ポン酒猫のジャズ屋A7

日々ジャズと酒に明け暮れるジャズ喫茶のマスターが書き綴る何の役にも立たない話

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Leroy Vinnegar / Leroy Walks!

2008-03-28 03:37:58 | JAZZ

 アマチュアとは言え一応ベース弾きの端くれである私「ポン酒猫」が目標とするベーシストの1人、ルロイ・ヴィネガーの初リーダー作。

 彼は所謂ウォーキング・ベースの名手として知られている。ウォーキング・ベースとは、1小節に正確に4つのビートを刻み続けるというスタイルの事である。

 言うまでもないが、4つのビートは4分音符で構成されている。

 このアルバムでも彼のソロは4分音符を中心としながら、リズムはしっかりキープ、その上でメロディックなベース・ラインを創り出している。

 ジャズ・ベースは「4分音符が命」である事を教えてくれる名アルバムだ。

 尚、収録曲もウォーキングに引っ掛けた曲ばかりで中々シャレが効いている。

 
  Leroy Vinnegar / Leroy Walks!
          Contemporary S-7542

 Gerald Wilson (tp)
 Teddy Edwards (ts)
 Victor Feldman (Vib)
 Carl Perkins (p)
 Leroy Vinnegar (b)
 Tony Bazley (ds)


 1,Walk On
 2,Would You Like To Take A Walk
 3,On The Sunny Side Of The Street
 4,Walkin
 5,Walkin' My Baby Back Home
 6,I'll Walk Alone
 7,Walkin' By The River


  1,4......1957年7月15日録音
  3,5,6...1957年9月16日録音
  2,7......1957年9月23日録音

コメント

三波春夫名演集

2008-03-26 04:01:50 | 歌謡曲 / J-POP

 これぞ日本のエンターティメント。今は亡き三波春夫の芸能生活55周年記念リサイタルを収録したDVD(1994年8月27日東京歌舞伎座にて収録)。

 歌謡浪曲の代表作「俵星玄蕃」を始め、平手造酒を主人公としたセリフ入り歌謡の「大利根無情」など唄といい、セリフ回しといい、今観ても素晴らしい。

 勿論ヒット曲の「チャンチキおけさ」「船方さんよ」も収録されている。

 欲を言えばここに「紀伊国屋文左衛門」を収録して欲しかったが、三波春夫が稀代のエンターティナーで在った事を十分実感出来るDVDだ。


 三波春夫名演集~芸能生活55周年記念三波春夫リサイタルより~

   テイチク・エンターティメント TEBE-28022 ¥2,800

1,オープニング
2,[長編歌謡浪曲]元禄名槍譜 俵星玄蕃
3,[   〃    ]平家物語より 清盛天下を射る
4,[   〃    ]   〃     牛若丸元服
5,[   〃    ]   〃     神戸を拓く清盛
6,平家物語より 壇ノ浦決戦
7,大利根無情
8,旅笠道中
9,天竜しぶき笠
10,初世・堀米源太八木節一代
11,おまんた囃子
12,チャンチキおけさ
13,船方さんよ
14,雪の渡り鳥
15,エンディング

  全52分

コメント

Doris Day & Robert Goulet / Annie Get Your Gun

2008-03-18 05:20:39 | JAZZ VOCAL :DUO

 昔(1964年)日本でコロムビア・ブロードウエイ・ミュージカル・シリーズの第1集として発売されたもの。

 この作品実はドリス・デイとロバート・グーレの2人がこのミュージカル「アニーよ銃をとれ」を演じたらどうなるかという発想で作られたアルバム。

 主役のアニー・オークリー役はドリス・デイ、ロバート・グーレはフランク・バトラー役。

 これ以外の役にも何名かクレジットされているが、実際この2人によってこの「アニーよ銃をとれ」のミュージカルが舞台で演じられた事も無ければ、この2人による映画が作られたことも無い。

 アマゾンやHMVではサウンド・トラックと紹介されているがこれは完全に間違っている。

 しかしアルバムの内容は見事で、ドリスやグーレの唄の良さは勿論この2人に絡むコーラスも格好良く且つ洒落ている。

 特にドリスとグーレの2人がヴァースから唄う7曲目の「They Say It's Wonderful」は素晴らしい出来だ。

 ジャズ・ヴォーカル・ファンには是非とも聴いて欲しいこのアルバムの再発は本当に喜ばしい。

 
 Doris Day & Robert Goulet / Annie Get Your Gun

                    DRG-19112

1,Tell Them
2,Highlife
3,Liberation
4,Amen
5,Olu Ebube
6,Tire Ni Oluwa
7,They Say It's Wonderful
8,My Defenses Are Down
9,Moonshine Lullaby
10,I'm An Indian Too
11,I Got Lost In His Arms
12,Who Do You Love, I Hope
13,I Got The Sun In The Morning
14,Anything You Can Do
15,There's No Business Like Show Business

