ポン酒猫のジャズ屋A7

日々ジャズと酒に明け暮れるジャズ喫茶のマスターが書き綴る何の役にも立たない話

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Jack Jones / Curtain Time

2008-05-26 00:40:25 | JAZZ VOCAL :男性

 甘いマスクとしっかりした歌唱力のジャック・ジョーンズ。

 シナトラやメル・トーメといったシンガーに比べ、個性にやや欠ける処が日本での過小評価に繋がっている様に思える。

 しかし、アルバムによっては十分ジャズ・ファンの鑑賞に堪えうるモノも少なくない。

 本作品はブロードウエイ・ミュージカルからのナンバーを集めたもの。

 オーケストラをバックに軽快に、また曲によってはしっとりとしたジャックの唄を聴く事が出来る。


 Jack Jones / Curtain Time
 Kapp KS-3566
 ユニバーサル・ミュージック UCCU-3001 ¥2,300

 1,People Will Say We're In Love
 2,I See Your Face Before Me
 3,Luck Be A Lady
 4,Embraceable You
 5,I Love Paris
 6,I've Grown Accustomed To Her Face
 7,People
 8,Shall We Dance?
 9,It Never Enterd My Mind
 10,A Lot Of Livin' To Do
 11,Everytime We Say Goodbye

 Jack Jones (Vo) And Orchestra

 1968年録音


コメント

Patti Page / Let's Get Away From It All

2008-05-16 03:05:47 | JAZZ VOCAL :女性

 

 パティ・ペイジが1955年に、マーキュリーから発表した作品。

 唄で世界旅行をするというコンセプトで創られたアルバムである。

 パティのマネージャーであり、また時としてバックのオーケストラのリーダーでもあったジャック・ラエルのオーケストラを従え、ニューヨークのファイン・サウンド・スタジオで録音されている。

 明るくチャーミングなパティの唄と、バックのジャジーなサウンドが絡み心地よい仕上がりとなっている。

 尚、今回再発されたCDは1957年にリリースされたステレオ盤を元にしている。


  Patti Page / Let's Get Away From It All
     Murcury SR-60010
     ユニバーサル・ミュージック UCCU-3074 ¥2,000
                     
 
 1,Autumn In Rome
 2,Let's Get Away From It All
 3,Under Paris Skies
 4,Basin Street Blues
 5,Just A Little Bit South Of North Carolina
 6,Route 66
 7,Mississippi Mud
 8,South Of The Border
 9,Way Down Yonder In New Orleans
 10,April In Paris
 11,Irish Lullaby
 12,The Whole World Is Singing My Song


  Patti Page (Vo)
  Jack Rael (arr,cond)


  モノラル盤 1955年 NY録音 Murcury MG-20387
  ステレオ盤 1957年リリース Murcury SR-60010


コメント

アリス・バブス&ユーリク・ノイマン/ホエン・ザ・チルドレン・アー・アスリープ

2008-05-15 03:49:04 | JAZZ VOCAL :女性

 フィンガー・スナッピン・ミュージック・シリーズの第1回目に発売(2005年2月)されたCD。

 スウィング・ジャーナルでは全く紹介されなかった。

 スウェーデン生まれのアリス・バブスとデンマーク生まれのユーリク・ノイマンのデュオ。

 曲によりヨーデル風の歌唱を聴かせるアリスと、ガット・ギターを弾きながらヴォーカルも担当するユーリクとの絡みは、アット・ホームで温かい雰囲気が一杯だ。

 アルバムの収録曲は、スローからミディアムなナンバーが中心で、曲によってリズム、ストリングスが入る。


  Alice Babs & Ulrik Neumann
       / When The Children Are Asleep
         Dot DLP-3128
         ユニバーサル・ミュージック UCCU-3008
                             ¥2,300

 1,When The Children Are Asleep
 2,When Lights Are Low
 3,So Many People
 4,The Way You Look Tonight
 5,The Old Scat Skiffle
 6,Home With You
 7,It's Been A Long, Long Time
 8,I May Be Wrong,But I Think You're Wonderful
 9,I'm The Words, You're The Music
 10,I'm For You (You're For Me)
 11,Two Sleep People
 12,Let's Put Out The Light


  Alice Babs (Vo)
  Ulrik Neumann (Vo,g)
  
  
  1958年録音

 

 



             

