モウズイカの裏庭2

秋田在・リタイア老人の花と山歩きの記録です。

男鹿のキントリ坂に挑む。(2020年5月15日)

2020-05-18 | 男鹿半島5月

5月15日は男鹿のパトロール当番日だった。業務は午前10時からなので、
 (´π`;)その前に・・・朝早く家を出て『キントリ坂』から男鹿の最高峰・本山に登って来ようなどと画策した。
『キントリ坂』は、昨年秋に整備され、再び歩けるようになったと友人から聞いていた。
男鹿三山お山掛けを遂行する上で、この坂は真山と本山を結ぶ最短ルートでもあり、名前の面白さも有り、ちょっと興味が有った。

分岐付近から見た本山。
右側中腹の参道を廻りこみ、裏のフタツアイからキントリ坂を登り、左側の自衛隊道路を降りて来る予定。



分岐からフタツアイに行く途中(本山の中腹)の道端には花が比較的多かった。


今回のマップ                                                                                                      オオバクロモジ

 


前回(5月8日)と重なるが、オオバクロモジ。




ムラサキヤシオが少し咲き出していたが、よく見たら、本山斜面の広域にわたってこのツツジに覆われていた。

一週間後あたりに来たらみごとだろうなと思いつつ、歩を進める。



ムラサキヤシオ                                                                                         
中腹のスギ林の小道
 


ワサビ
                                                                                            男鹿固有種、オガコウモリ
 


フタツアイに到着。


フタツアイの広場




フタツアイにあるキントリ坂登り口。
 


キントリ坂の道はところどころ笹薮がかぶさっていたが、随所にピンクテープが付いていて迷うことはなかった。

が中腹の勾配はかなり急で、木の枝や根っこに掴まってやっと登れたという感じ。




ダイモンジソウ

 


おどろおどろしい樹木が多かったが、花はさっぱりだった。






花は二種類だけ。

コヨウラクツツジ                                                                                            オクエゾサイシン
 


本山山頂にはフタツアイから小一時間ほどで着いたが、

そこには自衛隊レーダー基地があり、何も見えなかった。

本山から下りる途中、毛無山がよく見えた。



本山同様、山頂にレーダー基地が有る以外は変哲の無い低山だが、このお山は希少植物の宝庫になっている。

男鹿の名花、オオサクラソウ。」に続く。

モウズイカの裏庭(トップ)へ。


コメント   この記事についてブログを書く
« 2017年四回目の早池峰山(201... | トップ | 男鹿の名花、オオサクラソウ... »

コメントを投稿

男鹿半島5月」カテゴリの最新記事