は元々サルサのトロンボーン奏者として名を馳せていた

ウィリー・コローンが歌手として初めてリリースしたもので、

1979年にFaniaレコードから発売されている。


大胆なストリングスの導入、そして女声中心のコーラスと

ウィリー・コローンの優男風の甘いヴォーカルとの対比。

当時のサルサとしてはかなりポップな作品だ。


ブラジル音楽に詳しいウィリー・コロンらしく、

5曲目にはピシンギーニャ作の有名なショーロ・ナンバーを収録してはいるが、

3曲目に至っては日本の歌謡曲を思わせるものまで入っている。


アルバムとしてのサウンドは、素晴らしく軟弱なのだが、

これが何とも心地好いのである。


ジャズ・ファンにはコーラスに、マーリン・ヴァー・プランクの名が

クレジットされているのが気になる処かもしれない。


ともあれ、肩肘張らずに気軽にサルサを楽しめる好盤と云える。


尚、このアルバムは日本盤は完全に廃盤であるが、輸入盤で簡単に入手出来る。




 Willie Colon / Solo

 原盤 : Fania JM-00535

 Reissue : ポニー・キャニオン PCCY-00181 (廃盤)


1,Nueva York
2,Sin Poderte Hablar
3,Chinacubana
4,Senora
5,Urubatan
6,Juancito
7,Colonizaciones
8,Mentiras Tuyas
9,Julia
10,Tu Eres Tu


Willie Colon (vo,bass-tp,chorus)
Bobby Porcelli (as,fl)
Mauricio Smith (fl,picolo)
Ronnie Cuber (bs,fl)
Mario Rivera (bs,fl)
Leopoldo Pineda (tb)
Angel “Papo” Vasquez (tb)
Sam Burtis (bass-tb,tuba)
John Fartis (tp)
Tony Cofresi (tp)
Luis Esteban Ortiz (tp)
Hector Zarzuela (tp)
Professor Joe Torres (p)
Salvador Cuevas (b,fender-b)
Jose Mangual Jr. (bongo)
Eddie Montalvo (tumbadora)
Jimmy Delgado (timbal)
Yomo Toro (cuatro)

Irving Strings Ensemble

Adrian Albert (chorus)
Demaris Cortez (chorus)
Jose Mangual (chorus)
Nestor Sanchez (chorus)
Marlene Ver Plank (chorus)
Cynthia Colon (chorus)
Ada Chabrier (chorus)


1979年 発売

 

 

 

コメント (2)

Eddie Palmieri / The Sun Of Latin Music

2011-07-14 02:13:28 | SALSA / AFRICA / ETC

 

こんな素晴らしいアルバムを初回限定盤とは云え¥1,500で再発するとは、

Bombaレコードさん中々やりますね!!。


大学時代に最初に買ったサルサのレコードがこのエディ・パルミエリであった。

エディ・パルミエリはプエルト・リコ出身の両親の元

1936年にニューヨークのスパニッシュ・ハーレムで生まれている。

サルサが未だニューヨーク・ラテンと呼ばれていた1970年代から

その音楽シーンの中心となって活躍している。


本アルバムは1974年にリリースされたもので、

当時のニューヨーク・ラテン・ミュージックの熱い息吹が伝わって来る名盤と云える。

翌75年にはグラミー賞の「ベスト・ラテン・レコーディング」も受賞している。


尚、このアルバムは一時期別ジャケットでも出回っていたが、

やはりオリジナルであるこのCocoレコードのジャケが最高に格好イイ。




 Eddie Palmieri / The Sun Of Latin Music

 原盤 : Coco CLP-109XX

 Reissue : Bomba レコード BOM-1435


1,Nada De Ti
2,Deseo Salvaje
3,Una Rosa Espanola
4,Nunca Contigo
5,Un Dia Bonito
6,Mi Cumbia


Eddie Palmieri (p)
Lalo Rodriguez (lead vo)
Vitin Paz (lead tp)
Virgil Jones (tp)
Barry Rogers (tb,tuba)
Jose Rodriguez (tb)
Tony Price (tuba)
Ronnie Cuber (bs,fl)
Mario Rivera (bs,fl)
Alfredo De La Fe (vln)
Eddie “Gua-Gua” Rivera (b)
Tommy “Chuckie” Lopez, Jr. (bongo)
Eladio Perez (conga)
Nicky Marrero (timbalas,per)
Jimmy Sabater (chorus)
Willie Torres (chorus)
Peter Gordon (french horn)


1974年 発売

 

 

コメント

Fela Anikulapo Kuti / Zombie

2011-03-05 13:33:33 | SALSA / AFRICA / ETC

 