コメント

マーレーン・ヴァー・プランク / アイ・シンク・オブ・ユー・ウイズ・エブリ・ブレス・アイ・テイク

2008-05-06 04:34:15 | JAZZ VOCAL :女性

 

 彼女の記念すべきファーストアルバム。

 吹き込み当時22歳とは思えぬ実力と魅力を感じさせる。

 マーレーン・ヴァー・プランクは1933年11月11日ニュージャージー州ニューアーク生まれ。

 19歳で楽団のオーデションに合格。

 その後ワシントンD.C.やニューヨークのクラブで歌っているうちに、Savoy での録音のチャンスをつかんで録音したのが本作品。

 ハンク・ジョーンズ、ジョー・ワイルダー等をバックに見事な歌唱をみせる。

 全10曲入りだがスタンダードは少なめ。録音エンジニアはRudy Van Gelderである。

 尚、彼女は1976年からはオーディオファイル・レーベルより次々とアルバムを発表している。


  Marlene Ver Planck / I Think Of You With Every Breath I Take
                      Savoy MG-12058
                      Norma MMCD-432 ¥2,380

 1,I Think Of You With Every Breath I Take
 2,Accent On Youth
 3,Snuggled On Your Shoulder
 4,Some Other Time
 5,If I Love Again
 6,We Could Make Such Beautiful Music Together
 7,Deep In A Dream
 8,Two Cigarettes In The Dark
 9,Without A Word Or Warning
 10,You Leave Me Breathless

  Marlene Ver Planck (Vo)
  Joe Wilder (tp)
  Herbie Mann (fl).....2,4,5,8,9
  Hank Jones (P)
  Wendell Marshall (b).....1,3,6,7,10
  Eddie Jones (b).....2,4,5,8,9
  Kenny Clarke (ds)

  1,3,6,7,10.....1955年11月29日録音
  2,4,5,8,9 .....1955年12月20日録音

  ※Normaから発売のCDは曲順が若干違っています。

 

 



コメント

Eris Regina / Como & Porque+4

2008-05-05 00:48:48 | SAMBA / BOSSA NOVA

 このアルバムは過去3度日本で発売されているが、1979年に「クリスタル・イリュージョン」というタイトルで発売されたLPで初めて彼女の存在を知った記憶が有る。

 エリス・レジーナは1945年ブラジル南部のポルト・アレグリ生まれ。14歳でラジオやTVに出演、その後フィリップス・レコードと契約。1966年に音楽祭で1位を獲得し、彼女の人気は不動のものとなった。

 ボサ・ノヴァ黎明期の歌手ナラ・レオンやアストラッド・ジルベルト等の囁くような歌い方と違って、エリスの唄はクールでは有るが力強さを感じさせる。

 このアルバムは1969年にブラジルでリリースされたエリスのヒット作である。

 ミルトン・ナシメント、ヴィニシウス・ジ・モラエス、バーデン・パウエルそして鬼才エドゥ・ロボ等の作品を採り上げており、特にナシメント作の3、多重録音されたロボ作の4、モラエス=パウエル作の5は今聴いても素晴らしい。

 尚、本CDには4曲のボーナス・トラックがプラスされている。


  Eris Regina / Como & Porque+4
         ユニバーサル・ミュージック UICY-90146
                       ¥1,500

 1,ブラジルの水彩画~ネガ・ド・カベーロ・トゥーロ
   =Aquarela Do Brasil~Nega Do Cabelo Duro
 2,夢
   =O Sanho
 3,ヴェラ・クルス
   =Vera Cruz
 4,カーザ・フォルチ
   =Casa Forte
 5,オサーニャの歌
   =Canto De Ossanha
 6,ジーロ
   =Giro
 7,小舟
   =O Baquinho
 8,道のり
   =Andanca
 9,レシ・ド・カサール(シェルブールの雨傘より)
   =Recit De Cassard(do filme "Les Parapluies de Cherbourg")
 10,サンバ・ダ・ペルグンタ
   =Samba Da Pergunta
 11,マルタ・サレーの想い出
   =Memorias De Marta Sare
 12,デイシャ
   =Deixa
 13,ア・ノイチ・メウ・ベン(愛の夜)
   =A Noite Do Meu Bem(Le Nuit De Mon Amour)
 14,マスカレードの夜(デュオ・ウイズ・ピエール・バルー)
   =Noite Dos Mascarados(com Pierre Barouh)
 15,トリステーザ
   =Trisuteza

  ※12~15 ボーナス・トラック


コメント