 

 

コメント

酒の陣二日目「大洋酒造」

2008-03-17 01:09:52 | 日本酒 / ビール

 二日目も行って参りました。この日の収穫は新潟県村上市の酒蔵「大洋酒造」が造った、今年で2年目を迎える新しい酒米「越淡麗」で仕込んだ薄濁りの吟醸酒。

 今年もこの「越淡麗」で仕込んだ酒は色んな酒蔵で出しておりましたが、その中でも群を抜いてます。スッキリした味わいの中に米の甘さが有り、酒としてのふくらみも十分。

 こちらの代表酒「北翔」の大吟醸に匹敵する出来です。杜氏の田澤勝さんも自らブースで酒を振舞っておりました。

 この酒今のところ市販する予定はないとの事で、当然ラベルも有りません。しかし、是非とも販売して欲しい酒です。

 
 大洋酒造株式会社
 
 
http://www4.ocn.ne.jp/~taiyobrw/index.html

 

 

 


コメント

にいがた酒の陣 '2008 長谷川酒造「越後雪紅梅」

2008-03-16 02:47:15 | 日本酒 / ビール

 行って参りました新潟酒の陣。朝10時の開場と同時に入場。

 同行者は私の他3名。 20~30の蔵の酒を呑みまくりました。

 写真は長岡の長谷川酒造「越後雪紅梅」のブースのディスプレイ、此処の専務とは旧知の間柄。

 昔バンドをやっていた関係で毎回レコード・ジャケットを飾っています。今回のジャケは「マーヴィン・ゲイ」。それと「メタリカ」のTシャツ。因みに去年は「キャプテン・ビーフハート」の「美は乱調にあり」でした。

 酒だけでなく、ディスプレイも楽しめる?酒蔵です。

 

 

コメント

Jesse Belvin / Mr. Easy ( '59)

2008-03-12 04:34:53 | JAZZ VOCAL :男性

 アルバム2枚と僅かなシングルのみを吹き込んだだけで、交通事故死した悲運のシンガー、ジェシー・ベルヴィンのアルバム。

 スタンダードを中心とした選曲で構成された本作は、全曲マーティ・ペイチのペンに よって書かれている。

 バックのメンバーもウエストのスター達で固められており、アート・ペッパーやジャック・シェルドンのソロも聴ける。

 ジェシーの声質はやや甘め、滑らかでサラッとした唄い廻し。軽快なスウィング感を持っており、今更ながらその早すぎた死が惜しまれる。


  Jesse Belvin / Mr. Easy  BMGジャパン BVCJ-35018

 1,It's All Right With Me
 2,Something Happens To Me
 3,What's New
 4,In The Still Of The Night
 5,Blues In The Night
 6,Let There Be Love
 7,Imagination
 8,The Best Is Yet To Come
 9,Makin' Whoopee!
 10,Angel Eyes
 11,I'll Buy You A Star
 12,The Very Thought Of You

  1,2,6,8
 Conte Candoli (tp)
 Jack Sheldon (tp)
 Al Porcino (tp)
 Raymond Triscari (tp)
 Stu Williamson (tp)
 Marshall Cram (tb)
 Verne Friley (tb)
 Harry Betts (tb)
 Frank Rosolino (tb)
 Red Callender (tuba)
 Rus Freeman (p)
 Joe Mondragon (b)
 William Pitman (g)
 Mel Lewis (ds)
 Larry Bankaer (vib,perc)
 Art Pepper (as)            
  1959年12月8日録音

  3,7,10,12
 William Pitman (g)
 Mel Lewis (ds)
 Rus Freeman (p)
 Joe Mondragon (b)
 Jack Sheldon (tp)
 12-Violins
 4-Violas
 2-Cellos
 4-fr.horns
 2-Clarinets
  1959年12月9日録音