ナイジェリアのミュージシャン、フェラ・クティ。

大学の頃、このアルバム「ゾンビ」を聴いてアフリカ音楽に嵌まってしまった。


フェラの音楽スタイルは、アフリカのダンス音楽であったハイライフに

ジャズやファンクの要素を加えたもので「アフロ・ビート」と呼ばれる。


それは簡単に云うと、16ビートのファンク・リズムに、

アフリカ独特のチロチロ鳴るギターとオルガンを重ね、

その上にジャジーなホーンが乗っかるというものである。


このアルバムは当時アメリカでも発売され、フェラの代表作と云えるもの。

聴き処はやはりタイトル曲の「ゾンビ」。

ファンキーでダンサブルなサウンドに絡むヴォーカル。

コール・アンド・レスポンスのように繰り返されるリフが何ともカッコイイ。

今聴いても非常にインパクトがある作品だ。


尚、紹介したCDは上述の通り1977年発売の米マーキュリー盤を

基に編集されたものである。

従って現在発売されているCDとは収録曲が異なっている。



 Fela Anikulapo Kuti / Zombie

 原盤 : 米 Mercury SRM-1-3709

 Celluloid CELCD-6116 (Reissue)


1,Zombie
2,Monkey Banana
3,Evrything Scatter
4,Expensive Shit
5,Water No Get Enemy
6,Suffering And Smiling (Instrumental)


Fela Anikulapo Kuti (arr,vo,ts,as,p)
Ledy Alabi (Tony Allen) (ds)
Lekan Animashaun (bs)
Tunde Williams (tp)
Nwokoma Ukem (tp)
Christopher Uwaifor (ts)...4,5
Lek Benson (g)
Oghene Kologbo (g)
Okalve Ojeah (g)...1,2,3,6
Clifford Itoje (g)...1,2,3,6
Nweke Atifor (b)...1,2,3,6
Franco Aboddy (b)...4,5
Oladeinde Koffi (conga)
Addo Nettey (conga)
Shina Abiodun (conga)...1,2,3,6
Babajide Olaleye (maracas)
Ayoola Abayomi (sticks)

■Chorus Singers
Bernadette Oghomienor (lead vo)
Tejumade Adebiyi (chorus)
Regina Osuhor (chorus)
Felicia Idonije (chorus)
Suru Eromala (chorus)
Shade Shehindemi (chorus)


1977年 発売

 

 

コメント

Hector Lavoe / De Ti Depende (It's Up To You)

2011-03-03 15:23:15 | SALSA / AFRICA / ETC

 

今年の「にいがた国際映画祭の中の1本、

「エル・カンタンテ~El Cantante」(日本語訳:ザ・シンガー)で

その半生が描かれていたエクトル・ラボー。


1967年にトロンボーン奏者であり、アレンジャーでもあるウイリー・コローン

のバンドにヴォーカリストとして参加。

1993年6月29日、ニューヨークのマンハッタンで亡くなるまでの間

その歌声でサルサの黄金時代を駆け抜けた。

享年46歳、死因はエイズであった。


スケジュールが合わず、この作品を見逃してしまったのは何とも悔いが残る。


本作品はそのエクトル・ラボーが1976年にリリースしたもので、

それまでの楽団専属歌手から独立し、

ソロ・シンガーとしての実力を知らしめた傑作アルバムである。


美しく華やかだが、少し憂いのあるハイ・トーン・ヴォイスのエクトル・ラボー。

名コンビであったウイリー・コローン等のサポートを受け、

ロマンティックな歌唱を聴かせてくれる。




 Hector Lavoe / De Ti Depende (It's Up To You)

 原盤 : Fania SLP-00492

 Fania 463 950 9013-2 (Reissue CD)


1,Vamos A Reir Un Poco
2,De Ti Depende
3,Periodico De Ayer
4,Consejo De Oro
5,Tanto Como Ayer
6,Hach Y Machete
7,Felices Horas
8,Mentira


Hector Lavoe (vo,maracas)
Jose Mangual Jr. (bongo,per,chorus)
Milton Cardona (conga,per,chorus)
Joe “Professor” Torres (p)
Angel "Popo” Vazquez (tb)
Harry De Aquiar (tb)
Ray Feliciano (tp)
Santi "Choflomo” Gonzalez (b)
Yomo Toro (tres guitar)
Willie Colon (chorus)
Ruben Blades (chorus)


1976年 New York 録音

 

