goo

リアリッドトリムパネルの交換


【88,900km+134,150km=223,050km】



リアハッチバック上部側のトリム(内装)が割れて久しい。
元々、弱い内装に、フォルクスワーゲンジャパンが
国内で企画した純正オプションのカーテンを
僕が後付けしていたから、
余計にテンションが掛かっていたようだ。
最後は、走行中にカーテンがレールごと
外れてしまった。



詳しく観察すると、
右側の端っこは、割れて穴まで開いている。
リアハッチ開閉の振動で、
余計割れたのかも知れません。
加水分解も甚だしい。



偶然にもドイツで部品が見つかり、
今回も豊橋経由の純正輸入です。







フォルクスワーゲン クラシックパーツの
検品ステッカーが貼られていますが、
どうも様子が変。



旧型のパーツ番号ステッカーが貼られたまま
新しいビニールに変えられず、そのまま日本に来ています。
まずます怪しい。



梱包用のビニールを剥がそうとするも、
ベトベトして、上手く剥がれません。

そう!この部品は良く言えばNOS(ニュー・オールド。ストック)。
部品として生産されて、長年倉庫で眠っていたと書けば
聞こえは良いけど、触ると、塗装が劣化を始めていて
ベトベト。これじゃぁ、中古車と同じじゃないのよー。
でも新品が手に入るだけマシです。感謝!

このベトベト問題を、
国内でVWエンブレム部品を塗っている某社に
頼んだものの、全然仕上げてこないし、
最近では金額も言い値になり、見積もりも無い。
(以前は凄く良い会社だったのになぁ。
超大手が使わなくなった理由が分かって来たぞ)

将来性に不安を感じたので、
ディーラーで扱って頂く事にした。



自分でやっても良いんだけど、
ちょっと古い車の場合、
やはり正しい脱着を知っている
ディーラーに頼むのが無難なんですよね。

2度も細かく作業打ち合わせをしてくれた上に
作業は無事終了。







ここだけ新しくなったので、
あと20年は大丈夫だろう。



面白いのは、パーツに最初から穴が開いていたこと。
もしかしてサードブレーキライトなどの配線が
通るサービスホールかも知れません。

内装部品、もっと見つからないかなぁ・・・。
台湾やタイ王国のT4オーナーも
同じ問題を抱えているようなので
皆さん苦労しているようです。

<パーツ紹介>
705 867 627 E 2EN
リアリッドトリムパネル(パールグレー)
14,850円(税込)

705 867 628 E 2EN
リアリッドトリムパネル(パールグレー)
14,520円(税込)

※価格は2021年6月12日、VGJ正規部品。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 新型ゴルフ8 New Golf (ゴ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。