  4,5,9,11
 Rus Freeman (p)
 Joe Mondragon (b)
 Al Hendrickson (g)
 Mel Lewis (ds)
 Milt Holland (vib,perc)
 Al Porcino (tp)
 Conte Candoli (tp)
 Stu Williamson (tp)
 Dick Collins (tp)
 Harry Betts (tb)
 Dick Nash (tb)
 Pete Carpenter (tb)
 Marshall Cram (tb)
 Art Pepper (cl,as)
 12-Violins
 4-Violas
 2-Cellos
  1959年12月16日録音  5,11のみVocal Overdub 1959年12月22日

 

 

 

コメント

〆張鶴「純」(純米吟醸)

2008-03-07 03:33:39 | 日本酒 / ビール

 新潟県村上市の酒「〆張鶴」、こちらの純米吟醸酒「純」です。

 スッキリした呑み口の中にも米の甘さが有り、ふくよかな味わいを感じさせてくれる酒です。

 余り冷やさず、常温で呑む方がこの酒の良さを引き出す様に思います。


  宮尾酒造(株)  4合 ¥1,522  1,8ℓ ¥3,045

 

 

 

 

 


コメント (3)

Eydie Gorme / Eydie Gorme's Delight ( '56)

2008-03-06 03:53:35 | JAZZ VOCAL :女性

 

 スティーヴ・ローレンスとのコンビで有名なイーディ・ゴーメがオーケストラをバックに吹き込んだ、記念すべきデビュー・アルバム。

 彼女の明るくて、華やかな唄が聴ける。

 ラテン・ナンバーが楽しい1,4,6、コーラスが絡みミュージカルの雰囲気が漂う5,7,8,9、当時の恋人スティーヴ・ローレンスとのデュオが洒落てる10,11、そして2,3,12はスケールの大きい歌唱と飽きさせない。

 Eydie Gorme / Eydie Gorme's Delight

  ユニバーサル・クラシック&ジャズ UCCU-3073  ¥2,000

 1,Frenesi
 2,Tell Me More
 3,I'd Forgotten
 4,Besame Mucho
 5,Fini
 6,That Night Of Heaven
 7,Tea For Two
 8,I've Gotta Crow
 10,Make Yourself Comfortable
 11,(Close Your Eyes) Take A Deep Breath
 12,Give A Fool A chance

 

 

 

コメント (1)

Linda Scott / Hey, Look At Me Now ! ( '65)

2008-03-05 04:28:00 | JAZZ VOCAL :女性

 フィンガー・スナッピン・ミュージックのシリーズは何時も面白いラインナップを揃えてくれる。

 このリンダ・スコットもどちらかと言えばポップス系の歌い手だ。 本作品は彼女の3作目となるアルバムで、吹き込み当時彼女は未だ19歳だった。

 ポップで可愛らしい1,2,6,7、軽やかな4ビートの3、やや背伸びした唄が瑞々しい4,5,8,9,10,12、そして1964年のサンレモ音楽祭の優勝曲で、日本ではジリオラ・チンクエッティの唄でヒットした11 (原題は「Non Ho L'eta」邦題は「夢見る想い」)。 全12曲が収録されている。

 Linda Scott / Hey, Look At Me Now!
        ユニバーサル・クラシック&ジャズ UCCU-3072  ¥2,000

 1,If I Love Agein
 2,It All Depends On You
 3,Oh! Look At Me Now!
 4,I Fall In Love Too Easily
 5,If I Had You
 6,That Old Feeling
 7,The Very Thought Of You
 8,Close Your Eyes
 9,I Remember You
 10,Those Foolish Things (Remind Me Of You)
 11,This Is My Prayer
 12,I'll See You In My Dreams

 

 

コメント

森嶋GHC第12代王者に

2008-03-04 04:00:15 | プロレス

 森嶋にとって約1年振りのGHC挑戦。相手は前回と同じチャンピオンの三沢である。

 試合は中盤になってから大きく動き始めた。決め技とも云えるエメラルド・フロウジョンをエプロン、ロープ最上段からと2回も繰り出した三沢は、なおもエルボーを雨アラレの様に森嶋に浴びせる。

 負けじと森嶋もモリシー・ハンマー、ラリアート、バック・ドロップで応戦する。

 結局この壮絶な打撃戦を制したのは若い森嶋。最後は切れ味鋭い豪快なバック・ドロップで、三沢を葬った。

 新王者森嶋はまだ29歳。米国のマットROHで王者になりタイトルを20回も防衛する等、この1年でホントに成長した。

 大柄な体型の割には、動き、スタミナ共に十分有り、このGHCのタイトル奪取を契機に、更にレスラーとして1つ上のランクに駆け登って貰いたいものである。

 

コメント