コメント

Elvy Sukaesih / Pesta Panen

2010-12-01 03:05:45 | SALSA / AFRICA / ETC


哀愁を帯びたメロディ・ラインを持つインドネシアの古典音楽「クロンチョン」。

この国の大衆音楽である「ダンドゥット」は、この「クロンチョン」に

アメリカ等の音楽の要素を加え、更にアラブやインド風の味付けをしたモノである。

そしてこの「ダンドゥット」という名称は、この音楽で使用される

グンダンという2個並んだ太鼓の「ダン!」「ドゥ!」という音からきている。


本作品はダンドゥットを代表する女性歌手エルフィ・スカエシのアルバム。

1980年代のごく初期に録音されたプルルナ・レコードが音源である。


不思議な音色を持つグンダンによる特徴的なリズム、

スリンという竹笛にエレキ・ギターとキーボード、

そこにエルフィの明るく、それでいてしっとりとした歌が絡む。

これらが醸し出す音楽は何とも心地良い。




Elvy Sukaesih / Pesta Panen

原盤 : 不明

ポニー・キャニオン PCCY-00076


1,Pesta Panen~ペスタ・パネン
2,Sampai Kapan~サンパイ・カパン
3,Sikutkanan Sikutkiri~シクッカナン・シクッキリ
4,Lembaran Terakhir~レバラン・テラヒール
5,Seuntai Harapan~セウンタイ・ハラパン
6,Diam-Diam Jatuh Cinta~ディアム・ディアム・ジャトゥ・チンタ
7,Mengapa Harus Jumpa~ムガパ・ハルス・ジュンパ
8,Duakali Patahhati~ドゥアカリ・パタハッティ
9,Seharum Bunga Surga~セハルーム・ブガァ・スルガァ
10,Kekasih narapidana~ケカシー・ナラピーダナ


Elvy Sukaesih (vo)
and Others


1980年代初期 録音

 

 

コメント

Celia Cruz & Johnny Pacheco / Celia & Jonny

2010-04-26 01:51:17 | SALSA / AFRICA / ETC

キューバの歌の女王と呼ばれるセリア・クルースと

サルサ界の鬼才ジョニー・パチェーコが共演したアルバム。


オリジナルは米国のVayaレコードで、日本では1977年に

「サルサの女王(クイーン)と騎士(ナイト)」(日本フォノグラム FDX-276)

と云うタイトルで発売された。


アルバムは、速いテンポで勢いのあるセリアの歌から始まり、

スローなボレロを挟み、また華やかなリズムを伴った曲へと展開していく。

分かり易いメロディと心地よいリズムは、この手の音楽を初めて聴いた人でも

比較的スンナリと入っていけるのではなかろうか。


バックは「コンフント」と呼ばれる管楽器が2~3本入った編成のバンド、

所謂ジャズで云う中編成のコンボである。

セリア・クルースの入門用と云うだけでなく、

サルサの入門用としてもオススメしたいアルバムだ。



 Celia Crluz & Johnny Pacheco / Celia & Johnny

 米 Vaya VS-31

 Fania 2018


1,Quimbara
2,Toro Mata
3,Vieja Luna
4,El Paso Del Mulo
5,Tengo El Idde
6,Lo Tuyo Es Mental
7,Canto A La Habana
8,No Mercedes
9,El Tumbao Y Celia
10,El Pregon Del Pascador


Celia Cruz (vo)
Johnny Pacheco (fl,guiro,per)
Papo Lucca (p)
Johnny Rodrigues (conga)
Ralph Harzan (bongos)
Hector "Bomberito” Zarzuela (tp)
Luis Ortiz (tp)
Victor Venegas (b)
Charlie Rodriguez (tres)
Ismael Quintana (maracas)
and Chorus


1974年 New York 録音




コメント

Linda Ronstadt / Mas Canciones

2010-01-29 03:20:55 | SALSA / AFRICA / ETC

1987年にリリースされたメキシコ音楽集「Canciones De Mi Padre」の続編。

ドイツ系メキシコ人を父にもち、アリゾナ州トゥーソンという

メキシコ国境に近い土地に生まれたリンダにとって

この手の音楽は幼少の頃から常に身近にあったのであろう。


普段とは発声法を完全に変えており、時折裏返るリンダの声は艶かしく、

哀愁を漂わせ、得も云われぬ魅力を感じさせてくれる。


尚、マリアッチ=メキシコ音楽と思っている人が多いが、これは間違い。

マリアッチとはメキシコ音楽を演奏する時のバンド編成を云う。

通常、バイオリンが2~4、トランペット1~2、ビウエラ(小型ギター)、

ギター、ギタロン(ベース代わりの大型ギター)という編成。

ギター系の楽器はリズム・キープに徹し、

バイオリンとトランペットがメロディを担当するが、その数が増えることもある。




 Linda Ronstadt / Mas Canciones

  Elektra 61239



1,Tata Dios
2,El Toro Rejajo
3,Mi Ranchito
4,La Mariquita
5,Gritenme Piedras Del Campo
6,Siempre Hace Frio
7,El Crucifijo De Piedra
8,Palomita De Ojos Negros
9,Pena De Los Amores
10,El Camino
11,El Gustito
12,El Sueno



Linda Ronstadt (vo)
Jose“Pepe”Martines (1st vl)
Federico Torres (1st tp)
Victor Cardenas (vihuela)
Rafael Palomar (g)
Enrique Santiago (guitarron)
Nati Cano (vl)
Jesus“chuy”Guzman (vl)
Juan Jose Almaguer (vl)
Pedro Garcia (vl)
Mario Rodriguez (vl)
martin Lara (tp)
Santiago Maldonado (harp)

Trio Guitars
・Gilgert Puente
・Raul Puente
・Leonel Gavez

Trio Voices
・Linda Ronstadt
・Mike Ronstadt
・Pete Ronstadt

Chorus
・Jose Martinez
・Rafael Palomar
・Jesus Guzman
・Juan Jose Almaguer
・Santigo Maldonado
・Juan Morales

Katie Mc Elrath (fl)
Angela Koregelos (fl)
Flaco Jimenez (accordion)



1991年 作品




コメント

Fania All Stars / Live At The Cheetah Vol.1 Vol.2

2009-12-08 03:49:32 | SALSA / AFRICA / ETC


大学時代にジャズ以外でよく聴いたのが、サルサ、サンバ、

そしてハイチとアフリカ音楽。

特にサルサとサンバにはハマってしまい、

かなりのレコードを買い漁ったものである。


サルサはニューヨークのラテン系(主にプエルトリコ)の人々が

演奏するキューバ音楽で1960年代半ばに生まれたものを呼ぶ。

従って純粋なキューバの音楽とは違い、

当然のようにロックやリズム&ブルースの影響を受けており、

特にホーン・セクションの使い方にその傾向が見受けられる。

Fania=ファニア・レコードはそんなニューヨーク在住の

ラテン系の人々の手によって創設された。


ここで紹介する2枚はサルサの歴史において最も重要な

ポジションを占めるアルバム。

1971年8月26日(木)にニューヨークのロック系のクラブ

「Cheetah=チーター」で行われたファニア・オール・スターズのライヴ録音盤。


冒頭の「Introduction Theme」でのメンバー紹介から熱気がほとばしっており、

2曲目の「Descarga Fania=ディスカルガ・ファニア」では

オーディエンスはもう既にノリノリである。

因みにディスカルガとはジャズで云うところのジャム・セッションである。


3曲目「Anacaona=アナカオーナ」におけるチェオ・フェリシアーノの心打つ歌声。

16分を超える熱演の「Quitate Tu=キタテ・トゥ」など

サルサを初めて聴く人でも自然と身体が動いてくる筈だ。



また、この続編に当たる

「Fania All Stars / Live At The Cheetah Vol.2」(写真下)も




素晴らしい出来で、収録された6曲とも盛り上がりと熱気に溢れている。

元々同じ日のライヴを収録時間の都合で2枚に分けたものなので

当然ではあるが、両アルバムとも出来は甲乙つけ難い。

2枚共是非聴いて欲しいと思うアルバムだ。



 Fania All Stars / Live At The Cheetah Vol.1

  Fania SLP-00415

  Fania 130042 (Reissue)


1,Introduction Theme
2,Descarga Fania
3,Anacaona
4,Quitate Tu


 Fania All Stars / Live At The Cheetah Vol.2

  Fania SLP-00416

  Fania 130111 (Reissue)


1,Ahora Vengo Yo
2,Estrellas De Fania
3,Que Barbaridad
4,Ponte Duro
5,Macho Cimarron
6,Closing Theme



=Fania All Stars=
Johnny Pacheco (fl,Per)
Larry Harlow (p)
Richie Ray (p)
Bobby Valentin (bajo)
Orestes Vilato (conga)
Roberto Roena (bongo,per)
Yomo Tro (cuatro)
Roberto Rodrigues (tp)
Hector "Bomberito'' Zarzuela (tp)
Larry Spencer (tp)
Ray Maldnado (tp)
Barry Rogers (tb)
Reynaldo Jorge (tb)
Willie Colon (tb)
Ismael Miranda (vo)
Cheo Feliciano (vo)
Hector Lavoe (vo)
Pete El Conde Rodriguez (vo)
Adalberto Santiago (vo)
Bobby Cruz (vo)
Santos Colon (vo)



1971年 8月26日(木) New York 「Club Cheetah」 録音


コメント